北の国カラー🌻北海道暮らし日記

映画や小動物、食い物(とくに麺類)が大好きで、あとは温泉とハイボールがあればこの世は天国である怠惰な生き物の日記。 基本的に「見た・行った・食った」の話です。 旧タイトル「どんパパの映画&アレコレ話」を改題。

江別の老木並木道、無残

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です。
三連休、北海道江別市は天気に恵まれましたね。


台風21号の爪痕


DSC_1198

北海道地震ですっかり忘れていましたが、その前に江別を襲った暴風被害。
台風21号により、市内あちこちで開拓時代以来の巨木が倒されました。

DSC_1242
君らは大丈夫だったのか😞💨


豊かな木々が織り成す、緑のロケーションがお気に入りだった通勤ロードでしたが…
DSC_1203
DSC_1235

DSC_1237

DSC_1205


大麻宮町からJRのトンネルをくぐり、道立図書館へ抜ける道
図書館の綺麗な芝生と、道に枝を張りだし木陰をつくる樹林も、あちらこちら倒れていました。
危ない木は伐採されていましたが、まだ枝や葉が歩道に散らかってます。
台風のあとの地震対応で、それどころでなかったのでしょう。


老巨木の並木が…

DSC_1210
DSC_1213
DSC_1214
DSC_1215
DSC_1216
DSC_1217
DSC_1218
DSC_1219
DSC_1221
DSC_1227

とわの森三愛から国道12号への道。
両側に並んでいた巨木たちが、無残に伐採されていました。
台風で倒れたり、傾いでしまった。
根元の地盤から持ち上がってしまっている。
幾多の強風を耐えてきたのに、残念でならない。

これから秋の紅葉で綺麗になるところだったのに。

CYMERA_20180917_143006
CYMERA_20180917_143046
CYMERA_20180917_143143


江別一の老木は無事

千古園にあるキタコブシは無事だった。
園内の巨木たちも、ほとんど被害なかったようだ。

DSC_1311
DSC_1312
DSC_1317
DSC_1320
DSC_1322
園内にあるお地蔵さんのおかげかな。




江別市ランキング 

北海道地震 わが家の震災日誌【第二夜】1

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 
 
地震発生から16時間。
夜となり、全面的停電の暗さで町並みは闇に隠れる一方、空には綺麗な星がいっぱい。

江別市は大都会ではないが、隣りの札幌市も停電だから、普段では見られないような夜空が広がった。
わたしは見そびれたが、天の川が綺麗に見られたんだね。


ガソリンスタンドで二時間

DSC_1067
DSC_1072
DSC_1073
翌朝も早朝から活動開始。
まだ停電中で信号機は死んでる。

まずはガソリンスタンド。
停電だから、閉まってる店舗がほとんどで、開いた店に長蛇の車列が。

わたしの社用車もそろそろ残量ヤバイ。
何ヵ所かまわり、二時間近く並び、やっとレギュラー満タン供給できた。

DSCN3255
あるスタンドにて。
長時間並んだ挙げ句、これ見たら痺れますね、きっと。

車はスマホを充電するのに役立った。
エンジンはかけず、バッテリーだけ起動して窓全開で充電する。
ガソリン節約である。


買い出しはしなかったが…

DSC_1074
スーパーマーケットやドラッグストアーは、見ただけでぐったりするような長蛇の列。
入場者や購入品数を制限していたが、市民が殺到していた。
ろくな商品も無いだろうから、そちらには近づかず。

コンビニには数ヶ所寄った。
完全に閉店のコンビニもあったが、セブンイレブンはバッテリー式レジで営業していました。
だが笑っちゃうくらい商品が無い。

素晴らしいと感心したのはセコマ。
北海道の地元コンビニだが、道内ナンバー1の店舗数だ。

寄ってみたら商品はやはり無かったが、店内の調理キッチン「ホットシェフ」で、おにぎりを作って販売していました。
塩おにぎり&紀州梅おにぎりが140円&170円くらい。
しかも温かい。
これは有り難かったな。
セコマは車から電気を得るコードを常備しているとニュースで知った。


DSC_1075

入院中の家族の様子みに、病院へ寄ってみたら、普段売り切れなんてあり得ない「自動調理のハンバーガー、たこ焼き、台湾めし」の自販機が完売ランプ。
初めて見たよ(笑)



DSC_1076
清涼飲料水の自販機も「売れ筋」がわかってちょっと興味深かった。


再び暗い夜となり…

DSC_1060
ランタンは不自由しなかったが、所詮は非常用。
LDKを照らすには、やはり弱い。
他の部屋への移動にはミニライトを持ち歩き、電池の節約も兼ねて家族みんなが居間一ヶ所にいるようにしていました。
殺風景なり。


そうだ!プーさんがいた!

ゲーセンでゲットした「くまのプーさんプラネタリウム」があった。
納戸から引っ張り出してきて、電池を入れて起動してみたら…

DSC_1065

わぁ🌟プーさんの天の川やぁ~

DSC_1066

これは好評でした(笑)
まわるプーさんプラネタリウム~
わが家のエレクトリカルパレードが盛り上がった時に…


電気ついた!

テレビついた!

水でた!👏👏👏

午後9時15分頃、電力・水道復旧。
歓声があがる。

最初にしたのはシャワー( ^∀^)
もし、まだ停電続くようなら、明日は既に復旧した知人宅にお邪魔し、シャワーをさせて頂く手筈になってましたが、その必要もなくなった( ^∀^)

シャワーから勢いよく出るお湯!
もったいないから、小まめに止めるのは、ちょっと自分でも意外な変化でしたが、有り難みを痛感しました。

4日目、日曜日。
まだ店舗には商品がほとんど無いけど、ライフライン復旧したからもう不安はない。

余震が心配ですが、この二日間に不便した教訓を生かして、備えていこうと思います。
発電所完全復旧が当分見込めないので、計画停電もありとのこと。

道民の皆さま、お互いご用心を!

北海道地震 我が家の震災日誌【第一夜】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

今回の北海道胆振東部地震で亡くなられた方々のご冥福と、被害に遇われた皆さまへお見舞い申し上げます。

きのう(9月9日)の午後9時すぎ、わが家は6日早朝の地震発生以来、約42時間ぶりに電気と水が復旧しまして、生活もほぼ正常に戻りました。

江別市は震度5強でしたが、揺れよりも、これほど長い停電と断水が続いたのは人生初めての経験。
反省と教訓を得た二日間でした。


地震発生(9月6日午前3時8分)


実は地震発生の1分程前に目覚めまして、部屋の電気をつけてました。
するとガタガタと揺れ始めました。

IMG_20180908_124906_599

その直後、スマホの緊急地震速報が鳴りましたが、すでに大揺れで棚から次々と本やら雑貨が落下。
棚を押さえに動いたら、裸足で何かを踏んで痛かった。

DSC_1042
DSC_1043

揺れが収まり数分は、まだ電気が来ておりテレビも映っていました。
NHKからヤバい時に鳴るオルゴール音みたいな曲が流れたから、これは……
と思った途端に停電。
真っ暗になりました。

