どみなり屋

同人サークルどみなり屋の日記です。リリカルなのは関連の記事が多いです。

キリエちゃんフォーカス記事その3。
前回の記事はこちら

Reflectionのキリエ
kirie
劇場版のキリエちゃんはエルトリアに住むパパとお花と読書が大好きな女の子。
16歳にもなってそろそろ親離れしないのかって話ですが、今のエルトリアは人口減少で他人と出会う機会がほとんど無いんでしょうね。
そうなると身近な尊敬できる男の人ってことで父親ラブになるのも必然。
その大好きなパパが瀕死の状態とあって全作品中一番真剣味が強くおふざけの少ないシリアスモードなキリエちゃん。
また過去作では登場しなかった母親の存在を得て、パパとお姉ちゃんもいて、更に親友までいるという面子的にはかつて無いほど恵まれてるにも関わらず泣き顔を何度も見せる不幸っぷり。
この悲しみを乗り越えた先に果たして幸せは待っているのか…?

キリエ・フローリアン(34)
そんなキリエちゃん、序盤は悪役ポジションなだけあってシステムオルタ使用時は悪そうな顔で大暴れ。
GODでは小狡い戦い方をしていた彼女ですが、映画では割と力押しで戦ってる印象ですね。
そのおかげもあって見応えある戦闘シーンでした。
キリエ・フローリアン(14)
生身の踵落としで高速道路を破壊してしまうスーパーパワー。

シリアスモードとはいえ、ちょいちょいサービスショットを入れてくるあざとさがあるのは流石キリエちゃん。
キリエ・フローリアン(17)
作中何度かお着替えシーンが挟まりますが、やっぱり年頃の女の子ですからね…外見には気を遣いたいよね…。


さて、このReflectionという物語を理解する上で外せないのが子供時代のキリエちゃん。
キリエ・フローリアン(48)
日頃からお姉ちゃんと比較され、差を見せつけられてきた妹のコンプレックス。これが後々この事件を引き起こすきっかけに繋がるわけですが、幼少期は特に冴えない女の子感が凄い。
今やイケてる女の子風の仕上がりになってますが、かつては自身のくせっ毛に劣等感を抱いて姉を羨ましがるなどお姉ちゃんに対する嫉妬心や自己嫌悪の塊でした。
このモヤモヤ感というかウジウジ感がロリキリエの可愛いところですね。泣いてるところを構ってあげたいし、頭なでなでしてあげたいと思わせるロリコンキラー。

一方、アミタはアミタで「お姉ちゃんらしくあらねば」という使命感でなんでも自分一人でこなしてしまうしっかり者。
しかしそうして対話を怠った結果キリエが一人で暴走してしまう姉妹間のすれ違い。
キリエ・フローリアン(40)
キリエの「大嫌い!」で考え方に大きな溝があったことを悟ります。
妹のことを大事に思ってるだけなのに、何故こうなってしまったのか。


そしてもう一人、キリエちゃんにとっての重要人物イリスちゃん。
キリエ・フローリアン(11)
イリスはキリエの親友であると同時に「先生」として幼い頃からキリエの価値観に大きな影響を与えてきました。
女の子らしい振る舞い方や、父親との仲直りの仕方など、アミタの知らぬ所でイリスの教えによりキリエはどんどん成長していきます。(ちょっと悲しいお姉ちゃん)
manga01
そしてキリエが11歳になる頃には見た目に自身の無かった彼女も美少女と言えるほど立派に成長を遂げます。
大好きなパパから貰った髪を愛せるようになったキリエ。グランツ博士目線で見るとこの上なく喜ばしい成長。
キリエちゃんを立派に育ててくれてありがとうイリスちゃん…。

そんなこんなでイリスちゃんと百合百合しながら地球へと赴くわけですが、最後には彼女の裏切りに合ってしまいます。
今までのことが全部嘘と、キリエへの痛烈な一撃。
はやての夜天の書を奪い、リインフォースとのやりとりで罪悪感に押し潰されそうなキリエ。
そんなキリエの心の支えはイリスの「パパとエルトリアを救える」という言葉でした。
しかしそれも嘘だった。
キリエの心は砕けます。
キリエ・フローリアン(57)
その後復活し銃口をイリスに向けますが、親友だったイリスとの思い出がよぎるのか、何もできずに泣き崩れるキリエ。
こうして見ると悲劇でしかない物語ですが、最後にキリエの元には姉と、一人の魔法使いが現れました。
彼女にも希望は残されていた。まだ終わりじゃないぞ。頑張れキリエちゃん…!



