どみなり屋

同人サークルどみなり屋、謎モノの日記です。記事は新刊の告知が中心。

4月8日放送開始ということで、早速「キラッとプリ☆チャン」観ました。
数々の感動と笑いを届けてくれたプリパラが終わってしまった寂寥の中での放送。メインスタッフも一新しどんな話になるのかと期待半分不安半分で観てみました。

で、視聴後の感想を一言で述べるなら、
普通オブ普通。


基本的にはプリパラと同じことをしよう(ただしユーチューバーという設定で)。という明快なコンセプト。
キャラクターの個性を全面にプッシュしてその子を好きになってもらうというアイドルアニメの1話目としては実に王道な話。実に普通。実に王道。その一言に尽きます。
時代劇みたいにテンプレ通りの話が好きな人には好まれる話なんじゃないでしょうか。

ただですね、このプリチャンは没入度合いがちょっと弱いんですよ。
目の前のトラブルに立ち向かわなきゃいけない!アイドルデビューしなきゃいけない!っていう感情にあまりさせてくれない。

話に矛盾があるとか設定が分かりづらいとかそういう話ではないんです。
主人公と視聴者の感情がシンクロするくらい没入させてくれてれば話に矛盾があってもガバガバな設定でも全然構わないんですけど、そもそも没入させてくれるほどの種を蒔いてくれていない。
「赤髪の子のサインが欲しくてたまらない!」とか「泣いてる子を見るのが嫌で嫌で仕方ない!」とか常に言っててくれれば分かりやすいんですが、それほどの主張がこの主人公には無かった。

やはり主人公は一般人的感覚を有していながらも常に何かしら強い願望を抱いていないといけないと思うんですよ。

プリパラの第1シーズンの1話目なんかは「怖い先生」とか「親のお手伝い」とか「大人になることへの憧れ」みたいに、子供の目線の中で話が展開されていってました。
そうやって視聴者に寄り添った上でらぁらちゃんの「みれぃにバッグを届けたい」「みれぃのライブの手伝いをしたい」という「願い」が発生してましたけど、
プリチャンは完全に大人目線の世界観の中で「ユーチューバーには夢がある」という紹介だけを淡々としてる状況なんですよね。
視聴者の目線に立つという基本の部分が弱いのかなと、そういう感想なわけです。


まあ、プリチャンもホント、決して悪い話ではないと思うんですけどね。普通に女児たちからは受け入れられると思うし人気も出ると思う。
けどプリパラを観てた大きいお友達はもっとこう、狂気的な刺激を求めてたと思うんですよね。
頭のおかしいマスコットに語尾でプリプリプリプリ連呼する変装女子に改造クリーナー持って暴れ回る校長先生とか。
そういう需要を無視してこういった平凡なアニメに仕上げたということは、大きいお友達を多少切り捨ててでも女児向けに舵を切りたいという、そういう意思表示なんでしょうね。
残念といえば残念ですが、そもそも女児向けアニメに期待しているものの質が違ったのかもしれませんね。

(とはいえあくまでこれは1話目だけの感想に過ぎないので数週間後には手のひらクルーしてる可能性も大いにありえますしそうなってくれることを期待してます。)

冬コミは三日目け16a「どみなり屋」にて参加予定です。
新刊は以下2点。

ビフォーReflection/500円
表紙
pixivサンプル
とらのあなメロンブックスにも委託しております。どうぞよしなに。

廃課金兵はやてちゃん追悼編/100円
表紙画像
※こちらは会場限定本となります。

既刊は以下の8点を持ち込む予定。
世界がなのはに覆われた日/500円
汚物の処理方法/500円
うなぎの漁獲量/500円
JKお散歩摘発隊/500円
なのはと一緒にワンナイト人狼/500円
いささかHなキリエ本/400円
廃課金兵はやてちゃん/400円
廃課金兵はやてちゃん兵力増強編/300円


今回なのは島は東7という未知の領域に配置されましたが、果たして快適なのかどうなのか。
色々不安な部分もありますが当日はひとつよろしくお願い致します。



なのセント終了の告知から一週間。
寂しい限りですが、まだイベントも一つ残ってますし、最後の1日まで楽しんで遊ぼうと思います。

そんな中思い出に浸りながらバインダーを眺めていると、今までグランツ研のカードばかりを集めてきた身として、インダスの良カードを紹介していきたいなという思いになりまして。
なのセントをやってなかった人にもどういうカードがあったのか知って頂ければと。
早速ですがグランツ研の6人、各キャラごとに一番絵柄が好きなカードをご紹介していきます。

