(2018/12/13 訂正)
 遠見駅のシーン、原作にも4巻にありましたので参考の原作ページスクショと文章を改めて訂正いたしました。



 えー、今回は結構早めの更新ですwww で、個人的に注目作がダントツに多い2018秋アニメ(^_^)b ですが、聖地巡礼となる場所が関東や九州に集中してて、唯一比較的楽に行けるのが前回「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の岐阜県大垣市位だったのですが、今世間を揺るがしているLGBTの中の一つ、女性同士の愛でもある百合が一つのテーマでもある「やがて君になる」のモデルが、これも基本西武池袋沿線なんです。が、8話冒頭に出てきた駅で沙弥香が透子を待ってるシーンが、さんのTwitterで作中のNR遠見駅のモデルが西武沿線ではなくて何故かいきなり滋賀県の彦根駅では(゚o゚;)と言う事で、
早速12/8(土)に探訪しにいきました(^^)

017
018

 ちょうどJR西日本が出している冬の関西ワンデイパスというのを使ってみたくて(^^ゞ ちなみにこの切符、JR西の前日までのweb予約でしか買えないのですが、京阪神のJR西のほぼ全区間が1日フリー乗車(註:新幹線には乗れない)なのと、あといろんな特典もあり特に京阪、近鉄、南海のどれか一つの観光地のフリー乗車が付いてきてそれで3600円という訳で、この中の京阪のびわ湖チケットでは以前当ブログでも訪れた「中二病でも恋がしたい」にも登場した琵琶湖汽船のミシガンにも乗れるので、この料金だけでも元が取れますw
 で、このエリア外の福井からエリア内になる敦賀までの乗車券を買い、鈍行でまずは敦賀へ。そこから時間の都合で米原までは特急しらさぎの自由席でショートカット(^^)v このワンデイパス、青春18切符などと違い、特急などにも乗車券を別途用意せずに特急券や座席指定券などのみを買うだけで行けるのも強みです(^^ゞ で、米原から新快速でひと駅先の彦根駅へ。
096031
 確かにこれは彦根駅ですね(^^)v どうやら原作者の仲谷鳰先生は滋賀県出身(現在埼玉県在住)と言う事で、恐らく以前彦根駅に何かと縁のある生活をされていたのでしょうね。ちなみに原作漫画の時系列的に3巻にはこの駅のシーンは無くてアニメオリジナルなんですが、アニメの方の制作にも深く監修されてる仲谷先生絡みでぶっ込んできたのかな?との推測が。

訂正
 私がこの作品を知ったのがアニメが最初だったので、これを編集する12/9時点で原作の3巻までの話が終わっていたのでネタバレ防止の為3巻までしかKindleで買ってなかったのですが、12/12の時点でTwitterのTLの書き込みを見て原作にも4巻に遠見駅のシーンが登場していたのを知り、4巻を購入し遠見駅のシーンが登場しているのを確認しました。こちらもやはり彦根駅のようですね。念のため行く前に4巻も確認しておけば良かったのですが撮り損ねたカットもいくつかorz そして知らなかったとは言え間違った情報を載せてしまい申し訳ございませんm(__)m
やが君原作4巻遠見駅1


 で、NR遠見駅彦根駅構内。
027033
028042
029032
 見ていただいて分かるように、実際の自動券売機は改札側ではなくて通路の反対側にあります。
025035
024036
023037
021038
 とまぁこんな感じで、彦根駅の聖地巡礼こと探訪も終わり、あと同じ駅を共有している近江鉄道の近江鉄道ミュージアム鉄道資料館がこの日で閉館となり最後のイベントも開催されているのでそちらへ。
043
 とは言えこちらは今回のここのメインの趣旨と少し離れているので軽めにw
082081
080078
089
093
 と言う訳で、近江鉄道の鉄道むすめ豊郷あかねちゃんでした(^^ゞ

