2019年6月16日相模川水系葛野川釜入沢

海田・古賀野・水木(テントキープ)

越後駒方面へ偵察に行く予定だったのだけど、新潟方面は月曜までぐずつく予報なので、沢デビューの古賀野君と釜入沢へ行って来た。この沢は昨年やはり新人と地図読みと沢でのロープワーク練習のために登っている。

6月15日(土)雨
2030新秋津発、ここでは降って無かったけど青梅を過ぎた頃から降り始めた。23時過ぎ、松姫トンネルからすぐの小金沢公園にテントを張る、10年ぶりのジャンボエスパースはフライが行方不明なのでタープを張るがテントの方がでかいので濡れた。グランドシートも防水がゼロ以下で水をたっぷり含んで銀マットの下はぐちょぐちょ。でも、まあ、広いわな。
猟師水木氏持参のシカ肉を美味しくいただく。

6月16日(日)晴れ
雨は予報通り夜中の2時頃には通り過ぎた。でもそれまではけっこう激しく雷鳴バリバリで近くに落ちたやつもあった。
夜明けの頃には青空がのぞいた。
水木さんは昨日からT風の痛みが出ていて朝にはビッコになった。
残念ながらテントキーパーになってしまった。
いろいろアドバイスをもらって出発
入渓点まで送ってもらう。
DSC_0318

階段を登る。手すりが無くなって右トラバースに入るが踏み跡が薄いしやばいトラバースが続く、いつまでたっても沢へ降りる踏み跡が出てこないので30分くらいの所から引き返した、後続のお二人も地図を見ながら思案の様子、我々は階段まで戻ってよ~~~~っく観察するとどうやら右下へ降りる踏み跡があるようだ、けっこうやばい、腐った木やボロイ岩、露出した木の根などをそっとつまみながらの下降はつかれるんですけどお、ギリギリでロープは出さなかったけど、足の弱い人が居たら迷わずロープ出すべきところだな。
約1時間かかって沢床へ降り立った。お疲れさんでひと休憩。
写真は入渓川床の対岸の枝沢、降雨直後なので流水あり。
DSC_0319

F1は幅広に流れていて平水時の3倍はあるんじゃなかろうか?
DSC_0320
ちなみに1か月前の平水と思われる画像がネットにあった。これ。
20190525釜入沢F1平水参考写真
同じ滝とは思えないなあ。
続く滝もこんな、けっこう暴れてる。
DSC_0321
右から高巻いた。
二股かと思った
DSC_0322
10分ほど行くと、これがほんとの二股、よく似てるよね。
DSC_0323
5m2段の滝はカッパ着てロープ出して直登した。順層の岩なので登りやすい。気持ち良かった。中間支点無し。ビレイは流木・倒木・岩角など。
DSC_0324
むこうに3段の滝が見えてきた
DSC_0325
水量多いな。
DSC_0326
ちなみに5月25日はこんなの。
20190525釜入沢三段滝1段目 20190525釜入沢三段滝2段目 20190525釜入沢三段滝3段目
手持ちのハーケンはクロモリのショート1本ロング1本とアングル1本だけ、これで突っ込むのは危険と判断、ここから引き返すことにした。11時。
のんびりと木漏れ日の沢を楽しんで入渓点12時半。
またしても悪い怖い登りをこなして階段まで、13時。
DSC_0327
ログはこれ。始めに迷ったのもちゃんと記録されてる。
20190616相模川水系葛野川釜入沢ヤマレコ地図

情報通り入渓が核心でした。赤布でもあれば少しは楽かも。
沢自体は癒し系。私好み。水も悪くない。

シーズン初めに良い沢でした。