どみなり屋

同人サークルどみなり屋の日記です。リリカルなのは関連の記事が多いです。

タグ:雑記

キリエちゃんフォーカス記事その3。
前回の記事はこちら

Reflectionのキリエ
kirie
劇場版のキリエちゃんはエルトリアに住むパパとお花と読書が大好きな女の子。
16歳にもなってそろそろ親離れしないのかって話ですが、今のエルトリアは人口減少で他人と出会う機会がほとんど無いんでしょうね。
そうなると身近な尊敬できる男の人ってことで父親ラブになるのも必然。
その大好きなパパが瀕死の状態とあって全作品中一番真剣味が強くおふざけの少ないシリアスモードなキリエちゃん。
また過去作では登場しなかった母親の存在を得て、パパとお姉ちゃんもいて、更に親友までいるという面子的にはかつて無いほど恵まれてるにも関わらず泣き顔を何度も見せる不幸っぷり。
この悲しみを乗り越えた先に果たして幸せは待っているのか…?

キリエ・フローリアン(34)
そんなキリエちゃん、序盤は悪役ポジションなだけあってシステムオルタ使用時は悪そうな顔で大暴れ。
GODでは小狡い戦い方をしていた彼女ですが、映画では割と力押しで戦ってる印象ですね。
そのおかげもあって見応えある戦闘シーンでした。
キリエ・フローリアン(14)
生身の踵落としで高速道路を破壊してしまうスーパーパワー。

シリアスモードとはいえ、ちょいちょいサービスショットを入れてくるあざとさがあるのは流石キリエちゃん。
キリエ・フローリアン(17)
作中何度かお着替えシーンが挟まりますが、やっぱり年頃の女の子ですからね…外見には気を遣いたいよね…。


さて、このReflectionという物語を理解する上で外せないのが子供時代のキリエちゃん。
キリエ・フローリアン(48)
日頃からお姉ちゃんと比較され、差を見せつけられてきた妹のコンプレックス。これが後々この事件を引き起こすきっかけに繋がるわけですが、幼少期は特に冴えない女の子感が凄い。
今やイケてる女の子風の仕上がりになってますが、かつては自身のくせっ毛に劣等感を抱いて姉を羨ましがるなどお姉ちゃんに対する嫉妬心や自己嫌悪の塊でした。
このモヤモヤ感というかウジウジ感がロリキリエの可愛いところですね。泣いてるところを構ってあげたいし、頭なでなでしてあげたいと思わせるロリコンキラー。

一方、アミタはアミタで「お姉ちゃんらしくあらねば」という使命感でなんでも自分一人でこなしてしまうしっかり者。
しかしそうして対話を怠った結果キリエが一人で暴走してしまう姉妹間のすれ違い。
キリエ・フローリアン(40)
キリエの「大嫌い!」で考え方に大きな溝があったことを悟ります。
妹のことを大事に思ってるだけなのに、何故こうなってしまったのか。


そしてもう一人、キリエちゃんにとっての重要人物イリスちゃん。
キリエ・フローリアン(11)
イリスはキリエの親友であると同時に「先生」として幼い頃からキリエの価値観に大きな影響を与えてきました。
女の子らしい振る舞い方や、父親との仲直りの仕方など、アミタの知らぬ所でイリスの教えによりキリエはどんどん成長していきます。(ちょっと悲しいお姉ちゃん)
manga01
そしてキリエが11歳になる頃には見た目に自身の無かった彼女も美少女と言えるほど立派に成長を遂げます。
大好きなパパから貰った髪を愛せるようになったキリエ。グランツ博士目線で見るとこの上なく喜ばしい成長。
キリエちゃんを立派に育ててくれてありがとうイリスちゃん…。

そんなこんなでイリスちゃんと百合百合しながら地球へと赴くわけですが、最後には彼女の裏切りに合ってしまいます。
今までのことが全部嘘と、キリエへの痛烈な一撃。
はやての夜天の書を奪い、リインフォースとのやりとりで罪悪感に押し潰されそうなキリエ。
そんなキリエの心の支えはイリスの「パパとエルトリアを救える」という言葉でした。
しかしそれも嘘だった。
キリエの心は砕けます。
キリエ・フローリアン(57)
その後復活し銃口をイリスに向けますが、親友だったイリスとの思い出がよぎるのか、何もできずに泣き崩れるキリエ。
こうして見ると悲劇でしかない物語ですが、最後にキリエの元には姉と、一人の魔法使いが現れました。
彼女にも希望は残されていた。まだ終わりじゃないぞ。頑張れキリエちゃん…!