 で、JR彦根駅構内に戻り、13:30が最終のミシガンに乗る為にそろそろ大津の方へ向かおうかと思ったら(゚o゚;)
095
 うっそーっ(^^;) まさかのJR運転見合わせ。コンコースに人が溢れてきてます。まぁ行こうと思えば近江鉄道で米原に戻り、そこから新幹線で京都経由で行けない事も無いですが振り替え輸送になってないので料金が馬鹿らしい(^^;) で、取り合えずお昼にしようと外観を撮った駅前の横のお店八千代さんでひこね丼を味噌汁付き980円也で(^^)
098
100
 近江牛のすき焼き丼です。赤い麺みたいなのは糸こんにゃくでした。お味はまぁそれなり(^^;) で食べてるとこのブログでいつもお世話になってるTeo氏からDMが。私が今twitterで彦根にいるのを呟いてるのを見て、彦根に来る前に見た「やがて君になる」10話のジョギングのシーンが、
背景坊主 @high__k さんの呟きで、彦根では無いかとの連絡を下さいました(^^ゞ
 私もあのシーン、何か西武沿線ぽくないのでもしかしたらとは思ってたんですが(^^ゞ で、JRの復旧もまだ分からないので、お勘定時に店員さんにこの場所を聞いたら彦根城の南西にある芹川の池州橋と言う事で、あと歩きだと30分くらいかかるとの事なので、バスでどうぞと言われたのですが、残念ながらバスの時間が1時間くらい無くて全然合わないのでタクシーで池州橋へ。
111
 ちょうどこの芹川の西側が芹川けやき道という遊歩道になっていて、結構な樹齢のけやきが並ぶ素敵な所です。残念ながら紅葉は殆ど終わってましたが(^^;)
114103
115104
130105
132106
135107
126109
121110
125108
134112
 池州橋から南側の東海道線をくぐる所、折り返して琵琶湖への河口付近まで歩いて探してみましたが、けやきの柵や街路灯の感じからして恐らくモチーフになったのは間違いなさそうなんですが、いまいち各シーンとの一致する場所は見つけられず、河原もこんな走れるような場所なんてありませんw
 とは言えここも恐らく仲谷鳰先生の思い出の場所なのかもしれません。桜並木もあるようなので春には素晴らしいお花見の場所なのは間違いなさそうです(*^^*)

 で、今度はバスで彦根駅に戻り、JRも既に復旧してましたがもちろんミシガンの時間には間に合うはずもなく(^^;) 次の目的地の大阪、そして梅田のLoFtへ。
137
 ここの7階にあるヴィレッジヴァンガードで12/9までやってる「やがて君になる」期間限定ポップアップショップに訪れました。
140138
141139
143
 スペースは小さいですが複製原画やアニメシーンの展示、クリアファイルなどのアイテム販売(クリアファイルなど殆ど品切れ(^^;)をやってました。ただ流石にナウでヤングな特に女性メインの場所でもあり、おじさんはなかなかのんびり写真を撮る勇気も無くw そそくさとこの場所を後にしました。
142
 しかしこの「佐伯が良いに決まってる」これはパワーワードですね(*^^*) ヴィレヴァンの店員、よく分かってるわ(^^ゞ この入間人間氏の「やがて君になる」の外伝小説「佐伯沙弥香について」は重版も掛かり殆ど本屋やAmazonでも無い状態なんですが、ここには数十冊有りましたので買えてない方は是非(^^) これほんと百合のバイブルとしても名作では無いかと(*^^*) ちなみにこの後福岡のヴィレッジヴァンガードでも開催するようです(^^)v

 で、あとは連れの欲しがってる鉄道模型の捜索で模型屋を巡りつつウメチカのホワイティうめだの泉の広場へ
144
 改装工事でここも無くなるとの事なので記念に。昔は仕事で嫌と言うほどここの前を通り過ぎたので(^^;)
145
 おまけ、阪急東通り商店街の都そばで昔良く食った懐かしの立ち食いのきつねうどん330円也。寒かったのでこの昆布だしが身体に染みるw
146
 おまけその2、大阪と言えばやっぱり551蓬莱の豚まん、これも久し振りにお土産(^^ゞ

 と言う事で、アニメの方はあと数話ですが、まだ滋賀県のどこかが聖地として登場してくれる事を願って(^^ゞ では今日の所はこの辺で。

 ちなみにこちらが2018年末に探訪した品川のmaxell AQUA PARKとららぽーと豊洲編です
 そしてその2、西武池袋線沿線です