あっちゃん劇場

あっちゃんの生活には事件がいっぱい!

突然の終わり

いつものようにハウスで出荷作業をしてた。
珍しく社長がやってきた。
社長は1年ぐらい前から入れ替わったんだが、この人も忙しい人でハウスに寄り付きもしない。

その社長に「ちょっと」と手招きされて事務所を出た。
「まぁトマトも赤字のままだから、今月で解雇だ。すまんね。
と言う。
「エッ??
ここであたしゃテッキリこのハウスが閉鎖なのだと思った。
だって、作業するパートさんはいるけど、作業以外の仕事は全部私しかしていない。
朝晩のハウスの開け閉め、事務全般、作業する人の手配、収穫出荷の手配、配達、仕入れ、etc...
だから、当然私の解雇=閉鎖 だと思っちゃった。
しかし、ハウスは存続で私だけ首になるってことだった。

驚いたさ。
しかし、自分でも驚いたんだが、聞いた瞬間に驚いた次には笑顔がこぼれたのよ。
だってさ、辞めたくて辞めたくて仕方なかったんだから。
その解放感の半端ない事!

「今日辞めてもいい」
とまで言う。
きっと社長は私が嫌いなのだ。
いやいや、辞めたって良いけど、すべての仕事は私しか知らないんですが・・・
「引き継ぎどうしますか?」
「Kさんにチョロっと言っといて。」

社長はチョロっと話してできる仕事を私がしてたと思っているらしい。
Kさんはね、3人の子を抱えた忙しいパートさん。
平日は毎日数時間来てくれるんだけど、子供の病院やら学校行事で毎週フルに働く方が稀だ。
仕事も早いし、優秀なんだが、私の代わりは時間的に無理である。

だけど、そんなことは私が心配する必要はない。
首なんだもん。


それにしても、誰も来ない日はどうするんだろ?
何曜日だろうと必ず誰かがいないとトマトは枯れる。
なので、私は突然誰かが休んでも良いように穴埋め要員もしてた。
この事があるので、宝塚へは行ってないのよ!
既に明日から人いませんが・・・

だけど、そんなことは私が心配する必要はない。
首なんだもん。

元々が人手不足。
タイムカードは6人分あるが、2人以外は私が無理やりお願いした人々だ。
私が集めたパートさんたちは悉く続ける意思がない。
日曜日に来てくれてた男性のササPも
「あっちゃんさんが大変だから、就職した今も日曜日は手伝って来ました。
あっちゃんさんが辞めるなら、行く意味がないです。」

と言う。
まぁ、そりゃそ〜なるよな〜
ササPのその言葉が嬉しいわ
残った二人で全部やるの?

だけど、そんなことは私が心配する必要はない。
首なんだもん。

引き継ぎも終わり、昨日から溜め込んだ自分の仕事に打ち込む。
しかし、やっぱり大事に育ててきたトマトが気になる。
パートのKさんにメールしてみる。
「土曜日は早速人いないから、ちゃんとしてもらってね!」
「子供が買ったニンテンドー・スイッチの新品交換して貰えました!」

と返事が返ってきた。
そ〜なのよね〜
Kさんも、もう一人のパートさんも激しくB型気質で、あくまでマイペースである。
自分の仕事はここまで!と思ったら、それ以上はトコトンしないのだ。

知ったこっちゃねー!

心配

知ったこっちゃねー!

心配

この無限ループなのだ。

よりにもよって

こっちのブログは凄〜〜〜くご無沙汰しちゃったワ!
ま、ご存じの通り子ヤギが生まれてしまったので、ヤギのブログ書くのが精一杯でござる。
ライフスタイルは相変わらずトマト作るのに忙しい。


ハウスは変な人もいなくなり、人数が少なくて大変なんだが、腹の立つ人をみてイライラしてるより
やる事だらけでイライラする方が穏やかである。

パートのKさんが1か月前からパセリの種を撒いてるんだが、何故だかちっとも芽が出ない。
今回、Kさんは3度目の正直にしようと丹精込めて種を撒いた。
この時期、とっても土が乾き易い。
Kさんに怒られるので、私も時々は水をかけてた。
そして、遂に待望の発芽!

お休みのKさんに発芽した様子を写メしてあげよ!

ん????

2018-05-01-08

フフフ、よりにもよって大事なパセリの苗床にカエル様。
ま〜そんなもんよ。

ボランティア

とある芸能人がスズメを拾って、その子が可愛くて手放せないってTVで見た。

人に慣れきったスズメを外に放したらカラスのエサになっちゃう。
チュンちゃんを殺せって言うのか!


