勝手にスポーツコメンテーター     

このブログは競輪選手千葉・森下太志選手海老根恵太選手藤田大輔選手吉澤賢選手岩本俊介選手亀井久幸選手近藤保選手宮倉勇選手在原和浩選手戸ノ下太郎選手中村浩士選手武井大介選手花嶋洋之選手三根永吾選手高澤淳一選手川原義彦選手田中時忠選手中曽直彦選手小埜正義選手高田隼人選手鈴木栄司選手今井有年選手鈴木裕選手富田卓選手高橋秀之選手加賀山淳選手小野裕次選手石井秀治選手須藤雄太選手近藤隆司選手山賀雅仁選手橋本良選手晃三君他千葉所属の選手達を熱く応援します宣言。

なーにが凱旋門賞だよ。

500万以下のレースじゃねえんだからさ

最高峰グレードのレースで

あれはないだろう

お前

それはないだろう

志村けんのセリフ思い出したわ。

フェイクなんだね、所詮

騎手も助手も調教師も開催責任者も

反省してくれ

本当にガッカリなレースだわ。

力勝負以前の問題

世界に恥をさらしたレースでした

競馬の質が違うんだな、って

力抜けた。

前半戦のG汽譟璽垢終了したが

なかなか面白かった前半戦が台無しに。

ゴールドシップの負ける馬券も買っていたが

この負け方には心底ガッカリした。

ボートレースの返還って

いい制度だなぁ、って

あらためて思いました。

中央競馬でこれやっても

だーれも責任取らないんだもん。

これが競馬、これも競馬だ???

バッカ野郎!!!

こんなの競馬じゃねーよ。

第56回宝塚記念予想

image


前売り購入完了しました

3連単キΝBOX

24点。

相手からして負けられないゴールドシップ

お金持ちならば単勝一点勝負ですが

お金持たぬなのでゴールドシップの油断を願う

赤い帽子2頭の健闘を願いたい。

デキ旅〜蝦夷❼〜

もう少し我慢して下さい(笑)

まだまだ記事があり過ぎて頭も痛いのですが……

image

釧路を離れ、昨日来た道を再び戻る感じで、新しく開通したばかりの白糠インターチェンジから帯広へ向かって車を走らせた

道中は白糠線の廃止跡を眺めつつ、単調だが所々に集まる町の集落の雪がようやく解けて迎えた、一気に便利になるであろう春の光景が遮る陽射しもない直射日光に向かって目を細めながら高速道路に入った

帯広まではびっくりするほどの時間ではないが、地図を指差して、自分が何処から何処迄走ったのか指で追ってみると、なかなかどうして、それなりの位置間を移動した事に少し驚く

想像だけでしかないのであるが、海外の(特に)アメリカ大陸横断などの途中で万が一、故障で車が動けなくなった事を考えると恐ろしくなる

しかしながら、この地は日本国である

とはいえ、冬の真夜中に車がスタックした場合を考えてみると命懸けの世界が実はこの道だづたりもするんだよな……と、何気なく当たり前に快適な気分で走ってきた道路の裏の顔を考えると、くわばらくわばら……な気分にもなれる

冬の北海道民は車のトランクに防寒着か毛布を必ずや積んである、とも聞いた事がある

車だって完璧ではない、ふとした刺激や衝撃でパンクや故障をしてしまうかもしれない、移動が命懸けの土地である事を再認識しました

そして池田で降りてからの信号が少ない快適な道路をネズミ取りに注意しながらアクア号は無事、十勝川温泉にたどり着いた

image

帯広には世界でも珍しいというモール温泉なるモノが北海道遺産にも指定されている位に売りであります

何度かこの帯広にはやって来た事があって毎回毎回そのモール温泉なるモノに浸かってはいたのですが、貴重なんだろうけども個人的には涙を浮かべながら両手でお湯を持ち上げる、というまでもなく、その植物云々の言われてみれば何となくそう思えてくる地味に褐色のお湯を浴びておりました

まあ今回何故に十勝川温泉かと申しますと、これまた職場の同僚が池田町の出身であり、帯広のおもてなしとしては十勝川温泉がメインとなっているらしく、今回やおら十勝川温泉を薦めてきた次第で、本当ならば自然豊かな糠平温泉でもいいかなーと思っていたのですが、限りなく護岸整備もほどよくされ近代的な橋が目の前に架かる十勝川温泉へ(笑)

でも、ホスピタリティなどは最高の部類でした

十勝川第一ホテルさん、施設も食事も確かにおもてなしを感じ、贅沢ですが……部屋付き露天風呂もあったりして

でもベランダ式の露天風呂は若干……

ま、贅沢な話か。

ホテルさんの食事やお風呂の画像がないのは手抜きではなくてバカスマホの電源が切れてしまい、ホテルさんの充電器をお借りして充電中の為に撮り損ね

今に至っては通話画面をも時折出てこなくなり、もはや電話としての意義も失っている始末

旅行行く金があるならスマホ買えってかい?

その時はでございます_○/|_ 土下座

image

糠平が推す、旧士幌線廃止跡のアーチ橋梁たち

遺構ブームや廃止跡を歩く……などのブーム

これは個人的には悪くないと思っております

先人たちの功績は偉大です

彼らがあったからこそ僕らがいる

image


タウシュベツ橋梁

アーチ界のスーパースター



デキ旅〜蝦夷❻〜

image

市立釧路動物園に面白い動物がいる、と聞いた

早速YouTubeで検索をしてみると呆気なくも、たくさんの作品をヒットする事に成功した

白くまのミルクちゃん、だ。

彼女は遊びの天才と呼ばれ、白くま界でもその芸風は抜きん出ており、多数のファンが釧路まで駆けつけているらしい

ある意味、旭山動物園を超えた!とも。

2歳となり母親から離されて釧路動物園までやって来たミルクちゃんは、その寂しさを紛らかすかのように展示場に与えられた道具をこれまた斬新かつ観客を面白くさせるパフォーマンスは唯一無二な存在

いや、日本だけではなくYouTubeを見た世界の白くまニスト達を興奮の頂に誘っているらしい

君らバカ?

単に白くまでしょ??

人が信じられない時代だからって勝手に動物を人間感覚で妄想して(*´∇`)ノカワイイなんて言ってしまって自分が多少なりとも病んでいるんじゃないかって気がつかないのかい?

image

お土産そのー命申

image

お土産その∪玄命

ごめんなさい_○/|_ 土下座

実際に見たら、すげーカワイイでやんの。

こりゃ人気出るはずだ

ミルクちゃん

image

厚岸で予想以上に長居をしてしまい、ミルクちゃんが展示スペースにいると思われる午前中の時間をオーバーしてしまっていたので、もしかして会えないかもなー……と半ば諦めてもいたのでホッとしました

賢いミルクちゃん、どうやらお食事タイムが近づいていて自分が引っ込む事を理解しているのか、プールやおもちゃで遊ぶ事をしなかったのですが扉の前を行ったり来たり……

ミルクちゃんウォッチャーの方にお聞きすると、最近は大人になってきたのか、かつてよりは遊ばなくなった……と申しておりましたが、お食事タイムが少しだけ延びていたが為に間に合ったーミルクちゃん

٩(。•ω•。)وラッキーピエロ

image

カワイイ容姿に似合わぬ獣の呼吸音

ゴフッ……ゴフッ……言いながら前後往復

ゴフッ……何気こえー((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

image

エサーーーーーーーー!!!!!

まだかーーーーーーー!!!!!

image

大満足!市立釧路動物園を楽しみました

至近距離から眺めるのと餌として襲われそうになる体験ならば男鹿の水族館が的確かもしれませんけど、当日は惜しまれて檻の中に自ら喜んで引っ込んでいったミルクちゃんでしたが、すぐ横にある檻にミルクちゃんを誘導してくださり、餌やりタイムショーを飼育員さんの解説付きで楽しめました

カワイイ、ミルクちゃんが子牛の脊髄を嬉しそうに両手で器用に抱え込んで手と口の周りを真っ赤に染め上げて、美味しそうにバリボリゴリと召し上がるシーンの画像はイメージ保持の為に控えさせて頂きたいと思います(笑)

これ土日だったら人だかりでこんな近くから見れなかったんでしょうね

ビバ!平日休み!

と、こんな時だけ思います。

この動物園と隣にある温泉宿泊三セク施設の入浴券とセットになっているチケットを何も考えず勢いで購入した為に立ち寄り湯をしましたが、こればこれで大浴場にしては掛け流しが売りの素晴らしいお湯で、施設も温泉宿としても綺麗でレンタカーの旅ならば市内の繁華街で宿泊せずに、こちらを選択しても良いとデキスギさんがお薦め致しますわ

和商市場は地下に駐車場があり、降りた瞬間に魚の香りが漂います(笑)

勝手丼なる好きな食材を載せて作る丼が売りですが、潔くこちらでお土産を購入するのも釧路観光の本流かも

これはこれで観光施設として観光客には楽しめる

花咲カニが並んでるシーンもこちらならでは。






風呂にも入ったし、今度はまた帯広へUターン

十勝川温泉に宿泊いたします。







デキ旅〜蝦夷❺〜

釧路の夜は、閉店間際の海鮮土産屋で季節外れの花咲蟹とタラバ蟹を自宅へ発送

味?

北海道のモノだからって全部が全部……

美味しくなかったんだわ、これが(笑)

image

お目覚めに窓のカーテンを引くと、港の景色が広がって朝から気分爽快

素泊まりプランなので朝食と観光を兼ねてチェックアウトを済ませた

さすがのANAホテル系列さんだけあってフロントの方々、お若いが愛想笑いまでしてくださるなんて大したものだ

大体がコミュニケーション能力に疑問がありそうな人間をフロントに起用している実に増えたと思う

一見、なんて変哲もないマニュアル通りの対応は可能でも、パニったらお客さま都合など考えずに先程までの笑顔は何処へやら……なケース何回かあった

宿泊費の精算やチェックインの作業以外にも商品や業務は細分化され手間ひまが掛かる事や安月給で不貞腐れている、もしくは噴火限界間近のホテルマンに当たってしまったらば、折角の非日常な旅の時間がパーになる

ただし、クレーマーの類や口コミで一々と能書きを垂れる宿泊客相手にするのも大変か……ま、ビジネスホテルはそんな五分五分が現状なんだろうな

僕も最近は隣室が喚いたりバタンバタン音を立てられるのが嫌な世代になってしまいましたが、それを避けるためにはどのようにしたら良いものだろうか考えた

すると、やっぱりそれなりなホテルに宿泊する事がリスクを避けるためには不可避なんですね

いくら安いビジネスで人がやさしくても、出入りする宿泊客のマナーが低いホテルは残念だがやはり泊まりたくはない

図々しい話だが、これだけ高級なホテルでも安い価格で投げ売る時代

有り難く高級ホテルを選択します

でも食事入れると高くなるので食事抜きWWW

気持ちの良いフロントの応対を受けてチェックアウト

釧路の名物市場である和商市場へと向かう途中に陸蒸気が静態保存されていたのでご挨拶

イママデヨクガンバッタナ

image

釧路から約1時間

西の根室方面に車を走らせると牡蠣で有名な厚岸に到着した

ここにコンキリエという名のレストランを併設した、というかそれが最大のメインでもある道の駅厚岸があり、当然に目的地として向かった

image

しかし残念ながら本日は定休日

全施設が定休日で閉め切られた道の駅が道の駅と呼んでもいいモノなのか?と疑問が湧くが、観光客以外地元の人間は親戚が帰ってきた時位しか立ち寄らないであろう施設と考えると定休日の設定も仕方がないのかな……と思う

僕が経営者ならばきっと定休日にするだろう

事前にわかっていた事なので凹む事無く移動を開始

ただ厚岸の街を見下ろせる眺望は良いので立ち寄るのも悪くはないと思う

定休日以外ならば尚更の事である

image

漁協の直売店Aウロコ

AコープではなくてAウロコ

職場に厚岸出身の方がいて事前に情報を仕入れていたので問題なしに移動をして、いよいよ念願の厚岸の牡蠣に地元でチャレンジだ

image

販売所は大きな施設でしたがレストランはない

買った牡蠣をその場で食べられる様に軍手とテーブルとイスとナイフとおしぼりと電子レンジが用意されていて、買ったら自分らで殻開けて食べない!というスタイル

牡蠣の殻を開けた事のない人でも大丈夫なように説明書きが丁寧に飾られている

僕も開けたが、これは慣れが必要

そしてやはりセンスか……

image

店内には地元の名産品と魚介類がたくさん売られていて、東京では見た事もない魚が加工されていたりして楽しめる

直営ならではのB級品のお買得品もあった

image

LLサイズを3牡蠣

image

Mサイズを3牡蠣

まるえもん、と、かきえもん、というブランド名の二種類があり、稚貝から厚岸で育てたモノと稚貝を購入して厚岸の海で育てたモノとの二種類

何だか厚岸の牡蠣は水温が冷たい為に大きくは育たないんだとか、でもその代わり濃厚な味が特徴らしい

確かに、見たら3分で飽きるぞ!と厚岸出身者が断言した通りの釧路湿原でありましたが、一度見た釧路湿原の自然な手付かずの栄養豊富なミネラルが流れ込む厚岸湖で育つ牡蠣が美味しくないはずがない

image

僕が買った時はLLが250円だったと思いますが、もんのスゴいプリプリで、ボリューム十分以上

一口で飲みきれない

殻は、どうしても隙間に入らなければ、薄い部分をパキン!と割ってしまうという卑怯な手段を僕が開発した

開ける楽しみもあるけれど、素人さんが指をやっちゃう可能性も高いと思いますが、そこは大人の自己責任ですし、安く牡蠣を食べようとするならば、人件費を削るのは必然

牡蠣の殻を開けて牡蠣を剥くのだって立派な仕事として成り立っているんだもの

剥くのは有料ですよね

突っぱねる厚岸魂を見た

image

開けた殻を再び閉じて、レンジでチン

蒸し牡蠣の出来上がり

これも▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂うまあああああい

image

不思議と牡蠣にアタった事はございません

ホタテにはやられた経験アリ……

image

マニュアル読んだらチャレンジ!!

ガツガツ開けると中の人がメタメタになるよ

image

厚岸駅に行ったら外せない

超有名な駅弁がここにある

image

駅弁大会ではなくて

現地で食べる駅弁

しかし汽車ではなく自動車になるのですが……

image

中で作ってくれました

ほーら、神々しいでしょー

image

涙出ますさ、そりゃ

厚岸にいるんだもの、今

image

厚岸、最高でした

また来ます



デキ旅〜蝦夷❹〜

蝦夷編を更新しないうちに再び蝦夷の函館へ行ってしまいました。ほんのりと罪悪感も何だか生まれつつあるが為、四月の記憶を辿って六月の更新……どうぞお許しくださいませ

image

歴史に残る、日本の大スター石原裕次郎さんの歌にもあるように釧路という街には霧が代名詞となっている

冬の寒さの日常は東京人に想像もつかないのですが、北海道出身者の方に話を聞くと、道内でも北に行くほど寒くなったり雪が多くなるわけでもなく雪の積もる地方、寒さの厳しい地方、風が強い地方、と北海道でも特色があるそうで、釧路は歌になるほど海霧が特徴らしい

事実、曇天で夕方になるという事もありましたけども、釧路に近づいて来る度に空模様がGLAYに。

白糠から恋問という釧路という途中の地に移動

目の前には何もない海岸線と実はオセンチメンタルジャーニーな地名に照れましたが、実際ここは生田斗真と吉高由里子の釧路を舞台にしたラブストーリーの撮影地なんだとか
image

おっと、そこを訪れる前に見慣れたカタカナの文字が入った看板をデキスギさんは見逃さなかった

おやおやおやおや(@_@;)?

image

ここに建てたっけかい?サテライト釧路……

いっくら地方は車社会だっつーても、こっこはねーべさー……とりあえず建てたら賑わうべさ、なんて軽く考えが無駄金ニシチマッタネ

image

国道から離れてはいないが、シャケ追ったクマだってこねーだろうよ

こんなトコ。

でも、国道沿いにあるボートピア釧路も閉鎖されておりました_| ̄|○ il||li

image

気を取直して道の駅恋問へ

ここには白糠漁協さんの直売コーナーが構えてあると書いてあったので立ち寄りました

image

大自然の道の駅にこういう原色系の看板は逆に都会的な癒され感が生まれてくるから不思議ね

直売コーナーで売られていた糠サンマと糠サバとタコの足を冷凍宅急便で購入

北前船文化によってサンマやサバを糠漬けした保存食が伝わったとか、なので北陸地方でも糠漬けの魚類は名物だったりもします

今は、昨年の夏辺りに揚がったサンマやサバを直ぐに開いて糠漬けして冷凍庫で熟成させるのだとか

サンマは100円
サバは 150円

帰宅後に自宅の冷凍庫に入れて食べる時は糠をよく洗い流して焼き上げると、あらー、しよっパイけど美味しいじゃないですか

しかも100円

冷凍とはいえ流行の発酵食品

夜になって釧路のスーパーに行きましたらば20匹とか入ったパックが販売されていて市民には至って普通の品なんだろうなぁ、と。

image


夕方に釧路ANAクラウンズホテルさんにチェックイン

大浴場はありませんけども成田空港まで運転して、新千歳空港から釧路まで運転しての道中でしたから実にお疲れ様モード

でもこのあとにスーパー銭湯の類に出掛けて温まり、帯広発祥ですが何故か釧路にも2店舗ありました

カレーのインデアンでカツカレーのお夜食

お風呂上がりと満腹感でホテルに帰ったら

_(__)_〜◎バタンキュー

釧路の夜は霧笛が響いておりました。



糠漬けのサンマなんて初めて食べましま

初の函館旅行中

image

後日更新予定

函館いいね!

江戸川大賞優勝戦

三嶌誠司がまさかのF

それだけ一生懸命に走った結果だ

泣くな三嶌誠司

泣くな施行者。

image


image


1=2 でどうしようもないレース

折り返して濱野谷の差しからが関の山です

でも昨日負けちまったし

残金1900円じゃボートレースの千円単位の入金設定に900円が弾かれてしまいますがな

仕方がないので江戸川に1000円

岸和田に900円で遊ぶ鹿内。

鉄平ちゃんファンだから1は外せないので外側絡めて

1-456-456

モーター上位だしあながちなくもない。

4-1-56

4-56-56

池田が腕負傷では差し狙いと見て外を回る中田の分回し炸裂に期待液体固体

岸和田は千葉推しで買います

エビ様怪我明けもo(・`д・´。)ヵ゛ンハ゛レ !


