Dr.イチローのホップ・ステップ・ジャンプ

北海道帯広市の歯科医院 いしかわ歯科Dr.イチローのあんなこと、こんなこと日記

1月の水曜日と土曜日の診療予定です。

年末年始の休診
12月29日から1月3日まで

 水曜日                     土曜日
                                     6日  全日診療
10日  全日診療      13日  全日診療
17日  午前診療      20日  午前診療
24日  休診日         27日  全日診療
31日  休診日

12月の水曜日と土曜日の診療予定です。

年末年始の休診
12月29日から1月3日まで

 水曜日                     土曜日
                                     2日  全日診療
    6日  休診日             9日  全日診療
13日  午前診療      16日  午前診療 
20日  全日診療      23日  祝日
27日  全日診療

11月の水曜日と土曜日の診療予定です。 

7日(火曜日)午後の診療は3時30分からです。

臨時休診
16日(木曜日) 27日(月曜日)

    
水曜日      土曜日
   1日 全日診療         4日 全日診療
   8日 休診             11日 全日診療
15日 全日診療     18日 全日診療
22日 全日診療     25日 午前診療
29日 全日診療

予約制ですので、予約無く来院された場合は希望に添えないことがあります。
ご面倒でも事前に電話連絡にて予約をお取りください。

日曜祝祭日は休診です

ヨーグルトがスーパーの棚にたくさん並んでいて、どれを食べても美味しいものばかりです。

選ぶ基準は人それぞれですが、自分としてはそれが体にどのような効果を示すかを気にしながら選んでいます。

だいたいのヨーグルトはお腹に効くようですが、最近面白いのを見つけました。

image


ロイテリヨーグルト

お腹だけでなく口にも効いてくるらしい。
詳しことはメーカーのホームページを参照していただくとして、これは歯医者としては黙ってられません。

地域限定発売でまだ北海道では販売されていないから、色々手を尽くして試供品を手に入れました。

image


ちょっとトロミがあって甘すぎないので食べやすい。これなら毎日食べられそうだ。

image


試供品が3箱送られてきて感じたことは、ヨーグルトを健康のために毎日食べるならちまちま買い足すのではなく、箱買いして常に冷蔵庫にストックしておくと食べ忘れることがない。



この連休を使って歯内療法の講習会に参加してきました。
image

歯内療法と言うのは、わかりやすく言えば歯の根っこの中の治療のことで、繊細で丁寧な仕事が要求されます。さらに歯を保存する為の基本的な、さらには重要な治療となります。

飯田橋と九段下のちょうど真ん中あたりにあるホテルでの朝食を終え、講習会が始まる迄にはだいぶ時間があったので、その周囲を散策してみました。

この時期だとキンモクセイの花が咲いているはずなので、かすかに漂う花の匂いを追いかけて、それを探しに街の中を30分ほど歩きました。

image


北海道では残念ながら金木犀が育たないらしく、子供の頃住んでいた家の庭先にはそれが植えてあって、花の匂いを嗅ぐと当時の秋の思い出が蘇ります。



歯のホワイトニング!と言っても、いろいろあるのご存知ですか?

ドラッグストアであるような美白歯磨きから、歯医者さんでやるホワイトニングまでいろいろです。

歯医者さんのホワイトニングには、3種類あって・・・

1つ目はオフィスホワイトニングと言って歯医者さんの診療室で行います。

2つ目は歯医者さんで薬をもらって自宅で行うホームホワイトニング。

そして3つ目はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを連続して行うデュアルホワイトニングです。

この3つ目のデュアルホワイトニングが1番きれいな白さにしてくれます。(^^)

今回はいしかわ歯科で行っているデュアルホワイトニングを簡単に説明します。

これのコンセプトは、早い、簡単、快適、お手頃な価格、環境に優しいです。

まずはホワイトニング剤のついてるマウスピースを口にはめて光を20分照射します。
シミないし痛くもないし、20分なんてあっという間に過ぎちゃいます。
image


これでオフィスホワイトニングが完了。

次におうちに帰ってからホームホワイトニングをします。

ホワイトニング剤の入ったペンを使って、
image

歯に薬剤を塗ります。
image

そしてオフィスホワイトニングで使ったマウスピースをもらえるので、それをはめて30分待ちます。横になりながらやるととっても楽。
image

これを寝る前に2〜3週間続けると綺麗になります。

半年に1回繰り返していくともっともっときれいになりますよ。


10月の水曜日と土曜日の診療予定です。
    
水曜日      土曜日 
 4日 休診    7日 通常診療
11日 通常診療 14日 通常診療
18日 午前診療 21日 午前診療
25日 休診   28日 通常診療

予約制ですので、予約無く来院された場合は希望に添えないことがあります。
ご面倒でも事前に電話連絡にて予約をお取りください。

日曜祝祭日は休診です

9月の水曜日と土曜日の診療予定です。
    
水曜日      土曜日 
          2日 通常診療 
 6日 休診    9日 通常診療   
13日 午前診療 16日 午前診療
20日 通常診療 23日 祝日
27日 休診   30日 通常診療
       

予約制ですので、予約無く来院された場合は希望に添えないことがあります。
ご面倒でも事前に電話連絡にて予約をお取りください。

日曜祝祭日は休診です

虫歯が発生した場合、それを取り除き人工物に置き換える処置を施します。

確かに日本では人々の口腔の健康を守るためのセイフティーネットは、保険診療だと言うのは断じて間違いありません。

ただ限られた国家予算から割り振りされた保険医療予算の中で、限定された技術そして金属やプラスチックを多用した治療となる事は知っておかなければならない事です。

これらは先進諸国の虫歯治療のスタンダードと比べると、かなり旧態然の治療である事は否めません。

例えば金属(いわゆる銀歯)を詰めたとしましょう。生きるためには食事が非常に重要です。食欲は人間の本能でもあります。

セメントと言う材料で詰められた金属は、
咀嚼の(つまり食事で噛む)度にたわみ、そして変形していきます。

そうすると歯と金属の間に隙間ができ、そこから再び虫歯が新たに発生する(2次う蝕という)ことが多いのは事実です。

そこで変形のしないセラミックと接着性レジンセメントを用いる事で2次う蝕の発生を減少させる治療が先進国ではスタンダードであります。
image

セラミックによる治療はうちの病院では得意分野ではありますが、今回の院内研修では1日でセラミック治療を完結させてしまう技術を学ぶことができました。

あの苦痛でたまらない歯の形をとる必要がなく、うまくすれば二度も来院する必要がない。画期的な技術です。

虫歯には浅いのから深いのまであって、それぞれの深さに応じて治療法を変えていきます。

エナメル質 象牙質 歯髄 それぞれまでに広がった感染に合う方法を用います。

今回歯髄や歯根にまで感染が広がった場合の治療の勉強会、日本歯内療法学会に参加しました。いや-勉強になりました。
imageimage
新しい技術や治療器具に触れることができて、これらを治療に落とし込んでさらに良い結果が出せるようにしていけたらと思います。

ちょっと寄り道して薄曇りの江ノ島にご挨拶してきました。暑くなりそです。
image

↑このページのトップヘ