とまあそんな感じでReflectionキリエちゃんに関してざっくり書いてみましたが、まだ完結してないお話ですからまとめるのも難しい…。
イリスちゃんが内心どういうこと考えてたのか等色々分かってからが考察の本番ですかね。


次回作、Detonationではおそらくイリスちゃんの本心を聞き出すという大事な仕事がキリエちゃんにはあります。
何があってこうなってしまったのか。全部嘘というのは本当なのか。逃げずに向き合って、問いただして欲しい。
その末にイリスちゃんと本当の親友になれる日が来るかもしれないし、更なる悲劇が待っているかもしれない。
どうなってしまうのかは分かりませんが、キリエちゃんの笑顔が見れる日を願って応援していきたいと思います。

キリエちゃんの特徴を見つめ直す記事その2。
前回からの続きです。

INNOCENTのキリエ
k
なのセントのキリエちゃんはJKという要素を全面に押し出したガーデニングが趣味の女の子。
エルトリア女学院の1年生として学校に通いつつ家ではグランツ研究所のショッププレイヤーとして姉と共にブレイブデュエルを盛り上げる看板娘。
プレイヤーの分身であるあなたさんと一緒に秘密の特訓をしたり、意味深な発言をしてきたりと性的アピールが凄いのは嬉しい所。

a
あなたさんとの秘密特訓の末にはこんな嬉しい発言まで飛び出ます(最高)

パパであるグランツ博士が健康体なことに加え、あなたさんという男性がいるおかげで全作品中ファザコン感は一番弱いですね。
e
d
c
博士から娘のカードを使ってくれ(意味深)と言われる場面も。

b
本人曰く、車の免許を取ることに憧れがあるとか。
家族みんなを乗せて海や温泉に行ってみたいとのこと。
このシーンを踏まえた上で劇場でサンドバギーやバイクを運転してる場面を観ると感慨深いものがあります。夢が叶って良かったねキリエちゃん…。

i
姉のアミタは戦隊ヒーロー好き、妹のキリエは魔法少女好きという姉妹で対称的な趣味の方向性。
マテリアル娘INNOCENTではわかばちゃんと同じ魔法少女アニメの話題で意気投合したりもしていました。


語尾に癖があるのもなのセントキリエの特徴ですね。
「~よん」や「~ねん」のように語尾に「ん」が付くことがしばしば。
漫画版だと特になんですが、「あ~ん」「いや~ん」的な感じでお色気キャラっぽさを強調する際に語尾が変化してる模様。
ただ100%付くというわけではなく、似たような台詞でも語尾に「ん」が付く場合と付かない場合があるので気分で使い分けてるみたいですね。

それから文章の終わりに♪が多く付いてるのもキリエちゃんのチャームポイント。
GODの時からもそうですが余裕の現れというか、女子力アピールというか。あざとい喋り方で相手をメロメロにさせてやろうという意図が感じ取れます。
キリエちゃんったら恐ろしい女…!


そんな感じでなのはINNOCENTのキリエちゃんは重荷を背負ってないということもあり全体的に女子力高めなマイペースお姉さんという印象。
5年近くこのキリエちゃんと付き合っただけあって、もはやこれが本来のキリエちゃんなんじゃないかと思ってしまうほど慣れ親しんだ姿。
なのセントのサービスは終わってしまいましたが、またいつかどこかでこのキリエちゃんと会える日を楽しみにしています。


あ、最後におまけで私服姿のキリエちゃんを並べておきますね。
なのセント世界でしか見れない貴重な地球の私服全6種。(マテリアル娘の漫画を含めればもっと数はありますがそちらは割愛)
j


