高橋清隆の文書館

 当ブログでは、マスメディアが伝えない情報や事象分析を発信しています。
新聞やテレビがつくる「社会標準」から解放されれば、人類は本来の豊かな人生を送れると確信します。

2017年04月

「安倍さんの存在が憲法違反」と森裕子氏

 自由党の森裕子参院議員は26日夕、安倍首相が同日、憲政記念館で開かれた憲法施行70周年記念式典で憲法の基本原則を尊重しつつも改憲に意欲を見せる祝辞を述べたことについて、「そもそも安倍さんの存在が憲法違反」と批判した。

IMG_0905
「権力はその気になれば何だってできる」と訴える森氏(2017.4.26筆者撮影)

 参院議員会館内で開かれた「共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会」に出席した森氏は、午後1時から開かれた式典での安倍首相の発言に触れ、「衆参両議長と違い、『憲法の3原則は守る。しかし……』と続け、憲法を変えたいとの本心がにじみ出ていた」と評した。

 同勉強会の呼び掛け人の1人でもある森氏は、司会を務める福島瑞穂議員(社民)に向き、「そもそも、安倍さんの存在が憲法違反だ。加計(かけ)学園の質問をしたとき、質問権を封じる恫喝のような答弁をした」とやり玉に挙げた。

 「これは憲法63条違反。蓮舫さんや共産党の質問に対しても、『何回同じことを聞いたら分かるんですか』『午前中の質問を聞いてなかったんですか』などと答弁を拒否している」と強調した。

 さらに森氏は、2013年6月24、25日の参院予算委員会で安倍首相を含む閣僚と与党委員が欠席したことも憲法違反だと指摘した。

 その上で森氏は、共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法について「これができれば、戦争できる法律が全て準備できたことになる。この政権の暴走を止めなければ」と訴えた。

 憲法第63条は、総理・閣僚の議会出席と答弁の義務を定めている。

 社民党の福島氏が3月13日の参院予算委員会で「加計学園が獣医学部を創りたがってるのは知っていたか」と質問した際、安倍首相は「特定の人物、あるいは学校の名前を出している以上、何か政治によってゆがめられたという確証がなければ、その人物に対して極めて失礼ですよ。あなた、責任取れるんですか」と色をなして抗弁した。

 13年6月に閣僚と与党議員が参院予算委員会を欠席したのは、審議を遅らせることで野党の問責決議を誘発し、翌月に控えた参院選で「ねじれ国会の解消」を国民にPRしたい思惑があったとみられる。

「トランプを羽交い締め」「地位協定改定や安保(廃止)も」、亀井・興起節が炸裂 『月刊日本』激励会

 創刊21年を迎える保守系言論誌『月刊日本』(主幹・南丘喜八郎)を叱咤(しった)激励する会が24日夜、東京都内で開かれ、来賓の亀井静香衆院議員や小林興起元衆院議員は「総理は羽交い締めしてでもトランプに軍事制裁をさせてはいけない」「憲法の押し付けをやめろというなら、日米地位協定の改定と安保条約(の廃止)も」などとマスメディアが扱えない正論をぶっ放した。

IMG_0802
衆院議員最長老(80)になった今も、亀井節は健在(2017.4.24筆者撮影)

 最初にあいさつに立った亀井氏は、開口一番「今の日本、くだらねえメディアばかり」と両断した。「反権力のにおいをなくしたら、言論機関と言えないが、残念ながら、そんな状況になってきている」と嘆いた。

 小学3年で敗戦を迎えた亀井氏は戦前に思いを馳せ、「当時、何が一番問題だったかと言えば、言論の自由がなかったこと」と提起。東条内閣の戦争継続に反対した中野正剛衆院議員の自刃を引き合いに「暗い時代だった。今の日本も、残念ながらそう」と権力迎合を強める新聞やスキャンダルにきゅうきゅうとする雑誌を批判した。

 「そんな中で、南丘さんは誰に対してでも言論の場を提供し続けている」と持ち上げ、「別に偏っているわけじゃない。一般のメディアが載せない人たちの意見を載せるから偏っているように見えるだけ」と擁護した。

 国際政治に触れ、「トランプ(米大統領)や習近平(中国国家主席)、プーチン(露大統領)というエゴの塊が日本を食い物にしている。日本がその大国に尻尾ばかり振って、事なかれ主義でやっていけるのか。そういう状況下で、トランプが北朝鮮を軍事制裁と称して占領した場合、日本列島は完璧にアウト」と警告した。

