昨日、春日井市のJR定光寺駅の周辺に行った。JRは使わず車で。昨年9月に一度探索してるので二度目の訪問となる。


 定光寺駅前には一見営業中に見える巨大な旅館「千歳楼」があるが、数年前に廃業し廃墟となっている。ネットで調べたところによると創業は昭和3年。
眼下を流れる庄内川の風景はなかなかに風光明媚であり、そこにどっしりと聳え立つ千歳楼は絵になる存在だったのではないか。しかし廃墟となった今、その重厚な建物がかえって寂しく見える。
千歳楼08年千歳楼09年 昨年9月に来た時はここで火事が起きた直後だった。左の写真の右の方、黒く焦げたあたりが火元のようだ。廃墟での火事・・・。すさまじい光景に唖然としたもんだった。その右の写真は昨日撮ったもの。1年足らずなのであまり変化はない。
 残りの3枚は去年の撮影。
駅遠景橋千歳楼反対側

 






 定光寺駅へは激階段を登っていく。断崖絶壁にへばりつくようにして存在する。駅から見下ろす川の風景もまた良い。「秘境駅」でも紹介されていた。
定光寺駅登り口駅ホーム
 






 最後に、廃墟ではないが駅からは少し離れた定光寺公園(瀬戸市)の写真。池の風景が何気に美しい。親子連れなどがけっこういた。カミツキガメに注意のポスターがあり。小学1年くらいの男の子数人がカメを見つけたと騒いでいたが、勿論これは普通のクサガメとかそんなんでした。
定光寺公園カメ