とまあそんな感じでReflectionキリエちゃんに関してざっくり書いてみましたが、まだ完結してないお話ですからまとめるのも難しい…。
イリスちゃんが内心どういうこと考えてたのか等色々分かってからが考察の本番ですかね。


次回作、Detonationではおそらくイリスちゃんの本心を聞き出すという大事な仕事がキリエちゃんにはあります。
何があってこうなってしまったのか。全部嘘というのは本当なのか。逃げずに向き合って、問いただして欲しい。
その末にイリスちゃんと本当の親友になれる日が来るかもしれないし、更なる悲劇が待っているかもしれない。
どうなってしまうのかは分かりませんが、キリエちゃんの笑顔が見れる日を願って応援していきたいと思います。

キリエちゃんの特徴を見つめ直す記事その2。
前回からの続きです。

INNOCENTのキリエ
k
なのセントのキリエちゃんはJKという要素を全面に押し出したガーデニングが趣味の女の子。
エルトリア女学院の1年生として学校に通いつつ家ではグランツ研究所のショッププレイヤーとして姉と共にブレイブデュエルを盛り上げる看板娘。
プレイヤーの分身であるあなたさんと一緒に秘密の特訓をしたり、意味深な発言をしてきたりと性的アピールが凄いのは嬉しい所。

a
あなたさんとの秘密特訓の末にはこんな嬉しい発言まで飛び出ます(最高)

パパであるグランツ博士が健康体なことに加え、あなたさんという男性がいるおかげで全作品中ファザコン感は一番弱いですね。
e
d
c
博士から娘のカードを使ってくれ(意味深)と言われる場面も。

b
本人曰く、車の免許を取ることに憧れがあるとか。
家族みんなを乗せて海や温泉に行ってみたいとのこと。
このシーンを踏まえた上で劇場でサンドバギーやバイクを運転してる場面を観ると感慨深いものがあります。夢が叶って良かったねキリエちゃん…。

i
姉のアミタは戦隊ヒーロー好き、妹のキリエは魔法少女好きという姉妹で対称的な趣味の方向性。
マテリアル娘INNOCENTではわかばちゃんと同じ魔法少女アニメの話題で意気投合したりもしていました。


語尾に癖があるのもなのセントキリエの特徴ですね。
「~よん」や「~ねん」のように語尾に「ん」が付くことがしばしば。
漫画版だと特になんですが、「あ~ん」「いや~ん」的な感じでお色気キャラっぽさを強調する際に語尾が変化してる模様。
ただ100%付くというわけではなく、似たような台詞でも語尾に「ん」が付く場合と付かない場合があるので気分で使い分けてるみたいですね。

それから文章の終わりに♪が多く付いてるのもキリエちゃんのチャームポイント。
GODの時からもそうですが余裕の現れというか、女子力アピールというか。あざとい喋り方で相手をメロメロにさせてやろうという意図が感じ取れます。
キリエちゃんったら恐ろしい女…!


そんな感じでなのはINNOCENTのキリエちゃんは重荷を背負ってないということもあり全体的に女子力高めなマイペースお姉さんという印象。
5年近くこのキリエちゃんと付き合っただけあって、もはやこれが本来のキリエちゃんなんじゃないかと思ってしまうほど慣れ親しんだ姿。
なのセントのサービスは終わってしまいましたが、またいつかどこかでこのキリエちゃんと会える日を楽しみにしています。


あ、最後におまけで私服姿のキリエちゃんを並べておきますね。
なのセント世界でしか見れない貴重な地球の私服全6種。(マテリアル娘の漫画を含めればもっと数はありますがそちらは割愛)
j


