高橋清隆の文書館

 当ブログでは、マスメディアが伝えない情報や事象分析を発信しています。
新聞やテレビがつくる「社会標準」から解放されれば、人類は本来の豊かな人生を送れると確信します。

2018年08月

ニュース解説 阿波おどり分裂報道の真意

「みちばた興業」がCDを発売

 畏友の黒川敦彦君ら「#みちばた興業」がCDを発売した。題名は『みちばた音頭』(定価・1000円)で、名曲『安倍NOセイダー』らを収録。ただし、普通の商業店舗では扱っていない。

IMG_4052


 「#みちばた興業」は、森友疑惑をめぐる文書改ざんを財務省が認めた3月12日から首相官邸前で抗議する市民が自然発生して結成された集団。「安倍のせいだ 全て安倍のせいだ 安倍晋三が国を売る おじいちゃんの代からCIA」と歌う『安倍NOセイダー』は、多くの永田町労働者の耳にこびりついている。

 曲はほかに『あすなろのええじゃないか音頭』『晋・CIA音頭』など5曲と、カラオケ2曲がある。

 「税金高くて嫌になる うそつき総理と友達で 何だかんだほら吹いて悪巧み 忖度(そんたく)し合って丸もうけ」

 「テレビや新聞うそばかり 誰かの不倫で大騒ぎ 原発、福祉や基地などは あんまりニュースじゃ見かけやしない」(いずれも『あすなろのええじゃないか音頭』)

 痛快な歌詞が小気味よい和楽器の音色とともに飛び出す。「国会でうそまでついて私服を増やす政治家や経営者、もうそんな人たちに国の運営を任せるのはやめましょう」と黒川氏の演説が始まり、金融資産課税の導入と消費税廃止を提案する。

 このCDは彼らの活動資金を捻出するために自作したもので、下記のホームページの問い合わせフォーマットから注文できる。安倍政権を終わらせ、主権者市民のための政治を求める彼らを支えたい人は、購入してみてはいかがだろうか。

「黒川敦彦#みちばた興業」問い合わせページ

■関連記事
官邸監視7週間、「政治の主役は私たち」黒川氏

ニュース解説 脱獄報道の目的

喜べぬ釣果

 お盆の帰省を一日早め、郷里新潟の山奥に渓流釣りに行った。バイトを辞めた感傷を癒やしに先月訪れた際、尺上のイワナをばらした。その悔しさを晴らすための再挑戦である。

IMG_3990

 夜半に車で出たが、道中、雨が降り出す。通行止めのゲートに着くと、土砂降りになっていた。小雨になった六時すぎ、雨合羽を着てさらに上流を目指す。一時間ほど歩いて本流に降りると、土色の水が河床いっぱいに流れていた。雨がまた強まる。鉄砲水が来たら、ひとたまりもない。私は怖くなり、ろくに竿を出さずに谷を駆け上がった。

IMG_3997

 私は半ばあきらめて、車へ戻ることに。とぼとぼ歩いていると、右岸に小さな滝が見えた。小沢が増水により、立派な落ち込みを作っている。胸が高鳴った。やぶ漕ぎをしながら、沢に入る。道路から見えた二つ上の滝だまりで、三十二センチのイワナが釣れた。

IMG_4026

 魚が腐らないうちに帰路に就くが、まだ十時。ダム湖に差し掛かると、急に雲が去り、視界が開けてきた。この川に注ぐ布倉沢(雨生沢・まごいさわ)が、巨大な河道を作って湖面に連なっている。私の血が騒ぐ。釣りを始めたのは、ダムができる前のこの沢だった。地元の従兄弟や中学の級友との楽しい思い出がよみがえる。

IMG_4013

 無性にあの場所を見たくなり、かつての林道を捜す。工事用の飯場の裏から、道は出ていた。時折、ショベルカーや作業小屋が顔を出す。と、巨大な木製の砂防えん堤が立ちはだかった。私が初めてイワナを釣った西ノ沢だ。えん堤下の巨岩に見覚えがあった。しかし、躍動的な流れはなく、U字溝のような河床をちょろちょろと水が流れている。林野庁が所管する「環境に配慮した治山事業」の一環だった。貿易自由化によって、もはや林野業を支援する仕事はないのだろう。

IMG_4024

 私が理想郷だと思った集落の田畑は土色の水に没していた。醜い変容に、悲願の獲物を釣り上げた喜びは打ち消された。現実を見る気になれず、ひたすら旧道を選んで帰った。

IMG_4030

■関連記事
清流再び
汚れた幽谷と希望

YouTubeを始めました

 YouTubeを始めることにしました。題して「高橋清隆のニュース解説」。目下、やかましく報じられているニュースの目的を毎回、解説していこうと思います。

 今回扱った主題は、「日本ボクシング連盟たたきの真意」です。何ら設備を整えず、スマホで撮っただけの動画のため、音量が小さくて聞きづらい上、顔が悪くて見づらいですが、ご海容ください。音の方は今後、善処していこうと思います。

新聞に載らなかったトンデモ投稿
亀井静香―最後の戦いだ。
亀井静香が吠える 痛快言行録
偽装報道を見抜け!世論を誘導するマスメディ…
Archives
記事検索
ご支援のお願い
 このブログでは、マスコミが伝えない社会の動きや事象分析を紹介したいと考えています。取材・執筆には時間と労力がかかります。     つきましては、当ブログの記事に賛同いただける皆さまに寄付を賜りたく、お願い申し上げます。少額でも助けと励みになりますので、ご理解とご協力をいただければ幸甚の至りです。

       高橋清隆

郵便局からのお振り込み
【記号】13160   
【番号】10900411

銀行からのお振り込み
【口座】ゆうちょ銀行  
【店名】三一八(読み:サンイチハチ)
【店番】318     
【預金種目】普通預金  
【口座番号】 1090041 
【口座名】盒鏡粁粥  

著者プロフィール


反ジャーナリスト。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。ローカル新聞記者、公益法人職員などを経て、2005年から現職。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。  著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。           

メールはこちらから
livedoor プロフィール

donnjinngannbohnn