ベッド脇のテーブルに常備していた「心霊LEDランタン」を持ち、慌てて服を着る。

(心霊LEDランタンとは?・過去記事↓↓↓参照)



「あ!水!」と思い出し、すぐに蛇口をひねりましたが既に断水。

マンションは受水槽から電動ポンプで汲み上げるから、停電即断水なのは知ってましたが…油断してました😞💨
日頃、バスタブの残り湯は洗濯機で使うか、流しておりましたが、今後は常に水を張った状態を維持しないとダメですね。
二日間で済んだからまだよかった。
東日本大震災みたく数日以上復旧しない場合、ポリタンク程度では役にたちませんね。


殊勲賞は保安灯と安物ラジオ

DSC_1050

停電発生時に役立った保安灯。
普段はコンセントに差しっぱなしで存在すら忘れ気味でしたが、電力が落ちたとたんに点灯。
居間を足元から照らしてくれ、地震直後の慌てた状況のなか、大変助かった。

そして普段は脇役の安物携帯ラジオ。
単3電池1本で長くもった。
スマホのバッテリーを無駄にせず情報を得るのに役立ちました。
電力ダウンの災害時にはラジオ!
これは必須だと痛感です。


とりあえす職場へ向かった

ライフラインの仕事柄、震度5以上の場合は職場に緊急参集と決まっており、わたしは預かる部署へ社用車で向かいました。
時刻は3時半すぎ。
街灯が消え真っ暗な中、信号機が全て消えた国道12号線を江別市から札幌市中央区へ向かいました。

DSC_1045
とくに交差点進入は慎重に運転。
だがヘッドライトだけでは、横断歩道の白線を意識しないと、視界暗くて交差点を通過してしまう。

そんな状況で、出会い頭に衝突した2台の車が横転している事故現場に出くわした。


DSC_1046
あちらこちらで追突や接触の事故。
かと思えば、何故か信号機が生きてる交差点も数ヶ所ありました。
交通要所なのでバッテリー式なのでしょうか。


職場ダウン

到着。
職場のビルはSECOMによるオートロックで、カードキーにより出入りします。
最初二時間くらいは出入り可能でしたが、そのうちバッテリーが無くなりダウン。
カードキーでは開かなくなり、たまたま全員屋外にいたので事務所から締め出される形に。
誰も「鍵」を持っておらずSECOMも繋がない。
紆余曲折で普段は閉鎖してるボイラー室のドアから、ボイラーを乗り越えて社内に。
そして隠れ扉から「侵入」して、やっと事務所に入れました。
ちなみにSECOMは二日間、呼び出し音はすれど全く応答なし。
来いとは言わぬがせめてコールセンターくらい出ないのだろうか。

まあ、カードキー頼りで慌てる方も改善しないと。


早くもガソリンスタンド行列

DSC_1048

安全確認や関係先やりとりすませたあと、パソコンも電話も使えないから事務所閉鎖を決め、未着の社員には自宅待機を指示し、事務所にいた社員は帰宅させました。

この頃になると全面的停電で携帯基地局もバッテリーダウンしだし、通話やインターネットが繋がりにくくなりました。
この状況で一番確実だったのはCメールでした。

わたしも自宅へ。
早くもガソリンスタンド行列が始まっており、新札幌あたりの国道が渋滞でした。


断水で一番困るのは水洗トイレ。
飲み水は普段から備蓄しており、冷蔵庫にあるお茶類、箱買いの炭酸水などで当面は大丈夫なだけあります。
だがトイレはタンクの中身1回流したら終わりです。
まずはトイレ水を確保しなきゃ。


水を貰いに避難所へ

DSC_1047
江別市からの避難所開設メールが来ました。
避難所なら給水があるだろうと、非常時用の10リットル入るビニール製の折り畳み水タンク?を4枚持って大麻体育館へ。

ここでは給水車ではないが、体育館玄関口にある蛇口から「飲料不可の水」と、隣接の市役所大麻出張所玄関口に「飲料可の水」が出る蛇口がひとつづつあり、開放してくれてました。

のちにデマだとわかるが
「札幌も全域断水になる」と聞いたご婦人が、体育館の職員に状況を尋ねていた。
『え~?まじめに?』と内心信じそうになった。
これは札幌の立憲民主党議員がSNSで「水道局関係からの情報」としてデマを拡散したり、東札幌では共産党の宣伝カーがスピーカーで触れ回っていたのが発端らしい。
なにやってんだこいつら👊!


ここで汲んだ水を、自宅マンションへ持ち帰る…。
エレベーターは停止だ。
ヒイコラ汗だくで階段を40リットルを運びあげる。
これがもしタワーマンションだったら致命的だな、と思った。
トイレ1回流すと10リットル前後。

運びあげた水は4~5回分でしかないのだ。


非常時グッズ総動員令 

20180906_100345201

水を確保したら次は電気。
家にあるランタンや電池、照明器具をかき集めた。
単3電池は20本くらいあり、ラジオやミニライト、小型LEDランタンには十分な在庫だった。
キャンプ用の一番明るいコールマン大型ランタンは、単1電池4個仕様だが、4本しか在庫ない。こちらは節約だな。

重宝したのは手回し充電式のLEDランタン。
DSC_1057
右端のやつだ。
ぐるぐるハンドルを回すと明るくなり、蓄電少なくなっても「消えない程度に」灯り続ける。
ヤンマーの展示会で来場プレゼントだった。
無料で貰ったわりに大活躍。

他に手回し充電式のライト&ラジオ&サイレン&携帯充電 の優れ物があるのだが、2008年製で携帯充電口の形状が、今のスマホには合わなかった。残念😞💨



DSC_1056
やがて日が暮れてきました。
やることはやった。
暗くなれば外出は危険だから、もう飲んじゃえ🍺🙇

第一夜は晩御飯、冷凍庫にあった消費期限間近なものや、痛む前に消費した方が良い食材で、豪華なものになりました。

都市ガスが生きていたのが助かった。
本来、一番弱い都市ガス。災害時には復旧が一番遅いはずだが、今回はたまたまガスが止まらず、供給されていたのはラッキーだった。
それだけでも、停電断水生活は随分と楽になりました。


追伸
地震直後に裸足で踏んだのは、空母赤城のダイキャストモデルでした。
艦橋やアンテナが折れました。



                                         つづく


江別市ランキング

個人的VOW!残暑見舞い編

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です!