久しぶりに計画中〜競輪旅打ち〜

親愛なる読者諸兄へ

おはようございます、社畜です。

ここんトコ…というよりも、近年は何故か真面目に仕事を休む事無く過ごしておりますが、正直辞めてもいいよー?と言われたら直ぐにでも辞めたいんですけども、税金や年金や早川生命(ソニー生命)も毎月納めなければなりませんし、辞めてゴロゴロ…というワケにもいかない立場は大多数の庶民同様だと思われ時に我慢をして道中はあまり考えずに生命を維持致しております日々…

でも、やはり競輪に行きたい

ネットからでは選手の苦しそうな顔や意地の張り合いは伝わらない

そして信じた選手が呆気なく人工衛星になってしまったりした際に向ける憤りはスマホに唾が点々点々…とこびり付くだけ

そこでデキスギさん思い立った。。。

『そうだ、競輪に行こう2015初夏』

ならば何処ぞに向かおうか…ライフワークとしていた全競輪場制覇の欲望…(ぃゃ野望)を思い出した

そうだ…大切にとっておいた東日本制覇で残る2つの地の1つに行こう

残るは『函館』と…『平塚』www

平塚に関しては東日本制覇最後の地として定めているので、重い腰を何度か上げ掛けたが初心を忘れずに最後と決めて流しておりました

ならばいざ函館へ!!!!!!!!!!!!!!!!!
(なんだかんだで仕事のストレスが溜まっているだけじゃないねえ。。。)

でも、今年は既に熊本、鹿児島、北海道(千歳帯広釧路)、青森(八戸)へ出向いている

正直収入に対してかなりのオーバーペースである!
(デキよ、胸を張って言う事は恥だと何故気がつかぬ…)

えーい!黙れ!黙れ!黙れ!

いつ行くの?

『今でしょ。』
(これ、流行ってましたねえ…)

でも旅行行く金なんかあんのか?ひょっとしてあんた高給取りなのか?

『安心してください。履いてます』
(現実逃避しとりますがな…)

いやーーー安心なんか出来ない

毎日が安定とは無縁なタイトロープみたいな生活ですよー

ちょっとだけ、投げやりですよー

ここは素直に心の欲求のまま行動を選択します

父親が寝たきりになって2年近く苦しんで亡くなったりして、生きているうちに思い切って生きろ(?)、と、ある意味間違っている事なのかもしれませんけども、ここの反省があと少ししてから真摯に向き合おう

僕らはみんな生きている

生きているから

競輪だ。

函館開催に照準を絞って予定を立て始めていたら、当然ながら北海道は人気の観光地なので7月8月の夏休みシーズンは日頃平日休みで最低金額とクーポンなんかで費用を抑えているデキスギさんとして目ん玉と金玉が飛び出る価格設定がなされていらっしゃるでは

あーりませんか
(絶好調だね、今日)

そりゃそーだ、クリームソーダ、しかも最近は中国人観光客の皆さんで地方の観光産業や経済が保たれている状況である

日本人が給料も抑えられて職場と会社の往復で休みの日にアリオ行ってのんびり過ごしている間に廃れる一方であった地方の観光地を救ってくれたのは、まっちがいなく中国人の団体客だ

炊飯器やトイレ便座のバカ買いばかり取り上げられているが、全員が全員バカ買いするわけじゃない

それでも彼らは日本に来てくれている

ありがたい話だ

釧路や鹿児島の霧島神社にも中国人団体客がいた

こんな事は25年の四半世紀前には考えもしなかったが現実だ

仕事や収入が都会に集中し、見捨てられた地方都市を救うには地方創生で交付金をバラ撒いて一時だけ救済しても意味がない

お金がループする構造をどんどん新しく作らなければならないと思うのですが、それはそれで地元の有力者がよそ者の参入を拒絶したり、国会議員もそれを支持しちゃったりするから本当は闇の世界も含めて難しい問題だ

地方創生が既存の地方産業の経営者だけに恩恵があるというシステムなのは否めない

僕は本音を言えば、海外のビーチで寝転んでカクテル飲みながら本を読んで時を過ごす、という事に全く興味がない人間なのですが、否定も致しません

それぞれの人生の中で、それがその方がチョイスした余暇の過ごし方であるならば、僕はなんら口をはさむ権限もないし、その行動をする方に対して怒りも憎しみも親しみも描かない事が自分の人生で肯定否定をする無駄な時間を過ごさなくて良いのであるだから

僕の行動をこれ見よがしに

見て!見て!見て!見て!こんなトコに行ったよー!!

と、自慢をしている為に長年ブログを書いているわけではなく

聖徳太子が携わった歴史だけを有り難がるのではなく、戦後復興で何の保障もなく、体資本で頑張ってきた人生の先輩が、たまの休日に余暇を過ごし熱中した、それが公営競技

今からあんな立派なバンクやスタンドは国立競技場の屋根ひとつ決められない世の中で絶対に無理だと断言出来る

軍艦島だけが昭和の遺産ではない

全国の競輪場、そのものが1,005…違う、戦後日本を隆盛させた功労者施設なのだ

だからこそ、ファン、選手、施行、目線だけではなく、実は重要なんですよ…的なデキスギ目線での競輪文化や楽しみ方を皆さまにお伝えしたい

ファンとして競輪に携わった事で僕の人生こんなにも充実しております。

おそらくや日頃、競輪ファンです!と公言するとレジのお金が合わなかったりすると最初に疑われたり、経理担当として疑問視されたり、ギャンブルやらないという言葉が組織の昇進にも影響があり正義である時代、ギャンブルやらない上司の下で悶々としているご同輩も多いはず

でも、ここではそんな殻を脱ぎ捨てて、語りましょうよ、競輪

楽しんじゃいましょうよ、競輪

テレビCMのコピーでもあった『競輪人生』って言葉は、映像の中のイメージだったり選手だけではなく、競輪ファンもひっくるめて使える言葉だと思えるんですよね

だから僕も『競輪人生』を楽しみたい

よーし、久々にPCからの更新をしていてブラインドタッチを思い出してスラスラ打ててきたら調子に乗って持ち味の支離滅裂さと調子の良さのギアがフィットしてきた感じだ

え?

おめーさん最近それほど競輪いってねーじゃねーか!って?

はい、ごめんなさい。

だからこそ今回は行きますよ、函館

思い立ったが吉日

でも、初、函館なので例によって物凄く詳細に調べていたら、函館って見る処がありすぎてまとまらなくなりましたwww

しかも同時に行こうと思っていた函館競馬の開幕週とあって宿も少なくて希望の宿が希望の価格で取れやしないじゃないかwww

でも函館競輪と函館競馬の旅打ちをベースに観光地とB級グルメを絡めて

夜景…すげえ混むんだろうねえ…やだなぁ…www

そして交通機関は最近頻繁に旅へ出かける事に対してどこぞにか生まれた罪悪感も鑑み

金曜日発は1000円割高になるんですけども

弘南バスと津軽海峡フェリーのコラボ切符である

片道8000円でこの身を来道してくれる東京・函館きっぷを予約しました

20:30上野駅丸井側の昭和通りから4列シートの格安夜行バスだ

間違いなく死ぬ可能性は高いし

二度と夜行バスには乗りたくない!と嘆く事であろう

水曜どうでしょうが再放送されている影響があったのかもしれないが、贖罪なる気持ちが僕にバス旅を選択させた

正直旅費をそこまでケチケチに切り詰める事に悦びを生み出す性格ではない

逆に、旅先だからこそ惜しみなく現地に金を落とす(金額ではなく有り金使い果たす)という代表みたい僕なので、夜行バスとフェリーを乗り継いで貴重な休みの時間を無駄に消費させる事も頭ん中のシーソーがギッコンバッタンさせて考えたのですが、今回はこの一言を言いたい、または、この一言を言う資格を得る為だけに学生さんじゃあるまいし、おっさんが選んではいけないと思う、まるで荒行に匹敵する旅程の第一歩を選択をした




【はるばる来たぜ、函館へ】




ね、バカでしょう?

ちなみに帰りは選択しておりませんwww
(青函トンネルが在来線通過している間に乗り込みたいし…でも往復バスはちょっと…と、考え中)

そうだ、最近行き詰った感もあるグルメ業界の庶民口コミにも物申す
(大貧民の庶民が、だ)

ラーメンはラーメン

カレーはカレー

ハンバーグはハンバーグ

モノの本質は満足度が得られる精神状態と許せる範囲は個人個人、日々でも違います

素材を調達してくださる方がいて、調理してくださる方がいて、生業として成立しなければ

その提供先は対価に見合うか否かを判断され自然淘汰していく厳しい世界

日々真剣勝負で提供してくださる店主さんに対しての礼儀を込めて

体験をしてみるのが食べ歩きの楽しみであり大前提

普段食べた事のないモノを食べるんだもの

合わないのが当然

でも稀にヒットしてしまう時がある

それって幸せな事ですよね

好きになって貰うには、まず自分が好きになれ

その通りだ

店主さんはプロだ

疑心暗鬼な猜疑心旺盛である一見の僕の様子などグルメ口コミ不審者そのモノであるとお見通しだろう

でも稀に性格的にもヒットしてくださる店主さんに出会える時がある

いや、店主さんでなくとも

一生懸命に接客してくださるアルバイトさんやパートさん従業員さん

もちろん対価あっての商売なんだけど

それを凌駕するおもてなしを受ける時もある

本当に感謝です

観光地を生業として生活している街の素顔を覗く事は少しだけ恐いけれど

函館での食事は本当に楽しみであります。。。




※6/20(土)、6/21(日)いずれかで函館競輪へ向かいます

現地集合可能であられる方がいらっしゃいましたら是非とも!!

『競輪場で逢いましょうーーーーーー』




それでは、6/19(金)出発までの間、日々函館研究をさせて頂きます

楽しみでもあるし地獄の夜行バス

そして青森港から出航までの2時間30分

どうやって時間を過ごせばいいんだ????????

恐い、恐い、本当に荒行が待ち構えておりますな

待ってろよーーーー函館ーーーー!!!





そうだ、海上で、洞爺丸にも合掌して来よう。


待ってました!!江戸川大賞!!

1年に1度のボートレース界の最高レース
(デキスギ公認)

江戸川大賞!!

本日開幕!!

ここに集った地元波乗り勇者と

得点度外視日本屈指のテクニシャンたち

特に

全国区のスター選手さま

江戸川に来てくれて心よりありがとう!!

初日ドリームは鉄平ちゃんと天下一菊地考平

迷いなく1-2勝負!!

3連単は遊びで12-12-3 12-12-4 124箱

今日から毎日が楽しみだ

僕のホームコースERR

全レース、全開催中、三嶌誠司の穴に※

image


まあ……あれだよな……

武田豊樹も可哀想だと思うわけさ

わりかし豪華な記念となって

つか

メンバーだけでいえば

昔の名前で出ています系の特別より

ある意味

イケイケのメンバーも多数集めちゃった

そんな水戸黄門賞開催。

じゃあ地元や関東地方がどうかっつーと

やる気満々で挑んだ

地元で勝ち負け出来る数少ない選手が

予選で落ちるわ、失るわ、消え去るわ

盟友の平原綾香、かみのやま温泉

盤石のラインも今回はなし

逃げた日のコメントも不満そう

そりゃそーだ

大看板選手なのに

武田神話を施行も信じちゃった

武田は負けねーよ、と。

だから

援護するよりも

武田豊樹さんが引き連れてくれるっぺ、と。

施行の過信

ケンドーでなく
(※スルー可)

銘柄級として対抗出来る

唯一のメイ牛山と組ませず

今日は経験不足な前後

番手を与えられたというよりも

あくまで武田さん任せのライン構成

逆に前がいない方が確率高い順でしょー

勝ち上がりの。

案の定、出られず、絡まれて、

おしまい

健闘むなしく

失楽園。

戦犯のジェットストリームが

客も本人も喜べない

優参の明日決勝戦

メンバーは銘柄級がずらり。

記念のしがらみ一切なし

地元勢よ

決勝戦をただただ眺めてるじゃないぞ

悔し涙を浮かべながら見ろ

全員が戦犯だぞ

いや

武田さんは別格

武田さんは茨城のゲスト

実力差よりも

地元選手との温度差を感じた開催だった

個人的に。

僕の本音ですか?

バカヤローですよ

ニコニコしながら

良いレースが見れて( ;∀;) カンドーシタ

そんなね

100円も賭けず

このレースは「見」。

そんな毎回毎回見てるだけで能書き垂れる

そんな競輪ファンなんかより

取手駅から駆けつけてくれたファンに対して

反省しろ施行。

武田豊樹だって神様じゃない

台無しだ

取手記念。

なんでデキスギさん辛口かって???

確かにAmazonで購入予約していた弱虫ペダルの40巻の引き落としが残高不足で確定していなかったので「あれー、入金したのにおかしいなー?」と思って、再度買うをクリックしたらダブルで引き落としされてしまって、キャンセル出来たけども、払い戻しはAmazonのWebクーポンなんだってさ!!

あったま来ちゃうなー

と、プンプン丸が思っていた矢先に

取手記念最終レース投票締切5分前

そりゃ買うさ武田から。

1-2379-2379

179箱

失格じゃなきゃ当たりじゃねーの

……大した事ないけど

戻りがあるとないとでは大違いだ

デキスギさん再度激おこプンプン丸

え?

もう取手記念買わない宣言してたじゃん、て?

そ、そ、そーだったっけ???

自業自得だわね

大島涼花ちゃんもランク入りしなかったし

ついてねーわ、こりゃ。

明日?

明日は休みなので免許の更新行ってきます

東陽町。

こうなったらさ

頑張れよ、しゅーちゃん

買う金ねーけんどもよ。

image

※ゆきりんおめでとう









第65回安田記念予想

image


Л箱

馬連10点。

取手競輪第65周年記念「G型絽猷門賞」

image

デキスギさん、初日特選で轟沈

激おこプンプン丸٩(๑`o´๑)۶

大体ね、3車並びラインの武田さんが逃げてワンツーフィニッシュが決まらないなんて脆い番手と組む記念の2日目以降買ってなんからんないっての

4000円負けで取手記念は退場します。

じゃ青森でも……んー???外人部隊かよ……

ヘルペスとくるくるパーキンス……

初S級隊員の小野裕次ちゃんが昨日2着に来て11万車券

今日は幸田シャーミンとの関東地方ライン

そっちだけ参戦します……

つーか、香川雄介って選手は強いね

あーやってらんない

散歩をしている大型犬が舌をベロンと出して(;´Д`)ハァハァ言いながら歩いておりました

皆さま、水分補給を忘れずに

4000円負けた分、今日も仕事しております

それでは、また。

丑三つ時の独り言……

もう少しで300000hitじゃんね

開設した当時は、まだまだSNS等が蔓延っておらず、有料サイトや課金サイトもたくさんあった時代でした

これからはブログの時代で個人ブログの時代がやってくる!とITの方々がおっしゃっておられもしました

掲示板やチャットでの顔を知らぬコミュニケーションから、いよいよmixiが幅を利かせ、SkypeやMicrosoftさんのmessengerなんかで通話まで無料に

そしてTwitterやらfacebookやら、基本的な骨格と進化はあまり変わってはいない感じも個人的にするんですけど、やはりパーソナルユーザーが無料でサイトが利用出来るという

ま、その代償に個人情報が持っていかれたり、見たくもない広告を見る事になりましたけども、そのおかげで僅か10年前と比べても遥かに環境は整いました

そこでお金の流れを発生させてビジネスモデルを確立させた方々の労働環境などあってない様な徹夜当たり前の時代があってこそ

ありがとうございます

主義主張など僕のたわいもない低レベルでの表現や時に圧倒的に偏った感情を消化するという事でも随分とまあお世話になりました

今でこその炎上という姿なき蚤潰しなクーデターが発生し始めたのもつい最近の事

ただ、僕の文章などは支離滅裂過ぎて(自分でもわかっている……でもその表現も瞬間芸術だのほざいておりましたが……)周りからしてみると、嗚呼可哀想な輩がほざいておる!または、関わらない方がマシだ!とWWW

いいんです、いいんです、そんな立場でいられる事が有り難いですし、ブログのhit数が増えてくるとわざと更新を消化試合の様に面白味消したり、遅らせたりもして、新たな顧客を増やさない!という逆マーケティングを今も実行中

このカウンターも途中でゼロにしてますから実際はもう30万hitは超えているのですが、30万て凄いですよね

そこは素直に感謝です

\( ˆoˆ )/♡

ひとまずはThank you!

よくやった

コメートWWW

16番人気で見事5着WWW

コメートのおかげでレースが楽しめました

ありがとう

コメート。

第42回ボートレースオールスター優勝戦予想

僕のスターである山崎智也。

もちろん断然なる一番人気

優勝して横西さんにも喜んで欲しい。

でも資金がない僕には頭から流すオッズではない

となると

服部幸男の登場

一番見劣るモーターだが厳しいコースから運も味方をして突き抜けた準優勝戦で吹いた追い風を手にしたもっている男

次世代レーサーの代表格も、今はその戦歴を重ねた選手だけが持つ、大レースで見せる落ち着いた貫禄が舳先を一番最初のゴールへと導いてくれると期待したい

大自然を感ずる大村ボートレース場

静面コースと違い、モーターの格差はそれほど影響を受けないと希望的観測でレースを作れる3コースからの波乱に期待する

3連単で❸から全流しで20点。

image

第82回東京優駿日本ダービー予想

image


年間を通じG1と称するレースが多々あれど

実質的に日本ダービーと有馬記念

『この2つだけは別格である』

そう思っているのは僕だけではないはずだ。

有馬記念は何がなんでも日本最高峰のレース

瞬く間に、あるいは、時に長く感じた1年間を振り返り有馬記念に自身の1年間を、またあるいは馬の生き様と送り出す人の思いを見届ける決心も兼ね、有馬記念に馬券で挑む

有馬記念には、最強馬の決戦場である他に1年間の締め括りという切っても切れない重みがある

日本ダービー

東京優駿と呼ばれるレースはどうだろう

ステータスでいえば間違いなく一発勝負の意味でも、過酷な運命の場所であるにしても、ダービーというレースが生産者にもオーナーにもファンにも意味でも最上階なレースである事には間違いない

なぜだろう

生産者やオーナーが夢を託した若駒を誇り高きお披露目会の舞台であるダービーの場へ送り込めた喜び、それは本命馬、対抗馬、穴馬、まるで関係ない

18頭、その全てが、その年の、日本ダービーに参加をした輝ける選ばれし18頭なのだから

胸を張って日本ダービーに進めた18頭、全てに競馬ファンはスタンディングオベーションをする気持ちで拍手喝采をしたい気持ちであるはずだ

そして1年間を振り返る重みなどはない

Because ダービーはお祭りなのだ

皆で楽しみ、これから未来ある馬達へのレースは競馬ファンにとっても最大限に楽しめる為、1年間に1度だけ設定されたお祭りなのだから。

今日もまた1年間に1度だけしかない2015年のお祭り、日本ダービーが行なわれる

曇天模様な師走の末、寒さにたじろぐ人々の1年間の思いを重さとするのならば、この有馬記念というレースは陰の背景を払拭しきれない

ならば

新緑のかほりと共に若駒の躍動感を重ね合わせ何故だか見る方も優しい気持ちで応援をもしてしまう陽の日本ダービー

昨今の地震雷火事親父、そして噴火と天空と大地の咳払いや貧乏ゆすりには閉口してしまいがちであるのですが

日本ダービーのその時だけは大人しく若駒を駆けさせて頂きたい

そんな僕の日本ダービー予想は絞れない

ドゥラメンテと入力してみると、文字化け入力の途中Simejiの変換予測に相当な豪脚の持ち主であると評されているはずの、この皐月賞馬の名前はまだ入力されてはいないようだ

些か寂しい気持ちで早朝からスマートフォンから未だに慣れぬフリック入力でいそいそと時に間違えつつ、間違えを検証しつつ、進めているのでありますが

最近元気のなくなった感のする北島三郎さんの愛馬への応援も捨て切れない

前走の結果は度外視しなければならないルメールの雪辱への思い

人気馬ではあるが、この3頭は中心として外さない

そして『競馬は枠が走ります』

この名言を僕に残された日本中央某の関連職員さんであるジュケさんの言葉を鑑みるのであれば、1枠に入る両頭はとてもとても魅力的だ

不利と言われる青葉賞組

キンカメ(錦糸町亀戸地区の総称でなく)産駒である川田の一発もないだろうか……

それでもガクエンツービートは強かった

なんでこの馬が来るのかワケわからない……そんな伏兵の一発への期待度や魅力度から馬柱になんら記しなく空欄である馬の戦歴や種牡馬、母馬、騎手、適性距離、過去の対戦相手……いやはや、本当に絞れない

武豊騎手の意地にも懸けたいし

そういえばメリーナイスの枠帽も赤だった……

ああああ絞れない、絞れない、絞れない

2000万馬券で脳みそが溶けてしまったのだろう

今日結果の出るtotobigを買っていて、億単位の夢はそちらに託しているはずなのに、ついつい、2000万馬券よ再び……と、とんでもない馬を頭で買ってみたくもなったりする自分がいる

決めた

ダービーはお祭りだ

お祭りマンボだ

キングマンボだ

キングカメハメハ産駒の2頭だ

Лの人気馬4頭に

とんでもない系の❸を絡めた5頭BOX60点

100円流しで楽しもうではないか( ゚Д゚)ウマー♪

頑張れよコメート

別に政党名にダブらせて買ったワケではないけれど……

(。-∀-)❸のオーナーソッチ系?












