w62













 8月は一つ良い出会いがあったこと以外は、変化の少ない落ち着いた月であった。平和と言えば聞こえは良いが、進歩が無い。

 まだまだストイックが足りない、努力が足りない、と思う反面、それだけ厳しくしたところで、結果が出ないのではないか、意味が無いのではないか、という後ろ向きの見方をしてしまう。元々の性格的な面もあるが、おそらく一番大きいのは老化によるものだと思う。

 勿論まだ老いを感じる年では無いが、昔ほど体に無理が利かなくなるのは当たり前である。また絶対的に力が足りないことでさえ、良くも悪くもそれを超えようと盲目的に努力し続けるという一種の自惚れ、過度な自信というものが今は無い。現実が見えていると言えば聞こえは良いが、それだけで良いのであろうか。

 ある程度の生活基盤を築くことができ、出来る限りストレスなく毎日を過ごす環境を確保することが出来た。もう大きな冒険をする必要はない。努力が実った結果だ。ただ、それは良いことばかりでは無かったのかもしれない。おそらく失敗することが怖くなっている。衝突を過度に避けようとしているのだ。

今年も残り4か月、少しでも変えていきたいと思う。