Common Sense

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう

2005年10月

焦燥

 早いもので引き篭ってから一ヶ月経った。

 金曜日、何週間ぶりかに用事で大学の方へ行かなくてはならなかった。自分で思っていた以上に動悸が激しかった。息を吐いて心を整える。人前に出ることがこんなにもしんどくなってしまったことにショックを受けた。

 抜け出さないといけない。
 誰も助けてはくれないのだ。自分の力で抜け出さなければ。

 何をしたらいいのだろうか。
 一日一日が漫然と過ぎ、危機感が無い。

冷静

 セロトニンを促して脳内のバランスを保つために抗うつ薬を飲む。たぶんごくごく弱いものだろうが、それでも眠りやすくなり、反面、だるさと頭痛もする。

 3時間寝て3時間起きてまた寝てのような繰り返しであるから、時間感覚が麻痺しているのだろうか。時計を見ないと、昼か夜か全くわからない。

 眠る前というのが一番怖くて、パニック状態になる。パニックになってしまったときはとにかく死ぬことしか考えられない。ジタバタするだけして泣き叫んでそのまま疲れて眠りに落ちる。

 そのせいなのか、睡眠のとり過ぎなのか、何なのかわからないが、時々脳が締め付けられるように痛む。脳細胞が大量に死んでいるのだろうか。

 人一倍健康に気を遣っていたのに今はどうしようもなくなった。運動もしていないし。
 皮膚科の薬がとっくに切れて、肌がボロボロで酷い状態だ。ピーリングも久しく行っていない。人に会える状態じゃない。
 栄養取らないといけないな。明日こそ買い物に行こう。

 このように文章を書くことで少し楽になれる。まだ辛うじて頭を働かせることが可能であるような気がする。まだ世の中と繋がっていられる気がする。

結局

 人間なんて、そんなもんだ。

 苦しいのは、まだ希望を捨てきれないからだ。


 そういえば、まともに人と喋ったのはいつだっただろうか。

虚脱

 本も読まない。音楽も聞かない。テレビも見ない。勉強もしない。ご飯も食べない。ただ時間がぼんやりと過ぎるのを待っているだけ。
 引きこもりならそれはそれで何かをした方がいいのだろうけれども。何をすれば良いのだろう。
 やばいんだろうなあと自覚できる間は大丈夫だろうか。

茫然

 自失なのであろうか。何もやる気が出ない。元気だって言うことも虚しくなってきた。嘘とかつけない。自分の中で処理することに疲れた。今からでも遅くないというのは嘘だ。どうしたって遅いんだよ。

 そんなこと考えてると眠れない。一日中寝ているからだけれども。今週は月曜日しか外に出れなかった。

 もう頑張りたくない。すべてから解き放れたい。

エゴグラム

ミクシーで回っていたので、やってみた。


性格
第三者の目から見た場合、性格的なバランス評価度が100%に近いタイプです。しかし、本人の自覚している性格的バランスの満足度は、恐らく70%か80%位では無いでしょうか。何故なら仕事や金儲けの際に、他人を押し除けて行く強引さの欠如や、他人の思惑を気にし過ぎる過敏性性格が、かなり顔を覗かせているからです。心が優しくて、他人との摩擦を極度に警戒する合理主義者の貴方は、そこの所が非常な長所で有り、短所でも有る訳で、自・他のエゴイズムの衝突を、どのような形で調整するかに、焦点の絞られたタイプです。

恋愛・結婚
性格的には、恋愛や結婚の相手として、最も望ましいタイプの一つです。思い遣り、同情心などは人より優れていて、神経も細やかで有り、現状認識や判断力も確かです。責任感や倫理感は、人並で有り、格別に我儘な点も見当りません。

職業適性
確実に不向きな職業としては、司法関係者(特に警察官や刑務官)などが有るだけで、大概の職業には適性が有るでしょう。権力や世間の評判に弱く、決断力や実行力に欠ける所が少なく有りませんので、充分心すべきでしょう。貴方が事業家などで有る場合には、貴方の正反対の性格を持つブレーンが絶対に必要で有ると思います。

対人関係
社交的には、非常にバランスが取れているのですが、欲を云いますと、人付き合いに関してやたらと神経質になる事だけは避けた方が良いでしょう。環境によっては、ノイローゼ気味になる可能性も有ります。貴方の場合は、判断力や分析力にかなり優れた所の有るタイプなのですから、自分がこうと判断した事は、絶対的に自信を持って割り切った行動に移る事を心掛けるべきです。


これは当たっているかいないか、と言われれば恐ろしく当たっているような気がする。
少なくとも過敏性性格、合理主義者、自・他のエゴイズムの衝突の調整、神経質、ノイローゼという言葉は当てはまる。

後悔

昨日今日と外に出れなかったことを後悔。明日はちゃんと出られますように。

再開

一ヶ月の引き篭り生活から脱出。
後期初めて大学に行きました。

人多すぎて死にそう。
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージはこちら!

名前
メール
本文
ギャラリー
  • いつか終息の日は来る
  • 2月
  • あけましておめでとうございます
  • 9月&10月
  • 8月
  • 6月&7月
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