第76回オークス予想

地脚タイプだが諦めず

ルージュバックに◎

でもオッズ的につまらないので

´↓きを絡めたBOX

60点、頭だけ300円流し

8400円。

上り東北道は鶴巣サービスエリアより

帰路の交通安全も祈りながらの投票。

image


※画像はタッキーサービスエリア

佐藤壮プロ伊東温泉競輪優勝おめでとうございます

明日、明後日は久しぶりの休み

佐藤壮プロの優勝に励まされて

僕も寝たきり休日をせず

旅に出る事にしました

アテはないんですけど

まずは東北道へ向かいます

道中の音楽を求めて立ち寄りました

古本市場で弱虫ペダルのクジ引いて

見事、E賞獲得!

やるじゃナァイ!!ストラップ一択

闘志頂きました

眠くなったら寝ます

気分が乗らなければ引き返します

美女がヒッチハイクしてねえかなあ……

image


亀梨和也君が頑張って宣伝しているので買ってみた

image

らいじん

大正製薬から発売されている今流行りのエナジードリンクの類だが、このライジン実に炭酸と甘さが強烈なジンジャーエールといった味でしたが

カクテルとしてビールに注ぎ込めば高級で効能が期待出来るスペシャルなシャンディガフにもなる

カフェイン入り

レース後に競走馬から出て来たらアウトか?(笑)

でも28時間起きていて仕事明けである僕が今飲んでみたけど、猛烈に眠いぞ

頑張ってくれよーカフェイン(笑)

ともかく、寝る暇なんかないんじゃないかってほど活躍されている亀梨和也君に

ありっ乾杯!!!

そして千葉の亀ちゃん事、亀井久幸プロのS級隊員への道に

前祝いの乾杯!!

最近は闘志みなぎる走りが上昇一途

全力を出し切るから軽い着も重い着も入り混じる

競輪界でソツなくこなすには、頭狙いは口だけで、実は3着狙いで確実に平均着を軽くした方が生きながらえたり稼げたりする現実がございますが、ファンだってバカじゃない

そんなのはお見通しだ

やっぱりレースの面白味は減りますよね

伏兵が頭に来て

大万車券があるからこその公営競技

一か八か

そんなスリリングな走りは数多の競輪選手の中でも、やはりカッコ良く輝いて見えるんですよね


さらばキブロワイト

片平巧選手49歳

天才が突然に逝った

飯塚、島田選手と来て

若くしてその牙城を崩し

一気に頂点へと昇り詰めた

後年高橋貢選手にその座を明け渡すまで

どんなに賞金の安い

どんなに観客の少ないレースでも

一番後ろからスタートして

一番速くゴール線を切る姿は不変だった

定められた周回で一瞬のミスが許されない

簡単ではない7車抜きを

毎回毎回クールにこなしていた

オートレースは阿吽の呼吸と言われる

大前提にあるのは

基本的には外から前を抜いて交わす

オーバルコースを速く走るには

外から外でぶん回して走る

インから抜くのは事故になりやすいのだが

インからインを走っているのに

危なげなくマシンをコントロールし

時に前輪も流してあっさりと前を抜いて行った

オートレースファンで

船橋ホームを自称する僕としては

夕方すぎのネットニュース

今も信じられないままだ

本当に惜しい

本当に惜しい選手を失った

片平巧選手に献杯をしながら

回顧する

酔いも直ぐにやってきた

右肩を落としながら試走に入ってくる

あの姿

レジェンドが逝った

とにかくレジェンドが逝った

今頃は

中村政信と久しぶりに逢っているだろうか

とにかく

とにかく

とにかく

天才レーサーが亡くなった

合掌。

image









デキ旅〜蝦夷❸

image

高速の道東道はその名の通り、北海道の道東と言われる管区と中心部を結ぶ大動脈

北海道らしく下道を走っても市街地以外はすいすいと流れるので、恐らくは地元の方はわざわざお金を支払って高速を走る事は少ないんじゃないかな……と思われますが、我々のような時間の制限されたレンタカー移動の観光客にとっては大変にありがたい

雪解けからは快適な高速道路ですが、問題は冬の間のメンテナンスなんでしょうね……しかも大半が対向車線ので、一度事故が起きたら復旧作業で閉鎖ともなってしまうわけで……

ともあれ、高速道路のおかげで地元の方も高速バスが利用可能となり、鉄路以外の選択肢になるわけで、恩恵的にもやはり悪くはない

直前に白糠まで延びたおかげで釧路までのアクセスが20分ほど早くなったとか

この白糠という土地は鉄道ファンならば知らない方はいない有名な赤字路線であり、真っ先に候補となり廃止路線となってバイバイしてしまった白糠線が走っていた由緒ある地でもある

僕が高校時代に国鉄からJRとなる過程において、クラスの何人かが廃止直前に北海道まで遠征して乗り込みに行っていたし、当時教室で話題となっていた事もあって遥か彼方な土地にありながら、なんか身近で思い出深い線区なのであります

特にこの白糠線なる線区は、延伸予定でありながらも計画を断念してしまい途中まで開通をしたのですが、あまりにもその終着駅の北進駅が原野の真ん中にあり居住家屋も少なかった事から、ある意味赤字路線の象徴とされ人気と知名度が鉄道ファンにはありました

そんな憧れだった白糠線廃止路線を併走しながら走る事が出来るというのも実はサプライズプレゼントを頂くような嬉しい話

白糠のインターを降りて左折をすると、あとは白糠駅まで一本道

速度に注意しながら付近を見渡すと、はっきりと白糠線の路線跡が見えてきた

うひやー!!と悲鳴をあげながら白糠線の鉄橋や、ここに線路が敷かれていたであろう遺構を眺めていると感激しっぱなしの自分に気がついた

車から降りて歩いてみようかとも思いましたが、それらしき地点に『私有地につき立ち入り禁止』や『熊出るぞ』の看板がありました

きっと廃線マニアが入り込んで地元の方が不安に思われたのでしょうね……

知らない人間が許可もなく勝手に入り込んでいたら、ただでさえ過疎の象徴のような土地……治安の面でもそりゃ不安にもなるし腹立たしくもなるだろうて……

北進駅探しや上茶路なんて地名を見る度に痺れておりましたが、なんとなく通過した橋が『鍛高橋』と書いてあった

あ、知ってるぞ!これ焼酎の鍛高譚(たんたかたん)と同じだから、多分たんたかばしと読むんだろうなーと声に出さず考えながら南下……

すると、その始発駅でもある白糠駅を見学でも……と立ち寄ったところ、駅の脇に大きな看板があった

image

うおっ(๑*д*๑)マジカ!!

あの鍛高譚はここからきたのか!!

知らなかったぜぃΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

※以下ネットで調べた拝借コピペ

image

★鍛高譚(たんたかたん)誕生秘話 【生い立ち】 鍛高譚(たんたかん)は平成3 年6月のこと、自家栽培の「しそ」を原料に ジュース・焼酎を作っていた町民(鍛高在住) が、白糠町の特産品としてしそ焼酎を製品化で きないか相談があったことが事の始まりだっ た。合同酒精が事前調査したところ全国でも販 売例がないことが確認できたことから事業に踏 み切り平成4年2月試作品が完成!

【名前の由来】 ネーミングについては、おい しそう、恋しそう、タンタカリカー(タンタカ タン)、ホワイトリペーラ、恋問館の5つが選 考されたが、最終選考でタンタカリカーが残 り、リカーは酒の意味であり、あえて付けなく ても良いので語呂合わせでアイヌ語の「タン」 (譚)かたる・はなすの意味をを付け加えた。 また、タンタカは原材料である紫蘇の産地であ り、アイヌ語でカレイを意味し昔ここまでカレ イが遡ったことを意味している。そのためパッ ケージには、カレイが遡った伝説の話(譚)を 掲載している。

●道の駅「しらぬか恋問」HP から

以上。

ムムム(´⌒`)惜しい……

白糠線が無くなった故の町おこしだったのでしょうが、白糠線が健在であったとしたならば多少は生き長らえ……

……ないか……_| ̄|○ il||li

それにしてもタンタカがカレイでタンタカが紫蘇持ってきた山が今でもタンタカ山と呼ばれて、海へ漁に出た漁師たちの丘灯台となっているとあった

色々と勉強になりました

今度から焼酎は鍛高譚にしてみよう。

image

海岸線まで僅かで潮の香りもする白糠駅

駅前は広々

待合室に入り込むと丁度列車が停止していて、客扱いか?と駅員さんに睨まれたが雰囲気で乗客でないと直ぐにわかったのか僕も券売機や時刻表を、そしてトイレの小を利用させていただいた
image

先日まで大活躍していたであろう

image

トラブルが相次いでいるJR北海道だが、JRという括りで全てを同じ扱いをされてしまうには北海道という地での鉄道事業を鑑みると非常に酷な話だ

自然環境だけでも命懸けなのに運賃収入含め、当たり前だが状況は厳しいと思われる

頑張れJR北海道

image

跨線橋から駅を眺める

image

一両編成の列車が絶賛停止中

その後、国道に併走して楽しませてくれた

image

釧路、根室方面

鉛色の曇天と重なり風景もダーク

単なる通過点が予定外のイベントとなり意外なほど熱く楽しめた

ありがとう白糠





第20回NHKマイルカップ予想

◎Дラリティスカイ
〇▲哀薀鵐轡襯
▲.▲凜法璽襯泪襯轡
△アルマワイオリ
穴哀瀬離鵐瓮献磧

´↓Л-´↓Л-´↓Л 36点

´↓Л馬複BOX500円ながし 6点

ダービーまで資金を貯めなくちゃ。

image

デキ旅〜蝦夷❷

やはりスマホのカーアダプター充電器の接触が悪い

よく思うんですけどもアイドリングストップって頻繁にオンオフする事でバッテリーやヒューズを劣化させやしないのか貧乏性な僕は逆に心配で心配でならない

当然無駄なアイドリングを止める事は燃費向上をするんでしょうけどバッテリー自体最大限働かせる事が、いざ寒冷地の深夜移動中にあがってしまったら……と考えると怖くて怖くて仕方がない

車や電化製品は魔法じゃない

電気流用の基本は動力としたり光らせたり温めたりが基本で、また先人たちの努力試行錯誤研究開発の末に生活の一部として便利や恩恵の意識が薄れてしまっているが耐久性ある部品を開発して……僕の子供の頃はまだまだ古い車が走っていたし希に三輪車なんかも

機械、機械したメカの塊だった車が、最近は鉄板が樹脂になったり軽量化も進み、マニュアルシフトがほぼオートマチックになって運転そのものが簡単になって、なんだか電化製品の雰囲気が色濃くなった

身近に進化したとも言えるんでしょうけども。

でも結局はクルックルッ、バーンって霧吹き状の燃料を爆発させて、の基本は変らないわけで、整備や構造の理解を人任せにしていると泣きを見る

金銭的にも(;´・ω・)ウーン・・・

それでも壊れない可能性が高いし整備の維持費も安い日本車の、特にコンパクトカーのクオリティは世界一高いと思う

メイドインジャパン世界に誇れる製品が身近にあると意識は薄れてしまいますけど凄い事。

そんな進化を目のあたりにした世代育ちなので会社の車もアイドリングストップしてくれてエアコンの冷気も弱まるし勝手に再始動してくれるけど燃費を良くする裏側でランニングコストが悪くなるのであれば本末転倒だな……なんて持ち前の猜疑心が起動し始める……

そんな僕は春なのにスマホも充電器もそろそろ寿命な秋の気配を感じつつ……

おまけにACアダプター充電器を忘れてきた事をさっきリュックをガサガサした時に気がついた

充電器を差し込んだまま車を走らせているけれど、アクアはいつの間にか電気だけで走らせていたりしてエンジンが頻繁に止まる

その場合はその度に電源のON/OFFが充電器やスマホにも連動してるんじゃないか???とハイブリッド素人の僕は思って不安になってしまった

単に接触不良だとしたら新しくすればいいんだけどカーアダプターも安くないんだよなぁ……

気まぐれにしか充電してくれないスマホに困り果てて今回旅の途中で他の記録メディアの購入も考えたが充電の入った時にバシバシ撮ってしまおう

道中、電話やmailやSNSは封印だ。

image

帯広から池田まで国道を進む事にしてワイン城へ向かう

会社の同僚のお一人が池田の方で色々と教えてくれたが牛の丸焼きが有名なワイン祭りの時期以外は基本何もないとも教えてくれた

今回は車なので肝心なワインを試飲する事が出来ないのですが、列車やバス移動だと更に時間の制約が必要となるのでシーソーで車旅の利便性の勝ち

池田に立ち寄る事にしたのは……僕の人生で本当にお世話になった高校時代の恩師が奥さんの実家である池田に定年後移住するはずであった

その風景を眺めたかった

先生は長年勤務した高校の定年退職の直前

前年に急逝された

『定年退職したら池田に住むんだ』

周囲にもそう言っていたらしい。

先生は夜中に胸を押さえうめき声を上げ、意識も戻らずそのまま逝ってしまわれた

奥さまも予期せぬ、『本人が一番悔しいでしょうけど……』と申されていた位に本当に突然でした

少し変わっている僕を理解してくれた数少ない先生だった

先生の出身母校の大学へ推薦してやるから進学しろ、ただし学部は選べないぞ!と真剣に進学を考えてくれたり、自衛隊体育学校受けろ!とか知り合いの下町にある繊維会社工員になれ!とか、進路を提供してくださった

結果的にあの時に進学していたら万が一、最就職する状況になったとしても学歴で履歴書を送る事も出来ない悔しさを味わう事はなかったんだよな

家族に相談をしたらその進学をさせない、と断言した親父には亡くなる直前に突然あの時に大学に行かせなかった事を申し訳なさそうに謝られた

ずっと気にしていたんだな……

人生、先々誰にもわからないけれど、やっておけばよかった……と、本当に後悔先に立たずの言葉の重みを感じる

人生の岐路、思い起こせば、たくさんたくさんあった

よーく考えて考えて考えて考えて……悩んだ末に出した結論であれば、後悔する気持ちは少なくなる

間違いない。

僕はその岐路の度に悩んだフリをして立ち向かわずにすり抜けてきた事が多かった

しかし悔し紛れではなく、そんなふわふわした選択の末にある今の人生も捨てる神あれば拾う神あり……これも本当ですね

紆余曲折しつつ、これだけ旅に出られる事を含め、周りに支えてくれる人もいる人生は悪くない人生だ

……仕事以外は……(笑)

そんなお世話になった先生の住む予定だった池田の街を、先生が暮らしている光景に当てはめ思い描きながら手を合わせました

先生の住む予定の場所を目にしたかった

池田にたどり着いてワイン城の高台から街を見下ろした時に目的を達成した気分に少しなれた事は嬉しくなった

image

駅前にはワインオープナーのオブジェ

お金掛かってるなー

image

駅から上り坂ですけど、すぐに見えるし汽車の旅でも歩いていけますね

image

ワイン城へ向かう直前に建つドリームズ・カム・トゥルーの記念館

下調べをして、ここのマグカップを買う事も一つの目的としていた

吉田美和ちゃんの出身地である池田のこの地にドリカムファンの聖地がある

館内には実際に使われたステージ衣装がたくさん展示されていて、収まりきらない衣装が真空パックになって幾層幾層にも重ねてあり、それをめくりながら目にする事が出来る

僕は毎日毎日曲を聴くというほどの熱狂的なドリカムファンではありませんけども、ドリカムは好きだ

何よりも歌が上手い

要約すると僕の感覚的に歌詞が貫いてる

女子の気持ちも伝わる

とにかく今世紀中でも日本が生んだ屈指のスーパーアーティストだと思ってます

別にステージ衣装見たって……と思ってもおりましたけど、館内の説明書きやライブ映像を見ていると何故だろう、本当に涙が溢れてくる

悲しい思いの涙ではなく

感動の涙。

来てよかったー、マグカップも買えたしー。

※入場無料!!

image

ワイン城の裏側は入口となっていて、下から見上げる風景と違い、現実的な建物でありました

城の中はワインの製造工程が見学出来たり売店でたくさんのワインやチーズや十勝の特産物を購入出来る

次回は激混み必死だけどワイン祭りを経験したい

閑散としていますが時間があれば是非とも宿泊してレストランでワインを味わって過ごしてみたい街でした





















デキ旅〜蝦夷❶

4月12日〜14日の3日間

弾丸ツアーベースのデキ旅にしては珍しく二泊三日の行程で北海道に行ってまいりました

熊本、鹿児島、と2月に旅したばかりですが、これまたジェットスターのsaleに乗っかり成田〜千歳の往復9000円ちょい

3月末にopenした成田空港第三ターミナル検証を兼ねて久しぶりに北海道へと旅立ちました

しかしながら何も考えずに押さえたのが悪く、この時期雪解けの北海道は絶妙に魅力が低下してしまう時期……しかもこんな時だからこそ行ってみるかー!と思っていた旭山動物園がにゃんと!(´゚ω゚`ノ)ノ冬季営業のおしまいで新たなる展示の為の店内改装休園中……_| ̄|○ il||li

ならば、ばんえい競馬!!

( ゚∀゚)ウヒョー!!

