虫歯が発生した場合、それを取り除き人工物に置き換える処置を施します。

確かに日本では人々の口腔の健康を守るためのセイフティーネットは、保険診療だと言うのは断じて間違いありません。

ただ限られた国家予算から割り振りされた保険医療予算の中で、限定された技術そして金属やプラスチックを多用した治療となる事は知っておかなければならない事です。

これらは先進諸国の虫歯治療のスタンダードと比べると、かなり旧態然の治療である事は否めません。

例えば金属(いわゆる銀歯)を詰めたとしましょう。生きるためには食事が非常に重要です。食欲は人間の本能でもあります。

セメントと言う材料で詰められた金属は、
咀嚼の(つまり食事で噛む)度にたわみ、そして変形していきます。

そうすると歯と金属の間に隙間ができ、そこから再び虫歯が新たに発生する(2次う蝕という)ことが多いのは事実です。

そこで変形のしないセラミックと接着性レジンセメントを用いる事で2次う蝕の発生を減少させる治療が先進国ではスタンダードであります。
image

セラミックによる治療はうちの病院では得意分野ではありますが、今回の院内研修では1日でセラミック治療を完結させてしまう技術を学ぶことができました。

あの苦痛でたまらない歯の形をとる必要がなく、うまくすれば二度も来院する必要がない。画期的な技術です。