レッドビーシュリンプという品種の観賞用の小さなエビがいる。
640px-Caridina-cf-cantonensis-red-bee

Wikiにはこう書いてある。

レッドビーシュリンプは黒い体色箇所が赤くなったビーシュリンプを固定化した品種。
体長は2cm前後で寿命は1年半程度。体色の模様や色の濃淡により商品価値が決まる。

そもそもは水草の苔とりとして飼育されていたビーシュリンプの中から赤みを帯びた個体を
1991年当時、愛知県田原市で門寿司を経営していた鈴木久康がピックアップし固定化した。



この当時、私は熱帯魚屋でバイトしてた。

ある日いつものように寿司屋のSさんが来た。
「うちのビーシュリンプがちっとも増えん!」
色々工夫してるんだけど上手に繁殖できないそうな。
片や私は家にある大型水槽にビーシュリンプが大繁殖中。
フィルターの中までエビだらけだった。
可哀想なので、商売は抜きにしてSさんにエビを沢山プレゼントした。
そして、現地まで行って飼い方を伝授。
それからSさんちはビーシュリンプが沢山増えるようになった。

Sさんは増えたエビをとあるお店に売るようになった。
ある日、売ったエビを何となく眺めてると、少し赤色の強い個体を発見!
以下はWikiの話になる。
もしもペットショップでレッドビーシュリンプを見かけたら、私がルーツだって思ってね!

威張って書いてたら思い出した。

熱帯魚屋には常連の明るいおばちゃんがいた。
おばちゃんは私に「魚屋さ〜ん、ネオンテトラちょーだい!」って言う。
それだけなら良いんだが、たまに
「♪可愛い可愛い魚屋さん♪」
って歌まで歌ってた。

魚屋じゃねーし!




 淡路島のハイジ様
毎度毎度ありがとうございます。
もう会っちゃったから記事の内容がビジュアル化されるよね〜。