毎度のことではありますが、
またまた、ものすごく、久しぶりの投稿になってしまいました。

実はこの1年ほどの期間、
教室の見本以外には、ほとんど手作りにかかわっていませんでした。

何をしていたのかというと・・・。
日本語教師になるために養成講座に通い、
勉強していました。

ブログでは初告白になるので、
何を言い出すか・・・。という感じですが、教室を続けながら、+できればと始めたことでした。

日本語教師の世界には覚悟して飛び込んだつもりでしたが、
想像してたより何倍も奥深くて、なかなか手強い世界です。
それでも、祈って、考えて、選んだ道なので、
必死で走り続けています。

先日、日本語教育能力検定試験がやっと終わりました。
(出来に関しては怖くて、まだ振り返ることができません)

 
結果は2か月後ですが、それに先駆けて、今日とある日本語学校で、週2日の非常勤講師として採用していただくことになりました。

試験前には、多額の費用と時間をかけて勉強してきたことが、日の目を見ないのではないかと、ちょっとブルーが入っていたのですが、これで、ともかく、一安心です。

私の今までの職歴を振り返ると、
必死になって就活しているときは、なぜか空回りが多く、
本当に必要な仕事は、ふっと決まることが多いです。

すべての必要を、主が備えてくださっていることを覚えます。

一安心とはいえ、
大変なのはこれからです。
日本語教師の本当の大変さは、きっと何一つわかっていないと思います。
一つ一つ、確実に自分の経験として積み上げていきたいと思います。

2か月お休みさせていただいていた、ステンシルとガラスエッチングの教室も、少し縮小してカルチャーセンターからは撤退させていただきましたが、大阪教室と和泉教室で再開させていただきます。

しばらくの間机の上で本を開いて・・・の日々が続いていたので、季節もすっかり変わっていることにやっと気づきました。

毎年恒例の南花台キリスト教会のバザーが11月3日です。
それが終わって、次の週あたりから、新しい生活をスタートさせます。


お世話になった方々、お祈りいただいた方々、
本当にありがとうございました。

引き続き、よろしくお願いします。