どんひつじのうた

ステンシルとガラスエッチング・・・ステンドグラスや縫い物も交えながらマイペースに手作りを楽しんでいます。 どんくさいひつじを愛してくださる神様を賛美しつつ。

ステンシル・ガラスエッチングOlive branch レッスン情報

いずみ教室 毎月第1木曜日 AM10:00〜 PM2:00〜
大阪教室  毎月第3土曜日 AM11:00 〜 PM2:00〜(変更の場合あり)

※都合により変更になる場合があります。
※体験レッスンは随時ご参加いただけます。
詳しくはHPをご覧ください。http://olivebranch04.com

IMG_4258















なぜかわからないんですが、ボタンが大好きです。
つい可愛いボタンがあると買ってしまう癖があります。

以前ならカラフルなプラスチック製のボタンに目が言っていたのですが、
最近ガラスのボタンが気になります。

ということで、つい買ってしまいました。
半田でペンダントにしようと思うのですが、
とっても小さなぼたんなので、うまくいくかなあ?

多分なかなか取りかからないとは思うんですが、
もし上手くできたらまたご報告しますね(*・∀-)☆

△噺世辰討癲は随分前の記事なのですが(^_^;)
ウエディングのお手伝いで、
ミラーにガラスエッチングでウエルカムボードを作らせていただくことはよくあります。
新郎・新婦のお幸せをお手伝いできる、とっても嬉しいお仕事の一つです。

で、今回はよくあるウエルカムボードではなしに・・・。

少し前にステンシルの教室についてのお問い合わせのメールがありました。
その方のお嬢さまが近々ご結婚されるので、リングピローをステンシルでお作りになりたいとのこと。
お母さまの愛情たっぷりのご依頼をお受けして、
オーダーレッスンの形で何度か和泉教室にお越しいただきました。

リングピロー自体小さなものなので、
型を切るのが大変だな〜と、一抹の不安を覚えつつ・・・。
デザインから一つ一つご相談させていただきながら、

予感は的中して、型作りにはちょっとご苦労されたのですが、
その苦労の甲斐があって、素敵にできあがったお写真のメールをいただきました。
(早速ブログ掲載の許可をいただいて)

image2

















実物はリングボーイの手の平にのるくらいの小さなもの。
ステンシルも、仕上げのチクチクも、とっても細かいお仕事。
サムシングブルーで統一されたお母さまの愛情たっぷりで、
なんてお幸せなお嫁さんでしょう!!

私もほんの少しだけお手伝いできたことをうれしく思いつつ、
どうぞ末永くお幸せに・・・。

先日アニースローンチョークペイントの基礎編のワークショップに参加しました。

少し前からとっても気になっていて、
でも開催されているワークショップは少し遠いところが多くて、
なかなか機会がなかったので、やっとの思いの参加です。

まず用意されてあった板
01de3e57a6985eb16ad61727c1373fcfd92b278380 (800x599)








指定された色を教えていただいた通りに塗ったところ
(ホントは好きな色で塗ってみたかったな〜。と少し思いながら・・・)
010c62b19ae77f1756ca9b87e8a980c0f3c3f68fa5 (800x598)








ワックスを塗ったできあがり
018590c3c53f548a133cd2044c8bece5f94ab64066 (800x597)












こんなよくみるブリキ製品も下地処理なしで、
014a6b9995824ee0d74585ab61d419fcf36d5b696e (602x800)












あっという間にまるで使い込んだアンティークのように塗装できました。
016d5cf49118cfcb6857027208ffffb83bf81fa384 (800x598)













で、ここからは私の感想。ちょっと辛口かもしれないけど(ごめんなさい)
アニースローンチョークペイントは素晴らしい塗料だと思います。

下地処理なしに何にでも塗れて、
布を染めたりすることも簡単で、
エイジング加工も手軽にできて、
化合物を含まず無臭で、
しかも色合いは何とも言えない雰囲気のある素敵な色ばかり・・・

まさに夢のような塗料なので、誰にも家具のリメイクやお家のリフォームが簡単にできます。

でも・・・。

それだけの値打ちはあるとしても高価!!
リッター缶税別¥5,000は気軽に何色も揃えれるお値段ではないし、
ワックスやブラシなんかの付属品も結構なお値段です。

下地処理もエイジング加工も少しだけ手間をかければできることは、
今までステンシル教室で習い、お教えしてきたので初心者ではないことを思うと、

たとえばワックスをはがしたり、上塗りをヤスリで削ったりが面倒くさい家具のリメイクとか、
下地処理が大変なブリキや金属製品の場合はとっても便利だから、どんどん使いたいと思います。

でも、

無垢の木材なんかには、バターミルクペイントで十分かな〜と言うのが正直なところです。

とはいえアニースローンチョークペイントを使って、あれをこういう風にリメイクしたいとか、
ここをこの色で塗ってみたい・・・とか、
いろいろ妄想はしてるので、使った時はまたご報告しますね(*・∀-)☆


素敵なお家やお庭をプロデュースされている岸和田の中商さん内の、
これまた素敵なスペースFUNPをお借りして、
1dayワークショップを開催します。

今回はgrassの藤井まりさん、806.Aの坂井陽子さん、
そしてワタクシと3人のコラボ企画です。

詳しくはホームページの
EVENTページに掲載させていただいています。
少しですが素敵なハンドメイド雑貨の販売も行いますので、
もしワークショップに参加されない方もお気軽に覘いてみてください。

皆さまのご参加をお待ちしています。


BlogPaintBlogPaint8f3e0711-s

BlogPaint


















今日は前回のステンドグラスペンダントの追加作成です。
数が増えてくると調子にのってもっと作りたくなってしまう(^^;)

このページのトップヘ