どんぐり山の会

私たちは、アルパインクライミング(岩・雪・氷)主体の山岳会です。アルパイン、フリー、ミックス、沢、雪山などなど楽しみながら登攀しています。 アルパインクライミングをやりたい!やってみたい方、集会にいらしてください。

3月2日(土)阿寺の岩場

海田(記)・古賀野

アイゼントレでした。

花盛りの虎秀でしたよ。

上の岩場で
トンコチャンスラブの2本はアイゼンで登るとえれ~むずかしい。
ほかにルーシーグフィー・大野カンテ・北山カンテの左のクラックなどをアイゼンで練習。
クラックには新保さんに借りたトライカムなど入れてみたり。

下の岩場もアイゼンで登ってみた
岩がぼろぼろなので、トップロープ。

いや~~激しく剥げました、ホールドもスタンスもボコボコ、ガサガサ、剥げました。
DSC_0153
おもしろかったけど、リードは出来ないね。

久しぶりに大野さんと一杯やりました。

4月21日(日)は安全祈願祭


2019年2月10・11日(日祝)旭岳東稜・五段の宮3段から撤退

海田(記)・神保

今年は氷の出来が良くないし雪も少ないので普通なら2月末から雪が締まった頃にやる小屋泊早出ワンデイ旭岳東稜を狙ってみたが天候判断失敗だった。当初9・10の土日の予定だったが3日前の予報で9の土曜がだいぶ悪そうなので1日遅らせて10・11にしたのが裏目に出た結果となった。直前に11日は10日の高気圧が去ったあと日本海と太平洋側に低気圧が出来て東進し午後は弱いながらも二つ玉になる予報となった、予定通り9・10にしとけば完登出来ていたかもしれない、事実10日昼過ぎに小屋に着くと旭東稜から降りて来た人がお茶してたし。

2月10日(日)
前日の9日は南岸低気圧で関東も雪降るぞとさんざん予報していた割には千葉で5cm降っただけで他はほとんど降らなかった。内陸の八ヶ岳は晴れたようだし、なんだか1日遅らせてしまったことを後悔しながらの出発となった。
8時ニッポンレンタカー西武新宿店出発。この店は初めて使ったけど駐車場が広くて2T箱車が4台も居た。スノボー客も多い。
SAで朝定食など食して11時頃美し森駐車場到着、20台ほど車が居て少し驚く。
ゆっくり支度して11時半頃出発、駐車場には雪なし、林道から河原へ入るあたりで5cmくらい。
昨年の大雨で崩壊したと思われる所もあり。
DSC_0123
途中で食事中のカモシカにであった。スラブをよじ登って枝先の芽を食べていた。
DSC_0125 DSC_0126

小屋の手前で5人パーティーを追い越す。
小屋には2時頃到着、駐車場から2時間半はまあ普通か。
小屋中にはすでに3張りのテントがあり前述の1時に旭東稜から降りて来たという人がストーブでお茶していて、二人ツェルトなんですけど、「もう張れません」ときっぱり断られた「みんな外に張ってるよ」と。
テントは結局5張りになって、う~むこっちも人気なのか?。テント場の積雪深は20cmほど、ツェルトを張ってから水汲みも兼ねて取り付き偵察往復45分。ツルネ東稜→看板の少し左先に権現東稜の踏み跡と旭東稜の踏み跡が分かれていた。この踏み跡を使うことにしたのだが急登だった。右に回り込んでから取り付いた方が登りやすいね、下りはそっちにした。

https://yamap.co.jp/activity/3112156

小屋のストーブでたき火するのを楽しみにしていたんだけど、しょうがないね、明るいうちからツェルトで飲みました。ちなみに私のツェルトは底も側面もミシンで縫いつけたので開口部は出入り口だけです、雪が入ってこないのでこのほうが快適ですな、20年使っていてもこういう使い方しかしないしな。
DSC_0127
飲みすぎました。800ccのウィスキーをほとんどひとりで飲んでしまって、寝る前の記憶が無い、翌朝そういえばせっかく持ってきたスパゲティとウィンナー食べなかったなあと思いながら目を覚まして神保さんに聞いたら、なに言ってるんですか、ちゃんとウィンナー入りのたらこスパゲティ食べたじゃないですか!おいしかったですよ!おぼえてないんですか?ってあきれられてしまいました、すみません、ほんとに覚えてないです、酒で記憶が飛んだのは何年振りだろう?