残暑見舞い申し上げます。
‥‥が、ここ北海道江別は快適です。
快晴でも気温は22~25℃以下で、カラッとした微風。
朝晩はちょっと寒いくらいです。

それでは夏の終わりにお笑いを。


悪い子はいねぇがぁ~

_20180902_155532
_20180902_155613
_20180902_160048
紳士諸君、この顔に注意するんだぞ。探偵だから。


シンジ君、落ち着きたまえ


DSC_0933
海老ラーメンだからか?
海老ぁんゲリオン‥‥


さ行の謎


DSCN3227
調味料は さしすせそ 
化学調味料を使っていないアピールか、深読みしすぎか。



ジュラシック‥

DSCN3221
DSCN3220
悪い子はいねぇか~


DSCN3219
部屋が渦巻き状。


いかがでしたか?( ̄▽ ̄)

それではまた5日
アディオス~

そろそろ冬支度? 牧草ロールをラッピング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、今日もお疲れ様です。
多少は暑さ、和らぎましたか?
こちら、北海道江別は、お盆休み以降、秋空の気配です。


石狩川沿いの牧草ロールをラッピング

江別の角山エリアを石狩川に沿って堤防を行くと、空が高く、雲もいかにも涼しげな筆跡だ。

DSCN3234
DSCN3233

青々した緑から作られた牧草ロールが、堤防河川敷を飾るが如く日干しされていました。


DSCN3231
DSCN3230
DSCN3240
堤防からは川が見えないほど広く、木々が繁る石狩川河川敷。


DSC_0910
IMG_20180820_231538_566
目標、体脂肪21%削減!
うろうろ歩いてるのは、単なる撮影ではない、切実なワークであります。
問題は寒い冬。
運動で歩くのも辛くなりますから、いま減らさねば!



綺麗にラッピング、これで冬も安心だ

DSCN3243
DSCN3244
DSCN3246
DSCN3245

日干しされてました牧草ロール。
本日はラッピングされ、整理が始まっていました。

牛たち、喜べ、新米‥いや、新草ロールだぞ~

カラス達は、なにかご利益があるらしく、おとなしくラッピング作業を見ている。
走り回るトラクターが、虫たちをあぶり出すのかな?

冬支度に向けて、がっつり食って脂肪を蓄えてください。


IMG_20180827_115920_590

わたしも蓄えに励みます。




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

カメラを止めるな !が止まらない    【ネタバレ無~いや微妙】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 
 
皆様、観てきましたよ!
話題の映画「カメラを止めるな!」 
一言でいえば

すっごい面白かった!!!


札幌の「スガイディノスの札幌劇場」は座席数が200を超す、いわゆる「札幌の一番館」
その大スクリーンが、新たに「カメラを止めるな!」上映館に加わった先週日曜日のこと。

わたしは朝の第一回目から行ったのだが、僅か300万円の低予算インディペンデント系作品が、この大スクリーンを大入り満員にするのだから、目を剥くような驚きだ。

だってこんなに面白いのだから拡大ロードショーも当然か!

むしろ上映館数が観客の「増殖」に追い付いてないね。


IMG_20180819_090941_761
20180819_085635002

20180819_090732763
須貝ビルのシャッターが開く前から、待つ人々が30人ほど。

札幌では、キャパの小さいミニシアターでの公開が先行だったが、あまりの人気ぶりに札劇でも上映開始となりました。
これでゆとりをもって観に行ける(^ω^)‥‥と思ったが、甘かった。

シートに座り十数分もたつと、館内満席に。
朝1番でこの大盛況は、わたしの体験ではタイタニック以来かと(笑)

「カメラを止めるな!」に噛まれて感染したリピーターも加勢し、席は毎回足りない。
そんな様子をメディアやクチコミで知り、ますます人が‥。



なにがそんなに面白いのか?


DSC_0941

ここから多少ネタバレ・ニアミスするから、観る気がある方は読み飛ばしてください。

自主製作映画への愛情賛歌だ

学生の頃とか、自主製作でビデオや8ミリで映画を撮っていた人ほどハマるだろうな。

わたしも、学生時代は自主製作やってた経験があり、監督・脚本・撮影から編集やアフレコもやりました。
しかもゾンビ映画(笑)

だから冒頭から見方は、作り手の側からの、ちょっと厳しい目線でした。

ワンカットシーンは「パワーはあるし、上手いんだけど‥粗さが滲むな」が観ながらの感想。
騒ぐほどの傑作とは思えないな~、とも頭の中で。

セリフの間が悪いシーンがあるが、何でだ?

ワンカットの焦りで、役者はアドリブの暴走、監督は演出が追い付いてないじゃないか😞💨
まあ仕方ないか、自主製作だし。

それでもまあ、若い頃に映画で遊んだ気持ちがシンクロしたから
「温かい目で最後まで付き合います」と、かなり辛めで観ていたが‥。


そんな知ったかぶり目線は後半粉砕されました。極めて綺麗さっぱりに( ノД`)…

映画に散りばめれた、いや、余裕なく散らかした感が見え見え‥‥の、あらゆる下手、違和感、妥協‥と思ってた演出の全てが‥なんと伏線だったのだ!

全部計算づくの仕込みだったのか~!凄すぎ、なんて奴だ!


そう気づいた時には、もう監督の術中にドはまりだ。
どっかんドッカン、仕掛けの罠にかかりまくり、爆笑の津波に溺れた。

collage-1534652911854
↑パンフレット✨嬉しい。
見た映画のパンフは必ず買うが、パラパラめくり終わりが殆ど。
今作品みたく全部読んだのも久しぶりだ。


観なきゃ損 のレベルが違うよ!

大仕掛けもない。
素晴らしいCGもない。

あるのは映画への情熱と体力、アイデアと直感だ。

観なきゃ損だとオススメするのは、物量作戦の大作ではなし得ぬ、そこに手が届きそう、手伝ってやりたい、楽しい、笑った、幸せだ~と心底思わせる見事な映画とはなかなか出逢えないからだ。

また、映画館のスクリーンと音響機器が拾う「監督の仕込み」を、観客が没頭し受信できる環境だから。
これをテレビで観るのはもったいない。


もう何を言っても無駄!

早く、あらゆるクチコミやメディアからのネタバレる前に、一刻も早く

観に行きなさい🙏

それが1番伝えたい感想です。


もう1度観たいな。
2回目も違う角度からの見方になるから楽しいだろうな。

イオンシネマ江別でやらないのかな~。



江別市ランキング 

素人カメラマンの札幌航空ページェント

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、夏休み楽しんでますか?
8月盆休みの連休に「札幌航空ページェント」が開催されるという、粋な日程の計らいでした。


丘珠空港緑地からの撮影①

航空ページェントのプログラム開始は午前9時。
少し早めに隣接する空港緑地に到着し、空模様を睨む。
すると曇り空がだんだん引いていくではありませんか!
DSCN2819


緑地の丘から滑走路を眺める。
会場前、機体展示の真っ最中。

それとは別に、鶴丸JALが「おはようございます‥」と、巣から出て来て仕事へ連れていかれた。
いってらっしゃい( ・ω・)ノ
DSCN2821
DSCN2824
DSCN2827
DSCN2829


札幌飛行場での撮影

DSC_0770

事前告知8時開場が、なぜか8時半になり、さらに9時になる不思議。
だって最初のプログラム「セスナ172」のオープニングフライトが9時からなのに、頑なに開場しない民間警備員。続々敷地に入る来場者で「道路にも人が溢れて危険」とやり取り聴こえたが誰も判断する様子ない。
暑いなか並ぶ人々からもクレームが出だした。
あれはちょっとダメな進行だね。