これまた非開催weekでやんの_| ̄|○ il||li

とりあえず新千歳空港に降り立ちますが予定は未定

会社には北海道出身者が多く、色々と皆さん親切に教えてくださいましたが、共通するのは『どこ行くの?帯広??レンタカーで???そりゃ遠いねえ……え?網走までレンタカー?やめときな車で移動するだけの旅になっちゃうよ。道民は仕事でもないとそんな移動しねーよぉーWWW小樽か函館行けば?』

( ̄-  ̄ ) ンー函館は競輪絡めて行きたいんだよね

だから非開催日の函館は私が行く意味がまるでない

仕方ないが帯広の豚丼だけは押さえよう

て事は、着いたその足で帯広へ向かうのか、ブームに乗っかりマッサンの蒸溜所へ向かうのか……小樽のなるとさんの鶏も食べてみたいし小樽の回転寿司も久しぶりに行きたい

うんうん、悪くないぞ小樽ベースも。

したら水曜どうでしょうの聖地HTBにも高台の公園にも行けるし……夜はすすきの……

そんな事を考えて旅程をプランニングしている期間に話してはいけない方と話してしまった……それは名寄の出身の方で小樽商科大学卒のバリバリの道民らしい道民?(笑)

『二泊三日?あー、んじゃ新千歳空港からレンタカー借りて頑張れば知床行けるね。あっちの方はいいよーウトロとかね。うちらは近くはねえけど枝幸とか紋別とかさ、カニならそっちだよ』

ぇ━(*´・д・)━網走まで車可能ですか!!!

『今は高速が途中まであるからさー。そりゃ近くはないけども行けない事はないし、人も少ないからいーぞー』

(´°д°`)エー……余市……小樽……札幌……

『そんなトコ行っても人が多いし都会と変わらねーじゃん。もちろんヒグマも住んでっけど見た事ねーし。大体、道民でヒグマ見た事ある奴のが少ないよ』

そんな会話を交わしたものですから、道東も再考する事になりまして……元々は、ばんえい競馬と豚丼ベースの帯広、隙あらばタウシュベツ橋梁も……でもタウシュベツ橋梁の見学ツアーは雪解けで足場が悪い為ゴールデンウィークまでお休みでテンション凹……

帯広移動するならば……高速の道東道が白糠まで延伸したばかりで釧路まで走れない事はないな……

釧路……釧路……

たどり着いたらぁ〜岬のぉはぁずぅれぇ〜

釧路に夜霧を見に行こう\( *°ω°* )/

釧路……釧路……

旭山動物園休みだけど

釧路市立動物園を見に行こう\( *°ω°* )/

釧路……釧路……

厚岸はさらに走るけど

牡蠣を食べに行こう\( *°ω°* )/

釧路……釧路……

勝手丼は八戸陸奥湊最強だけど

和商市場も覗いて見よう\( *°ω°* )/

釧路……釧路……

釧路湿原\( *°ω°* )/

え?30秒で飽きる?

本当ですか???

まーいーや、YouTubeで釧路動物園の白くまミルクちゃんが人気うなぎのぼりらしいじゃないか!!

何度も何度もYouTubeでミルクちゃんを見ていたら本当に行きたくなってしまいました

余市のウィスキーボンボンは次回にしよう

今回は勢いで走るぞー

釧路だ!釧路だ!

オレらの高校時代の天皇賞はクシロキングが優勝したじゃないか!!
(2着メジロトーマス)

テンション上がったー

待ってろミルクちゃん(●´ω`●)

【旅程】
\田空港〜新千歳空港〜(レンタカー)〜帯広〜

釧路泊

釧路〜厚岸〜

帯広泊

B唸〜糠平湖〜帯広〜新千歳空港







こんな感じでざっくりと。







image

成田空港へは今回も自家用車で向かい、近隣の駐車場会社さんのお世話になる事にした

金額的には京成電鉄のスカイライナー、ではなく普通列車で行くか、東京駅まで出て成田空港行きの900円バスで向かうのが一番賢い

でも僕もさすがに齢40の半ばも過ぎた大人だ

つーか白髪染め必須で老化現象も自覚しとります

行きと帰り位は乗り換えせず楽チンしたい

高速代とガソリン代と駐車場代

合わせて1万円位か?

そう考えるとLCCの魅力も半減してしまうのですが、人数が四人ならば車も悪くはない

今回は一人だが……_| ̄|○ il||li

僕は小心者のチキン野郎てあるが勤務は夜勤野郎

なので旅立ちは決まって仕事明け

帰宅してからお風呂に浸かって風呂上がりと同時に不眠で飛び出す

体には非常によろしくはないのだが、悠々自適に有給休暇を使える身分ではないし、金銭的な余裕もないWWWWWWWWW(キッパリ)

いつものように無事に成田空港出口からパーキングへと向かい、送りのバスで空港へと届けてもらう

ただし、今回はオープンしたばかりのLCC専用ターミナルである成田空港第三へと移動しなくてはならない

この第三ターミナルというのは貧乏人は歩きたまえ、歩きたくなければLCCに乗らなければよいだけだ。と、はっきり施設やアクセスが代弁してくれていた

聞いていた通り、送りの車やバスも全て既存の第二ターミナルの車寄せからシャトルバスか徒歩で約700m歩かねばならなかった

この無料のシャトルバスは第二ターミナルから第三ターミナルへと移動してくれるのだが、成田空港の構造上、第三から第二までは1、2分だが第二から第三までは、ぐるーんと一方通行の道路を迂回して15分を要する

山手線に例えると、新宿から渋谷に向かうのに池袋経由の外回りで行くと考えればいいと思う

まあ、無料だし時間もあるし初めてだし黙って乗ってみようかの……と、乗り込んでみると、韓国人のオバチャン四人と韓国人の単独が一人

少し待ってから出発進行!

……わかってはいましたけど、遠回りだねえ

次回は乗りません。

ただし、お怪我をされた方や身体の不自由な方はバス一択ですね

でもLCCはボーディングブリッジ使用しないからタラップはどうするんだろう……スタッフが手伝って搭乗するのかな……でも団体さんとかだとしたら人手が足りないよね……謎だ……

ともあれ、バスは山手線をぐるーんと回って、一般道ではない道路も走り、警備員さんの常駐する門を幾つか開けーゴマしながら第三ターミナルのバス停に無事到着した

image

陸上競技場の雰囲気ムンムン

第三ターミナルです

日本人の比率が少なく感じる

今はみんな賢いので東南アジアや大陸からLCCを乗り継いで来日される方とみた

iPhoneやiPadやタブレットをいじくりながら歩いている方も多い

なるほど……これならば知らない場所でも迷う事は少ない

スマホを使いこなすのも一苦労な僕には大したもんだ……と素直に思えるのだが、コーラ、マック、紙巻タバコ、Apple、windows、アメリカの作るものは全てが魅力的で美味で快適でクリエイティブなモノですが、人をダメにするモノばかり……という方もいらっしゃる

ダメにするモノの一つの産業に16年間も従事してアメリカ様の利益の為に働いていただけに言っている事をなんとなく理解してしまえる僕がいます。

※成田空港第三ターミナルの感想は、ここから這い上がってANAに乗れるようになりたい……そう思わせる施設でありました

勿論のこと働いていらっしゃる方々は慣れぬであろう新しい職場で、トンチンカンな利用者相手に一生懸命で偉いなぁ……と感激しましたがね

LCCが風穴を開けて航空会社が膝を折り曲げ目線を下げて飛行機に乗る事が身近になった事は事実

ジェットスターさんにはお世話になってます

image

無事に新千歳空港へ定刻到着

でも毎回番長席(後部座席付近指定)の僕はのんびり最後の最後に降りる事にしているので、なんだかんだで10分以上は最初の乗客からの時間差を持って久々の新千歳空港へ、北海道へ上陸

ここから画像がないのは、どうもスマホの調子が悪くてレンタカーの電源から持参した充電器を差し込んでも接触不良でアウトでした

空港でかるーくお土産屋さんと朝食候補を眺めてレンタカーカウンターへ向かう

そこからお馴染みのレンタカー会社の送迎バスに乗り込んで10分ちょい走ってレンタカー貸出基地へ到着

受付を済ませると用意されていたのは指定通りコンパクトクラスのハイブリッドでアクアが準備されていましたが、鹿児島で借りたアクアとは違い、こちらは登録半年以内でピカピカのクルーズコントロール付きの快適アクア

さすがにスタッドレスタイヤを履いてましたが北海道故に違和感はなし

鹿児島でスタッドレスタイヤが異様だったのだ

そしてそのまま高速の道東道、千歳東からのんびりと帯広へ向かい豚丼を目指す

帯広は数多の豚丼の名店がある

どこもきっと間違いはないはず

僕はトータルで4軒さんしか食してないが、どこも美味しかった

まぁ、どこで食べても美味しい豚丼な帯広ですが、僕が一番好きなのは帯広駅前にあるレストランふじもりさんの豚丼です

オーダーをするとメロンソーダがサービスで付いてくるという伝統も古くから続くお客さんへのサービスで店内も綺麗だし店員さんも皆さん優しい接客

この地で長く生き残るというのは簡単な事ではないと思う

そう思えば思うほどにふじもりさんへの思いの深みが増す

食べやすく柔らかく焼き上げた豚丼

これを食べる為だけに釧路へ向かう道中、途中下車をした訳でありますが、答えは正解

ふじもり万歳。

image

この文を何度も読み返すと涙が止まらなくなる

image

ふじもりさん、また暖簾潜らせてくださいね




デキ旅〜薩摩❼

image

鹿児島で食べようと思っておりました

鹿児島の幸楽苑、五味八珍、日高屋

そんな感じ

image

どれにしようか……な、と。

image

やっぱり米も食べたいし

image

関東では主力でない色合い

image

はふはふ

image

秒殺

気楽に食べられますね

ごちそうさまでした

image

さつま揚げの詰め合わせをお土産にしました

チーズ入りが美味しかったけど

じゃっどん邪道だよなぁ

image

たくさん美味しい鹿児島土産があり

迷いに迷われるかもしれませんけど

これ買って間違いないかも

冷蔵庫で冷やすと美味さ倍増

しろくまプリン

image

お迎えは白由紀姫で

お見送りは黒由紀姫でした

鹿児島の名産は黒ですもんね

なるほど良くぞ考えましたねー

思わず上手い!!と叫んでしまいました

それにしても可愛いじゃないか柏木由紀

image

平日だったので空いてました

綺麗な空港ですね

image

あー帰りたくないなー

鹿児島の人と結婚していたら

年に何回か鹿児島に来れたんだよなー

でも

柏木由紀みたいな女子は県内に見かけなかった

ありがとう薩摩

ありがとう鹿児島

まだまだたくさん見残しているので、必ずや再び鹿児島を訪れたいと思います




デキ旅〜薩摩❻

image

キリがないが坂本龍馬は偉大だ

あの時に開国をせず天皇攘夷の幕府のままであったとしたら、あっという間に〆られてルールなき時代に外国資本が入り、日本国総外資系企業としていたかもしれない

歴史認識に関して難しい問題であると思うが、当時の世界的な陣取り合戦に備え、一時開国をし表向きに友好条約という名の休戦で見識と視野を広め戦力を整えた日本は間違っていなかった

とにかくギリギリの開国であったとされるが、万が一その時代の君主が織田信長や徳川家康であったとしたならば、どのような対応をしていたのだろうか

意外に織田信長は即刻開国をしていたかもしれないし、徳川家康は徹底抗戦をしていたかもしれない

歴史を想像して振り返るのも楽しいものであるが、リアルドンパチ時代に生まれなくて本当に良かった……

image

筆まめさんだったんですね

おねえちゃんが自分を気にかけてくれている事を坂本龍馬さんもわかっていたんでしょう

それにしても、おねえちゃんがお喋りだったからか自らが刺客に狙われる身であったからなのか、あまりベラベラと口外なされるな……と書かれている事を説明されて、人間味溢れる関係に思わず(。-∀-)ニヤリ

image

ハネムーンロードとな?

image

富国強兵、隣国に接していた薩摩藩はいつ何時海から刺客が現れるかもしれない脅威に対して心構えをしていたのでしょうな

諸国の情報や密貿易も可能であるが交戦の歴史もあり勝者こそが君主である的な考えを思い描いても不思議ではない環境下に薩摩藩あった

攻めろ!攻めろ!攻めろ!の姿勢はやがて大日本帝国を貶め敗戦国へと導いてしまうのだが、今だに日本は敗戦国とのたまう近隣国の人間もいる

何十年経過しても同じ言葉を繰り返すのだから、こんな隣国と同じ国民として過ごす事にならなくて良かった良かった

心からそう思う

image

ま、色々ありましたが

足を洗い再出発しましょうや

image

銅像まであられる

image

こちらの未亡人さんは後に再婚なされてしまう

坂本龍馬さんの子孫が見たかった

image

鹿児島空港近くの高速道路入口から

一路知覧へ

錦江湾と桜島を眺めながらのんびりドライブ

image

ここに展示されていたモノは靖国神社でもご立派拝見しており、特攻隊員達の遺書の素晴らしさもわかっていた為に立ち止まる事も少なく、ただ慰霊碑にしっかりと手を合わせ御礼を申し上げた

image

開聞岳を眺めながら沖縄の地に飛び立った

爆弾を抱え込み敵艦へ向かっての玉砕攻撃

家族の為に国民の為に天皇陛下の為に

靖国神社でも知覧でも

安易な言葉など出ない

image

爆撃に備えて空から発見されにくく建てられた半地下の兵舎は、出撃を待つ特攻隊員が過ごしていた場所だ

復元された建物内部で屋根を眺める

最後の夜は何を思ったのか

それでも朝はやって来る

今も昔も。





デキ旅〜薩摩❺

最高な御宿をチェックアウトした

そういえばチェックインの時、仲居さんに幕張サービスエリアで購入したメロンパンの詰め合わせ1200円位の品を『途中の千葉で買ってまいりました。大した品ではないのですが皆さんで空き時間にでもお召し上がりください』と恩着せがましく(そんなつもりはなく純粋に包むお金もないし、現物支給でお世話になりますのでどーぞ的な気持ち)『ご笑納ください』等とお渡し致しましたが、夕食の際に『調理場の人間達と一緒にご馳走になりました。ありがとうございました』等と三つ指立てて御礼をされてしまいMAX恐縮

次回は50個位メロンパン持参するかな汗(違)

image

霧島温泉郷は温泉街をほんわかそぞろ歩く……という温泉地ではなかったのですが、本当に大自然と温泉地開発とのミキシングを味わえる素晴らしい温泉地でした

また行きます

霧島一帯の公園に隣接する道の駅で面白そうな飲料をまた発見⇒即買い

image

へー黒酢ウォーター

ちなみに私は黒酢大好き

自宅でたまに購入すると薄めて一気に飲むのですが、あの胃液が逆流した様なウッとくる刺激が好き

藤森茂樹も好き

image

よく見りゃ名門鹿屋体育大学

しかも自転車部

自転車繋がりだ

愛羅武競輪。

image

霧島神話の里公園を出て一瞬宮崎県の都城に突撃するか迷いましたが、当初の予定通りに鹿児島市内へと鼻面を向ける

そして嘉例川駅をスルーして辿り着いたのが、坂本龍馬とお竜さんが隠密傷治療兼、新婚旅行先として滞在したとされる塩浸温泉へ

ここには坂本龍馬さんの資料館的な施設もあるらしい

image

感覚的には川沿いの幹線の脇にある感じは規模こそ違えど日本一うまいもつ煮込みの永井食堂的な感じでいきなり現れる

駐車場は非常にテクニカルな位置となるが警備員さんが幹線を走る車とぶつからない様に誘導してくださいました

image

坂本龍馬さん夫妻が入られたとされる温泉にも浸かる事が出来る

興味はありましたけど資料館に入りましたので入浴は今回パス

image

当日は絶賛護岸工事中

左脇に夫妻が入ったとされる露天風呂がある

ここに近づいて見学出来る様にするらしい

image

塩浸温泉は現在の様な便利な幹線沿いと違い、当時は秘境的な行き止まりにあり、何かと人様に狙われていた坂本夫妻には格好の身を隠すスポットとして長期滞在をされたそうな

ちな紹介したのは西郷隆盛さんだったとか

image

こちらから資料館へ

正直な所、無印、期待薄

image

券を購入すると、先程券を売っていた方が鍵を開けに中からイリュージョン

そして再びパンチDEデート

ご対面~~~およよ……

image

龍馬さんの書き残した書面や手紙の類はほとんどコピーでございましたが、こちらの地とのご縁が詳しく紹介されていて、本場の土佐で見る資料とは違い坂本龍馬という人物が如何に日本中を駆け巡ったのかという凄さがわかる

土佐や京の都、長崎に江戸や長州や蝦夷、そして薩摩

本当に飛行機や新幹線のない時代の人物なのだろうか?

安住の地など考えもしない、世の中を変えた男には夢と希望と勇気と覚悟があったのだろう

どれ一つとして今の私には全くないモノばかり

image

コスプレも出来る

image

福山雅治さんがこの地のロケで羽織っていた本物らしいが、サービス満点な職員さんがマンツーマンでどうぞどうぞー!と着付から立ち位置からポーズから写メまで全て盛り上げてくださった

館内もマンツーマンで全部解説してくれた

NHKの龍馬伝を最近になってゲオでコンプリートしたばかりの私は大満足

福山雅治さん、同い年だけど丈あるね

私にはバカ殿みたいになったきに。

image

山頂にぶっ刺したを抜いたとされる逆鉾のレプリカも展示されていた

嫁さんもよくぞ登山に付き合ったもんだね





キズナァァァァァ……

やっぱり来ないよなぁ

人気に騙された私の負け

image

あ、またガミったWWW

第151回天皇賞(春)予想

image

絞れねえ……_| ̄|○ il||li

キズナ、頭に来るとは思えないんだよなぁ

5頭BOXになると60点だべさ

したら予想の範疇じゃなくなるべ?

image

ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙……

決定しちまった……_| ̄|○ il||li

´↓吋廛薀広

いやいやいやいやヾノ・ω・`)

今年の天皇賞は荒れそうだよねえ

とりあえずガミでもいいから戻ってきてくれ!

