どんぐり山の会

私たちは、アルパインクライミング(岩・雪・氷)主体の山岳会です。アルパイン、フリー、ミックス、沢、雪山などなど楽しみながら登攀しています。 アルパインクライミングをやりたい!やってみたい方、集会にいらしてください。

海田(記)神保

12月9日(土)
21:00 練馬発
23:30 小淵沢道の駅着(気温マイナス2℃)

12月10日(日)晴れ
04:00 起床
05:10 道の駅発
06:10 船山十字路発(気温マイナス10℃)
07:20 二股着
07:50 二股発
10:30 10mx3手前で下降中のA家と遭遇
14:20 最後の10m滝取り付き
15:10 終了
15:40 御小屋尾根2560m付近で装備解除・下降
18:30 御小屋山経由船山十字路着

八ヶ岳アイス3連ちゃんの3
裏同心ルンゼ・ジョウゴ沢の次はこれ。
二股には数張りのテントがあったがちょっと少ない感じ。
ちょっと長いけど装備を揃え始めたばかりの神保君と行くにはちょうど良かろうと思って行ってきた。
スクリューの入れ方やフィフィの使い方を説明して3本リードしてもらった。
左股は先行は2パーティーみたいだった。
途中遭遇した下降中のA家の話だと単独の人が先行しているとか。
A家は大滝だけロープを出して降りてきていた。見晴らしルンゼへ行くとか。
IMG_20171210_113526

まだ時間があるので我々は最後まで詰めあがった。
10m滝の手前で単独のトレースは左に巻いたようで取り付きまで30mほどラッセルになった。
IMG_20171210_133652
「今14時だけどどうする?登る?」
と聞くと
「せっかくだから行きましょうよ」
と心強い言葉が返ってきた。

ここは標高2500m程なので氷が硬い。
心肺機能が落ちている身にはこたえる標高。
発達途中なので垂直部分も長い。
しかもここ2・3日はだれも登ってなさそうな新品。
ここまでの氷の傾斜とは明らかに違う。
1センチも入ってないピックに体重を掛けるギリギリ感を久々に味わった。

こまめにスクリュー入れて前腕パンプ寸前で抜けられた。

終了点からは古いトレースが切れ切れに上に向かっていたがラッセルになりそうなので、左上して樹林に入り枝尾根二つと薄いルンゼをトラバースして御小屋尾根2560m付近に出た。
ここまでロープを使った。
尾根上は強風が吹き始めていたのでロープだけ仕舞ってさっさと下降。

途中御小屋山手前の鞍部で二股への踏み跡があったが雪が少なくて迷いトレースが多いしすでにヘッデンなので迷うのもいやなのでこのまま御小屋尾根を降りることにした。

船山十字路までが長かった。

12時間20分行動でした。途中でいろいろ練習しながらだったからまあ良いか。

神保君お疲れ様でした。

いつもの境川Pでモツ煮定食たべて帰りました。







海田(記)小西

4月から名古屋へ転勤になっている小西君と久しぶりに山へ行ってきた。

出発は調布、帰りは小淵沢駅で名古屋へ帰る小西君と別れて私は電車で東京へ、というコース。

12月2日(土)
22:00 調布の一つ先の駅で集合
00:30 美濃戸で車中泊

12月3日(日)
06:20 美濃戸発
08:20 鉱泉着
08:50 鉱泉発
10:00 F2
11:30 ナイアガラ滝
14:00 大滝
16:30 鉱泉
18:00 美濃戸着
    鹿の湯
19:50 小淵沢駅解散

まだ雪が少ないので美濃戸まで上がって車中泊。
朝になったらやはり駐車場は満杯だった。
鉱泉手前で定点写真。キャンディーは先週より育っている。
IMG_20171203_091331
鉱泉で支度してジョウゴ沢へ。
F1はなんで?というほど人が居ない。歩いて登る
F2でロープを出す。そこそこ凍っているが抜け口が薄いので早くも岩を叩いてしまう。
歩いて、歩いて、乙女の滝へ。
乙女には結構な人が終結していた。3~4パーティーは居たと思う。
ちゃんと発達しているように見えた。
が、パスしてナイアガラへ。
振り返ると大同心から阿弥陀まできれいに見える。
IMG_20171203_125435

ナイアガラは日が当たって登りやすそう。
IMG_20171203_125805
でも、やはり抜け口は氷が無いところがあってピックは曲るし怖いはで、ちょっと疲れた。
リード・フォロー・懸垂でそれぞれ登って大滝へ移動。
大滝もいい感じ
IMG_20171203_135309-EFFECTS

ここもリード・フォロー・懸垂でそれぞれ登った。
大滝上は強風が吹き始めていた。
硫黄の稜線は見えているけど行く気にはならなかった。

ピックの先端が猛禽類の嘴みたいになっていた。これじゃあ抜けないわけだ。
IMG_20171204_161108

久々に鹿の湯に入って、途中のコンビニで酒と弁当買って小淵沢駅へ。
20:18発の普通高尾行きに乗る。
小淵沢で乗ったのは私ひとりと制服が良く似合う若い女性車掌だけ。
夜汽車は何十年ぶりだろう・・・学生の頃は周遊券でよく一人旅してたなあ・・・。只見線や東北方面・・・。
車窓に置いたワンカップとピーナッツ。
女性車掌のアナウンスが心地よい。
田部井重治のことを思い出した。文庫本を持って秩父の山々を歩いたなあ・・・
・・・山に登ることは山に寝ることであり山の水を飲むことでなければならない・・・

夜汽車で帰るのも良いもんだ。





このページのトップヘ