フローリアン家の次女、キリエちゃん。
この娘と初めて出会ってから約7年の月日が経ちました。
かつてPSPの中だけの存在だった彼女も今や全国の映画館で飛び回っているというあまりに喜ばしい出世具合。好きな娘が躍進する様というのはこんなにも嬉しいものだったのかと気付かされました。
そんな彼女のことをなんとなく好き好き大好き言ってるだけでも幸せなんですが、言語化することで新たに発見することもあるかなーと思い、改めて作品毎のキリエちゃんの特徴を見つめ直してみようかと。
GOD、INNOCENT、Reflectionとそれぞれのキリエちゃんに多少の違いはありますが、一貫してるキーワードとしては「花」「オシャレ」「パパ好き」「お色気」とかそんな感じでしょうか?
「芯が強い」とか「思いやりがある」とかはリリカルなのは全キャラに備わってるデフォルトステータスなので敢えて上げませんが、キリエちゃんも「一度決めたら諦めずにやりとおす!博士にもお姉ちゃんにも私はそう教わった!」といった名言がある通り心の強い女の子。
GODとかReflectionに関しては特にその部分が際立ってるかもしれません。


THE GEARS OF DESTINYのキリエ
10
2011年末、最初に世に出たキリエちゃんはエルトリアを救うため地球にやってきた未来からの来訪者。大筋は映画版と同じですね。
帯びてる使命は大変なものですが、余裕のある喋り方とジト目表情のおかげで切迫感はあまりなく第一印象としては「お色気お姉さん」というイメージが強かった思い出。
アミタにこっそりウイルス弾を撃ち込んだりと、正面から力で戦うのではなく絡め手というか、トリッキーな戦い方が特徴的。
レヴィに「ずるっこの天才」と言われたりもしてますが、この辺りは後々なのセントのカード能力にもいくらか反映されてますね。
一応スピードに自信がある的な発言もありフェイトちゃんに速さで負けて悔しがるシーンがあったりも。

26
クロノくん相手には女子との接し方をアドバイスしたりと、人生の先輩感も出してきます。(おねショタと言えなくもない)
グランツ博士が開発段階で人格形成システムを作り込みすぎたという話ですが、それにしても人口減少が進むエルトリアであまり役に立たなさそう知識まで持ってるキリエちゃん。この辺は博士の教育方針…親心でしょうか。
幼少期にもたくさん玩具を与えていたりと、姉妹を人間らしく育てたいという博士の強い思いが感じ取れます。

20
作中ではアミタとの姉妹関係も色濃く出ていて、冒頭から何かと反発していましたが、最後は兄弟喧嘩の末にデレます。
お姉ちゃんのこの包容力よ。

エルトリアに帰った後は姉や紫天一同と共に星の復興に尽力するわけですが、そこでの生活の様子はSEQUENCE Xと雑誌特典のドラマCDで描かれてましたね。
茶目っ気あるキャラとして王様をからかったりとマイペースに楽しく過ごしてる模様。
公式ビジュアルブックのインタビューに、「エルトリア編」のRPGでも作ろうか?的なことが書かれてるのでいつか実現するんじゃないかと長年ずっと期待してるんですが、未だそういった企画は無い模様。

そういえばアミタがシャマルさんたちに事情聴取されてる中でギアーズの後継機…アミタやキリエの妹や弟がエルトリアで働いているとの発言がありますが、これについては描写されたこと無かったですね。
心が無いロボットなので描くほどでもないと判断されたのかそれとも存在を忘れられてるだけなのか少々気になる所です。


長くなりそうなのでなのセントとReflectionのキリエに関してはまた今度。

321802000845
ついに発売したなのはReflectionの公式サイドストーリー、「魔法少女リリカルなのは Reflection THE COMICS 第1巻」。
都築先生のシナリオと、川上先生のネーム、藤真先生のイラストというトリニティによる贅沢な番外編に私も心をガッチリ掴まれてしまったわけなんですが、それにしては世間様の反響が少ない!
なのは公式も相変わらず宣伝軽視で微塵も告知する気配がない感じですし仕方ないといえば仕方ないんですが、Reflection・Detonationをより深く理解する上ではかなり重要な内容になってくると思うのでこのまま埋もれさせてしまうのは勿体無い!ということで居ても立ってもいられず紹介記事を書こうと筆を執りました。
紹介と言いつつ自分の好きな場面だけをひたすら賛美するだけなのであまり参考にはならないかもしれませんが、ちょっとでも興味が出たら是非読んでみて頂けると嬉しいですね。