デキ旅〜薩摩❹

image

離れには囲炉裏の間もあった

image

冷蔵庫の中にサービスでお団子が用意されていた

炭に火を入れてお夜食としてどうぞ、と

image

甘味処出来杉の開店である

炭に火を入れるのは簡単だ

because私は愛の放火魔と自称する千葉の競輪選手と同じく火を点けるのは得意中の得意

中川の土手で何度も焚火をして夜釣りを楽しんだ

今では焚火は疎か夜釣りを児童が行なうなど考えも出来ない時代となってしまいましたが、昔は緩かったなぁ……

もっとも私は自分にばかり点火してしまい、相手のハートに火を点ける事は不可能な人生でございましたとさ

おあとがよろしいようで。

image

おはようございます

深夜に目が覚めてせっかくだからと露天風呂で夜空を見上げると気持ち悪くなるほどの満天の星空

手にはスーパードライを握りしめ……

死ぬ間際になって走馬灯の中でもこの光景はきっと出て来るのではあるまいかと思う

快適すぎる御宿との別れは早い

貧乏人専用の御宿とは真逆の御宿

どうせならば一週間位の連泊をしてみたいのだがハワイで過ごすよりも割高になる事は間違いなく……

とにもかくにも専用露天風呂があまりにも快適すぎる

残念ながら朝はやってきた

朝食も昨夜と同じスペースでの個室となる

鹿児島は美味いものばかりだなあ

ホント朝からそう思う。

image

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

image

ŧ‹"ŧ‹"(≧ч≦)ŧ‹"ŧ‹"

image

ŧ‹"ŧ‹"(o'ч'o)ŧ‹"ŧ‹"♡

image

((美^〜^味))モグモグ♪

image

あーあ(´△`)チェックアウトのお時間です

image

湯けむりの宿よ、さらば





続く。



天皇賞予想〜未だに絞り切れずも〜

ゴールドシップ

既に個性派として歴史的な名馬である事を確立してしまっている存在感

その走りを年に数回観れるという私達は歴史の証人かつ、物凄く幸せな時代を生きているのかもしれないなぁ……

勝っても負けても話題になるゴールドシップという馬は本当に視線からも馬券からも外せない

勝って、やっぱり

負けて、やっぱり

とりあえず鞍上には嫌な思い出のケースが多く何度も何度も泣かされ、何度バ〇典と叫んだ事か……不安が増しますがゴールドシップを4馬BOX馬券には絶対に入れる

オッズの低さは関係なく芦毛の馬は問答無用に応援しなければならない人生観をスダホークに教わった

人気といえば岩田の勝負強さ、そして外国人騎手のやはり勝負強さも入れたい

とすれば残りはあと一頭……

先月北海道に行ったし東北にも来月足を向けたいと思っているところでホッコー(北向)にご縁のお導きを感じるのであるが世の中のトレンドはオカマちゃん

マツコ・デラックスの大活躍を誰が予想出来ただろうか……文句を言うキレキャラだけではない世の中への不平不満と勘違いをするなという代弁者的な魅力……

いるじゃないか、天皇賞にもオカマちゃん



ゴールドシップの隣にひっそりと……

絞り切れていないという事は本音であります

でも、この4頭BOXで天皇賞を楽しみます予定

image

ジャスタウェイのいない競馬界はサビシイです

デキ旅〜薩摩❸

image

お風呂上がりに霧島ミルク

味の違いがあまり( ˘•ω•˘ ).。oஇ

アカディが好きなんですもの私

image

見た事のない飲料系は黙って買いだ

見た目で味がなんとなくわかってしまうが

飲んでみると思ったとおり

そのまんまの味だった

温泉三昧、湯上がりにいくらでも飲める

うんまい( ゚д゚)ンマッ!

image

霧島神宮の売店で買ったお菓子

とてもとてもまだ食べられない

というか、早速温泉に浸かって胃の中を消化させようとしましたが先程の鹿児島ラーメンが僅か2時間で消化されるはずもなく……

個人的に見た目と違って大食いでもなく……

大酒飲みでもない……

夕食の時間が迫り、慌てれば慌てるほど腹部膨満感が増していく感じが_| ̄|○ il||li

image

とはいえ、御宿かて職員さんの労働時間が定められている

マイケルジャクソンでない私には黙って御宿の夕食設定タイムに従わなければならないと理解している身だ

一番最後の設定時間であった19:00から日頃宿泊するビジネスホテルや温泉ホテルのバイキングとは違う手の込んだお料理と矢継ぎ早に格闘しなければならない

時は来た。

image

image

image

本日のお品書きが添えてあった

読めば読むほど先程の鹿児島ラーメンの残像が目に浮かび私の心を食べ残しという不安へと導いていった……

image

お夕食は離れから一度出てお食事処専用の個室へと案内された

ひっくり返って寝るだけの私には、この部屋で布団があれば十分過ごせるだけの空間に御宿の方がこれまたご丁寧にかつ親切に本心からおもてなしを感じるほどの気配りサービスを頂きました事、心より御礼申し上げます

これは鹿児島の土壌なのだろうか……いや、この仲居さんなのか女将さんなのかわからない方が半端じゃないほどのホスピタリティを発揮されていた

この地の男は、ここまで尽くされるとこの地を守るが為に命懸けで戦いに挑むって歴史の流れを何となく想像してしまうほど関東近県のマニュアルやトレンドにはない接客

私は営業マンでしたので、あらかた対人の心や人格を先読みしてしまう意味のない能力だけ身に付いてしまっております

温泉ホテルの豪華バイキング会場へ行ってもローストビーフやステーキや目玉焼きを焼いてくださるコーナーの従業員がニコニコしながら『さぁ、お召し上がりください!』と渡される事など、まずは無い

ホテルのホームページやパンフレットや口コミでそこまでは読み取れない

最近は齢を重ねたせいなのか、やたら人恋しくなる時と人と携わりたくない時がはっきりしてきた

これだけ恵まれた社会であれば私の様な世界薄給のプレーヤーでも税金、年金、保険料を支払い、借金を抱えていない今現在はマイペースで生き長らえるだけに特化すれば人と携わらずにテレビやネットからの情報に一喜一憂する位で悪くはない時代だと本当に思っております

でも

そこは性格なのか、何だかんだで人と携わらずに生きていけない運命が待ち構えているワケでありまして……さすれば、人と携わるならば出来る限りは仲良く互いに快適な時間を過ごしたいと思ってしまうワケで……

世の中は快適=対価という経済ありきの構図というか考えてみれば対価さえ支払えるのであれば快適を手にする事が出来るという分かり易い環境になっているのですが、希に対価を超える快適を提供してくださる方に出会えるというのが、この年齢になって本当に嬉しく有り難く、この方を育てられた親御さんは本当に素晴らしい方なんだろうなぁ……なんて思ってみたり

また、そんな素晴らしい出会いの御礼を感謝の言葉だけでしかお返しする事の出来ない自分にも嫌気が差しますが、こちらの離れの宿・松苑さんは本当に良い出会いでございました

かといって高いお宿だけが素晴らしいのかと言えばそうでもなく、普通にスーパーホテルでも素晴らしい対応をしてくださる若いスタッフさんに出会える事もございます

そんな出会いの度に自分の襟を正したくなります

image

それではいただきます

image

image

ヒャッハー

image

背中のイリュージョン不要

image

image

もう苦しい……

image

ビール飲まなきゃよかった

image

ひー美味しい(*´〜`*)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

image

まだ……来るの?

image

〆は鶏飯ですか……

けいはんのるひとおけいはん……





ごちそうさまでした

こんな豪華飯は営業マン以来の気がします

料理人さんや仲居さんに感謝でした

最高です。






デキ旅〜薩摩❷

image

御神酒と盃を購入

image

それにしても素晴らしい

image

日本の端ではなく神々が降り立った始まりの地であるというプライドが薩摩の礎なのかもしれないなー

image

思わず

鹿児島に来てよかったーと呟いてしまいますな

image

鹿児島に来たらば霧島に来なければ

ワンピース欠けたジグソーパズルのようだ。

image

宿のチェックインの前ですが小腹が空いたので鹿児島ラーメンを食してみる事にした

これ、後に夕食が食べきれなくなるという大失敗となる

image

店内は綺麗で夕方直前の為に空いておりましたが、直ぐに学生さんの団体客が訪れて賑わっておりました

image

テーブルにあった調味料

うわー刻みニンニクだー

休前日だけしか食べられないのが残念だけど今日は休前日♡

明日の飛行機の機内の事は考えない事にしよう

image

シャリシャリ……(*´〜`*)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

少量お好みで入れてくださいね〜

image

ガリか?これ?

お新香か?

いずれにしても私には縁のない器でした

image

おまたせ~~~鹿児島ラーメン~~~

豚骨だけど博多よりあっさりしとん~~~

くどくなくて

とても美味しいじゃないの(*´〜`*)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"

image

夕食前なのに箸が止まらない~~~

関東には無い味ですね

なんなんだろう

このあっさり感

image

はい秒殺

ごちそうさまでした

スープも飲み干したいけど夕食が待っているから我慢を致しました~~~

image

お宿は霧島温泉郷にある松苑さん

夢の露天風呂付きの離れを予約

楽天トラベルでたまたま検索をして発見したお宿さんでした

正直にお話ししますと、年末年始も働いておりましたけど年末の賞与で何とか人並みに年を越せましたので有馬記念大勝利資金はそのままでした

その残高で熊本、鹿児島と予定外にジェットスターを押えてしまった次第で、どうせならば一泊二日の旅でセカセカ動くいつもの旅ではなく贅沢に滞在型の旅を味わう事もしてみようではないか!!
(二万円位車券で損したと思って清水の舞台から……)

うひゃー多少経年劣化を感じる離れですけど、ここにして良かった……と心から思えるお宿との出会いが出来ました

気兼ねなしに浸かれる露天風呂

しかも源泉かけ流し

というか、離れの横からも温泉の水蒸気が白煙として常に吹き出している環境

最高だ

image

2月の中旬なので肌寒いが虫がいない季節で、昼も夜も快適に温泉三昧

大きな声では言えないが、こちらは体験プランだったので目ん玉が飛び出すほどの価格設定ではなかったので大大大満足

洗濯機や物干し台があったら生活感が生み出されてしまうのですが

むしろこんな別荘に永住したい

image

室内風呂は岩盤浴も出来る

┗┻━( ・`ω・´)┻┛しかも自然の温泉熱利用

image

少し離れた本館の大浴場も利用可能だがここだけで動く気にもならなかった

夜は満天の星空

これでもか!というほどの天の川

泉質も火山地帯のフレッシュな生湯

私の中で過去最高の宿だ




続く。




デキ旅〜薩摩❶

2月18日(水)〜19日(木)、一泊二日のいつものように日程による物足りなさを予定しつつ鹿児島へ向かいました

考えてみれば2週間前に熊本へ旅したばかり

何故このタイミングで同じく九州、しかも隣接をした鹿児島へ向かったのか?

それは搭乗するまで手間隙を要するが私をとても安価で旅先へ運んでくれるLCCジェットスターの存在、その答えが全てであります

運賃に座席指定料金460円とWeb決済手数料が800いくらかプラスされるにしても前回の熊本紀行は往復で5760円というあってはならない金額であった

実はこの鹿児島紀行も往復で9760円

熊本往復を予約した時に何にも考えずに押えてしまっただけの事であります

なので、鹿児島に対してどうしてもここにいぎだい〜という思いを欲するまでもなく……ただ単に買ってしまったという『あなた頭は大丈夫ですか?』的な衝動的なreservation

子供の子供の頃に両親とその同僚の方のご実家へ訪問した記憶が微かに、かつ、もてなしの為に振舞われた台所のまな板に横たわる絞めたばかりの鶏の……生首のインパクトだけが鮮明に残っております……_| ̄|○ il||li

いやいや、私ももうすっかり大人になった

大人を通り過ぎた感も否めなくなった年齢になったのであるが、有り難い事に食に対して尊い生命を頂くという感謝の念を知り、その積み重ねが私を強くした

さあ来いニワトリ!

コケコッコー!!!

ただ、知人が同じく鹿児島にジェットスターで往復した際に桜島が噴火した影響で帰路が欠航となり、予期せぬ延泊となってしまった経験を語ってくださり、不安を抱えたままに旅立つハメになりました

桜島を間近に見たことのない私にとって桜島のイメージを軽視しておりましたが、何あれ?……

すげーわ桜島。

こっちの感覚でいうと、東京ディズニーランドの敷地全てが火山!みたいな……

しかも目の前が火山view♪であるマンションが当たり前のように立ち並んでる……こんな非日常って東京ではありえないでしょーよ

当然鹿児島の方には桜島が当たり前にある

んでも、ありゃーすげー

モウモウと煙が吹き上がる火山が発展した街の目の前にあるという……錦江湾内であれば全てが実感出来るあの感動と非日常感

あれ見るだけでも鹿児島に行く価値がある

デキスギさん興奮してしまいました。

鹿児島、いや、薩摩は今の近代的な日本を立ち上げ、作り上げる為に命懸けで立ち上がり挑んだ勇気ある土壌である

その強い志と軍事力は後年日本を敗戦国へと導いてしまう、ある意味その歴史のきっかけでもあるのではないか?とも思うのですが、当時の亜細亜を取り巻く世界情勢は武器も技術も豊かな欧州先進国がこぞって陣取り合戦を繰り広げられていた時代だ

歴史認識とやかくいうのであれば植民地政策として支配をしていた当時の諸国を何故訴えないのだろうか?、とも私は思っている人間なのでこの際これ以上のクレーマーへの対応は割愛する。

なにはともあれ、薩摩の男気ある土地柄が何故確立されたのか?その雰囲気を当地を訪れて想像するだけでもワクワクしてきた

こんな思いを描く土地は薩摩と長州だけだろう

何しろ当時は何かをすると直ぐに命を奪われる時代である

その中で体勢に反する勇気

これは本当に凄いと言わざるを得ない

男尊女卑の土壌で過ごされた当地の女性の気持ちを思うとなんとも言えなくなるのであるが……逆を語れば、戦う男を見守り送り出す女性の強さ

それも鹿児島の歴史の一部だ。

現に私の同僚である方は枕崎で鰹節を主とする水産会社を経営していたご子息であられたのですが、子供の頃お母さんとお父さんが一緒のテーブルで食事をしていた記憶がないそうです

今はないですよ、そんなの。

とはいえ本当にそんな気っ風なんて面白いじゃないですか!

指宿、枕崎の方面は、ふむふむ……南薩っていうのか

開聞岳の存在は知りつつも初めての鹿児島

結論から言ってしまうと、大変に魅力的で気に入ってしまいました

鹿児島SUGEEEEEEE……

そんなこんなの鹿児島旅、今回は慌ただしく動くより静養を鑑みての旅となりました

では、相変わらず自己満足ですが画像を交えてデキスギ旅の足跡をば……(人´ω`*).☆.。.:*・゜

image

おっと間違えた

こちらは先々週旅をしてきた土地のキャラクターさん

image

毎回ジェットスターを予約するときは24番以降の後部座席を取ります

主翼がふわんこふわんこ揺れて不安を楽しめますし離発着の時のフラップの動きも楽しめる

ただ一番後ろだとトイレの出入りで落ち着かないのでパスります

ジェットスターで過去最も長い2時間近いフライトとなりましたが幸い隣席に搭乗者がおらず、またしても朝まで仕事をしてからの旅立ちでしたので直ぐに快眠……(-β-)zzzクビガイテー

image

眼下にSLの聖地・えびの高原と思われる山間部を飛行しながらの着陸態勢

多少揺れましたけど無事に着陸

キャプテンお見事

image

かごしま空港に降り立つと柏木由紀さんがお迎えしてくれました

image

彼女にはじっと耐え偲ぶ薩摩女子を感じる

好きか嫌いかで言えば

大好きだ( ˘ ㅂ ˘ ♡)キュン❣❣

image

案内所に直立不動で立たれていた柏木由紀さんの横にあるカウンターには霧島のキャラがお出迎え

image

空港からレンタカー会社の送迎バスに乗り込み、数分走るとレンタカー会社に到着

今回はアクアを借りてみた

それにしても……格安なレンタカー会社を使用したからなのか、これが鹿児島タイムなのか、予約していたのだが奥の方から車を探し出して今から洗車します!と慌てて用意を始めだした

初めてだ!こんなの(笑)

image

あれ?僕今、鹿児島ですよね???

帯広ナンバーฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

『はい、向こうから持ってきたばかりなんです』

しかもスタッドレスタイヤ履いてるぞ!

ハイブリッドカーなのに不必要なスタッドレスタイヤとは燃費には間違いなくagainstでしょーよ(笑)

image

午後に到着のゆったりした出発だったので時間的にはタイトな旅程である

なので今回は開き直ってゆったり旅とする事にした

かごしま空港から霧島神宮を経由して早々に霧島温泉でのんびりんこするつもり

image

南方の鹿児島でスタッドレスタイヤを履いたアクア号は一路霧島神宮へ

到着後案内所で現在地の把握と観光情報、パンフレットを入手する

多少、入れ知恵をしておかなければ単なる田舎道と山と普通の神社への参拝となってしまう

image

韓国岳は(カラクニダケ)と読むのかー

当地に来て知る

私の知識なんてそんなものである

image

あ、テレビで見た事あるぞ

アヒル隊長だ

ここのキャラクターなのか?

image

ただし、ここには来てみたかった

ジャーん霧島神宮詣でー!!

image

鮮やかであり、かつ歴史も深い

まさに神々が降臨された地

団体で記念写真を写していた中国人団体客さえいなければ静かで重みを感じたはず

そういえば春節ストライクでしたな

鹿児島に来るとはなかなか見る目のある中国人団体客さんである

海外旅行に出向いてしまう都会人が地方都市を観光しない世の中で実際に地方経済をギリギリ回しているのは間違いなく中国人団体客だ

受け入れさえ確立して快適なお・も・て・な・し、おもてなし!すれば彼らは必ずや貢献してくれる

ただし、快適だからと土地を買い漁って治安とマナーを崩壊させるのはやめてくれロクンロール(Byミッキー)

image

清らかな水で汚れまくった手を清める

さすが名水の地・霧島

image

個人的に偉そうな売り子の多い神社仏閣

雇われ人なのに勘違いして信者さんに対して傍若無人な態度を示す人物が多いように感じる

せっかくだから何か買おうかと覗くたびに、西〇井大師の本堂内であまりにも態度の悪い売り子のババアに大声で怒鳴り散らしてやった事を思い出す

ババア逆ギレして文句を返してきやがった(笑)

付近にいた年輩の職員に対してたっぷりとどっちが悪い?とご相談をすると平謝りをされていたが、私の感情や常識ではなく、女性や子供やご老人に対した時に同じような思いをさせる輩には無駄な時間であるがガンガン問い詰めてみていた時期もあったなぁ

態度や言葉遣いなんてものは気をつけるか相手を敬っているならば間違いなく丁寧になるものであるし、大人の手本として見本でなければならないと思うんですけどね

日本は平和だ、素晴らしい国だ、やさしい、おもてなし、そんな美化するほどでもないですよ

バカな職員やイライラしている人間は神社仏閣にもいると西新井〇師が証明してくれましたから

近所だけど二度と行かないし

個人的にあちらはお勧めしません

佐野か川崎に行きますわ(笑)

※霧島神宮は接客悪くなかったです

image

勝負します

image

(*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!







続く。












悔やみきれない訃報

元埼玉52期の青柳さんがお亡くなりになられたと聞き、衝撃を受けていた直後

また現役競輪選手の訃報が……

交通状況は昔と違い日々変化していると思います

オートマチックトランスミッションの普及によって運転が非常に簡単になっている反面で教習所で学んだルールと実際の暗黙の交通ルールが恐ろしく異なり、制限速度を守って走る車が邪魔者扱いをされたり……

自転車の歩道から車道へのルールもイマイチ理解されていないので頑なに車道を貫く自転車もいる

軽車両の括りならばすり抜けなど御法度だ

でも大半の警察官は路地裏に潜んで違反を取り締まったりしている

もちろん普段交通違反を重ねる人間に対し累積点数を積み上げて金と時間を拘束して、もう二度と違反をしないよーに!なんて強く言われるワケでもなく効果のない身内の実施する講習を受けて無罪放免

違反をさせないのなら本気で日本で販売する車にリミッター付けなさいよ

アルコール探知機付けて呼気を検査してからでないと動けない車を作りなさいよ

みんなバンパーにデッカいスポンジを付けた車で走りなさいよ

うっかり事故で人を巻き込んでしまったら一生刑務所から出れない位の法律を作りなさいよ

ルール守れないで逆ギレしてる運転者には問答無用で現行犯逮捕しなさいよ警察

神子さんの事故も年間を通じて単なる一件の死亡事故として取り扱われるだけだ

悔しいよね

車に跳ね飛ばされて亡くなる為に彼は生まれてきたのか?