 北朝鮮が「建軍節」の25日にもミサイル発射する恐れがあると報じられ、一般の国民の間に危機感が広がっている。「ここはみんなで、自分の国のエゴを通しまくってくる国に対し、独立国家として異を唱えるべき。総理は羽交い締めしてでも、トランプに軍事制裁を加えさせてはいけない」と主張した。

IMG_0842
郵政民営化阻止に議員生命を賭し、一貫して日本の独立を唱える小林氏(2017.4.24筆者撮影)

 終盤に登壇した小林氏は、マイクを取るなり「小林興起を大衆の前でしゃべらせるマスコミは、『月刊日本』しかない。なぜなら、私は本当のことを言うから。どアホウのテレビや新聞に書いても、1行も載らなかった」とぶちまけた。

 旧通産官僚出身の小林氏は、森友学園疑惑について「総理夫人に、なぜ国家公務員を付けるのか。不正を働けということでしょ。電話が来れば、総理から電話が来たのと同じ。奥さんから恨みを買ったら、総理に恨みを買うよりもっと怖い。世の中の常識」と解説した。

 さらに「電話を受けた役人が『これは総理夫人のお考えですか』と聞くばかがいるか。『できるだけ意向に沿います』というはず」と強調。ごみの埋設を理由に9億5600万円の国有地を1億3400万円に値引きした異常さを挙げ、「総理夫人付き秘書官をやめさせよ。戦後の歴代権力者だって、田中角栄だってやらなかったこと。めちゃくちゃ」と糾弾した。

 マスコミが政権広報を務める現状を「日本は落ちるとこまで落ちた」と突き放した小林氏は、「トランプはなかなかいいことを言っているから、日本も言いましょう」と安全保障政策に言及した。

 「日本は占領が終わっていない。占領下では、憲法押し付け以外に日米安全保障条約と日米地位協定が結ばれた。これらは1セット。憲法の押し付けをやめろと言うなら、地位協定の改定と安保条約(の廃止)も。冷戦が終わってどの国が怖いかと言えば、米国じゃないか。米国と仲良くするための日米同盟は必要だが、日米同盟さえあれば、ロシアや中国、韓国、北朝鮮を含め、日本を攻める国などあるわけない」

 その上で小林氏は、「こういう話は『月刊日本』しか書かない。日本ではまれな雑誌」と絶賛した。

■参考サイト
『月刊日本』ウェブサイト

ニュース研究 現金強奪報道の真意

 福岡市で20日、貴金属販売会社の男性が現金3億8000万円余りを強奪されたとの報道が一斉にされた。翌21日には、東京・銀座で現金7200万円の入ったトートバッグが狙われ、うち4000万円が奪われた事件が報じられた。

 一連の報道の目的はずばり、現金廃止の必要性を大衆に刷り込むこと。その先にはICチップの人体埋め込み計画が控える。

■現金所持を掣肘する両事件

 福岡の事件は、銀行の駐車場で起きた。被害者の男性が1人でいたところ、スプレーを顔に吹き付けられ、引き出したばかりの現金の入ったスーツケースを2人組に持ち去られた。

 銀座の事件は、男性が貿易関係の取引を終え、バッグ2つを持って1人で歩いていたところを襲われた。数メートル先には犯人の仲間と見られる人物がバイクで待機していたと伝えられる。

 いずれも犯人は、事情を知っていたものと思われる。福岡の事件被害者は、金塊を購入するために現金を引き出しに銀行に寄った。私は公安の関与を疑う。4億円近い金塊が動くことを、公安が追跡していないはずがない。地金の移動が監視対象であることを、私は内閣調査室のOBから聞いた。

 銀座の事件も、有価証券か希少金属を現金化した直後と解す。2つのバッグのうち1つは手を付けられておらず、どちらに現金が入っているか犯人は知っていたと思われる。しかし、4000万円もの現金を持ち合わせている民間の事業所など普通、あり得ない。

 福岡で事件のあった夜、福岡空港で韓国人の男4人が関税法違反(無許可輸出予備)で逮捕されている。彼らが真犯人かどうか、私には分からない。ここで重要なのは、彼らが犯人かどうかではなく、巨額の現金強盗事件が報道されたという事実である。もちろん、お茶の間に伝えられる筋書きの大半はうそだと思っているが。

 リードに挙げた2つの報道だけでも、1人で多額の現金を持ち運ぶのを掣肘(せいちゅう)する効果がある。しかし、それ以上の意図を感じる。すなわち、現金廃止の企てとICチップの埋め込みへの誘導である。