早速本編2話目の話から。
エルトリア編はキリエ(当時6歳)のエピソードから始まるわけですが、
01
髪質の良し悪しという些細な話題が原因でついうっかり父親の悪口を言ってしまい落ち込むキリエ。
基本リリカルなのはに出てくる女児はみんな大人の言うことをよく聞くしっかり者さんが多いですが、そんな中キリエはごくごく平凡でコンプレックスも多い6歳児。
パパ似のくせっ毛に不満を持ち「ママに似て生まれたかった」と不満を漏らしてしまいます。

そんなキリエが廃教会で出会ったのが遺跡版の妖精さんイリス。
02
本好き童話好きのキリエですから妖精というスピリチュアルな存在に憧れとかあったんでしょうね…。
思わず顔が明るくなります(かわいい)


そしてなんやかんやあって時は経ち第3話、イリス視点のお話。
03
イリスちゃん発案・パパにお礼を言おう大作戦が始まります。
映画のラストの裏切りを見た上で読むと、なんでこの子こんな可愛らしい発言ばっかしてるの?ってぐらいピュアピュアなアドバイス。
劇場入場特典第五段の缶バッジさながらのブリッ子ポーズでキリエを励まします。
関係ないですが、「イリスはスパルタだなぁ」の台詞で同じサイドテールのユミナもスパルタであることを想起させます。
サイドテール=スパルタという都築先生的法則でもあるんでしょうか(なのはさん19歳もスパルタ教官ですし)

04
長期間ずっとネットサーフィンしてるイリスちゃん。


そして4話目はロリアミタ編。
05
キリエから見れば完璧超人のお姉ちゃんもちゃんと理由があってこうなったんです。お姉ちゃんにはお姉ちゃんなりの苦労があるんです。というお話。
この話の中だけでも3歳、5歳、9歳、14歳、19歳のアミタが出てくるという大盤振る舞い。
小さい頃のロリティエはあんよが可愛いですね。
(それにしてもこのページのグランツ博士とエレノアさん、なんでお花持ってるんだろう)

06
3歳の頃はあどけなかったお姉ちゃんも今やボインボイン。

そして舞台は管理局に。
07
はやてちゃんがなのはちゃんのことをどう思ってるかが詳細に描かれます。
要約すると「なのはちゃん狂ってるわ…ドン引きやわ…私が支えんと死んでまうわ…」ってことなんですが、はやなのというあまり無かった組み合わせなので色々新鮮です。

08
会話の最中常に謎の物体をもぐもぐしてるリインがとても可愛い。


…とまあそんな感じで簡単にですがリフレクションザコミックス第1巻の紹介でした。
巻末の都築先生のコメントによると2巻にはマテリアルズも登場するらしいので今からそちらも楽しみですね。
このサイドストーリーがどこまで続くのか分かりませんが、Reflection編として2冊分くらい出して、Detonation編で1冊出して終了とかそんな感じでしょうか。
何にせよ映画本編以外で数少ない公式からの燃料投下なので大事に食べていきたいですね。



6月3日開催のリリマジお疲れ様でした。
イベント前々日から怒涛のスケジュールで動いていたため体力持つのか心配でしたがなんとか乗り切れて一安心。
これもすべて当日スペースまで足を運んで下さったすべての皆様の優しさとご配慮のおかげ…。
本を手にして頂いた方々は勿論ですが、話しかけて頂いたりスペースに設置したよく分からん玩具で遊んで頂いたりと色んな方と交流できたおかげでとても充実した時間が過ごせました。

なお当日頒布した新刊ですが、メロンブックスさん・とらのあなさんで委託しておりますのでもし興味がありましたらリンク先をご覧下さい。
リリマジ25表紙線画(180519)
リリカルCHINCHINサイエンス
そこそこ下品なお話なので苦手な方は要注意。


次回参加予定イベントは夏コミです。
イベントまであまり時間もないので原稿作業頑張りたいと思います。



↑このページのトップヘ