ディアーチェ・K・クローディア
[アフターバレンタイン2017~ディアーチェstyle~](SR+)

12010803
着替え中サプライズとこれとで迷いましたが、やはりフリフリのメイド服を着ているというなのセントでしか見れない王様の姿という点でこれが1位。
色合いにも王様らしい高級感が窺えて素敵な一枚です。

シュテル・スタークス
[友だちと一緒](SR)

12010803 (1)
最初期のSR、ねこあつめシュテル。
初期の値段が高かった頃の思い出があるのから、というのもありますが、シュテルの日常を切り取った感じが好きでシュテルといえばコレ!というカードでした。
やはりSR以上のカードは背景の書き込みが多ければ多いほど満足感がありますね。

レヴィ・ラッセル
[雪空サンタ~レヴィstyle~](SR+)

12010803 (2)
一番幸せそうなレヴィ。
リライズ前とリライズ後で表情が違うのが素敵。
グランツ研の中では一番子供っぽい彼女なので、無邪気に楽しそうにしているカードが特に可愛く感じます。
この他にうきうきおふろスイムやウルトラ元気がイチオシ。

ユーリ・エーベルヴァイン
[優しい末っ子](N)

12010803 (3)
もじもじしてる感じがロリコン心をくすぐる、シンプルにして至高の一枚。
GODで強キャラ感の強かったユーリがなのセント世界でどういった立ち位置なのかこの一枚が教えてくれました。

アミティエ・フローリアン
[着換え中サプライズ~おでかけコーデ](SR)

12010803 (4)
たぶんなのセントで一番破廉恥なカード。
だって隠してはいますが全裸ですよ全裸。しかも超絶恥ずかしそうにしているお姉ちゃん。
イラストの美しさという点では花鳥風月に軍配が上がりますが、アミタというキャラを象徴するカードという意味ではこのお色気サービスショットを取り上げたい。

キリエ・フローリアン
[フローラルシャワー](SR+)

12010803 (5)
ラストはキリエちゃん。
以前にも紹介した文句の付け所の無い最高のイラスト。
花吹雪の中を華麗に進むピンクのキリエ。初めてこの絵柄を目にした瞬間、なのセントやってて良かったと心から思いました。
基本的にキリエちゃんのプロテクトスーツっておっぱいが隠れてしまうのが弱点なんですよね。
しかしこのカードでは乳の大きさがとても良く分かる素晴らしい構図。描いた人は天才です。
死ぬ時はこのカードプリントアウトして棺に一緒に入れて頂きたい。


とまあそんな感じで、グランツ研のカード紹介でした。
最後のイベントは心残りの無いよう全力で頑張りたいですね。


11月12日開催のぷにケット36横浜SP&リリカルマジカル24、参加致します。
今回は珍しく会場が横浜。赤レンガ倉庫やよこはまコスモワールドで遊びつつ同人誌を買って帰る充実した週末はいかがでしょう。中華街もありますよ。

なお今回冬コミも近いので大したものは用意できませんでしたが、一応ウチのスペースにもちょっとした折本があります。
スペースと頒布物詳細はこちら↓
osinagaki

新刊の折本にはなのはReflectionの落書きとか感想とか色々書いてます。全12p。
夏コミの新刊は手持ちの在庫が少ないため極小部数しか持っていきません。机の上には出てないと思うので欲しい方いたら声掛けて下さい。

以下諸注意。
イベント開始直後のお札は困りますが、お昼を過ぎた辺りからはむしろ助かります。
例のごとくスケブはお受け致しませんので予めご了承下さい。
多分する人はいないと思いますが徹夜行為は禁止です。主催者側の提示するルールを守って楽しく参加しましょう。

なのはReflectionが公開されて2ヶ月と少々。
何度も映画館に通う中、「どうせなら色々な場所で観てみよう」と都内各所を回ってみたわけなんですが、折角なので各映画館ごとの特徴を簡単にですがまとめておこうかと思います。
本当は関東地区全制覇くらいしたかったんですが、流石に週1、2回が限界だったのでそこまでは至らず。