■金券・貴金属めぐる悪宣伝全開

 これらについては、4/10号「現金廃止計画がIMF文書に」および3/28号「那須雪崩遭難事故報道の真意」で扱ったばかり。同じネタが続くのははばかれるが、同様の事件が連日トップで扱われ始めた以上、ニュース研究者として頰かむりするわけにはいかない。支配権力は彼らが勝手に作った計画通りにアジェンダを遂行しなければと焦っているのだ。
… 続きは、本日のメルマガ『高橋清隆のニュース研究』4月24日号「現金強奪報道の真意」でご購読ください。
 2016年11月より、メールマガジン『高橋清隆のニュース研究』[月額:540円(税込み)/配信サイト:foomii(フーミー)]/を配信しています。
bunner_175x175

『月刊日本』に加計学園の拙稿が掲載

 保守系言論誌『月刊日本」5月号に拙稿「加計学園・獣医学部新設の闇」が掲載されました。「国家戦略特区に群がる政商たち」の特集内で、6ページ強を割いています。


 記事の目玉は、加計孝太郎理事長が2014年3月13日、日本獣医師会を訪ねた際のことを顧問の北村直人元衆院議員に確認したこと。北村氏は面会の事実を認めた上で、「今井(尚哉総理首席秘書官)に言われたかどうか分かりませんが、会ったという既成事実をつくっておきたかったのでしょう」と答えた。紙幅の関係で割愛したが、さらに「そうすれば、事務方は忖度してやっていくと想像できるから」と続けている。

 同号は22日から全国の書店に並んでいます。ぜひ、手にとってご覧ください。

月刊 日本 2017年 05月号 [雑誌]
月刊 日本 2017年 05月号 [雑誌]

洗脳ドラマも役に立つ

 昨年はやったTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を今さら見ている。国民生活を疲弊させる経済政策を正当化し、生き残りに意識を向けさせる宣伝(プロパガンダ)と確信するが、幸せへの憧れを喚起するからだ。

 このドラマは、院まで出て派遣切りに遭った女性が、システムエンジニア(SE)の男性宅で住み込み家政婦として働くため、契約結婚をする物語。「ニュース研究:戦時ドラマの横行」で洗脳ドラマであると指摘した。題名中の「逃げる」とは、深刻な経済状態の中で選択の余地のない決断をすることを指す。和製『青いパパイヤの香り』である。

 きちんと見ると、ほかにも洗脳ドラマの根拠があった。放映されたのは米大統領選のころだが、親友のシングルマザーの子供の名は「ヒラリー」。ケネディー駐日大使の『恋ダンス』も話題になった。しかし、見終えると、必ずいい気持ちになる。かわいい女性との甘い生活を疑似体験できるからだろう。手の早い「イケメン」男性とのやり取りを除けば。

 星野源演じる「平匡(ひらまさ)さん」は、私と重なる。自尊感情が著しく低く、嫌われる前から身を引きたがる。「青明大学文学部」を出たこんなかわいい女性が自宅にいるなら、悪政も書くことも、もはやどうでもいいように思える。サラリーマンになって「ただ腹を空(す)かせて、君の元へ帰」りたい。

 私はこのドラマを2回通して見て、木造アパートから1LDKのマンションに引っ越そうと思った。しかし、疑念が頭をよぎる。平匡さんは京大卒だが、私は三流私大の学部しか受からなかった。SEは高給取りだが、私は金にならない記事を書いているだけ。

 職安で求人を見付け応募するが、次々と落ちる。仮に採用が決まれば、読者を落胆させるかもしれない。マンションに越しても、女性が来ない可能性も。独身に甘んじている原因は、平匡さんを上回る自尊感情の低さのようだ。潜在意識に肯定感を植え付けるため、もっと見る必要がある。
新聞に載らなかったトンデモ投稿
亀井静香―最後の戦いだ。
亀井静香が吠える 痛快言行録
偽装報道を見抜け!世論を誘導するマスメディ…
Archives
記事検索
ご支援のお願い
 このブログでは、マスコミが伝えない社会の動きや事象分析を紹介したいと考えています。取材・執筆には時間と労力がかかります。     つきましては、当ブログの記事に賛同いただける皆さまに寄付を賜りたく、お願い申し上げます。少額でも助けと励みになりますので、ご理解とご協力をいただければ幸甚の至りです。

       高橋清隆

郵便局からのお振り込み
【記号】13160   
【番号】10900411

銀行からのお振り込み
【口座】ゆうちょ銀行  
【店名】三一八(読み:サンイチハチ)
【店番】318     
【預金種目】普通預金  
【口座番号】 1090041 
【口座名】盒鏡粁粥  

著者プロフィール


反ジャーナリスト。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。ローカル新聞記者、公益法人職員などを経て、2005年から現職。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。  著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。           

メールはこちらから
livedoor プロフィール

donnjinngannbohnn