フローリアン家の次女、キリエちゃん。
この娘と初めて出会ってから約7年の月日が経ちました。
かつてPSPの中だけの存在だった彼女も今や全国の映画館で飛び回っているというあまりに喜ばしい出世具合。好きな娘が躍進する様というのはこんなにも嬉しいものだったのかと気付かされました。
そんな彼女のことをなんとなく好き好き大好き言ってるだけでも幸せなんですが、言語化することで新たに発見することもあるかなーと思い、改めて作品毎のキリエちゃんの特徴を見つめ直してみようかと。
GOD、INNOCENT、Reflectionとそれぞれのキリエちゃんに多少の違いはありますが、一貫してるキーワードとしては「花」「オシャレ」「パパ好き」「お色気」とかそんな感じでしょうか?
「芯が強い」とか「思いやりがある」とかはリリカルなのは全キャラに備わってるデフォルトステータスなので敢えて上げませんが、キリエちゃんも「一度決めたら諦めずにやりとおす!博士にもお姉ちゃんにも私はそう教わった!」といった名言がある通り心の強い女の子。
GODとかReflectionに関しては特にその部分が際立ってるかもしれません。


THE GEARS OF DESTINYのキリエ
10
2011年末、最初に世に出たキリエちゃんはエルトリアを救うため地球にやってきた未来からの来訪者。大筋は映画版と同じですね。
帯びてる使命は大変なものですが、余裕のある喋り方とジト目表情のおかげで切迫感はあまりなく第一印象としては「お色気お姉さん」というイメージが強かった思い出。
アミタにこっそりウイルス弾を撃ち込んだりと、正面から力で戦うのではなく絡め手というか、トリッキーな戦い方が特徴的。
レヴィに「ずるっこの天才」と言われたりもしてますが、この辺りは後々なのセントのカード能力にもいくらか反映されてますね。
一応スピードに自信がある的な発言もありフェイトちゃんに速さで負けて悔しがるシーンがあったりも。

26
クロノくん相手には女子との接し方をアドバイスしたりと、人生の先輩感も出してきます。(おねショタと言えなくもない)
グランツ博士が開発段階で人格形成システムを作り込みすぎたという話ですが、それにしても人口減少が進むエルトリアであまり役に立たなさそう知識まで持ってるキリエちゃん。この辺は博士の教育方針…親心でしょうか。
幼少期にもたくさん玩具を与えていたりと、姉妹を人間らしく育てたいという博士の強い思いが感じ取れます。

20
作中ではアミタとの姉妹関係も色濃く出ていて、冒頭から何かと反発していましたが、最後は兄弟喧嘩の末にデレます。
お姉ちゃんのこの包容力よ。

エルトリアに帰った後は姉や紫天一同と共に星の復興に尽力するわけですが、そこでの生活の様子はSEQUENCE Xと雑誌特典のドラマCDで描かれてましたね。
茶目っ気あるキャラとして王様をからかったりとマイペースに楽しく過ごしてる模様。
公式ビジュアルブックのインタビューに、「エルトリア編」のRPGでも作ろうか?的なことが書かれてるのでいつか実現するんじゃないかと長年ずっと期待してるんですが、未だそういった企画は無い模様。

そういえばアミタがシャマルさんたちに事情聴取されてる中でギアーズの後継機…アミタやキリエの妹や弟がエルトリアで働いているとの発言がありますが、これについては描写されたこと無かったですね。
心が無いロボットなので描くほどでもないと判断されたのかそれとも存在を忘れられてるだけなのか少々気になる所です。


長くなりそうなのでなのセントとReflectionのキリエに関してはまた今度。

ふと思い立ったので今までに買った(DMMとDLsiteでダウンロードした)18禁同人音声作品を書き連ねていこうと思います。
一応無料サンプルを大量に聴いた上で本当に欲しいものだけ買ってるので私と同じマゾ豚のフレンズになら割と自信を持ってオススメできるセレクションなはず。
ただバイノーラル録音の音声作品に関しては中毒性が高いものが多いので未経験の方はご注意を。ハマると元に戻れなくなります。
現に私も2014年頃同人音声にハマってからというもの普通のエロゲーを起動する機会がめっきり減ってしまった…(オタクとして劣化の道を辿ってる感)。

