どんぐり山の会

私たちは、アルパインクライミング(岩・雪・氷)主体の山岳会です。アルパイン、フリー、ミックス、沢、雪山などなど楽しみながら登攀しています。 アルパインクライミングをやりたい!やってみたい方、集会にいらしてください。

2017/09/10 地図読み山行@ユガテ

メンバー 海田、石倉、神保、加藤(記録)
      OB石田さんと奥様&奥様のご友人



お久しぶりです、暑さに弱く寒さに弱い加藤です。

春先に吾野の岩場でレスキュー訓練に参加して以来、会の山行には一切参加しないまま夏が過ぎた。
久々に参加したのが今回の地図読みトレ。
地図読みは冬山で必ず必要になるスキルであり、得手不得手は別として私は地図読みが好きなので、今回の山行はとても楽しみにして参加させていただいた。


海田さんのGPSで計測したトレースがこちら。
20170910地図読みユガテ


東吾野駅を出発して時計回りに歩いている。
福徳寺からハイキングコースを利用して山へ入ったが、実はもともとは全く別のルートを取る予定でいた。
そして全員が、予定とは違うところを歩いていることにしばらく気が付かなくて、途中でこのGPSを見て初めて違っている事に気付いたのである。
ハイキングコースがあるのだからもちろんそこを歩いていいのだけれど、問題は「自分たちが今、地形図上のどこにいて、どういう場所を歩いているのか」を全く分かっていなかったことだ。
今回は全編にわたってトレースが付いているからいいものの、もしこれがノートレースの冬山とか沢登りのツメとかだったら、現在地ロスは間違いなくNGなのである。

DSC_0025

右から左へ登山道が通っている。
みんなで向いているのは、登山道を外して踏み跡へ入るところ。
地図とコンパスで、現在地とこれから進むべき方向を確認している。


DSC_0027

登山道には立派な道標が付いていて、地図を見なくても歩ける。


DSC_0029

帰りに大野さんのところへ寄ってみんなで反省会。



今回の収穫は、「地図に載らないピークの見つけ方」。
地図の等高線は10m間隔で書かれているため、それ未満の高さのピークは地図上には載らない。
しかし、尾根筋は必ずピークから派生するため、地図上では一見ピークがないように見えても、その傍に尾根が派生していればそこには小ピークが存在している。
ということを、OBの石田さんに教えていただいて「なるほど!!」と思った。
今回はハイキングコースをトレースし、踏み跡もたくさんある場所を歩いたので分かりやすかったが、そういったものが期待できない場所でまた地図読みがしたいなと思った。


早く冬にならないかなぁ。

海田・OB武井

三連休で錫杖へ行く予定だったけど真ん中の日曜がダメそうなので1日だけ土曜に古賀志山へ行ってきた。
藤坂RGが登れなくなってから東北道方面には行ってなかったけど、ふと思いついて行って見た。
スポートルートとして整備が行き届いていて良い岩場でした。

IMG_20170916_112546
IMG_20170916_114318
IMG_20170916_124046
IMG_20170916_132547

このページのトップヘ