私の叫んだ事が正論ではない世の中だし自分でも無理を言っている事もわかっている

わかっているけれど

交通ルールを守る人間を大切にして欲しい

ルールを守れないポンコツには全ての権利を失わせて欲しい

事故はやってからでは遅い

遅いのだけれど

やってからでなければわからない人間がたくさん生まれている時代背景が悲しい

彼の命を機に神奈川のサイクリストだけではなく神奈川県警、神奈川支部、全てが交通安全に動いて彼の命を奪ったトンネルを神子トンネルと命名して今後の悲しい事故を防ぐ動きを見せて欲しい

85期、37歳、若過ぎるでしょう

冨澤君をまた思い出した

神子卓也プロの御冥福をお祈りします。





デキスギ旅〜くまモンばい〜

image

あんま難し事は考えず、とにかく階段を登ってみようとマイペースにゆっくりゆっくり一歩一歩標高を上げていく事にした

お恥ずかし話なのですが、こちらの階段いや石段は右側通行である事をしばらく登ってから気がついたのですが、私は知らずに黙々と左側を……

すれ違った皆さんご迷惑をおかけいたしました

m(。−_−。)mス・スイマセーン

image

良いのか悪いのか判別できませんでしたけど、百段毎にこの様な石碑が立っている

とりあえず、プチプチ達成感を百段毎に味わう事が出来る

百段……て事は……あと3233段……

あと32セットか……

何段で辞めて引き返そうかなぁ……と、考えながら登っていると

上から駆け下りてくる元気いっぱいなジャーヂ姿の中学生とすれ違う頻度が増えてきた

ああああ……学校行事で来てるんだな

それにしてもさすがは中学生……私とすれ違う度に『こんちはっ』『こんにちわ』と挨拶をしてくれる

途中途中で監視してくれている先生らしき方々がいるのはそのせいなのだろうが、て事はまだまだ生徒さんが沢山いるという事なのね

この団体さんが私にとって引くに引けなくなるとは、この時全く想像しなかった……

元気いっぱいな体育会系な生徒さんの次にすれ違う普通の生徒さんが徐々に増えてきた

皆さん元気に必ずや挨拶をしてくれる

これには感動したと同時に本当に勇気づけられました

『まだまだ長いですよ』

とか

『頑張ってください』

とか

微妙に都会とイントネーションの違う挨拶と励ましの言葉が私の休ませたり、引き返すきっかけを失わせてくれましたWWWWWWWWW

すると、何校か来ていたらしく後発の学校がどんどん青色吐息でノロノロと登っている私を追い越すようになってきた

肉々しい生徒さんはそれなり苦しそうでしたけども元気いいよなぁ

体重が少ないという利点は軽々しく動けるという事なのだな……と改めて思いながら抜かれた背中を目で追い掛ける余裕もなく、下を向いて一段一段を踏みしめて背筋を伸ばし前に倒れるようにしながら出来る限り足の筋力に負担を描けない登り方で3333段の1段を消化して行った

1700段目の石碑を過ぎた時に『あと半分までキタ━━ヽ(´ω`)ノ゙━━!!』と思って油断したのが悪かったのか、左足の腿からピクリピクリとイヤーな痛みを感じた……

すると今度は両足から確実な痛み……というよりもツッた

ヽ(´Д`;)ノアゥ...いてぇ

いてぇ……けど、前後には中学生の団体……

すれ違うのは元気いっぱい挨拶してくれる中学生の団体……

デキスギさん四面楚歌。

休もうかな……なんて思うベンチには中学生がたくさん座っていて、そこに溶け込むのも恥ずかしいし……石段の途中でピタリ止まって休もうならば、頑張ってくださいコールが凄い……

どんだけ24時間テレビ状態なんだよ(つд;*)

負けないで♪負けないで♪負けないで♪

頭の中でリピートする

中学生からの励ましがひっきりなしに続く

頑張ってください♪

何なんだ、その語尾が上がった言葉遣い……

ここは異国か……つか思い切りアウェイ……

こっからの一段一段、思い出しても本当に辛かったです

何度も何度も途中リタイアをしようと立ち止まったけれど、すごすご引き返す姿を中学生達に見せられなかった(´;ω;`)ブワッ

その励ましが『あとちょっとですよ』と変わり、相変わらず語尾が上がった訛りのある温かい言葉が、明らかに両足ツリーな私を終点へと導いてくれた事に心から感謝したい

image

中学校の先生と生徒さんがたくさんいるゴール地点へ到達した

皆さんが私を拍手喝采でよくやった!!と迎えてくれる様子は微塵もなく、呆気なく一人喜ぶしかない状況であったのが少し悲しかったが、それは仕方ないWWW

先生に話し掛けてみて伺ったところ、立志式という熊本市内の学校では年間行事に組み込まれている行事だという

後になって調べてみましたら、ざっくり14歳となって行う武士の時代の成人式という意味合いらしい

先生、元気良く『立志会です』と(^ω^)ニコニコ答えてくださいましたが、私は『あーそうなんですかー』と答えたものの全く理解しておりませんでした(*^-^*)?

image

いやー登っちまった!!!

それはそれなりに感動。・゚・(ノД`)・゚・。

ありがとう熊本市立東町中学校のみなさん!!

あなた方がいなければ、これだけは言える

間違いなく最後まで登ってはいない、絶対に。

image

厳密に言うと、この地点は石段のゴールであって、ここから先にお寺があり、まだまだ歩かねばならないのであるが、参拝をする気力など体力的にも全くなく、達成感を肴に駆け下りる事にした

……ぃゃ……そうは問屋が卸さなかったのです

気持ちが抜けたからなのか、一気に両足が激痛を発揮してくださいまして、降りれない

いやいや本当に降りれなくなりました

残り1800段の地点から、いくら水分補給をしてもダメ

一度固まった筋肉は再び動かない……

それに標高もそれなり高く、2月の熊本の風は汗でびしょびしょになった私の身体を衣服から冷やしまくって地獄の黙示録

中学生には全員追い越されてしまい孤独のグルメ

そこからは一段一段降りるのは不可能となり、一段毎に二歩使って降りるという手段を採用

下りの方が辛い!だなんて私にはありえない言葉でしたけど、本当に降りられなくなりました

幸い熊本はツキノワグマが絶滅した様子なので一人歩いていて森のくまさんと遭遇する機会がないので安心して下れるのですが、本当に本当に本当に本当に、長ーい!!!

image

それからは記憶がなく、気を失っていたのかもしれないのだが、その後今まで警察や公安委員会や消防や救急から連絡もなく、こうして文章を打っているという事は無意識ながらも無事に下段出来たのだろう

微かな記憶の片隅にあるのは、誰一人石段の下にはいなかったという事である

そこからは栄養分補給と汗を洗い流す為、近くにある道の駅『石段の里 佐俣の湯』という施設で入浴をして、晩白柚をお土産に買いつつ施設内のレストランで熊本が推しているあか牛ステーキ丼を堪能した

この施設は作りもお湯も味も素晴らしく地元の方で大勢賑わっておられました

あのお湯は本当に道の駅のレベルじゃないな

image

日産ノートは軽快に一路、阿蘇くまもと空港へ

これからレンタカーを空港で返却して

往復5720円で買ったジェットスターの復路便で成田空港へ向かう事になる

ありがとう熊本!

まだまだ見ていない場所だらけなので是非とも熊本には再訪したい気持ちで今でもおります

それにしてもこんなに身体を動かすという旅は初めてかもしれません

温泉に温まり、再度冷えた身体が歩く度口からも痛みからも私が悲鳴をあげる

もうあの石段を完歩する気には今もなっていない。

image

さようなら西川親……いや、くまモン。

image

空港内の売店でお約束の辛子蓮根購入

うまいっ!

……うそぴょん。

image

名物弁当を空港で購入

うまいっ!

……ホントだぴょん。

image

八代名物晩白柚(ばんぺいゆ)

ハンドボールの球ほどの大きな柑橘系

実はポロポロで悪くない

後日バスクリンの限定版晩白柚を発見して購入しました

インパクトは大きい

image

どれほど大きいのか試しに2個入れてみた

女性が肩を凝る理由がなんとなく理解出来ました

image


バイバイ(ヾ(´・ω・`)くまモン

楽しかったよ熊本












熊本編これにて糸冬了

長らくのご愛読有難うございました




本日最後の悪あがき

image

若松ナイターでイン勝負です

B1戦士が優勝戦の1号艇

素敵すぎますな。

当たるには当たったけれど…

image

奇跡の複勝490円

先週のスタート1000円から

6860円になりました!!

冒険のハクサンムーン選択大正解

人気馬が絡んだせいで最低払い戻しに近い金額となりましたが、2着でもお金が増えるのは複勝だけ

来週も6800円分を一点勝負で

複勝転がしますのでお楽しみに(笑)

でもね、3連単が香港馬蹴飛ばしてハズレましたので10000円が6860円のガミ

あーあ。

第45回高松宮記念予想※追記

人気馬ミッキーアイルちゃんもいるが

デキスギさん今日は穴の複勝狙い

15番ハクサンムーンの複勝に全額。







そもそもコンパクトな1200の中京コースでG気討里眸鷯錣北滅鬚い里任垢、本命が絞り切れず展開で一発!が期待可能

追い込み馬はやはり割引きに考えてしまう

及び腰全開。







だからこその前へ前への前残り希望

ハクサンムーンでドキドキハラハラ

粘れー粘れー

と叫んで高松宮記念を楽しみます

( ゚Д゚)ウマー♪






複勝ハクサンムーンを買いましたが

あくまでも3着まで狙い。

【三連単】高松宮記念

悪-Ν悪-Ν悪

大人買いで楽しみます。

朝から弱虫ペダル

仕事明けのファミマ

頑張ったご褒美にガチャガチャだ
(ガチャポンとは呼べない世代nano)

image

ひと捻り300円という価格設定に些か躊躇したものの、自分へのご褒美という設定が100円玉を静かに3枚

本心では『ホントにいいのか?』と思いながら捻り出した至極のひと玉は黄色だった

image

昔山巓でしたような深呼吸をすると、私の機関もそれなり止まりそうでしたので

血圧の上昇を控える事を心がけ

進化している事に戸惑いを覚えながらカプセルを

カシャリ、と開いた

image

あ画像間違えた

(๑´ڡ`๑)テヘペロ♡










ドラムロール!!







ダカダカダカダカダカダカダカダカ…………







ダカダカダカダカダカダカダカダカ…………








ダカダカダカダカダカダカダカダカ…………







ガタルカナルタカガタルカナルタカ…………







ガタルカナルタカガタルカナルタカ…………








ジャン↑







image

え?誰?これ




あー



captain手嶋純太君かクンカクンカ





キャノンデールご愛用のみなさまが愛するキャラクターが登場




アタクシも( ゚д゚)ホスィ…チャノミネーチヤン




違う





キャノンデール





ごめんよメリダちゃん






さて、寝るか






高松宮杯1400円複勝転がしやりまーす





それまでおやすみなさい(´O`)


祝!2015プロ野球開幕!

今朝は会社で会議があった関係で時間を取られてしまい、江戸川競艇にでも出掛けようかな計画でしたけど気分が乗らずに中止

休養優先。

だらだらとパソコンから自宅川崎競輪チャレンジ戦を投票

1500円スタートが一時7800円まで増えましたけど、結局ハズレて残高4200円でチャレンジ終了と共に睡眠開始

単位が一桁違えば食事も豪勢になるんですけどね

1500円→4200円では先日の日本ダービーの負けトータルに遥か及びませんが

明日の川崎チャレンジ準決勝と好きな選手であります藤田和彦プロのレースで少額遊べますね

それにしても今日のチャレンジ最終レースは爆裂万車券でしたねええええええええ

久保田プロと松本プロの走りを褒め称えるべきか

レースは逃げてこそ

近年はまくり選手の知能戦有利となっておりますが、逃げたラインが穴を出したら、これはもう頭を垂れるしかないわけで

シェフのきまぐれサラダのような小橋川プロの悩める走りはこのクラスでは当たり前ながら上位でありますし、それに合わされちゃいくら105期新人の有望株◎選手であったとしても厳しい展開となりますな

それにしてもやはり今日はグンマー久保田プロに拍手を送りましょう

松本プロも尻に火がついたのか、スランプから復調気味

2着3着は流していたんだけどなー

でも、これがあるからチャレンジは楽しい。

さてセンバツ甲子園では21世紀枠の松山東高校が強豪の二松学舎に勝利するというどんでん返し

21世紀枠といっても、センバツはそもそもがセンバツされての大会なワケですから遠慮なく戦って欲しいと願っていたのですが、東京都大会でも決勝に勝ち上がっていた二松学舎相手に見事な戦い

(;゜∀゜)イヤイヤイヤイヤ...素晴らしい

夏の大会は、負けたら終わりの悲壮感が漂いますが春のセンバツは伸び伸びと新学年となる選手の初々しい可愛らしさも感じられつつ話題の選手も多数見参

センバツって面白いですよね

僕は肩肘を張らずに観戦出来るので高校野球は春のセンバツが一番好きだったりもします

夏への成長も期待できますからね。

そしてその球児たちの夢でもあるプロ野球もいよいよ明日から開幕でございます

我がカープの下馬評が期待値も含めて少し高すぎる気配が致します(笑)

スーパースター男気・黒田の復活

冷静に考えると、黒田全盛期でも勝てなかったカープですので舞い上がり過ぎの感が否めず…『おい!カープファンよ、冷静になりたまえ!!』と熱を冷ましたくもなるのですが(笑)

カープというのは生活の一部であるファンが多く、試合があるからワーワー騒いではしゃいで応援するというスタイルではなく、日頃の生活のストレスを癒してくれるという、そんな愛着が私にはございます

ですので四半世紀、たまに勝つと嬉しくなる!というのがここ四半世紀のカープファンのライフワーク

是非今年もマツダスタジアムにも出掛けたいのですが、観戦するならば神宮球場メインで駆けつけたいと思います

でも、本当に最近の神宮球場でのカープ戦は早く行かないとセンターから下手したらレフト側迄回されちゃう位にカープのファンが賑わっております

今夜は暇だから神宮でも行ってカープの応援でも行こうか!と気軽に思い立って駆けつけるという事が出来なくなったのは残念なのですが、広島ゴーゴーゴー!と叫ぶ応援歌も人数が多ければ多いほど盛り上がるのも事実

長年寒々しいレフトスタンドで応援をしてくれていた応援団の方には頭が下がります

東京生まれの私がなぜにカープのファンになったのか???

それは…子供の頃、広島カープは強かったんです

そして神宮球場で移動中の江夏投手にサインを頂いたのです

嬉しかったなー

また、レフトスタンドで広島カープファンの酔っ払っていたおっちゃんにポテトチップスを買っていただいた事もあるという恩義がございます(笑)

あの時、見知らぬおじさんは言いました

『君ら広島から来たんか?何でも買ってやるけえ選びぃ。ずっとカープ応援してな』

高橋慶彦さんは神です。

そんな期待値も含めつつも冷静に今年のプロ野球予想を勝手にスポーツコメンテーターらしく、勝手に公開させていただきます♡







【セ・リーグ】

〆綽瀬織ぅース
読売ジャイアンツ
2IDeNAベイスターズ
す島カープ
ヅ豕ヤクルトスワローズ
γ翔ドラゴンズ


※阪神の総合力は高くて、なんだかんだでここ一番では試合を続けて落とさないと思うんですよね。抑えがいるのも安定感がある。そして読売ジャイアンツは、選手層が厚いと言われておりますけど言われるほど他球団との差はないと思ってます。能力の高い控え選手が活躍すれば一気に引き離しちゃいそうですけど、キャッチャー小林のバッテリーでは他球団には恐怖にならないでしょう。そして横浜DeNAベイスターズは外国人の来日ありきなんですけども若手が一気に熟し始めて自信を持ったプレイが昨シーズン感じられました。投手陣もいいし、外国人の活躍いかんでは今年も首位チームを苦しめる油断出来ない存在に。広島カープ、打線が今年もピストルな予感。単打の積み重ねがそうそう続くとも思えず、今年も投手陣に頼る年になりそう。マエケンの故障も心配だし大瀬良君の活躍に期待します。内外野の違いはあれど、こっちのが背番号7が似合うんじゃないか?とカープファンが密かに思っている野間に注目。クライマックス戦線を賑わすでもカープファンは満足なんです。東京ヤクルトスワローズ、外国人の活躍ありきはこちらも同じ。バレンティンの復活が望まれる。ねちねちしたヤクルトらしい乳酸菌の持ち味は同じく上位を苦しめそう。中日ドラゴンズ、面白い新人選手が多数一軍に登用されそうでリフレッシュした落合イズムの戦いが楽しみ。中日スポーツをたまに買って読みますが、ドラゴンズ愛に満ち溢れた紙面を定期的に購読すると、なぜにドラゴンズファンが浮気をしないのかがわかります。順位付けの悲しさで最下位ですけど、中日スポーツを読んで少しだけ中日ドラゴンズを応援している私がいます(笑)

【パ・リーグ】

ヨクワカリマセンWWWWWWWWW






いや、もちろんプロ野球ファンとしてパ・リーグのチーム戦力や選手がわからないわけではないのですが、打線は水ものであるDH制ですから。投手は大変だなぁ…入団するならセ・リーグだよなぁ…と、よく思いながら観戦しております。地味ながらオリックスバファローズが評判いいですね。金子の復帰は未知数ですけど個々の実力が上がってきただけに中心となりそう。最強ソフトバンクは松坂大輔の復帰が話題ですけど、摂津が今年も相手の嫌がりそうなピッチングを披露してエースの座は譲らない。個人的には本田、良い選手で好きなんだよなぁ。千葉ロッテマリーンズ、立派なスタジアムに立派な応援。昨年は戦いが空回りしてしまいましたけど良くも悪くも西岡のような華のあるプレーヤーが現れて欲しい。チャレンジするというよりも威風堂堂、王者の戦いを希望してしまうチームの活躍に期待します。北海道日本ハムファイターズ、親愛なる森範行さんが球団職員でおられるだけに、どうしても目が離せないチーム。大谷の凄さを開花させたチームの温かさはやはり日本一。北海道民を熱狂させる戦いをして欲しい。東北楽天イーグルス、大久保監督、イイと思いますよ。私は支持しています。アンドリューが残って欲しかったけど。安楽は慎重に焦らず耐えてくれ。松井の抑えもイイと思います。埼玉西武ライオンズ、おかわり君の全試合出場を希望します。話はそれからだ。

日本選手権決勝予想〜デキスギさん漢の一本書き〜

image


武田が逃げて
浅井が絡んだトコを
新田が最後に届く

ん?待てよ?

