2007年07月06日

おひる

今までいろんな偉い人の本を読んだり講演を聞いた。
歴史上以外では30代〜60代くらいが多いが
いつも感じるのは、

30年生きれば、皆30年の歴史があり、大体
考えることは同じだなという事。一般人でも社長でも
40代には40代の歴史と積み重ねがあり、
50代には50代の歴史と積み重ねた考えがある。
真反対の主張や人間でも、言う事は凄くわかるよ
とか、ね。聞かせたり見せたり読ませたりする
技術が違うだけなんだな。評価されたり共感される
かるかどうかというのは、わかりやすい、心地よい
、場所、タイミングそういう様々な効果によって
少し変わるだけだ。同じ世代だとウンウンと頷く
事が多い。勉強と言うより再確認やちょっとした
違いや視点など細かい事に目が向く。

でも言う事とやる事と考えている事が一致しているか
どうか、夢や目的を忘れずにやってきたか、運がよい
かどうか(縁があるかどうか)、諦めずしつこく成功
するまでやっているか、そこに違いがある。
まあ確かに大きな差であるが・・・。

やはり基本的には違う世代の人から学ぶほうが良い。
ただの職人でもサラリーマンでも社長でも偉人でも
自分と20歳〜50歳違えば色々根本が違う。
自分よりも20年長く生きてきた人はそれだけで
侮れません。自分が経験してこなかった事を必ず
たくさん経験している。そこにはほとんどの場合
何かがあるものだ。反対を言えば自分より20年下
の人間も侮れない。例えば日本なら就職氷河期世代
とか、外国なら戦争している国とか、やはり違う。
覚悟とか真剣さが違ったり、世の中の見方が違ったり。

体験や時代が違うと発見や土壌が違う。全く違う
視点だったりするから勉強になる、もっといえば、
本当は歴史から学ぶのが一番効率がいい。

今同じ時代を生きている人間の言う事よりも、
本音と真実が隠されていることが多いと思う。
そこには経験もあるし言葉もある。

あとはそれを自分の人生にどう活かし忘れない
ようにするかだ。方法はいくらでもある。遅い
という事もない。


★職

まず就職する時には最初はトップを見よ。それさえ
見ていれば良い。そして共感や尊敬できたらそこへ
就職する努力をすればいい。トップがダメになる
事もあるしいやな人間に変わったりすることもある
そしたら転職を考えればいい。仮にトップがダメ、
見えない、コロコロ変わる、お飾り、共感できない
人間としてヒドイ、そんなところへ就職したら社蓄
になるスピードは速いだろう。勉強にもならない
だろう。夢の実現にも遠のくだろう。

会社と言うのは当たり前だがトップでほぼ決まる。
今悪くてもトップさえ良ければ、運も良く、縁も良く
人脈も良く、必ずよくなるだろう。トップの運や経験
や行動を分けてもらうのだ。利用すると言ってもいい。
ドンドン利用してくれと良い経営者は言うはずだ。

間違っても賃金や規模や名前や待遇とか休日で選ん
ではいけない。それで選ぶという事は家畜になる
という事だ。人生を金で売るという事でもある。

不動産の知識を学びたい 金融の知識を学びたい
飲食業のノウハウを学びたい。

そういうものがあって、次にトップの顔と理念と
行動とその軌跡をよくよく調査し見ればよい。
決算書、財務諸表などを見れば色々わかるだろう。


これって資産として長期的展望で株を買うのと同じだ。
株を買うという事はそこで働きたいか、そこを応援
できるか、社長の哲学や夢や行動を見て聞いて、
決算やバランスシートを見てそして決定するだろう。
あるいは会社訪問だってする。

就職というのは長い展望でしょうから長期で株を
保有するのと実はほとんど同じ感覚なんですね。
またそうでないといけない。

中小企業ドンドン行くべきです。未公開株には化ける
ものもあるでしょう。自分が幹部になるのも速い
でしょう。様々な事を経験せざるを得ないでしょう。
成長の速さや変化は面白いほどでしょう。
実になる苦労もたくさんできるでしょう。難しい事
もやらされるでしょう。無理難題も多いでしょう。
でもそれが実力になるでしょう。社員の実力は=
会社の実力でもあるわけです。大変な道や難しい道を
あえて選ぶと、その成長速度は2乗以上です。

安い時に誰も見向きをしない有望な若い株を買う、
これもまた長期投資である。

donbee1 at 11:58│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 商品先物CX比較   2007年07月20日 00:21
突然のコメント失礼いたします。

今回は、貴サイトを拝見させていただき、
相互リンクをお願いしたく、ご連絡させて頂きました。

誠に勝手ではございますが、
リンク集に貴ブログのリンクを貼らせていただきました。
 
http://commodity.i-navi.biz/yomi/ ※ブログカテゴリに登録させていただきました。

もしよろしければ、相互リンクをお願いしたいと思います。
ご検討頂きますよう、何卒よろしくお願い致します。

【サイトデータ】
サイト名: 商品先物CX比較 
URL:   http://commodity.i-navi.biz/

【リンクキット】
 <a href="http://commodity.i-navi.biz/">商品先物CX比較</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