DSCN2840
このセスナは、道内最高齢パイロットが操縦する、ページェントではお馴染みの赤十字飛行隊だ。

最初の飛行展示なのに「縁故者」のみ入場させ、一般来場者は誰もいないというバカな光景。
ガラガラの会場を空から見たパイロットも、変に思ったろうな。


DSCN2851
DSCN2850
続いては、空自のUH60Jによる展示飛行。
わたしの目の前でホバリングを始めたら‥‥

DSC_0777
DSCN2858
チーム・ムロヤの看板が、激しい風圧で飛ばされ、こちらへ飛び込んできた!(笑)



対戦哨戒機P3C
DSCN2877


新型輸送機C2
DSCN2924

DSCN2927


展示飛行初登場、最新鋭の対戦哨戒機P1
DSCN2964
DSCN2967
DSCN2968


グライダーのデモ飛行
MDM1フォックス
DSCN2901
DSCN2904
DSCN2905


F15イーグルとT4の編隊飛行
DSCN3083
DSCN3110


懐かしきYS11は航空自衛隊の所属機。まだ現役で飛んでいたとは。
DSCN3151



丘珠空港緑地からの撮影②

いったん会場から離れ、ページェントを望むと、これまた違う光景がありたした。

DSCN3156
DSCN3154
こうして見ると、会場狭いな。



DSCN3164
お約束「ワルキューレ」と共に、ヘリコプター軍団が会場へ。
緑地ではまさに真上を通過する。

DSCN3166
DSCN3167
DSCN3163


ちょっと絵になるなぁ(笑)
DSCN3188
_20180812_171417



札幌ローカルテレビ局勢揃い‥‥あの局以外は

DSCN3134
TBS系列のHBC


DSCN3137
道内では、朝日読売より販売部数多い北海道新聞。
左にばかり旋回する。

DSCN3138
日本テレビ系列のSTV


DSCN3140
テレビ朝日系列のHTB

CYMERA_20180814_120544
側面には安田さん←❌  ONちゃんが描かれてます。


DSCN3144
NHK札幌


DSCN3145
フジテレビ系列のUHB

北海道の系列局勢揃い‥‥あ?
テレ東系のTVHがいないな‥

やはりお金が無いのだろうか( ノД`)…






江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

札幌航空ページェントでアクロバットパイロットの緊張感をみた! 《チーム・ムロヤ》

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、お盆休みいかがお過ごしですか?
連休スタート早々の8月12日(日)、陸上自衛隊の駐屯地である丘珠飛行場で、2年に1度の航空ページェントが開催されました。

collage-1534159425261

今年で30回目。
前回参戦したブルーインパルス、今回は来ませんでしたが、36機の地上展示や20に渡る飛行プログラムは、道内で千歳基地航空祭に次ぐ規模のイベントです。
DSCN2891
DSCN2893



航空ショーの華 チーム・ムロヤ


演技前の機体では、宣伝用スチール写真の撮影が行われていました。
室屋氏のヘルメットを機体に飾り、いい絵になります。
これは逃す手はない!
相乗りさせて頂きました📷!

DSCN2934
DSCN2933
DSCN2946
DSCN2949
DSCN2951

室屋氏は数々のエアレースに参戦し、2017年にはレッドブル・ワールドチャンピオンに。
アジア人初の快挙だ。

札幌航空ページェントや千歳基地航空祭では、毎回チームムロヤを率いて、華麗なアクロバット飛行で観衆を魅了している。


エンジン始動前の精神統一

いよいよプログラムの時間が迫り、室屋氏が観衆に挨拶しながら登場。
愛機エクストラ300Lに乗り込んだ。
DSCN2972
DSCN2976


スタッフと打ち合わせしたあとは、シートでじっと精神統一。
ファインダー越しでも緊張感が伝わってきました。
DSCN2978
DSCN2981



エンジン始動!

タキシングのあと滑走路へ。
そのまま素直に離陸かと思いきや、スモーク吐きながら派手にターン!

DSCN2990
DSCN2994
DSCN2993
DSCN3007
DSCN3009


観衆の注目を掴むド派手な離陸。
一気に空へ!
DSCN3018


丘珠の空、ところ狭しと乱舞

DSCN3029
DSCN3038
DSCN3044
DSCN3060
DSCN3063
DSCN3068

地上を掠めるように飛び回り、高空からキリモミ回転落下し、機体引き起こし‥。
カメラも追い付かぬから、勘でシャッターを切った。

観衆からどよめきが湧く。
DSCN3036



帰還、そして喝采

DSCN3091
DSCN3090
DSCN3088
DSCN3093
DSCN3094
DSCN3096
DSCN3102

今回は朝早くから並んだ甲斐あり、絶好の撮影ポジションでした。


千歳基地航空祭にて747ジャンボ政府専用機とのコラボは見納め

こちらは蔵出し画像。
先月開催された、千歳基地航空祭にて撮影した演技前の室屋氏。

そして航空イベント最初で最後の、二機揃った747ジャンボを、室屋氏の愛機が飛び抜けるシーンです。
CYMERA_20180813_203635
CYMERA_20180813_203738
CYMERA_20180813_204612
CYMERA_20180813_204709
CYMERA_20180813_204904


札幌航空ページェントが終わり、わたしの夏も終わった・・・(;´Д`)



江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

「水曜どうでしょう」テレビ局の引っ越し

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


皆様お疲れ様です!

来たる9月18日に、あの「有名ローカルテレビ局」が引っ越します。

「水曜どうでしょう」を制作する北海道放送〝HTB〟が、開局50周年の節目に『札幌中心部』へ移転してしまいます。
しかもかなり洒落た高層ビルへ。


ありがとう南平岸

IMG_20180808_121543_202
夕日を受けて紅く輝くHTB社屋。
安田さん‥‥ではなくONちゃんが屋上で愛想笑いを振りまく姿を見られるのも、あと僅かです。


_20180807_180050
IMG_20180808_121543_185
_20180807_175909
現在(平成30年8月9日)、社屋には「ありがとう南平岸」と書かれた垂れ幕が。
番組で撮影を担当した嬉野D直筆であります。

まもなく開局以来の地に別れをつげ、札幌駅近い複合高層ビルに移る。

34

既にぼちぼち引っ越しも始まったようだ。



正面エントランス

IMG_20180808_121543_218
「水曜どうでしょう」の番組内では一度も登場しなかった正面玄関。
この奥には『どうでしょう特設コーナー』の展示があり、いまだにファンが訪れます。



社員通用口

IMG_20180808_121543_206
一方で、殆ど注目されない「裏口」である『社員通用口』は、何度も登場した番組定番のロケ地でした。

無謀な旅に出発する前振りの段階、大概この場所で早朝ロケを敢行し、大泉洋を騙して新千歳空港へ向かっていましたね。

伝説の「ビストロ大泉」がホワイトクリスマスの夜に開店したのもこの場所。

まさにこのアングルで、シェフ大泉の「火力弱い」創作料理。

待ちきれず、酒に酔って喫煙するON(安田さん)