以下、行った順番にご紹介。

・新宿ピカデリー
IMG_20170724_155956
ご存知、舞台挨拶の行われたチェーンマスター劇場。
壁に貼られた大きなReflectionのタペストリーと柱のなのはちゃんたちが出迎えてくれます。
初週は席数も最多クラスの580席と圧倒的ボリュームでReflectionが本当に公開されたことを実感させてくれます。

応援上映もここで観たんですが、応援上映慣れしてない人たちが頑張って何か叫ぼうとしている空間がなんともいえず面白かったですね。
あの時は時期も悪く人の集まりもそこまで良くなかったので是非もう一回くらいやって欲しいところ。

・MOVIX昭島
IMG_20170725_180035
立川駅から青梅線で少々、横田基地の南側に位置する劇場。
モリタウンというショッピングモールと隣接しているため、観る前・観た後のお手頃価格な食事のバリエーションが豊富なのが強み。
ただ、モールと隣同士とはいえ、屋根が続いているわけではないので、雨天の際はご注意を。

・TOHOシネマズ日本橋
日本橋
老舗の百貨店が集い財閥の建物が権力を見せつけるかのように立ち並ぶ日本橋。
そんな歴史を感じさせる町並みの中、コレド室町の3階にある映画館です。
他の劇場とは違い、映画を待つ人のための休憩スペースがなかなか豪華なのが特徴でしょうか。柔らかいソファーが横にズラーと並びホスピタリティの高さが窺えます。

映画の後は日銀横の貨幣博物館で福沢諭吉のバスタオルを買って帰りました。

・ヒューマントラストシネマ渋谷
IMG_20170805_114241
渋谷ヒカリエから北に暫く歩いた所にあるおしゃれな映画館。
意識高い系の人が来そうな映画館で、なのはReflectionを上映していることが不思議でなりません。
隣に座って観てた老夫婦が観終わった後凄く嬉しそうにしてたのが印象的でした。

・ユナイテッド・シネマ豊洲
IMG_20170605_175835
1st2ndの4DXもここでやってくれてましたね。
併設のカフェでなのはReflectionのオリジナルドリンクも提供してくれてる、海の見える素敵な映画館。男性用トイレから見える景色もなかなか綺麗。
ららぽーと内にある映画館ですが、昭島と違いショッピングモール内の食事の価格設定が結構高め。
学生向け施設というよりはファミリーやカップル向けの施設という印象を受けました。

・TOHOシネマズ府中

府中
競馬場でおなじみ、東京の丁度真ん中に位置する府中の劇場。
プレミアスクリーンという豪華な作りのスクリーンで観れてちょっと得した気分。前の方に座ると席がリクライニングします。
聞くところによると私が観に行った前日に機材の不調でアミタの顔洗うシーン無限ループが発生したそうな。

以下、9月9日公開開始の劇場。

・TOHOシネマズ甲府

IMG_20170911_123705
特急かいじに乗って行ってきましたプチ遠征。
甲府まで特急で1時間、そこから身延線に乗り換えて30分。
目的の常永駅は映画館の最寄り駅ということでさぞ栄えた駅なのであろうと思いつつ行ってみると特にそんなことは無く田んぼの真ん中にある無人駅。
15分ほど田園風景を眺めながらイオンモール目指して歩きます。
モール内は流石に活気もあり学生さんたちがわちゃわちゃ楽しそうで、ザ・田舎の中のイオンという情景。
月曜日にも関わらずなのはReflectionにも十数人ほどお客さん入っておりちょっと嬉しくなります。

映画の後立ち寄ったぶどう園でぶどう狩りしてから帰りました。試飲させてもらったぶどうジュースが美味しかった。

・角川シネマ新宿
IMG_20170920_202138
新宿にある小さい劇場。
Reflectionのグッズすら売ってない小規模劇場ですが、9月9日以降は都内唯一の上映劇場なので都民にはありがたい存在。
勿論小さい劇場なので席数も少なく画面も小さい。映画というよりはちょっと大きいテレビで観ているような気分でした。
音響設備が他の劇場と違うせいか、各場面ごとの印象も結構違って聴こえます。特に挿入歌のシーンの印象が全くの別物でした。まあこれはこれで。


とまあこんな感じで8ヶ所ほどではありますが、回ってきました。
今月末にはキネカ大森でも上映始まるらしいので今はそれが楽しみです。

↑このページのトップヘ