391

 日本経済復活の会の小野盛司会長が、マクロ経済モデル「日経NEEDS」を使い、2020年1月から消費税を5%、0%にした場合の経済変化をそれぞれ試算した。それによれば、0%にした場合、実質GDPの押し上げ効果は2年目で5.16%で567兆円に伸びることが分かった。

 一方、ハイパーインフレを懸念する人もいるが、消費者物価指数は0.9ポイントしか上昇せず、10年物国債利回りは0.11%にとどまる。「内閣府のモデルより10倍正確」(小野氏)な試算が、消費税減税・廃止という政策の有効性を数字で裏付けた。



山本太郎がほえる〜野良犬の闘いが始まった
高橋清隆
NextPublishing Authors Press
2020-01-20