平原が仕事をしたら

武田が逃げきれるかもな

するってー、と

……いやいや、これでいーや

松戸の

酒井耕介の6番車のレースのが楽しみだ

千葉の乗らないダービーなど

クリープ現象のない

オートマ車と同じ事だ



デキ旅〜くまモンばい〜

image

昭和63年完成の町おこし事業として、この地に日本一の石段が作られてから意外にもなかなかの年月が過ぎ去っておりますが、正直私は熊本旅行を決めてスケジュールを作るべく県内観光地を検索しまくる事で初めて知った次第

日本は広いな

これだけの情報化時代でも知らなかった

いや、人は都合の悪い事は忘れる能力を持っているとも聞いた事がある

これだけニュースに溢れかえってる時代が逆に知るという部分でニュースを目にしても自然に損得勘定、いやいや損得感情が働いているのかもしれませんね

舞の海秀平さん級のガタイになった私ですが、一応は一生懸命に野球やサッカーに情熱を注ぎ込んだ時代もあり、体を動かすという脳からの指令系統だけは健在なのですが、現時点で己の身体がどのような形状であるという事からは現実逃避をしております

それ故に心と体のアンバランスさ、という小・中学校に匹敵する状態がここ15年以上は続いているかと(笑)

こちらの日本一の石段3333段

もうですね、これ見た瞬間から無理だろ〜な〜、とか、筋肉痛ハンパないだろな〜、とか、拒絶反応を軽く感じながらも

私は痛い時とか怖い時とか苦しい時とか

昔から笑ってしまうんですWWWWWWWWW

そんなもんですから現状の身体能力を鑑みずに『やってみたーい』と無謀なチャレンジをしては道中後悔するというですね……

今回は、上下にシャカシャカジャージを持ち込み、軽くチャレンジして苦しかったら帰って来よう!的なノリで旅行先として訪れてみました

美里町という読んで名の如く言葉の響きも良い日本一の石段がある場所は、位置的に熊本市内から正確ではありませんけどもザックリ車で1時間ほど南下した場所にあり、こっから先は山間部が始まりますぜぇーって場所にございます

無料の駐車場は石段の下を数百メートル下った場所にあったんですけど、石段nearな場所に数カ所あったうちの一つを利用させて頂きました

料金は何時間か以内で300円

お婆ちゃんにお金を渡す

image

スタート地点を下から見上げるとこんな感じ

3333段という数字はイマイチ検討がつかない

私は昔から実にポジティブ思考でした

サッカーをやっていた割りに足が速くもなく……どちらかと言えば遅い部類だと自覚しておりましたので、現役中はとにかく展開を読んで最初の50センチのダッシュを意識して補ってまいりました

しかしながら、長距離だけはそこそこ上の部類で、スーパー陸上部の人間には足元にも及びませんでしたが我慢と根性で走れる範疇ではねばーる君

全力出したゴール後って呼吸が血の匂いするんですよね……私だけでしょうか(笑)まあ、それなりにだらだらと続ける事も得意技(笑)

その時のポジティブ思考って距離が決まっていれば、スタートしたと同時に、例えば10キロ走ならば『はい、残り9.999メートル!』とか『微生物の世界基準ならば自分は今、光の速さ……ぃゃ……音速の速さ位で進んでいるはずだ!』とかね(笑)

スタートしてから1回苦しくなって楽になるというセカンドウィンドなんてのも脳内をだまくらかして納得させたり、でも時たま『あれ?全然楽になんねえぞ???苦しいまんまだー、ヒィー死ぬー』的な事もあるから人体は不思議であります

とはいえ、ザックリ一歩進んだら目標が減ったー!的なライブ感も忘れられないもので、よく聞く話ですけども、日常ではなかなか得られない達成感を人は欲するのでしょうなぁ

レンタカーを有料駐車場に停めて、車内で持参したジャージを上下着込んで、リュックに途中のコンビニで買った2リットルのペットボトルを放り込んで準備万端

でも靴はクラークスのブーツで昇るというね

ああwww残念オチだねwwwww

image

デキ散歩で使用したナイキのトレシューを運動用含めて来る事も考えたんですけどね

荷物がかさ張るし

機内持ち込み手荷物制限は7キロだし

使い古したスニーカーで運動した後に機内で脱いで汗臭かったら嫌じゃないですか……個人的に匂いには敏感なので自らが真犯人となるのも嫌ですし……

お出掛け服にスニーカー合わなかったし

……言い訳など、どうでもよい(笑)

ただ、クラークスのブーツが壊れないかだけが心配ではありましたがー











デキ旅〜くまモンばい〜

image

熊本駅前にある日産レンタカーでコンパクトカークラスを飛行機の帰り便と空港乗り捨て予定で返却レンタカー屋さんの営業時間に合わせて19:00までレンタルしました

とはいえ風光明媚なる天草を訪れるには些か時間が圧す計算

今回はやはり天草はパスしよう

image

NISSANというメーカーのクルマを購入した事のない私にとって、レンタカーでは何故かNISSANと決めている

何故かと聞かれても曖昧なる返答しか浮かび上がらないのですが、私の時代に私が買える範疇のNISSANのクルマはどういう事かエンジンや足回りにお金を注ぎ過ぎてしまった為なのか、ボディのプレスっぷりや組み立て自体も如何にも工場のライン仕上げに感じてしまい、せっかくの技術の日産というイメージがアンバランスになってしまっていた様に思う

それ故に購入には至らずにいた感じがするのですが、近年のNISSAN車はなかなかどうして仕上がりまでキッちりしていて気持ちがいい

技術の日産という根底に誇りを持って頂いて世界でも頑張って欲しいと自動車ファンとして応援しております

さて、貸し出されたのは日産の売れ筋として嵐までCMに起用しちゃってるノートでした

ひとり旅には些か後方のスペースがもったいなくも感じるほど実に祐大

こりゃ売れるはずだ

おまけに燃費も悪くない

ちーたら走りしかしませんでしたけども市街地も含めてリッターで16キロ以上走ってくれました

フィットが素晴らしいクルマだと思っておりましたが、ノートみたいなライバルがいると悩むオーナーが出てくるのも当然に思えました

逆に言ったらばノート買えば高いクルマは必要なくなるわけで、安くて良いクルマを作り過ぎるのも考えもので難しいですねえ

そうそう、レンタカーを借りる時にレンタル期間中の追加保険料って払います?

基本的に私はノンオペレーションチャージで自損の場合は一定額支払いますという保険のみにしているのですが、今回は走行距離1000キロ台という新車同然だったものですからレンタカー屋さんの責任者さんらしき方から『えっ?入らないの??』的な返答を頂き(笑)2度目の申し出も断ると渋々ながら新車なんで気をつけてください・・・と実に名残惜しそうなお言葉を頂戴致しました

うるせーな

いらねーもんはいらねーんだよ的な?

私、営業マンだったから相手の感情が今も見えてしまうんですよね

それが熊本の土壌なのかは存じませんけども

川向こうの下町育ちは貫きます(笑)

(´゚ω゚`;)ハッ!!!!

世間様にご迷惑を掛けているのはひょっとして自分自身なのかっ???(笑)

image

そんなこんなでナビの操作も大丈夫大丈夫!と軽口叩いて出発進行!をしたものの、イマイチ熊本駅前から目的地までの方向は理解しておりましたが、幹線に関しては上着と同じく無知無知

行きたい場所は後ほどアップ致しますけど、ひとり旅で恋人の聖地ってどうなのさ(笑)

でもね、時間帯的に狙える時間かもしれないので?目的地の道中だけに立ち寄ってみる事にしました

image

こんな感じのモニュメント

恋人の聖地に認定されているとある

image

しかしまあ言ってみれば競輪ファンには実に親しみのある打楽器ではないか

いっちょやってみます鐘

image

さーんさーん

栄光のー

さーんさーん

鐘がなーりゅー

ひっそりとした川のせせらぎしか聞こえない場所故に控え目ながらも残り一周半の神聖なる舞をひっそりと披露してみた

ああまた競輪行きたくなった

image

条件があるらしい

ついでに言うと天気予報は曇り雨

ちなみに明日の関東地方は大雪に注意の日でした

朝から熊本市内は曇天

頼むから雲の切れ間から陽が差してくれないものか

image

歴史的な事も地区の自然環境もイマイチ理解していないだけに正直感動的な来てよかったー感はあまりなかった

熊本市内は海にも遠くないけれど阿蘇を含む山々にも遠くないので多分ながら四国みたいに美味しいお水が流れているんじゃないかなー、と思っておりましたが正解

こちらの川のお水はクリアでございまして中に泳ぐ山女なんだか岩魚なんだか鱒なんだかオイカワなんだかが群れている姿が見えました

恋の聖地だけに鯉も泳いでいるとか

しかしながらこの石で積み上げられたアーチ橋は立派だ

なかなか歴史があるそうで部落に住む方々が対面の畑に向かわれる際に重宝したんだとか

出て来られた近所のお婆ちゃんがどちらから来なさった?と挨拶をくださり会話をさせて致しました

付近にはこの様なアーチ橋が数カ所あるんだとか

image

あ、デタ━━゜(∀)゜━━♡!!

微妙なんですけど一応♡に見える

パンチDEデートで半分しか点灯していないハートにも見えなくはないが、橋に差し掛かる日光がハートを作り出すという

image

どうですか?

見えます?

ハート

image

恋人の聖地なのに二俣橋とはこれ如何に?

と書かれていた旅行記を見て思わず笑ってしまいました

ナビには二俣五橋と出ていたような

福岡ナンバーのカップルや熊本ナンバーのグループがキャッキャッキャッキャッ騒ぐ中、デキスギさんスマホで一人黙々と撮影会

へーん、どうせ二度と会わないだろし涙目

image

さ、♡も見れたし

本来の目的地へ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!


デキ旅〜くまモンばい〜

image

現代美術館を出たその足で目の前にそびえ立つ熊本城まで歩いて移動しました

いくつか入城口があるらしいのですが、城に向かっていると案内板がございましたのでそのまま須土口門という入口に進行

観光客はみんな清正ホイホイに入り込むシステムが熊本には完成している

image

熊本城といえば立派な石垣

物凄い労力が伴った事であろうに

春先だけに雇用の状況が気になります

image

平日にもかかわらず、修学旅行の団体が3校

中国と韓国の外国人ツーリスト団体

さすがの集客力・熊本城

image

見た事あるキャラがいた

ぼっちだったので一緒に撮れず

無念

image

著名なお城を盛り上げてくれている、おもてなし武将隊の方がいらっしゃぃしたので勇気を振り絞って声を掛けて撮らせて頂きました

『誰かに一緒に撮って貰いましょうか?』と気配りを頂き感謝感激雨霰

でもイケメンと撮ると己の舞祭組が際立ってしまうので辞退...良い思い出になりました

ありがとうございました

image

お城の広場でいきなり団子を購入

ずっしりとしたお団子

冷蔵庫で冷蔵だけでなく自宅で冷凍にしても持つという...後日レンジでチンしたら美味しかったですー

お城を降りてから城下にある城彩苑という観光施設を見学

空港では買えないお土産物が大変に充実しているので手荷物を煩わしくなかったらばこちらで購入するのも正解だと思います

市電でホテルの近くにある電停に向かっても良かったのですが街中の風景を眺めながら歩きたかったので、しんどい疲労感と戦いながらもバスセンター、県民百貨店を横目に見ながら市電の線路伝いを歩く、歩く、歩く

この頃にはスマホの電源も切れて記憶を頼りにホテルに向かって歩いた

方向感覚と体内時計はわりと正確なので何とかホテルにたどり着いた

ホテルに関しての条件は、繁華街にある目に見えるホテルでも楽チンでしたが、久しぶりに移動の為に長い距離を歩いて汗をかいたのと疲労回復の為に大浴場のある条件で熊本城内から楽天トラベルで直前予約をしたスーパーホテルロハスなんちゃらさんに決めた

千葉記念の時に宿泊したスーパーホテル千葉以来のスーパーホテル

ただしこちらは無条件の朝食付きではなく、ぼっちで朝飯も微妙でしたので朝食抜きの素泊まりパターンで宿泊する事にしました

決してケチった訳でなく、とにかくプライオリティ第一位は大浴場

温泉でなくても構わないので部屋のシャワーではなく大浴場で汗を流したかった

夕方6時頃に無事チェックイン

お部屋おまかせプランでしたが狭いながらもツインルームを当てがってくださいました

・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・・*:(´∀`人)ラッキー★

image

コンパクトながらも快適なお部屋

スーパーホテルのツインルームは頭上にベッドが覆っている2段式がセオリーだったりするのですが、こちらはベッドが横並びの普通のパターンでした

服を脱ぎ捨てて、早速大浴場へと向かい

さっぱりと汗を流せました

熊本競輪場で食べたドライカレーと焼きちゃんぽんでお腹があまり減らずにいたので湯上りは大量に水分補給をしてテレビを観ていたら、いつの間にかオチてました

時計を見たら深夜の1時

(ノ∀`)アチャー繁華街は次回のお楽しみ

小腹が空いていたので深夜にお土産予定のいきなり団子を1つパクついた

甘さがいいねえ

質感も重量感もあって美味しい

本来ならばお夜食かビールでもコンビニで買って持ち込もうかと思ってましたが、ホテルまでの道中にコンビニがなく...とりあえずチェックインを優先にしてしまいお出掛けするつもりでしたので手元のいきなり団子を食べるしかなかったというですね(笑)

深夜の大浴場も考えましたが前日徹夜だっただけに睡眠を優先しました

翌日の予定は、チェックアウトしてから熊本駅前にある日産レンタカーへ向かい、ある場所へチャレンジする計画だけはしてきたのです

その為にデキスギ旅には珍しく上下のジャージをリュックサックに詰めて参りました

まあ現場に行ってからチャレンジするか判断しようという軽い考えでしたが、お約束の熊本観光地とは違った気ままなぼっち旅を選択したわけでございますね

おやすみなさぁぃ(-д-o)。o○Zzz

image

翌日は急ぐ旅でもなくレンタカーも10時予約と余裕を持っていただけに

グッ━━(。-ω-)Zzz━━スリ☆

寝起きに大浴場に浸かってふぃーっ

快適なお宿でしたスーパーホテル

また利用したいです

ホテルをチェックアウトしてすぐ目の前にある電停へ向かって市電を待っていると、最新型のトラムっぽいチンコチンコ電車がやって来た

鉄道ファンならば理解してくれるだろうが基本的に鉄道ファンは車両が古ければ古いほど満足度が高くなると思う

なので嬉しさも半減しつつ後続を狙ってお見送りするのも時間の余裕もないので乗り込む

料金は一律150円で後払い

うわっ、2両しかないのに車掌さんが乗ってる

しかも女子車掌さん。

電停を3つほどやり過ごすと熊本駅に到着

真横にあるホテルニューオータニも宿泊先として考えておりましたが(ニューオータニ大好き派)熊本駅は繁華街ではなかったのでスーパーホテルで良かったかしらね

スーパーホテルに不満は見当たらなかったし。








デキ旅〜くまもんばい〜

いかんいかん、更新が滞っている間に全日本選抜も終わってしまいました。完結させてから他の記事をアップロードしたかったので仕方がないと諦めます...さて、中野浩一プロの第一ロケットとして存在感を示した北村さんの美味しいお弁当を満喫しつつ当たれば嬉しい旅打ち勝負へと戻ります





image

競輪場には金網が似合う

アクリルなどは観客の為にならん

滑走路と呼ばれる日本一のちょく

image

『お願いします!!』
『うぉい!』
なんて選手の言葉も鮮明に聞こえる

これぞ競輪場の醍醐味

アクリルはそれもなくなる



image

当たってたけどガミガミ

1600円位だった気がする



image

僕はですね、5番に期待したわけですよ

...むぅ



image

2レース観戦予定が儲からないので結局4レース観戦となり、案の定結果は大炎上致しました

さすが火の国、熊本_| ̄|○


image

投票所の上に大きな虫眼鏡

これでミヤマクワガタを眺めてみたい

でもこれを使っている人が案外いたりしたから役に立っているんだなぁ...と

でも盗まれないところが時代なのかもしれませんね



image

火の国、熊本といえどもこの日は寒かった

阿蘇では雪が舞うかというほどの湿り気ある曇天、当然に競輪場も寒い...いや、かなり寒い

そこでお客さん用に三ヶ所ほど設置されていたのがこの子供が絶対に競輪場に来ないことを前提とした、猛烈に熱いフェンスなしだるまストーブ

上着のナイロンが油断すると溶けてしまう位に熱い

子供が特攻したら悪夢だなぁ...と想像しただけでも恐ろしくなった(笑)

こんなストーブも昭和を感じます

( ・∀・) イイネ!


image

市内へ無料バスが運行されておりました

らっきー∧_∧

デザインもthe競輪

熊本競輪の場所は...熊本城がある繁華街を、東京駅からの移動で例えると永代通り走って木場くらいまでの感覚

乗車時間もそれほど長くはなく、交通量はそれないり繁華街はありましたけどバスは左側のミラーを電柱に擦り付けんばかりにガンガン攻める

さすが火の国。



image

火の国パイロットの仕事場

民間ではなく熊本市営バスなんですね

運ばれていった熊本市内の中心部は大都会

県庁所在地の中心部は大抵が整備されているので胸を張ってもいいと思う

東京に憧れていても実際は下北沢や自由が丘なんか車もすれ違うのが大変だし歩行者や自転車が遠慮もしないで優先は権利だろ的にツンツンしながらの交通社会

あちこちにコンパクトな繁華街があるだけで時間に追われた納品のお仕事車も24時間走っているし忙しない

そこで市内を走るトラムというか路面電車

これは街の速度を調和して落としてくれる効果もあって今でこそ東京にも復活して欲しい

高級車が自分勝手にガンガン走っていても取り締まりは待ち伏せ違反待ちのルーティン仕事が多いしさ

忙し無さすぎるんだよな東京...

とはいえ本当に熊本大都会さ。


image

千葉市じゃ勝てそうもない雰囲気が漂う

しかし千葉には千葉都市モノレールがある

懸垂式のぶら下がりコウモリが頭上を走る

今でも千葉らしからぬ千葉には似合っていない乗り物だが、駅名が作草部(さくさべ)とか何となく千葉っぽさも残しつつ千葉アピールしていてcuteであると個人的に思う

頑張れトップマート


image

上通アーケード

image

下通アーケード

新小岩ルミエール商店街よりも幅が広い

image

目的地はここ

熊本市立現代美術館

ビルの中にありました

エスカレーターでスイスイ三階フロアまで



image

さて、と気に入りそうな作品と出会えるでしょうか


image

鉛筆のチカラ 木下晋・吉村芳生 展

事前にイベントを調べていったのですが作風も良く分からないままの訪問

あんまりにも緻密に調べて向かうよりも感覚的に好みと申しますか相性が合えばいいな...という感覚的なモノを重視

もちろんどんな作品にもその時間を掛けて仕上げた魂は受けとめて有り難く思っておりまする

吉村芳生さんの作品は大変に珍しく何作品かで撮影が可能となっておりました

結果的に先に書いちまいますと木下晋さんの力強い鉛筆の全てを用いたパワフルな作品には圧倒されました

モデルの存在感をこれでもかと黒く輝かせ人としての存在をモノトーンでこれほどまでに浮き上がらせる力強さは、さすが鉛筆のチカラと題名を置かれるわけだ、と

見る観る見せる魅せる角度全ての面を考えられながらも粘り強く漆黒と戦いイメージ通りに進められる作業を想像しながらも鉛筆...