早朝に出社してくるテレビ局関係者を捕獲し、無理やりシェフ大泉の料理を「お見舞い」する場面‥‥(^ω^)

最終的には、当時の朝情報番組「早起き熊さん」にミスター、大泉洋、ONちゃん(安田さん)が生放送乱入‥
「俺たちは早起き熊さんより早起きしてやってるんだ!」とボヤキながら(笑)

あれは神回でした(笑)



平岸高台公園は残る

IMG_20180808_121543_234
移転後に現社屋はどうなるのか?
おそらく解体され、マンションにでもなってしまう気がする。
そもそも、南平岸はテレビ局があるような町ではない。

札幌にある他のローカル局(HTB STV HBC TVH NHK)は、すべて札幌都心部。
唯一遠い住宅街にあるHTBは異色だ。

番組オープニングとエンディングを撮影した、公園だけはそのまま残り、往年の雰囲気を伝え続けるのだろう。

しかし、局が解体されてしまったら、社屋から近い公園の距離感‥‥番組当時の雰囲気~予算無いから、出演者二人、スタッフ二人で、機材抱えて局から歩いて公園へ‥‥を実感できなくなります。

ファンの諸君!時間は無いぞ。
今のうちに巡礼をおすすめする。



個人的VOW!  暑さで錯乱スペシャル

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

内地の皆さま、避難しましょう!
北海道へ🌞
ここはまだ、(映画)デイ・アフター・トゥモロー的な気候変動から免れた地域ですよっ

そこからお送りする「町の変なもの」シリーズ、納涼スペシャルです(^ω^)



■遊星からの物体X
DSC_0676
江別市民憩いの場である泉の沼公園にて。
おぞましくも人間に擬態する途中らしい  (;´Д`)



■プーさんヤバい商売

DSC_0659

DSC_0657
自転車買うか、ハチミツくれなきゃ‥‥
病気がついてくるんだ。
本当だよクリストファー・ロビン🐻



■こちらもヤバい商品
CYMERA_20180805_090229
幾らなのか気になる。




■月刊ムー 総力特集:極ジャンプの証拠が北海道に!
DSCN2260

南北逆転。これは学会騒然間違いなし。



■腹がへったら‥‥
DSC_0245
DSC_0244
DSC_0240

はらへーた・・・(;´Д`)
江戸古風な看板があちこちに。しかし平成時代の店は廃業という、タイムパラドックス!



■北海道あるある


DSC_0218
よくある意味不明な命名。
アイヌ由来ではあるが。



■入居者募集
DSC_0151
「ふんどし」と空目しました。
なかなか満室ならない理由はこれかも😞💨



■内科受診確定
DSC_6404
DSC_6405
ホルモンは注射で。



いかがでしたか?(  ̄▽ ̄)

吟味した珠玉の変なモノたち。

また会う暇で!
アディオス~🙇

北海道も30℃超え!  牧草ロールロードで涼風ウォーキングはいかが?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、先週末から北海道江別も30℃超の毎日です。

IMG_20180729_131232_024

とはいえ、札幌管区気象台の発表は、体感温度より低い評価だが‥。
どちらにしろ、本州を襲う酷暑とは、比べるのも申し訳ないレベルだ。



DSC_0624

それでも我が家のバルコニー「控え目な菜園」も、暑さで元気なく萎れます。
適時、水分を与えつつ。


そして、わたしは自分に水分与えます。
お神酒を。。。アテはサラダ。

暑気払い(^ω^)  
身体をクールダウンしてくれますね。
DSC_0634

CYMERA_20180729_125141


これは、たくさんウォーキングしたご褒美。

そのウォーキングコースは今回初めての場所でした。


新角山排水機場からの石狩川堤防ロード


CYMERA_20180729_150620
江別市民ならご存知、国道275からアースドリーム(動物園&農場)の近くにある「新角山排水機場」がスタート地点。

日本を代表する大河のひとつ、石狩川が流れるほとりだ。

DSC_0548
なにせ大河だ。
農業地帯を護る排水機場からですら、川が全く見えない広い河川敷。



石狩川堤防ロードは牧草ロール

DSC_0545
DSC_0547
DSC_0544
DSC_0554
IMG_20180728_090253_393

子供時代大好きだったお菓子「コロン」の、巨大バージョンに見える(^ω^) 

牧草ロールが、堤防の遊歩道に沿って延々と。



河川敷なのだから石狩川を見たい


広すぎる河川敷。
生い茂る木々は普通に樹林だが、豪雨増水時には沈む場所だ。
これだけ広大な容積を満たす豪雨は、過去数回見た。

DSC_0590
DSC_0592
DSC_0593

川というより、湖の如く、岸辺に当たる水の音。
気持ちよい音です。


DSC_0561
遊歩道に戻り、先へ。
白いのがたくさん。
羊か?


DSCN2715

いやいや、これも牧草ロールです。
白いラッピングバージョン。


羊かと思って、ジンギスカンを連想したが、草だったか。がっかり。

羊たちの沈鬱



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

LED怪談

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 
 
皆様、暑さに体調崩していませんか?
酷暑お見舞い申し上げます。

夏は怪談。

今宵は「LEDランタン」にまつわる真面目な「LED怪談」の 北の国ホラー。

ダイソーのランタン

CYMERA_20180725_220837

わたしが100均でこのLEDランタンを買ったのは、今から二~三年前。

ダイソーで売っていた「300円商品」で、単三電池を四個使うタイプです。

DSC_0123



ある日落下物でアクリル製のカバーが割れてしまった。
しかし、安いダイソーのランタンだ。
たいして気にもせず、部屋の隅に放置していた。

DSC_0125



それをベッドの横に置いた‥

理由は思い出せない。
棄てても構わなかったが、いつの間にかベッド脇のナイトテーブルに、このランタンはいた。

もともとあったLEDライトが眩しすぎたからかもしれない。

安物ゆえ、力弱く、ほんわりとした点灯が、逆に睡魔の邪魔にならない光加減だったからか。


使い古しの電池

ある夜、消灯しランタンを点けたら光が弱い。
電池切れだ。
生憎、手元に新品単3電池はない。

ふと見たら、使い古しの単3電池が四個、書棚に転がっている。


DSC_0141
試しにランタンに入れてみたら、ぼんやり点灯した。

壊れかけたランタンには中古電池で充分だ。

点かなくなったら、どっちも廃棄すればよいのだから。

そんな気持ちで使い続けたのだが。

ある夜、気づいた

「こいつ、いつ電池切れるんだ?」

使い古し電池を入れてから、もう何日? いや、何週間‥‥、まてよ、もう1ヶ月以上、そのままでないか?


電池を取り出して、他の家電に入れてみたが作動しない。
当然だ。
そもそも電池切れのやつだった。

DSC_0124
殆どパワーも無い電池でも、ぼんやり点灯するような、高性能なランタンなのか?

