パソコン知識とかは正直素人に毛が生えた程度なんですけど、今回新しいモニター(とモニターアーム)を買うに当たって色々リサーチしたので今後に活かせるよう自分用にメモを残しておこうかと。
(そういう趣旨のメモ書きなので間違ったこと書いちゃってるかもしれませんが、有識者の方もし間違いに気づかれましたら教えて頂けると嬉しいです。)

----------------------------------------------------
モニターを選ぶ際に気にしたこと
・パネル形式
・光沢/非光沢
・接続方法
・VESA規格の有無

パネル形式
TNとかVAとかIPSとかそういう液晶ディスプレイの種類。
●TNパネルは安価でゲーム用に適してる。
●VAパネルはコントラスト比が高い。
●IPSパネルは色再現度が高い。
ざっくりそれぞれこんな特徴。
これはほぼ迷わずIPS一択ですね。(絵を描くのに適してるため)
この3種類以外にもADSパネルっていうアイオーデータが押してる方式もあるけど、IPSと特徴が似てる割にIPSを超えるほどの良さもないらしい。

光沢/非光沢
書き方はグレア/ノングレア、とも。
スマートフォンとかは光沢のものが多いからそういう画面に近い方が絵描く時いいのかなー?と思って探してみるも、売ってるPC用モニターの大半がノングレア。
ただ非光沢の方が目が疲れにくいのはもちろん、画面を暗くした際の映り込みが少ないというメリットもありますね。(自分の顔映り込むの嫌ですしね…)

接続方法
PCのグラフィックボードとモニターをどうやって繋ぐか。
新しい(高性能)順に
●DisplayPort接続(圧倒的ハイスペック)
●HDMI接続(色んな家電で最近よく見るやつ)
●DVI接続(大型で場所を食うため淘汰されつつある模様)
●VGA接続(アナログ接続な為ほぼ考えなくて良い)
の4種。(USBType-Cみたいな繋ぎ方もあるらしいけどまだ選択肢には入れなくて良さそう)

最近のグラボはDisplayPort端子複数、HDMI端子一つ、みたいな構成が多そう。
マルチディスプレイにする際はグラボ側(PC側)にどの端子が残ってるか要確認。
ちなみに今私が使ってるグラボはDVI-I、DVI-D、mini-HDMIという前時代の遺物みたいな構成なので最新のモニター複数繋ごうとすると詰む。
あと同じ規格でもいくつかサイズに種類があるので注意。DisplayPortもHDMIもどちらも「ミニ」サイズがある。モニター付属のケーブルだけでは繋げない場合もたまにあるのでその場合は1000円くらいで売ってる別売り変換ケーブルを買う。
なおDisplayPortはPC→モニタ→モニタ→モニタみたいな「数珠つなぎ」が可能らしい。なんか凄い。

VESA規格の有無
モニターがモニターアームに固定できるかどうか。(背面に穴があるかどうか)
Amazonのページだけ見ても穴の有無が分からない場合があるので販売元のサイト見て確認が必要。
モニター本体がVESA対応してなくても固定用のフックとか別売りしてる場合もある?のかも。

----------------------------------------------------
調べて理解したのはこんな所。
まだまだ細かくスペックとかもこだわろうと思えばこだわれそうだけど、あまりこだわる理由もないので上記の内容とサイズと値段だけで選んだ次第。

こちらがその選んだモニター。

さっき届いて繋げたけど、今の所特に問題なし。
今まで使ってたモニターと比べてホコリとかも溜まりにくそうだし結構良さげ。