どんぐり山の会

私たちは、アルパインクライミング(岩・雪・氷)主体の山岳会です。アルパイン、フリー、ミックス、沢、雪山などなど楽しみながら登攀しています。 アルパインクライミングをやりたい!やってみたい方、集会にいらしてください。

神保 竹下
天気:2月15日 快晴
    2月16日 雨 強風

 2月15日 
6時北砂集合。
9時美濃戸発。
12時過ぎ、赤岳鉱泉着。 テントを設営ししばし休憩。天気は快晴だし、13時に鉱泉出れば石尊稜回ってこれるかも、とのことでいざ石尊稜へ。途中まではトレースあるも最後の二股から取り付きまでの200mでトレースが全くなくなり腰までのラッセル。何とか取りつきに15時17分。これは抜けるのは無理だな、と核心と言われる1Pのみ登って懸垂で戻る。18時頃テントへ。
DSC_0014
1P目の取り付き。去年と同じくらい雪深いが、壁に雪は少ない。プロテクションもよく分かるし去年と比較して簡単に感じた。

2月16日
4時50分発。
6時過ぎに取りつき到着。明るくなるのを待って6時33分に登攀開始。雪は降っていないが、風は強い。そのためか石尊稜は貸し切りだった。
1P:下部岸壁ミックス。途中3か所ペツルあり。ハング越えは灌木に残置スリングあり、そのスリングをプロテクションに。ハングは逃げずに草付きにアックスを効かせ素直に乗りあがる方が楽。
2P-5P:雪稜歩き+雪稜登攀(ダブルアックス) 一部コンテ
6P:上部岸壁。アックスは邪魔だった。ガバを使っての比較的簡単なフリー。足の置き場は慎重に。最初の5m程度はプロテクションがない。途中の小さなピナクルにスリングでとる。
7P:ルンゼを詰めて登山道へ。10時5分。
終始横殴りの風+登山道途中から雨の中の稜線歩き。この季節で雨なんて、温暖化? 写真撮る余裕なくて上の1枚しか撮れませんでした。。地蔵尾根から行者小屋を経由して12時に赤岳鉱泉。テントで少し温まり、17時頃美濃戸に到着。


2020年2月8日(土)
ロープワーク練習
東吾野アルパイン入門道場

海田、古賀野

膝が痛くて山へ行けないので古賀野君に付き合ってもらってロープワーク練習しました

ホワイトボードに内容書き出してから昼過ぎスタート。
DSC_0786


フリクションノットでロープの登下降、シングルとダブル、何種類かのフリクションノットでテストしたけどこの日はプルージックに軍配、その他シチュエーション変えて荷重移動のあれやこれや。
片手でもやいは私が18歳の時に山岳部の先輩に教わったもの、ハーネス無しで垂壁でぷるぷるしている時上から垂らしてもらったロープをやっとの思いで結んだ思いでがある。
ブーリンだけじゃなくてムンターやクローブヒッチも片手で覚えたほうが間違いなく覚えられるような気がする、両手でやるとなんとなく出来てしまったりするけど片手だと正確に覚えないといつまでたっても出来ないから、また一度覚えると何年たっても忘れない。
オススメです。

5時までやって帰りました、
道場使用料ひとり500円。

ここはみっちり出来てよいです、またみんなでやろうかな。

2020年2月1日(土)日和田山の岩場・アイゼントレ


海田・古賀野


8時の予定が電車トラブルで35分遅れ。

海田は膝が不調なのでお手軽日和田へ。

意外と人が少なかった

一番長いラインが取れるカンテにトップロープを張って各自3本、うち1~2本はアイゼンで、皮手袋はよく滑るな、きつかった。

昼食後めったに行かない北面へ行ってみた、ここは短いけど楽しめる、左のハングはちょいかぶりの練習にはちょうど良い。
重箱登る人を見学させてもらったりして、

2時過ぎに終わってコンビニで鳥軟骨+チューハイで締めて帰りました。

9%チューハイは効いたな。

このページのトップヘ