あちこち確認したが、製造国の表示すら無い。

不思議に感じながら、ちょっと興味わき、古い電池をランタンに戻した。
「いつまで点くだろうか見てやろう」


ありえぬ寿命

CYMERA_20180725_224031
寝入り端にスイッチを切ることなく、つけっぱなしで朝を迎える。
灯りは消えている。
夜スイッチ入れると、ぼんやり点灯する。
先週も、きのうも、今夜も。
いくら何でもおかしくないか?


ちょっと気味悪くなった夜

もう毎晩意地で、ランタンを点灯したまま眠りに落ちる毎日を繰り返した。

さすがにそろそろ終わりだろう。
スイッチを入れる。

DSC_0499
青っぽい、ぼんやりした光。
だいたい白色か白熱灯色ならわかるが、青白いのって何だよ。
まるで燐光のようだ。

何気なしに、カメラを向けたら‥‥



シャッターが勝手に二回作動

指は軽く触れたか触れないか程度なのに、敏感すぎるシャッターに違和感を感じた。


ちょっと背中が寒い、嫌な感じだ。
モニター再生してみたら‥‥

CYMERA_20180725_223930
CYMERA_20180725_223733



江別市ランキング 




千歳基地航空祭でブルーインパルスを堪能

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

2018 千歳基地航空祭!(2018年7月22日)
前回記事に続き、当日行われた「ブルーインパルス」展示飛行の様子です。


エンジン始動(^_^ゞ

DSCN2413
DSCN2408
DSCN2420
DSCN2427
DSCN2429
1番~6番機。
ブルーインパルスのパイロット達が、ひとりひとり、見守る観衆の前で愛機に乗り込み、離陸準備。
7番機は予備機だ。



タキシング

DSCN2433
DSCN2435
DSCN2440
DSCN2444

数年、航空イベントに通ううちに、耳をつんざくエンジン音にも慣れました(笑)

千歳基地、この日は生憎の雲がひろがり、午前中の展示飛行は殆どが中止か、雲に遮られて見えず。


↘️ちなみにこれ、政府専用機の離陸。すぐに雲に隠れてしまい、観衆から落胆のため息が。
DSCN2331



奇跡の天候回復!

DSCN2463
DSCN2465
DSCN2464
DSCN2466
DSCN2467

昼になり、基地上空ぐんぐん雲が引く。
高い雲は残ったけど飛行には支障ない。
ブルーインパルスのプログラムがスタート!



政府専用機との共演

DSCN2484
DSCN2489
DSCN2491
来年引退する政府専用機・747ジャンボ機。
初の二機が揃い踏みの上空を、ブルーインパルスが飛ぶ光景は、おそらく最初で最後になる。

目に焼き付けた。



熟練の華麗な妙技

DSCN2500
DSCN2501
この距離感覚で背面飛行!



IMG_20180723_130241_358
目にもとまらぬ早さ。
後で画像で見て、改めて操縦テクニックに感心する。



DSC_0396
DSC_0397


DSCN2560
DSCN2527
DSCN2517


空にハートを描いた。
雲が邪魔でしたが、北海道でブルーインパルスのハートを見れたのは2016年7月の札幌航空ページェント以来。

_20180722_202959


↓2016年 札幌丘珠にて
15ff2877



着陸

DSCN2610

DSCN2619

DSCN2622
パイロットさん、今日も無事に飛行を終えてホッとしたのかな?



DSCN2626
子供たちからパイロットに労いの花束贈呈。


DSCN2572
久しぶりのブルーの飛行に、みんな嬉しそうだ。
大盛況の航空祭。
プログラム変更でトリは「レッドブル・エアレース・パイロット」室屋義秀さんによる曲技飛行だ。

千歳基地航空祭で政府専用機747ジャンボ機がファイナル!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 

 
皆様見て参りました!
毎年恒例、航空自衛隊千歳基地の航空祭が、今日(平成30年7月22日)開催され、数万人で賑わった。


_20180722_201832

今回わたしは、来年3月に引退となるボーイング747-400型・政府専用機が目当て。
しかも二機が揃い踏みです!
実はイベントで二機が揃って駐機したのは、これが初めて。
最初で最後になるかもしれない、貴重な時間でした。

747ジャンボ機は、こちらでのイベント参加がファイナルとなります。



DSC_0292
DSCN2354
DSCN2361
DSCN2380
DSCN2382

1991年から二機体制で運用され、無事故で世界の空を飛んだ。
747型ジャンボ機自体も、国内線から消えて久しい。
日本が運航する、旅客用途の747型ジャンボ機としては、この二機が最後だ。

DSC_0323
毎年航空祭に来てるけど、こんなショット、今まで無かったな。
嬉しいが、反面寂しい。





DSC_0317
DSCN2394
機体側面の貨物室からも、自前タラップが降りて乗降できるようになっていたよ。


DSCN2395
DSCN2399
エンジンカバーを開けてくれました。
こんな姿、なかなか見られない。


DSCN2351
本来はF15戦闘機を従え、観衆の前を展示飛行する予定だったが、午前中は雲が低く、断念。
単機での低空飛行は披露できた。
CYMERA_20180723_095303




DSCN2491
午後は天候回復。
ブルーインパルスがジャンボ機をかすめるように妙技を披露。

DSCN2450
ジャンボ機とブルーインパルスの共演も、これがファイナルか。



CYMERA_20180723_095900

早朝、専用ハンガーからの移動前。
こんなショットも珍しい~。



DSCN2309
インスタ映えするなぁ(笑)



DSCN2310
747 FINAL の旗。
1993~2019、実によく働いた。




IMG_20180722_213840_594

それではいって参ります!と、記念撮影もやってました。
いい記念です。

しかし、内部を見たかったなぁ。



_20180722_201848
その内部や機体スペック、解説や写真満載の航空自衛隊発行「政府専用機パンフレット」を現地で頂いた。
これもまたいい記念になりました。


コールサインは「シグナス」
白鳥座と呼ばれた美しい機体も見納めだ。
残る任期を無事故で安全に。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 

納涼・地図にない池にて~北海道江別市の中島エリア

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


本州が連日の酷暑。
内地の皆様、お見舞い申し上げます。
ニュースで見聞きする気温が、北海道に比べたら異次元です。
わたしなら耐えられない。

日本の夏はいつからこんなに凶暴化したのか‥。

そんな暑さに、せめて涼しい北海道風景を。
DSC_6467


中島、田園風景を行く

中島というエリアは、国道で区切られた、町の外れにある田園地帯。
江別市民でも、訪ねる理由がないと来る機会は殆どない。
DSC_0014




中津湖という、篠津川から分離した池がある。
釣り人が数人。
何が釣れるのかな?

そのほとりにクルマを停めて、さあ、歩こう!

