2017/04/16 子持山獅子岩
小西(記録)神保

0600千歳烏山駅集合
0800三号橋通行止め部分の路肩に駐車
0815アプローチ開始
0930基部到着
1000登攀開始
1,2p小西
3p神保
4p小西
5p神保
6p小西
7p神保
1310登攀終了(休憩)
1340一般路にて基部へ
1410基部
右の別ルートの1pのみ神保
1445下山開始
1545駐車地点

前回の集会、神保さんが入会表明。
「どこかマルチピッチ行きましょう!獅子岩とか」とのお誘いを受けて決まった山行
過去の記録を見て行ってみたいなぁと思っていた場所だったんですよね

なんやかんだで二人で行くことに、
互いのアクセスと練馬インターまでの距離を考慮して千歳烏山駅にて集合
休憩込みの2時間で子持神社到着、快調なアプローチ
7号橋の駐車場まで行けないかなぁなどと淡い期待もしていたがやはり3号橋手前で土砂崩れの為通行止め、空いていた路肩に駐車
七、八台しか停められるスペースがないのでご注意を、

天気は良好、
河原のボルダーを見たり、土砂崩れの様子から復旧はしばらく先になりそうだねぇと話ながら林道を40分程歩いて登山口へ
登山口から基部手前までの道は一般道
落ち葉が積もって結構歩き難かった
9時半頃取付きに到着

IMG_20170416_092954916

先行パーティなしの貸切状態
ダブルロープはしまったままとりあえずシングルロープで登ってみることにし、登攀準備

1,2p 小西リード
準備運動としてゆっくり登る、
1p目まではかなり寝てるし特に問題は感じなかったが2p目に入ってからがおっかない
前半に比べて立ってるし、
逆層のスタンスやホールド、オモリ代わりに背負ったダブルロープにとことん苦しめられた。
雑巾2枚分くらい足をガタガタさせてなんとか2ピッチ登りきる。

時計を見ると30分近く掛かっていた。
この時点で「2周は厳しいです、ハイ」となってしまった…

この頃後続の1パーティがやってきた
2pの終了点は狭くロープを振り分けながらのビレイ

フォローの神保さん、10分程度で上がってくる
上から見てても相変わらずの安定感

IMG_20170416_103809621

つるべで神保さんが3pへ

出だしと巨大フレークに移るとこが難しそう
登れるかなと不安になる
いざ登りだすと出だしはそんなに悪く感じなかった
おそらくフォローと言うことで余計な恐怖心がないからだ、思いの外するするいけた。
テラスでビレイする神保さんとコンニチハした辺りで改めてフレークを観察、良いガバがありますね、右手届きませんね、左手右足送れませんね、、、え、どうするんだ?
しばらくそこでモゾモゾと悶えてみたり、こえー!などと吼えてみたりしましたが埒があかず…
結果、自分の持つ最大の技術(A0)を駆使し、でぃやと乗り越えたのでした。

大きなテラスで小休止、水うまい

IMG_20170416_122146225

4p
このピッチが1番楽しかった
スタンス、ホールドともに「よく見りゃある」の連続
ホールド探しに夢中になり過ぎてしまい中間部で右に逃げてしまった…気づけばボルトは左足の下…やってしまった…
クライムダウンするより上に行ったほうが安全と判断し飛ばしてしまった、反省
最後のトラバースが1番おっかなかった

ここの終了点も2pに比べりゃマシ程度のスペースなので再び振り分けながらのビレイ

5p神保さんリード

出だしの割と立ってるところがこのピッチの核心かなと思っていたけど違った
マントルからのスラブの方が余程難しかった

6p小西リード

砂!砂!そして肥えた土!

7p神保さんリード
何本かルートがある
左側のクラックとコーナー
悪い感じ
1ピンが遠く、ランディングも良くないので少し触るもやめ

右のスラブへ
離陸直後が結構たってる
神保さん細かいスタンスもしっかり使って登りきる
小西は離陸直後の次の一手が出せず、無念の敗退、
凹角からならいけそうだなぁと眺めるも空腹に勝てず右に回り込みハシゴを登るのでした、情けない、精進します。

IMG_20170416_131349110

獅子岩のてっぺんであんぱんと牛乳でおなかを満たした後、一般路を下降、再度取付きへ

登攀前に気になっていた右側のルートへ
古いハーケンを中央に両サイドに新しめのペツルが打ってある
左のペツルのルートは3ピッチまでは見えるがその先は不明
神保さんが1ピッチだけ登った
また機会を作って自分も登りたい

その後往路を1時間程かけて下山

気候も良く、先行もない、ベストといえるコンディションの中でのクライミングは最高に気持ちよかった。
次の機会は2周回れる様、ちゃんと練習せねば

誘ってくれた神保さんに感謝!
また行きましょう。