mask_wo_shiyou_animals













 2020年ももう1ヶ月。

 コロナウイルス肺炎の話題で占められた先月。さすがに周知されていると思いきや、電車に乗っていると未だにマスクをしていない人がいる。というよりも、している人は良くて3分の1といったところ。理由がわからない。

 確かにマスク自体に多くの期待を持たせるのは荷が重いのだが、そこまで意味が無いのは予防的効果であって、感染拡大防止には一定の効果がある。全ての人間が自らが感染しているかもしれないという前提を持って人込みに行ってほしいもの。咳やくしゃみをしているのに抑えようともしない人間は最悪である。

 今は満員電車に乗ることは少なくなった。会社員を辞めて良かった点の一つである。息が出来ない程の密閉空間に押し込まれ、見知らぬ人々が媒介する菌やウイルスにまみれる。他人が密集するリスクというのはこのような時に実感できる。

 企業でも自宅業務を推奨する企業が出てきた。何十年後かには、会社に通勤するという仕組み自体が時代遅れになる日がくるかもしれない。