CYMERA_20180615_170053
DSC_6180



中津湖の「産みの親」である篠津川は、すぐに石狩川へ合流している。

その石狩川は日本有数の大河で、河川敷の広さも「堤防からでは川が見えない」くらい。
その堤防に整備された道が続く。
車は全く通らないから、ウォーキングには最適だ。
DSC_6252

DSC_6174



広々した田園に「そよ風」というヤツが吹くと、気持ち良き事この上ない。

野幌原始林ウォーキングと違い、虫も少ないのがいいね。

IMG_20180708_125604_702



Googleマップを見ながら進む。
先のコースが、ぐるっと一周できて、クルマを停めた中津湖に戻れることがわかった。

ふと見ると、堤防道より降りた先に池が見える。

池に至る道は足元は草が生え、歩きにくいが人の手で草刈りがされているようだ。
農業用の溜池だろう。

DSC_0021



現在地でもマップには池に無い。
マップを見て気づいたのは、自分は石狩川堤防を歩いてると思いきや、いつの間にか篠津運河の畔にいたこと。

どつゆう地形だ~?
ここは川や運河が交錯する、かつては水害が日常茶飯事だった場所らしい。

Screenshot_20180714-104339



水草が浮く名もなき池に、空が映えます。
DSC_0023

DSC_0025



ここが江別市内か?
ちょっと秘境感が漂います。
静かだ‥。
いいね、ここは。

DSC_0022




秘境神社と運河の巨大水門

地図にない池を後にして、集落を歩く。
牧草ロールが積んであるということは‥。

DSC_0078


牛さんがおります。
昼御飯中にごめんよ~
DSC_0081


普通の民家みたいな神社がある。
「巣守神社」という社だ。
DSC_0075


小さな集落を歩く。
DSC_0072
DSC_0069




北海道の開拓時代を支えた物流の動脈が残っている。
「篠津運河」だ。
川に見えるが、これは人工の水路で、かつて船が荷物や人を運んでいた。
当時はまだ森林地帯だったから、陸路より安全確実だったのだろう。
DSC_0043


その篠津運河にある水門。
昭和56年8月に、江別を呑み込んだ水害のあとに作られた治水施設だそうだ。

DSC_0046

DSC_0053


頑強な鉄の水門が出来て以来、江別
に水害は無い。

「コンクリートから人へ」などと、聴こえは良いが、ただのパフォーマンスだった民主党政権時代の事業仕分けで目の敵にされた治水事業。

蓮舫氏がバッサリ斬ったことで、遅れた事業もあるだろうな。


DSC_0050

暴れ川を手なずけた、治水事業勝利のモニュメントがこの水門だ。
昨今の異常気象で安心は出来ないが、これが存在するのは有難いことだ。

西日本各地に甚大な被害をもたらした水害。

蓮舫氏が「対策が遅い!」と政府批判してるのをニュースで観たが、貴女が言うのかと。
国家百年の計よりパフォーマンスの愚は、もう御愛想だ。


当別・秘境グルメはエゾシカバーガー 「ジビエ工房」

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

「火星人北海道の農村を襲撃す!」
前回からの続き。
村から脱出の果てに川に飛び込み、気がついたわたしは…

DSCN2154



エゾシカ肉の加工・直売所を発見す

DSC_6331
DSC_6333

雨と霧に煙る北海道当別町内の道道28号線。
鮮やかな幟とテントが目立つ。
付近は山と畑しかないロケーションだ。


DSC_6337
DSC_6345

ここはハンターにして加工も行うオーナーが経営する直売所だ。
エゾシカ肉は臭みがあると食えたものでない。
下処理が難しいから、一般に食肉としては殆ど流通していない。

こちらジビエ工房さんは、丁寧な下処理で臭みのない生肉やソーセージ、サラミやジンギスカンといった商品を販売する。


DSC_6340
DSC_6338
DSC_6344
DSC_6346

3年前(2018月7現在)に開業。
元は新鮮卵を販売する直売所だったそう。
明るく清潔な店内に掲げられた各種メニュー、どれにしようか迷う~。

店員さんにお勧めを尋ねたら、鹿肉バーガー推しでした。



エゾシカバーガーとフランクフルト!


待つこと数分。
エゾシカバーガーです。
DSC_6358

バンズにエゾシカ肉のメンチカツとキャベツが挟まる。


こちらがエゾシカフランクフルト。
結構太いから、じっくりボイルしてから焼いたもの。
食べやすい大きにカットしてくれます。
DSC_6357



イートインスペースは屋外テント

DSC_6368

きょうは平日で雨。
しかも場所が場所だけに、道を通るクルマだって少ない。
わたし一人占めでした。


DSC_6359
DSC_6363
DSC_6367

では、いただきます
パクリ!

旨い!
臭み、クセが無いのにびっくり。
美味しく頂きました。
低カロリー・高タンパクで鉄分やDHAが豊富な鹿肉だが、日本人には獣臭さのイメージが固定されている。
しかし、下処理をきちんとした鹿肉は旨いのだよ。
ただ、それができる加工処理施設や職人が少ないのだ。

下処理が上手な鹿肉料理では、岩内町のペンションで食べたステーキや、とくに糠平温泉にある鹿肉レストラン「ナウシカ」が美味かった。

↓↓↓過去記事



DSC_6352

冬の間は休業(確か直売所は10月まで営業と言ってたかな)

エゾシカは数が年々増えて、やむなく駆除されているが、食肉として栄養価も優れているのに、利用しないのはもったいない。

「エゾシカの命を無駄にしない為にも、社員一同邁進しています」

直売所のパンフレットに書かれていた言葉に共感しました。
生き物の命を大事に、そして有難く頂かねば。


■株式会社ジビエ工房・直売所
北海道石狩郡当別町字青山77の内

事務所
石狩郡当別町六軒町71-50
電話 0133-23-2900

火星人、北海道の田舎町を襲撃す! 球形灯油タンクを妄想3

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


皆様お疲れ様です。

きょうは久々に妄想を。
火星人がいたのです。


球形の灯油タンク

北海道の必需品である屋外灯油タンクは、一般的には490リットルを貯蔵できる「角形」が主流だ。

KS1-500MC490MC-150

北海道ではこうゆう屋外タンクが、灯油で暖房する一般家庭には、当たり前に置いてある。

一方で、かつて製造されていた古い球形タンクを、たま~に見かけることがある。
球形タイプは生産中止になって久しいが、耐久性があるので今も現役で使っている所がある。


CYMERA_20180629_150410

角形より貯蔵量は少なそうだが、安定感と何となく生物的に見える見栄えが特徴。
都会より田舎町に多く残っているようで、農村ではメロンのコスプレをしたタンクもあった(笑)


ところで、H.Gウェルズの古典SF小説「宇宙戦争」。
何度か映画化されておりますが、球形タンクを見る度に、わたしは「宇宙戦争」に登場する火星人の三足歩行戦闘機械を連想してしまう。

そんな訳で、以下妄想。


火星人の侵略!破壊された村からの脱出!