では以下購入順に。(括弧内はサークル名)
コメントが付随してる作品は特にイチオシの作品です。

・あまあま×お姉さん~帰ってきた篝3姉妹 side文~(ristorante)
・おねえさんが可愛がって あ・げ・る ~あまぁく責められちゃうバイノーラル!~(Garden of pleasure)
ーDMMの全同人音声作品で販売数第3位の野上菜月さん最高傑作。同人音声にハマったのもこれがきっかけでした。
・貴方のお部屋にお邪魔します!(シロクマの嫁)
・智美先生の早漏とれーにんぐ♪(シロクマの嫁)
・暴走メイドの妄想!?日記1&2(シロクマの嫁)
・ささやき庵 琥珀(VOICE LOVER)
・ぼっちでかわいくてほっとけない妖狐(めがみそふと)
・俺に目隠しをした彼女が淫らに囁いた夜(MASOINWASH)
・菜月お姉ちゃんのバイノーラルフェラ~左右同時にフェラ音流してあげる~(human chair)
ー野上菜月さんは両側から攻める作品がそんなに多くないんですが、これは数少ない両耳攻めを体験できる傑作。
・オナニークラブで働いてる友人の話に興奮しちゃって、友人の他愛ない言葉責めで射精しちゃったから、その日から友人のマゾペットになっちゃった。(human chair)
・仮想敵国から大量の女工作員が流入してきて、少子化推進活動を行い我が国の少子化がどんどん進んでしまい、 やがて我が国は戦わずして仮想敵国に併合されてしまった(human chair)
・癒嫁-美央(ディーブルスト)
・2万回射精しても終わりません! ~サキュバスのカウントダウン射精+カスタマイズ早漏訓練~(ristorante)
・おねえさんが可愛がってあ・げ・る2 ~もっともっとあまぁく責められちゃうバイノーラル~(Garden of pleasure)
ー野上菜月さん最高傑作の続編です。
・癒し系ナースの七海さんにケアされたりイチャイチャしちゃうバイノーラル(ya-ho-games)
・意地悪な双子の射精我慢ゲーム2 左右からバイノーラルで言葉を流し込む音声(B-bishop)
・【ダミーヘッド使用】ぼっちな君にバイノーラル音声でハッピーバースデー♪【超リアル耳舐め搭載】(VOICE LOVER)
・【イヤホン必須】みみもと☆あだると放送局ver1【バイノーラル録音】(シロクマの嫁)
・Garden of Pleasure コミケ出張版!(Garden of pleasure)
・優しい先輩の甘い罠(ブリッツクリーク)
・催眠触手 ~侵食快楽~(窓際クルセイダーズ)
・あまおね-彩音(ディーブルスト)
ー耳穴マッサージがとても心地よい一品。それほど激しくないのでリラックスしてまったり聴くのにオススメ。
・癒姉-芙美香【追加音声あり】(ディーブルスト)
・さいみん13000~深海に潜むもの~(F・A・S)
・【立体音響】Cure Attendant2(ディーブルスト)
・お姉ちゃんに左右同時バイノーラル音声で弄ばれたい(human chair)
・Feel Sweet ~優しいお姉さんに甘やかされたい~(調教少女)
ーお風呂シーンが一品。
・【バイノーラル】脳に直撃!とろっとろの囁きオナ指示-癒し系痴女- 【耳舐め吐息】(スレイブハンド(シコシコサポート))
・おじさん大好きJKの優しい筆おろし ~慈恵女学院おじさん大好き部~(調教少女)
・癒され茶屋 あやめ庵(調教少女)
・(あだると放送局ver3(ハイレゾ&バイノーラル録音)(シロクマの嫁)
ー伊ヶ崎綾香さんの作品は全般的に激しい作品が多いので合う合わないあると思いますが、強引に犯されたい人にはどれもオススメですね。
・【イヤホン必須】みみもと☆あだると放送局ver2【バイノーラル録音/48khz24bitハイレゾ音源】(シロクマの嫁)
・Cure Attendant(ディーブルスト)
