2008年01月04日

祝2008年、今年のテーマ「めんどくさがらずにちゃんとやろう!」

数学的根拠のある確率論と過去の結果論である統計は全く違う。
過去に80%で起こった事象は単なる過去情報であり、その理由
では無い。なぜそうなったのか調べる事や考える事をしない
のでは多分何も得られないだろう。統計や情報や数字にも様々
なものが隠れていてそれを読み解くにはある程度の経験と知識
が必要だ。そしてその理由を考え続けていると人間の心理や行動
や、あるいは数学的な根拠というのがわかるようになってくる。

言葉と数字とその過程を分析して見れば、行動と結果が全部わかる
ようになっている。わからない場合はその数字や言葉が間違って
いるか自分の分析が間違っているか、調査が足らないかだろう。

会社の決算書 B/S貸借対照表 P/L損益計算書 C/Fキャッシュフロー
これを見れば会社がやろうとしている事はわかるし過去の軌跡も
わかる。哲学もわかる。粉飾決算しているかどうか、その確率も
ある程度はわかる。立体的に見れるようになっているのだ。

商品や為替も同様に考えれば面白いし、違う側面がわかるはず。
また新聞を読んでいても全く観点や考える事が変る。世の中に
は様々な数字と情報が溢れている。でもそれは暗号に過ぎない。
邪魔な数字や意味の無い情報やウィルスのような数字もある。
それをパズルを組み立てるがごとくその意味と理由を推理し
仮説し調査していくと、、まるで推理小説だ。名探偵になれるか
どうか、それには足も金も頭も使わなければならないし、経験も
時には人脈やひらめきや営業力も必要なのだ。数字や情報の暗号
を読み解くのには、数字や情報で現れないところも必要。
でも知識と行動力さえあれば誰でもそれは得られる。

数字が苦手な私は数字や言葉をイメージで捉えるのが好きだ。
チャートも別角度から見た3〜4種類と情報を組み立てて立体的に
見ると面白いのではないか。価格と需給と金の出所と厚みと理由
それと欲。でも結果として出るのは非常に単純なものではある。

適当でも当たる事はある。誰でもある。でもそこに至る過程が
全然違うからトータルの結果論や継続力が全然違うだけだ。

いつでも深く立体的に観る洞察力と行動力を身に付けたいものだ。



donbee1 at 01:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