その気持ち、痛いほどわかるヨ!
私も鳩やらカラスやらジネズミまで、とにかく野生動物の子供を多く拾った。
人の顔みて口開ける生き物は、もう自然界では生きられない。
違法だと分かっちゃいるけどサ
もう自分の子供と変わらないのよ

スズメ1匹がペットとして一生を過ごしたとして、それが自然界に影響があるか?
杓子定規に何でもダメ!じゃなくて、面倒な手続きでも構わないから事情を考慮して
飼育許可を出して欲しいと思うワケです。

んで、ホオジロを拾った時に調べてみると、地域によっては保護された野生動物を
引き取ってくれるボランティアがあるらしい。
もう飛べなくなって自然界では生きられない野鳥なんかを飼育できる許可を特別に与えられた
ボランティアってのが存在する。

これ、私もやりたい!
今はなにかと忙しいし、こんな街中じゃ無理。
仕事を引退したら、私は絶対にこれをやるぞ!

青い小さな花の正体

今日は寒かったけど、最近の河原はとっても気持ちが良い。
3月とともにツクシががはえ、昨日からウグイスも鳴きはじめちゃったりしてる。

爽やかな気持ちで歩いてると、足元に青い小さな花!
青い小さな花っていえば、
♪それはアナタ〜、♪それはアナタ〜、♪それはアナタ〜〜〜〜〜〜

そう、マリーベッツェラ男爵令嬢よね!
39
25
オオイヌノフグリだ。

オオイヌノフグリって、現代の言葉に直すと
オオカミのキンタ○なんだよね〜

ふふふ
マリーベッツェラ男爵令嬢は、オオカミのタマタmなんだ〜


と思ってしまう春の夕暮れ


うたかた2

23日に2回目のうたかたで御座いました。
今回は久しぶりのmomoさんと3列目で観たっすよ。
中日劇場はオケボックスがないからとにかく近い!!
やっぱりさ〜、生の声が聞こえちゃう距離で観ると紅さんがお美しい
だけど、ロケットの時にはまるでディズニーランドのスターツアーズか!っちゅ〜ぐらいの
振動が椅子に来る。
「あの真ん中の大きいお姉さんに蹴られたら、きっと死ぬ。
と思ってしまう。

前回の感想で
「マリーはたぬき寝入り」って書いた。
今回は3列目なので、ルドルフの苦悩がもっと強く私に伝わった。

そしてお芝居が終わり、私たちはトイレの列に並ぶ。

「マリーのたぬき寝入りだけどさ〜」
「うん、確かに寝られるワケないよね。」
「でも、あそこまで腹くくった状態なら寝られるかもよ。」
「まないた板の上の鯉状態っていうか・・・」

ここで閃いちゃったので、つい声が大きくなった。
うたかたの恋じゃなくて、まないたの鯉!  
プ〜ッ!
前に並んでた知らない女性が吹いた。
※アンタ誰よ?

「うまい!しかも字まで合ってる!座布団一枚!!」
そしてトイレの順番が来た女性は去って行った。


私が今回突っ込みたいのは

〇狃个両欧鮠った薔薇
あれだけ青い小さな花〜それはアナタ〜それはアナタ〜それはアナタ〜
って言ってんのに、なんで薔薇を散らしてんのよ?
そもそも青い小さな花の名称は何よ?
マリーがボッコに見える私としては、薔薇なんかボッコが散らすわけがない。
だって、薔薇はボッコにとって食べ物なんだから食っちまう。


∋慘悗帽錣鵑席源
「読んでごらん」
「1月13日・・・アッ私たちのアノ日!恥ずかしい
なーにが恥ずかしいだ!
ハッキリ言っちゃえよ!
初めてやった日って!!

「先がある」
「死の後まで死して屍拾う者なし(忘れちゃったし)」
みたいな会話してるんだが、私がマリーなら指輪の文字を読めって言われた段階で迷惑だ。
だって、字が小さ過ぎて老眼じゃ読めネーんだよ!


かまとと?天然ボケ?
なーにが食べて下さいだ!
かくれんぼとか、狼男ごっこのルールが分からんのか?
私、絶対にマリーとは友達になれん!


記事検索
お知らせ
当ブログには一部認証制度を設けています。見たい方はメッセージまたはメールにてお問い合わせ下さい。折り返しパスワードをお知らせします。尚、認証ページの内容はネット等への転載をご遠慮ください。
メッセージ