・【立体音響】癒嫁-美央2(ディーブルスト)
・ちょっと変態でおっとりした天然系のオレの嫁!【DHバイノーラル】【96kHzハイレゾ】【超リアル耳舐め】(VOICE LOVER)
・2人のメイドと甘美な時間(アクア・アルタ)
・幼馴染の告白日和【2作品パック】(アクア・アルタ)
・Cure schoolnurse-香澄(ディーブルスト)
・ブックパル ヌキヌキ駅前店 ナナノですっ!(メルティービーンズ)
ーギャグ作品です。
・嵐を呼ぶ! オタクで腐女子な幼馴染(あの娘)とホロ酔い耳かき(メルティービーンズ)
・JKママがあやしてあげる ~わたし、ママに目覚めちゃいました~(調教少女)
ー小花井わかさんの母性を味わいたいならやはりコレ。バブみという概念を味わいたい方向け。
・癒し系専属ナースの七海さん六海さんに愛されちゃうバイノーラル(ya-ho-games)
・搾精士さん♀のミルキングパーラー2 ~牛♂ミルクの搾られ牧場~(ろんりーわん)
ー牛になって精子を搾り取られます。マゾ度が高い人向け。
・dolls 苺【超リアル仕様】(VOICE LOVER)
・初恋カノジョと真夏の密室オイルマッサージ♪【耳舐め】【R15】(とらいあんぐる!)
ーマッサージのネチョネチョ感を味わうならこれがイチオシ。
・援交JKツインズ!2組目! ~閉所密着濃厚エッチ~(カモネギちゃんねる)
・無自覚に兄を悩殺する甘えん坊な妹JK(ダミーヘッドバイノーラル)【48kHz/24bitハイレゾ】(知恵の実)
ー耳掃除が好きになります。
・僕を甘く弄ぶ妹系アイドルサキュバス ~囁き手コキ&エナジードレイン騎乗位~(甘辛ギネコクラシー)
・ひつじさん耳かき本舗 弐(DreamLight)
・【バイノーラル】童貞先生とエッチなおしえごJK【囁き・耳舐め】(C_Realization)
・素直じゃないメイド・瑠璃ちゃんのしゅきしゅき囁きご奉仕(あきいろ紫陽花(ムラサキ))
・緊急射精病棟24時(JON)
・耳掻きマッサージ専門店「大和撫子」倍濃(JON)
・とあるオタサーのビッチなお姫様!(俺だけが得する音声工房)
・ペットに癒して貰った件(AaronPoint)
・キミがイクまでシコシコシコシコ言ってあげる♪ -お姉さん編-(二次元見聞録)
・(全バイノーラル)ご注文は私ですか?~初々しい新人メイド詩織の癒され甘々マッサージコース~(ドッグイヤーカンパニー)
・ドリームインスリーピング(DreamLight)
・【耳かき・シャンプー】りりふれ chapter:まゆさん襲来【ハイレゾ96khz同梱】(ネモン℃)
・【立体音響】モン姉-エルフの森に行き倒れになった僕(ディーブルスト)
・里奈といっしょ!~彼女と過ごす刺激と癒しのひととき~(メヤスバコ-MeyasuBako-)
・無意識に兄を誘惑する甘えたがりな妹JK(ダミーヘッドバイノーラル)(知恵の実)
・コミケで手に入れた戦利品でのオナニーを女性が一緒に見てくれているだけの音声。(JON)
・コミケで手に入れた戦利品でのオナニーを女性が一緒に見てくれているだけの音声。 2(JON)
ー秋葉よいこさんの距離の近さにゾワゾワしたいならJONさんの作品はどれもオススメです。
・【甘やかし】あまおね-沙綾(ディーブルスト)
・優しいお姉ちゃんが、いろいろとお世話してくれました。(JON)
・めいどいんへぶん-メイドと暮らす幸せな日々-(Atelier Honey*)
・衣智子ちゃんと僕(E*17)
・【耳かき・マッサージetc】ハピネス・ガールズ【2セット・3時間半超え】(Project E.L.C)
・金髪天使の誘惑~Blonde's Angel Temptation~(俺だけが得する音声工房)
ーネイティブイングリッシュがずっと続くので英語の勉強になります。受験生に聴いて欲しい一品。


