あっちゃん劇場

あっちゃんの生活には事件がいっぱい!

言わずにいられない!

仕事へ行ったら絶対に立ち寄るところが高速道路のパーキングエリア。
トイレを借りることと、コンビニで買い物をするためだ。

今、トイレの入り口にはコイツらがいる。↓
34
34
ツバメのヒナーズだね。
ツバメのお父ちゃんとお母ちゃんがせっせと餌を運んでて、親が巣に戻った時だけはピーピーと
大合唱をしながら大きな口を開けてるのが究極に可愛い!

先日もトイレを済ませてツバメのヒナを見つつコンビニへ。
ツバメのお父ちゃんかお母ちゃんか分からないけど1匹が店内に入り込み右往左往してる。
コンビニの自動ドアの上ってのは、すべてガラス張りになってるのね!
だからツバメは入っちゃったは良いけど、出ようとしても上のガラス部分しか見ていないので
ずっと店内を飛び回って困ってる。

私はいつもお金だけ払ってサッサと帰るんだが、ツバメが気になって帰れない!
だって、可愛いあの子たちが餓死しちゃったら困るじゃないの!
夫婦の片割れも心配そうに外で飛び回ってる。

「〇百〇十円です。ポイントカードお持ちですか?」
「ううん、カードはないけど、あのツバメを何とかしてあげて!」

普段は「はい」か「イイエ」しかしゃべらないオバチャンだけど、この日は我慢できずに言ってしまった。
きっとあの日からコンビニでは私のことを長靴を履いたツバメおばさんと呼んでるに違いない!

ちなみに、ツバメの親は今日も2匹で餌を運んでた。
ウフフ、良かった!

最近のマイソング

最近、朝のヤギ小屋掃除で脳内に何度も再生される歌は
昔々、桜田淳子が歌ってたヤツだ。

去年のトマトは青くて固かったわ
だけど如何 もう今年は赤いでしょ〜


トマトの事でストレス溜めてる私に、この歌詞はないだろ!

だいたいサ、トマトが1年がかりで赤くなるはずがないだろ!
青くて固いトマトだって数日で収穫可能だ。
色ついてない時に収穫したって、そこから数日で赤くなるわ!

ついでに言っとくと
ちゃんと完熟してから収穫しないと本当の美味しさにはなりません。
したがって、この歌詞は間違ってるし、脳内でリプレイされるのも迷惑である。

自慢…するべきだろうか?

今日も頑張って仕事から帰ったら、ハナちゃん(犬)のお母さんからミミズの差し入れがあった。
そしてもう一人、あられちゃん(ヤギ)のお母さんからもミミズの差し入れがあった。

言っとくけど、私が食べるわけじゃないから!
クララとその両親がミミズが大好きなのを、このお二人はよ〜く知ってるからだ。

自分で採取してる時間が無いから、これはとっても有難い。
わざわざ届けてくれるのも嬉しいよね〜。

これって、人徳(カモ徳)っちゅ〜べき?
これって、ひょっとして日本でも私んちだけじゃないか?
これって、自慢して良いこと?隠すべきこと?


とっても微妙である。

冷蔵庫の名前

ハウスはとても暑い。
このまま夏に突入したらスタッフが倒れちゃうんじゃないかと心配になった。
ちょうどそう思ってた時に親戚のオバサンが「冷蔵庫いらん?」と言ってきた。

このオバサンというのがこれまた曲者で、人を怒らせる天才である。
あまり相手にはしたくないんだが、ハウスの人々のためには仕方ない。
ただで良いというので貰うことにした。

「会社で使うなら5千円ね!」
「エッ?会社にそんなお金ないワ〜、残念だった。」
「じゃーしょうがない、トマトでいいわ。」


この時点で『タダほど高い物はない』のムードである。

先日、一袋300円のトマトを見つけたオバサンは、その袋を4つ抱えて姉に言った。
「4つで1000円ね!」
「それはアツコが困ると思うよ。」
「いいのいいの!

このトマトは私が売ってるんじゃなくて、会社の商品である。
勝手に値引きされても処理に困る。
私が渋々不足分を出す羽目になった。

その後も我が家へ来ては
「トマトが来ないんだけど!」
と姉に向かって繰り返すオバサン。
私だってわかっちゃいるけどオバサンちまで届けてる暇がないのだ。

ハウスでパートさん達に言った。
「この冷蔵庫はね、くれたバサンがトマトトマトって恩着せがましいから
今日から名前を恩のたれクソ冷蔵庫にする!」

※恩のたれクソって方言かな?
恩着せがましいって意味です。



後日談

連日目が回るほど忙しい。
ハウス内の作業について段取りを説明し、収穫係にはトマトの処理について説明。
さて、やっと次は事務の仕事だ!
って時にドラえもんみたいな小僧が言った。
「あのっ!冷蔵庫の扉が開けっ放しになってました〜!
それは大変ですね
買いだめしたアイス溶けちゃったかい?
それが君にとって最大の事件なのかい?

ナンパ成功!

私はとっても疲れてる。
最近では火照っとる嬢を通り越して、足の裏が熱いのにかじかんでる。
つまり、冷え過ぎて足に溜まった温かい血液はそのまま残って循環しないから
その他の部分は冷え冷えになってるのよ!
そりゃ〜も〜眠れるようなモンじゃない!
睡眠不足だから体もだるい。
常にフラフラしながらバケツで水を運ぶもんだから、見かねたパートさんがドリンク剤をくれた。
それって、「コレ飲んでもっと働け」と言われてるような気もする。
このままじゃ倒れると思ったので、今日は朝の打ち合わせを終えて病院へ行った。

例によってひたすら待たされ、やっと呼ばれる。
オレンジの白衣(?)に身を包んだ若い女医さんだ。
「なんだよ、ペーペーの女医じゃねーか。
と思って女医の顔を見たら、高畑充希似の可愛い女医さんだった。

なんだろ〜な〜
別に可愛いお嬢さんに何かしようって気はないんだけど、なんだか嬉しいのよ。
ヅカファンだから、その辺が変態なんだろうか?

「どんな症状ですか?」
「足が火照って眠れないんです。」

可愛いお嬢さんに火照っとる嬢とは言わない。
「他には?」
「あ〜でもない、こ〜でもない、そしてこ〜で、そうそう、アレもこ〜なんです。」
「う〜〜〜ん、まずは血液検査しましょう。」
「は〜い」

で、またひたすら待つ。
待ってる間、私はどうやって女医さんを落とすかを考える。

いや、私の『落とす』は、女医さんに仕事以外のところで会話がはずめば成功である。
オバチャンだから、可愛いお嬢さんと楽しく会話できたら嬉しいというだけなのだ。

可愛い女医さんに呼ばれる。
「血液からは異常が見られません。」
「えー?健康体ってこと?」
「そうですねぇ。症状はいっぱいあるので、ストレスから来てますかね?」
「ストレスはそりゃ〜も〜あります!」

ここからアツコさんのナンパが始まる。
「忙しくてヤギの散歩もままならず・・・」
「エッ?ヤギ飼ってるんですか?
「そう、4匹もね!」
「エ〜、どこで?」


ほらね、見事にナンパは成功でございます。
いやいや、それはイイとして
この私の火照っとる嬢は治らないのかい?

記事検索
お知らせ
当ブログには一部認証制度を設けています。見たい方はメッセージまたはメールにてお問い合わせ下さい。折り返しパスワードをお知らせします。尚、認証ページの内容はネット等への転載をご遠慮ください。
メッセージ
livedoor プロフィール