その象徴だとデキスギさん息を飲みながらのご観覧

残念ながら木下晋さんの作品は撮影が不可能でしたのでカラフルな作品をアップするのは吉村芳生さんの作品となります

image

圧倒

色鉛筆がまるで写真のように

image

細かな内職仕事をコツコツこなして行く苦労を自宅でよく見ていただけに、これらの根気強い途方も無い作業量を想像しただけでお手上げでございました

もうですね、圧倒以外の言葉が出ませんでした

熊本に来て良かった

ここに来て良かった

間違いなく私の人生に影響を与える作品でした

image

文化芸術が特定の人達だけの世界とならぬように変な壁を作らず既得権益が生まれること無く、知的ある文化芸術として、また平和の象徴として永遠に広く門戸を開き続けて行かれますように願います

もうこれ観ただけで熊本県立美術館に行く気が失せてしまいました(笑)

さーて、お約束の熊本城に向かう。





デキ旅〜くまもんばい〜

image

熊本競輪場のゲートで再入場券を頂き、競輪場に隣接するビルにある元競輪選手の経営されている店を訪れてみる事にいたしました

テイクアウト専門のお弁当と軽食、そして珈琲のお店

奥様とお二人で営まれている、その名も『TANDEM』さん

こちらは競輪場を囲む周回道路、場外発売所の目の前にありました

もしわからなければ、ゲートにいる警備員さんや場内のインフォメーションでお聞きするとご丁寧に教えてくださいますし場所もわかりやすいので是非とも訪ねて頂きたいと思います

熊本競輪の旅打ち時には必ずこちらに訪れる事を必須条件として旅に組み込んで頂ければ幸い

つか必至

デキスギと致しましては、味に保証可能だからこそオススメできるお店でもあるからなのであります
image

引き戸の玄関を開けると、元選手の北村哲郎さんが歯切れの良い『いらっしゃいませ!』で見た事もない一見の来店客である私を出迎えてくださいました

※北村哲郎プロに関しては競輪を知る方には有名すぎるお方なので南関びいきの私目などが偉そうにwikiや資料をググって書き込むよりは各々の思い出を優先して懐古して頂ければこれまた幸い

ですが、あらためましてここ最近物忘れに軽く苛まれておられるであろう実年層のご同輩であられる皆さまのご記憶を蘇えらせる為にご紹介させていただきますと。。。

北村哲郎さん(きたむらてつろうさん55期)我らがレジェンド鈴木誠プロと同期で在校成績は8位
自転車競技の名門九州学院時代からインターハイで優勝されるなど将来を嘱望されつつデビューを果たし、記念や特別のタイトルこそ獲得する事はなかったが九州最強時代の一人でもあり長年トップランクのレースでご活躍をされ、人々がごったがえした当時の冠レース開催の折には必ずといっていいほど参加をされていらっしゃった金網の競輪ファンには親近感がある選手です

2012年11月29日付けで引退

生涯成績は優勝回数20回2277走433勝!
通算2連対率29.7%、3連対率37.5%

1987年には競輪祭で優参4着

デビューは1985年5月11日、僕の17歳の誕生日に初出走されたのもご縁を感じたりもするなぁ…

学年的には私の3コ上の先輩になられますね

部活育ちの私には本当であれば口も聞けない大先輩で、実際に気合に溢れていたこの世代の先輩方は実に怖い
(現在はそんな雰囲気を微塵にも感じさせなく迎えて頂きましたが^^)

なかなか赴ける場所でもないのでオーダーをした後に勇気を出して調理中の北村さんのにお声を掛けさせて頂きました








デキスギ『あのぅ…北村さんはまだまだ現役を続けられるようなイメージがあったんですけど』

北村さん『ん~…最後は大ギアに対応しきれんかったんですね』

デキスギ『でも北村さんほどの選手が最後チャレンジまで走り続けてくださった事はカッコいいですよ』

北村さん『最後のレースは、決勝乗れんかったですけど思い切って先行したんで、それですっきりしました』

デキスギ『私は東京から来たんですけども地区的には南関で千葉ファンなんです』

北村さん『あーー!千葉どうですか?大丈夫ですか?ニュース出とりましたけどね』

デキスギ『もちろん大反対であるんですけど、現時点では正直大変に厳しい状況だと思います…』







…千葉という名を出した途端に直ぐに心配をしてくださいました

同じく500バンクの熊本競輪も当日は平日という事もありF1戦でしたが寂しい人の入りでした

なんとかならんかな、競輪の存続…こんなインフラ整備なんかは現代社会に於いて絶対に構築する事は不可能である日本の歴史的な伝統でもあり遺産でもあるんですけどね

なんでもかんでも世界との統一化を図って行っても最終的に大国には敵いません

今、日本の追っている道は自国の文化や伝統を経済的にも造り上げてくれた競輪、そして公営競技に対しての感謝の歴史を素通りしている現状でもあると個人的に思います

足下にある日常はそんな歴史の積み重ね…今こそ一枚岩となって代表者や上級職者には頑張って欲しいと心より願っております



話は飛びましたが。。。

北村哲郎プロには切っても切れないお兄さん(北村徹さん43期)の存在もございました

個人的には西の北村、東の三根、と思っております兄弟選手

あの43期の中で在校成績が抜きん出た1位である事だけでもなく
その後の競走でも競輪界を盛り上げたレジェンドです

そして今調べているうちに…北村徹プロが2010年12月に50歳の若さでお亡くなりになられていた事実を知り少しショックを受けております…私なんぞが軽々しくも出せる言葉も見当たりませんが

『北村徹プロお疲れ様でした…』


image

思いっきり個人情報ですけどもw

場所はこちらです

奥様と二人でタンデムの意味なのかな?

聞けばよかったなぁ
image

素人の私が見ても綺麗なフォームだとわかりますし

全身の筋肉すべてを使い切って最大限に速度を出すという

凄いよなぁ

S級パンツが実に似合う。。。
image

埼玉の元選手であり、親愛なる故・永倉通夫さんの弟弟子でもあられます彼末智弘さん(64期)の経営されておりますTシャツ他プリントショップで作成された作品が飾られておりました

カノスエさんとは面識がないのですがwww

でもSNSでは永倉さんを通じてご縁を頂きました

https://www.facebook.com/dance.chedan

チームでの作成相談はこちら。。。

株式会社CHEDAN(チェダン)

代表者  彼末智広

〒332-0034
埼玉県川口市並木4-20-11

TEL. 048-291-9964 FAX. 048-291-9138


image

この日は朝から何も食べてなかったのでメニューから選ぶのに大変迷いましたw

むむむ…『タンデムのドライカレー、チーズ&目玉焼きお願いします!!』
(この選択結果大当たりとなります)


image

いくぜW炭水化物!!

『あのー、焼きチャンポンもくださいー』
(これも結果大当たりw)

北村さん『あー大盛りもできますけどー』

デキスギ『焦…ぃゃっ…今回は…普通盛りで…焦』


image

お昼時間だった事もあり、地元のお客さんが予約をしていたお弁当を受け取りに来られる方多数

その理由がこれから判明します

限りなく不審者といっても過言ではない一人旅の競輪旅打ち客を温かく迎えてくださった北村さんと奥様、本当は不安だったんですけどー、本当にありがとうございましたw

出来上がったドライカレーと焼きチャンポンを受け取って熊本競輪のスタンドでランチする事にした

席は選び放題だ

1センターの上段を選択してホカホカのお弁当をニコニコしながら開く事にしよう


image

いやぁーーーーーーーーーーうまそうだぁーーーーーーーーーーー


実際に美味い。



image

目玉焼き&チーズのドライカレーから。。。

これねぇ…調理中をカウンター越しに見ておりましたけど、『あー手間暇掛けさせちゃうメニューをオーダーしちゃったかなー申し訳なかったかなー^^;』と思うほど実に丁寧に手作りをしてくださっていた商品なんですよ

本音を言うとね、飲食店の場合は如何に手間暇のロスを無くして大量に売り捌くかってのが商売としての成功への近道だったりもする

チェーン店が悪いとは言わない

チェーン店ならではの単価の安さだったり管理や物流があってこそ食べられるモノもある

だけど本部は如何に人件費を掛けさせないか、の工夫をしている

そこで美味しいモノを提供してくださる事に感謝をしなければならないのだが、逆に個人店ならではの手間暇掛けた商品の提供という事は差別化されて武器にはなるのですが、日々の労力の蓄積が大変になる

だからこそ一生懸命に作ってくださる菅田を(おっといけねえ)、姿を見てしまうと母親も飲食店を経営してましたし、散々アルバイト先として飲食店でお世話になった私としては感動をしてしまうのですよ

単価は450円ですよ?

いやいや…これ場所が場所で、キチンとお皿に提供して高級ホテルで提供されていたとした2000円のプライスが付いていたとしても『ああさすが帝国ホテルのカレーは美味しいな…』なんて思ってしまっても何ら不思議ではない味で提供をしてくださってます

嘘や大袈裟じゃないですよ

グルメな私が言うんだからたまには信用してみてくださいwww


image

温かいご飯の上に乗せた、クリーミーなチーズと絡んだドライカレー・・・

そして半熟の目玉焼き…

本当に美味いぞ!これ


image

そして、紅ショウガの色も鮮やかな焼きチャンポン

これも奥様が手間暇掛けて調理してくださっていた

この手のパックは普通ソース焼きそば、または塩焼きそばのイメージであるのですが

焼きチャンポンという関東の人間には非日常に興味津々



image

うまいよーーーーーー涙

うまいよーーーーーー号泣



image

香りがチャンポンだーーーーーーーー

本当に美味しいなぁ

W炭水化物はこの際、忘れてしばしハフハフ熊本競輪のスタンドでデキスギさん無我夢中

ん?

ポッポー、ポッポー…鳩が近寄ってきた…

あっちいけ!貴様らにはチャンポンなど贅沢だ!











北村哲郎さんにスペシャルサンクスです

心より有難うございました

そして奥様、美味しい私の人生初熊本市内めし、本当に美味しかったです

『タンデム』さんが地域の方に愛されて末永く営まれる事を願っております








生意気ながら、その価値はある本当に美味しいお店でした☆

デキ旅〜くまもんばい〜

前回までのあらすじ。。。

豊肥本線の肥後大津駅から370円の切符を購入してJR九州乗車
当然、向かう先は・あ・そ・こ・なのであります。。。

image

俗にいう汽車のお見送り
電車と呼ぶのが普通ですけども我々高校のサッカー部では電車でも気動車でも汽車

鉄道ならば全ては汽車という愛称で呼んでおります
image

来ました来ました水前寺駅

かの紅白歌手はこちらの名前を頂いたのは有名な話

ワンツー♪ワンツー♪

よし、出目で1-2を間違いなく買おう。。。
image

スマホの充電も寂しい状況故に下調べした地図の記憶を辿って駅から競輪場へ向かい歩く…
水前寺駅に多くを期待してはいなかったので、こちらもこんな感じだろう…という思いで下車
自動改札はなく、東日本ではありえない愛想の宜しい女性駅員さんに切符を渡す
同じJRでも全然違う、ただし東日本ならば紅弁を食べてこそ初めて鉄道員と認めよう

駅前の地図を軽く見る、信号を左に曲がると『競輪場通り』という名称が付いていたのですが、通りには競輪場通りと書いてある看板が私の目には入りませんでした…ここでも競輪に対して寂しい状況が少しだけ読み取れました

でも競輪場通りに質屋の看板

これも効果的な広告戦略だったんでしょうねw

歩いて7分位でしょうか…感じ的には真っ直ぐ歩けば到着しそうでしたが、未だに本日の宿も決めていないアテのない旅だけに『ぶらり』若大将を気取って路地裏の民家なんかを眺め街の雰囲気を感じながら歩いてみました

クルマ社会で街のドーナツ現象が起きているのは全国的に同じ

新しく感じるお店はみーんな美容院

ここは綾瀬かっ!って位に美容院さんが出店されておりました印象ばい
image

ひっそりと裏口、1センター側の入場口から熊本競輪場に初入場〜やったぜぇ〜
image

入場料は50円

毎度毎度思うのですが、50円の入場料に対して管理する人件費を考えると間違いなく赤字でしょうね

こちらの警備員さんに元選手の開業された珈琲&軽食ショップの場所を聞くとどうやら反対側らしい

あちら側の出口でも再入場は可能ですか?と確認してから入場

警備員さん元選手かなぁ…まだ若い方で体が大きかったので可能性あり
image

入場するとジャンの音が響いていたので慌ててスタンドの階段を駆けあがると最後のゴールまで日本一の直線距離を有する通称滑走路を選手がもがいていた

残念ながら誰が誰だかわからないままゴール線を通過した選手達が息も絶え絶え1センター金網にいる私の前を通過していった

ありゃ?角口プロが7番車だったんじゃんかー

『おーい角口くーん!明日は頑張れよー!』
(小声で…何こんな一般レース走ってんだ…とプチ野次)

なになに…えーっと…4、5、はぁ…2…スロー垢鯆めておりましたが、払い戻し画面になって背筋ピーン

あはははは354570円ですかー
image

さーてA級準決勝から買うぞー!

西日本だから知らない選手が多いけど…地元熊本の選手を絡んで買ってみるかー

んー^^

何気なく塗ってますけどねマークカード

この一番端っこを塗るって行動が非日常であって何だか嬉しくもなる不思議。。。

一番遠い競輪場に来ている事を実感
image

頼むぞ廣田一成プロ!!

渡邊一成みたいに走ってくれよ!!そしたらぶっちぎりで1着だぞ!!
image

リアルくまもん
image

インフォメーションコーナー前に今開催地元出走選手の直筆コメントが展示してありました

これいいですね!!

親しみが湧くと思います

でも初心者ガイドなんだかインフォメなんだかわかりませんけども、思いっきりあそこの扉を開いて中に入る初心者なんかいないでしょうねえ…3名様がドカンと座っているだけでは効果的とは思えないんですけど、九州の土壌はそんな雰囲気なのかなぁ…と正直思ったりも致しました

多分、なかなか行けない場所になると思いましたので思い切って扉を開けてお話しをしてこようかしら?とも思いましたけど手招きされている雰囲気じゃないしなぁ…と躊躇してスルーしてしまいました

image

田中陽平プロ、書き始めはへろへろな文字ですけど終いはきっちり綺麗な文字に進化

ペン習字を習ったら直ぐに綺麗な字になれる人

せっかく熊本に来たんだから、これから名前は覚えたぞ!!

競輪もペン字も頑張れ田中陽平プロ!!

しばし応援して注目したい
image

なんだかんだいって長年熊本を支えている小さな巨人

この人の直線の伸びは今の柏野プロと同じ感じだけど

失礼しました、こちらは天下のタイトルホルダー

今回は菊池温泉に行けない旅となりましたが次回は是非合志村に出向きたいと思います

デキ旅〜くまもんばい〜

〜前回,里さらい〜

熊本往復3980円というLCCのバーゲンセールを衝動的に押さえてしまったデキズギさん。慌ただしく成田から無事に熊本への飛行機に乗り込みましたが、はたして...









image

当機はまもなく着陸体勢に入ります...ポーン...ポーン...という無機質で業務的なアナウンスと何故か冷酷的に聞こえるシートベルト締めてね音で目が覚めた

翌日は関東の広範囲で雪予報が出されているだけあって成田から飛び立ち上空に加速すると直ぐに霞の世界となり下界の視界も遮られてしまった

ともあれジェットスターがジェットコースターやジェットストリームアタックの様なフライトにはならず、機体の動揺に関しては快適な旅でした

じゃあ機内はどうだったのか?っつー話になりますとですね...真ん中通路の左右に客席3列が横に並ぶ飛行機だったのですが、窓際キープした私の横は空席、そこから左側4席に赤子2人と母親姉妹と思わしき大人2名と子供1人

フライト前から激しい泣き声と嗚咽が上空の水平飛行になってからも続くという呪いの席となりましたWWWWWWWWW

いや、別にいいんですよ

私は赤ちゃんが泣くのは当然ですし子供連れで帰省や旅行に出る事に関しては何の反対意見もない人間なので

母親本人達は周囲に対して申し訳ないという態度を微塵にも現す事もなく逆にLCCの厳しい環境下で頑張っている客室乗務員の方があやしに何度か出向いて周囲に気を配っている様子に一生懸命さを感じました

でも最後は子供用のシートベルトをすっとぼけていたのか未装着だったのかで客室乗務員さんが半ギレ気味なアナウンスをされていたのでデキズギさん微笑

相槌でもしてくれたらブサイクながら『別にいいんですよ』とニッコリ笑顔を送ろうかと思い何度か私も母親と赤子を見たんですけどね

シカトしてんだもん。

まいーや、これが嫌だったらLCCなんか乗れない

赤子よ、泣け泣け

泣いて大きるなるんだぞ

わたしも気兼ねせずイビキをかいて寝ようぞ

神経質に快適な空の旅を満喫したいならば見合った金額を支払ってANAに乗りましょう

私的にANAには全面的な信頼感がございます

またANAに乗りたいす

そゆ事。
image


ボーディングブリッヂに〜...当たり前の設備に感じますけど、これはありがたいですね

ジェットスターで成田空港第2に乗り降りすると本当にワンクッションが余計だと感じる

その分安く乗るには仕方がないという諦めが負担や不満を軽減させるわけだが。

まあ、こちらは片道運賃1990円で利用する立場だから偉そうな事は言えませんけども、空席分の空気を運ぶよりかは多少の足しになると胸をこっそり張ったり...

いつか読んだ外国人の話だと一円でも支払いが生ずるモノにはお客様はお客様なんだから遠慮する必要はない、なんて書いてあったけど、こちとら思いっきりジャパニーズ根性を持った川向こうの下町育ち

日本人の美徳さは謙虚さなり。

我先にとか、得をしたい、だとかね

ぬるま湯な気持ちは私にはないの

東日本大震災の出来事を思い出せジャパニーズ。

いつものように最後までシートに座って最後の方に親愛なるジェットスターから離れ、黒川温泉と荒尾競馬には行った事があるけど初めての県庁所在地熊本への到着を果たしました

綺麗ですね阿蘇くまもと空港。

image

空港に降り立ち記憶していた無料タクシーの乗車位置へと向かうと、そこには既に8人ほどが並んでいた

この無料タクシーというのは熊本県の予算で試験運行されとるそうで、近隣の県民に利便性を上げて阿蘇くまもと空港をもっと親しみを感じて貰おうという事らしい

高速バスを利用すれば近いとは言い難いが福岡空港を利用されるケースもあるという事で、本年度3月迄の予算らしいのですが肥後大津駅までを12分で結ぶ無料タクシー

前に並んでいる方々も皆さんどうやら初めての利用らしく、乗務員さんへたくさん質問をされておりました

image

ツキノワグマは九州で絶滅したそうなんですけども、熊本県だけにくまもん

そんなわけで熊本県はくまもんだらけでした

タクシーも当然くまもん

どげんとせんといかん!県知事のキャラクターよりは老若男女のハートを掴む事必至

image

肥後大津駅に到着

もう少し大きめかなと思っておりました

image

こちらから熊本競輪場のある水前寺駅まで移動

駅名を探すだけでも楽しい始末

image

高いんだか安いんだか距離感が全くの土地だけに適正金額なのかはわからないけど

歩いていく事を考えたら間違いなく有り難い

自動改札ではないので検印をハムっと。

image

駅員さんが急げとせかす理由がわかりました

始発電車として停止中

まもなくの発車でございました

image

あーこんな感じの電車なんだ程度で

乗り鉄という事もない

楽で便利に移動できればそれで良い鉄

略して楽鉄

落鉄...そう私の人生は落鉄人生。





QRコード
QRコード
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Profile
Recent Comments
  • ライブドアブログ