声優さん別で言うと、野上菜月さん、小花井わかさん、小山ハルさん、そらまめ。さん、秋葉よいこさん、辺りが好きでしょうか。
耳舐めのスキルで言うと野上菜月さんが突出してるんですが、ダミーヘッドマイクとの距離のとり方の上手さという点ではそらまめ。さんと秋葉よいこさんが群を抜いてるという印象ですね。
上記の作品以外でオススメとかあったら教えて下さい。



なのはReflectionが公開されて2ヶ月と少々。
何度も映画館に通う中、「どうせなら色々な場所で観てみよう」と都内各所を回ってみたわけなんですが、折角なので各映画館ごとの特徴を簡単にですがまとめておこうかと思います。
本当は関東地区全制覇くらいしたかったんですが、流石に週1、2回が限界だったのでそこまでは至らず。

以下、行った順番にご紹介。

・新宿ピカデリー
IMG_20170724_155956
ご存知、舞台挨拶の行われたチェーンマスター劇場。
壁に貼られた大きなReflectionのタペストリーと柱のなのはちゃんたちが出迎えてくれます。
初週は席数も最多クラスの580席と圧倒的ボリュームでReflectionが本当に公開されたことを実感させてくれます。

応援上映もここで観たんですが、応援上映慣れしてない人たちが頑張って何か叫ぼうとしている空間がなんともいえず面白かったですね。
あの時は時期も悪く人の集まりもそこまで良くなかったので是非もう一回くらいやって欲しいところ。

・MOVIX昭島
IMG_20170725_180035
立川駅から青梅線で少々、横田基地の南側に位置する劇場。
モリタウンというショッピングモールと隣接しているため、観る前・観た後のお手頃価格な食事のバリエーションが豊富なのが強み。
ただ、モールと隣同士とはいえ、屋根が続いているわけではないので、雨天の際はご注意を。

・TOHOシネマズ日本橋
日本橋
老舗の百貨店が集い財閥の建物が権力を見せつけるかのように立ち並ぶ日本橋。
そんな歴史を感じさせる町並みの中、コレド室町の3階にある映画館です。
他の劇場とは違い、映画を待つ人のための休憩スペースがなかなか豪華なのが特徴でしょうか。柔らかいソファーが横にズラーと並びホスピタリティの高さが窺えます。

映画の後は日銀横の貨幣博物館で福沢諭吉のバスタオルを買って帰りました。

・ヒューマントラストシネマ渋谷
IMG_20170805_114241
渋谷ヒカリエから北に暫く歩いた所にあるおしゃれな映画館。
意識高い系の人が来そうな映画館で、なのはReflectionを上映していることが不思議でなりません。
隣に座って観てた老夫婦が観終わった後凄く嬉しそうにしてたのが印象的でした。

・ユナイテッド・シネマ豊洲
IMG_20170605_175835
1st2ndの4DXもここでやってくれてましたね。
併設のカフェでなのはReflectionのオリジナルドリンクも提供してくれてる、海の見える素敵な映画館。男性用トイレから見える景色もなかなか綺麗。
ららぽーと内にある映画館ですが、昭島と違いショッピングモール内の食事の価格設定が結構高め。
学生向け施設というよりはファミリーやカップル向けの施設という印象を受けました。

・TOHOシネマズ府中

府中
競馬場でおなじみ、東京の丁度真ん中に位置する府中の劇場。
プレミアスクリーンという豪華な作りのスクリーンで観れてちょっと得した気分。前の方に座ると席がリクライニングします。
聞くところによると私が観に行った前日に機材の不調でアミタの顔洗うシーン無限ループが発生したそうな。

以下、9月9日公開開始の劇場。

・TOHOシネマズ甲府

IMG_20170911_123705
特急かいじに乗って行ってきましたプチ遠征。
甲府まで特急で1時間、そこから身延線に乗り換えて30分。
目的の常永駅は映画館の最寄り駅ということでさぞ栄えた駅なのであろうと思いつつ行ってみると特にそんなことは無く田んぼの真ん中にある無人駅。
15分ほど田園風景を眺めながらイオンモール目指して歩きます。
モール内は流石に活気もあり学生さんたちがわちゃわちゃ楽しそうで、ザ・田舎の中のイオンという情景。
月曜日にも関わらずなのはReflectionにも十数人ほどお客さん入っておりちょっと嬉しくなります。

映画の後立ち寄ったぶどう園でぶどう狩りしてから帰りました。試飲させてもらったぶどうジュースが美味しかった。

・角川シネマ新宿
IMG_20170920_202138
新宿にある小さい劇場。
Reflectionのグッズすら売ってない小規模劇場ですが、9月9日以降は都内唯一の上映劇場なので都民にはありがたい存在。
勿論小さい劇場なので席数も少なく画面も小さい。映画というよりはちょっと大きいテレビで観ているような気分でした。
音響設備が他の劇場と違うせいか、各場面ごとの印象も結構違って聴こえます。特に挿入歌のシーンの印象が全くの別物でした。まあこれはこれで。


とまあこんな感じで8ヶ所ほどではありますが、回ってきました。
今月末にはキネカ大森でも上映始まるらしいので今はそれが楽しみです。

↑このページのトップヘ