霧に煙る北海道の山奥。
とある村にクルマで向かったわたし。

DSC_6327



村に着いたが、家々が破壊されている。
いったい何が…?!村人は何処へ?
DSC_6320
DSC_6317



村人を探していたら、奇妙な音が聴こえた。
確かめに行くと…
気味の悪い物体が着陸していた!
宇宙船だ。
DSCN2149
DSCN2152



撮影してるわたしの背後に気配を感じ、振り返ったら…
なんだこれは?
三足でこちらへ向かってくる!
DSCN2121



後ずさるわたしの左右からも、謎の三足歩行機械が!
囲まれる!
DSCN2122
DSCN2123



必死に逃げた。
トンネルの向こうには交番があったはず。
DSC_6325



交番は潰れていた。
唖然としていたら…
DSCN2138



奴がわたしを見ていた。
DSCN2132


もうこの村は奴らに制圧されたのか。
村人は全員拉致されたのか、それとも…

住宅や農場の陰から、次々と三足歩行機械が現れ、わたしを追ってくる!
DSCN2129
DSCN2134
DSCN2137
DSCN2131



ある住宅の前で、歩行機械に戦いを挑むニャンコ戦士がいた。
睨み合っている。
DSCN2144


頑張るんだぞ、ニャンコ戦士!
IMG_20180701_072848_994




わたしはとにかく、逃げに逃げた。
道端の標柱が、不思議な折れ曲がり方をしている。
奴らはいったい、どんな兵器で…
DSCN2127



やがて不気味な名前の川が、行く手を阻む。
うしろから、わたしを追ってくる三足機械の音が!
DSCN2139


わたしは恐怖に駆られ、霧に煙る川に飛び込んだのだった…
DSCN2155



気がつくと、わたしはハンターに助けられており…
DSC_6345


彼の店でエゾシカバーガーをご馳走になったのだった。
うま鹿~
DSC_6333


つづく





江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

個人的VOW!町のヘンな物お代わり

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です。

町のヘンなモノや看板を探し撮りし、ひとりニヤッと笑う。
(個人の感想です)

今回のVOW!達は、「ちょっと大人の」ヘンなモノも。良い子は見ちゃダメだよっ…



観る前からもっこり

CYMERA_20180620_223801
CYMERA_20180620_223835
AVヒーローの決めポーズ!




脳天気な神様…

CYMERA_20180620_224013
首から下も守ってください。



大泉洋がよく来る?

DSC_6200
ギリギリセーフ



路傍の石像様

DSCN2043
怖いから、こちらを見ないでください



神社にて Part⒉

CYMERA_20180623_233847

そんな願いでいいのか?



森もっこり

DSC_5189
通報レベル
お巡りさんこの人です




こんなトイレは嫌だ

1254eb8b
ここで鉢合わせしたら、どちらが被害者か?


如何でしたか?( ̄▽ ̄)

では股!
アディオス~





江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

45㌔/hで行こう♪。.:*・゜北海道的風景「サラブレッド銀座」

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 

皆様お疲れ様です。
疲れたら、ドライブ!
こうゆうストレス解消法は、皆様もやりますよね。
そんな時に走りたい場所は…。


サラブレッドの里を走る

北海道・新冠町。
にいかっぷ と読む。
サラブレッドの馬産地として、隣接する新ひだか町と共に、競馬ファンには知られた町だ。

ホームタウンの江別市から高速道路で約2時間、カメラ片手に馬探し。

DSC_6072
DSC_6083


国道235から「銀座」への道

サラブレッド銀座とは、道沿いに「競走馬を飼育・生産する」牧場が多数連なる、新冠町自慢の観光コースだ。

わたしは新冠の隣町「新ひだか町」から「銀座」へと向かう道程が好きだ。

国道からわざと離脱し、あえて裏道を行くのをオススメする。
そこに風景画の世界がある。

DSC_6096



ドライバーも馬も 解放される道


柵で隔てられてはいるが、1頭~数頭を囲うには、あまりに広い敷地の放牧場。
贅沢なスペースは、手入れの行き届いた牧草地で、絵葉書のような景色が連続する。

DSCN1962
DSCN1966
DSCN1954


この環境なら、馬でなくても駆け出したくなる。
大事に大事に育てられている馬たち。
オグリキャップもここを駆けていたのか。
DSCN1970

DSC_6129
DSC_6137
DSCN1980



ハンドルを握りながら自然と笑み


もうストレスも妬みも、嫉みも金銭欲も、食欲以外はすっ飛ぶ気分。
時速は45キロで行こう。
名画のような風景、すぐ走り抜けるのは野暮だ。
DSC_6080
DSCN1995
IMG_20180614_184343_834
IMG_20180614_184343_833
DSCN1977
DSCN1978
DSCN1972


ツヤツヤした毛並みのサラブレッドが、草を食み、じゃれ合い、走りまわる。

いずれG1レースで、ファンファーレの中、歓声を浴びる名馬かもしれぬ。



IMG_20180614_184343_835

その日までのんびりするがいい。
お前のご健勝を祈念するから、いつかわたしを儲けさせてちょーだい´ω`)ノ




江別市ランキング 

セコマの「山わさび塩焼そば」実食!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様いただきました!
セコマのプライベートブランド商品「山わさび塩焼そば」を。


北海道ナンバー⒈コンビニの新作

DSC_6143
DSC_6145

道民にはお馴染みのセイコーマートが開発した、カップ焼きそばの新境地。

山わさび+塩焼そばの組み合わせは、今まで考えた事もなかったな~。

早速いただきました。


パッケージには「刺激がつよい」と警告が。
ワクワクしますね。

DSC_6148
DSC_6146



かやくとソースから成る、ごく一般的な作り方です。
お湯をそそぎ三分で湯切り

液体の塩ソース色は、光にかざしたら琥珀色っぽさがある。

DSC_6151


手早くソースをかけて、まんべんなく混ぜ混ぜ。
かやくはキャベツとサイコロ肉だ。

DSC_6154

DSC_6155



万一の際の辛さ対策として、ノンアル・アサヒドライZEROが待機。

DSC_6159



一口目で陥落


それでは頂こう~。

DSC_6156
DSC_6160

強烈!
一口目が喉を通る前に、山わさびの「ツン!」とした刺激に、わたしの気管が誤作動した。
とんだくせ者だが、間違いなく山わさびが効いてる。
初っ端からドライZEROで救急措置です。

DSC_6163

二口目、やはりむせる。
三口目、多少慣れたがむせる…。



山わさびの強烈さに味を忘れる

DSC_6165

慣れた頃には完食です。
山わさびの刺激との闘いに翻弄され、食べ終わってみれば「塩焼きそば」だったという以外、記憶がない(笑)
山わさびの香りが圧倒的な為、焼きそば自体の味は霞んでしまい、美味かったのか不味かったのかも正直よく掴めなかった。

面白かった(๑´ㅂ`๑)
話のネタにはなる商品だし、税込128円にしては、山わさび推しの看板に偽り無し。

お試しあれ。
ただし、気管の弱い方や子供は、やめた方がよいかも。
これも看板に偽り無し。




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村
記事検索
プロフィール

どんさんパパ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