2月11日(月祝)
でもちゃんと3時に起きました。朝食はコーヒーとパンで簡単に済ませて、でも身支度に時間かかって4時出発の予定が4時半になりました。ツェルトは畳んでザックに、寝る道具は大きい袋に入れて残置。他のテントは動かず、3・4人の若者パーティーだけ我々より少し遅れて動き始めていた。
ヘッデンで昨日偵察した取り付きへ。いきなり急登です。雪が少ないので凍った地面やベルグラにアイゼン効かせて登る神経質な急登だった、明るかったらロープ出してたかも、暗いから恐怖心がそがれていただけかな、やがて稜線に出て明瞭な踏み跡に合流した。
雪が少ないからなのか?痩せたリッジが高度感満点で怖い。
出発してからずっとちらちらと雪が降っている、無風なので歩きやすいが。
五段の宮下の雪壁を中ほどまで登った7時45分頃上から降りてくる二人とすれ違う。五段の宮直下でビバークして今朝は天気回復を待っていたが回復しないので降りてきたとか、また稜線へ出てもトレースが期待できないしツルネの下降路は迷う事が多いので今日はやめたということ、私も、雪は依然として止むどころか強くなっているので五段の宮だけ登ったら降りてしまおうと思い始めていた。
取り付き到着はちょうど9時、小屋から4時間半かかった。
岩場は雪が少なく乗っている雪も今降ったばかりの粉雪なので一見登りやすそうに見えた。
DSC_0128
9時15分頃神保さんリードで取り付く。
冬壁に慣れていないのでいつもの華麗なムーブは影を潜めて怖い怖いを連発して遅々として進まない、支点もなかなか取れず恐怖心を増加させている様子。
3段目にさしかかった10時頃急に空気が変わって取り付きのビレイ点から4段目が見えなくなりそうなくらいの濃霧に覆われ始めた、なんだか、来たな!という感じがした。
これ以上登ったら危険と判断して撤退を提案、カラビナ残置してロワーダウンで降りてもらった。

そそくさと下降の準備をして今回は60mロープ1本なので雪壁を5回ほど懸垂した。
登るときに懸垂支点が2・3箇所有ったので降りられるリッジなのだろうとは思ったが、結構な高度感連続のすっぱり切れ落ちたリッジが連続していて一度でもアイゼンを引っかけたらアウトになる、気の抜けない下降だった。全部で10回は懸垂したかも。
雪はどんどん強くなって視界も悪い。
下って行っても上ってくるパーティーとは結局合わなかった。
朝我々の跡を登るヘッデンはあったはずなのだが、引き返したのか?

最後の下りは尾根の北側を巻くようにして沢筋に合流した、こっちが正解ルートみたい。
プレートの入った大岩の所へ出た。
DSC_0129_HORIZON

小屋には1時半頃到着、下りは3時間強。

ストーブでちょっと火を焚いてパッキング。

駐車場まで1時間50分

たかねの湯に入って帰りました。


メンバー:海田・神保・北脇(記)

人生二回目の雪山に、八ヶ岳に行ってきました。
何かと事故の多い阿弥陀岳の南陵とのことで、緊張から前日の夜はなかなか寝付けませんでした

朝6時半に新宿に集合し、レンタカーで出発。

予想より良い

高速道路から悠然と佇む八ヶ岳が見えました。雲はほとんどかぶっていません。
この冬最強の寒波来るとのことでしたが、そこまで影響は無さそうな雰囲気。

サービスエリアやコンビニ寄りつつ、船山十字路に到着。
駐車場には既に車が10台ほど停まっていました!

9時30分ごろに出発です。
南陵への道はわずかにトレースが残っていましたが、数日は人が通っていなそうな状態。そのトレースと赤テープなどの目印を確認しつつ進んでいきました。
積雪量は大したことがないものの、立場山のピークまで続く急登には骨が折れました。

青ナギに着いたのは14時ごろ。
P1の先で野営をしたとの山行記録もありましたが、若干天気が怪しかったので青ナギに設営しました。

他に人はいなく、最近テントが張られた様子もなし。
事故続きで人が減った説。

早々に酒盛りを開始し、19時過ぎに消灯しました。

翌朝は4時半に起床。
阿弥陀岳は綺麗に見えました。

翌朝は強風で雪煙り

が、強風が吹き荒れてるとのことで、海田さんの判断で撤退することになりました。
実際行ってたらやばそうでした

船山十字路まで戻るのに、広河原まで下ることに。
トポ図にあるルートが分からなかったので、青ナギを進んでにすぐ左折し、木々の間を縫って降りました。

赤布のあるルンゼ

途中で赤テープを発見。
しかし雪に隠れた岩でめちゃくちゃ歩きづらい。

このルンゼを降りてきた

途中の急坂ではロープを出しつつ降り、広河原に出ました。

歩き進んで船山十字路に着いてもまだ昼だったので、美濃戸口近くでアイスクライミングをすることに。

車で移動し美濃戸口の駐車場に車を停めました。
バタバタ準備をし、林道を進むこと10分。橋の手前を左折し川の上流へ向かうとすぐに氷のゲレンデが見えてきました。

登りやすそうなところは都岳連のグループが練習中だったので、近くの誰もいない7メートル氷柱へ。
海田さんが横から登りロープを垂らしたのですが、ロープ片手に空身で登るところじゃないそうです。

IMG_9874

僕はアイスクライミングが初めてだったのですが、ぶっ立った壁に大苦戦してしんどかったです・・・。
海田さんと神保さんは悠々と登っているように見えました

しばらくすると都岳連のグループが帰るとのことで、1時間ぐらいはそっちの壁で登りました。

IMG_9873

こっちは僕でも何とか登れたので楽しかったです!!

日が傾いてきた15時半ごろには撤退しました。

駐車場に戻りレンタカーの鍵が見つからないアクシデントが最後にありましたが、山荘に落し物として届けられていました。届けてくださった方ありがとうございました・・・!

もみの湯であったまり帰京しました。

体作りや装備など、色々改善せねば・・・!!

このページのトップヘ