北の国カラー❄️北海道暮らし日記

映画や小動物、食い物(とくに麺類)が大好きで、あとは温泉とハイボールがあればこの世は天国である怠惰な生き物の日記。 基本的に「見た・行った・食った」の話です。 旧タイトル「どんパパの映画&アレコレ話」を改題。

江別の秘かな廃バスツアー

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 
 

皆様お疲れ~です。

月曜日。
寝違え後遺症二日目で、首が半分しか回りません。
借金で首が回らないよりマシか。


もうタイヤは回らない

北海道江別市の、とある郊外にある遊歩道。 
うっかりすると見逃してしまうが、廃バスが隠れている。

DSCN3597
DSCN3600


この廃バスは、クルマで通りかかるだけなら決して見られない。
歩いて初めて見ることができる。

DSCN3598


JR北海道バスの燕ロゴも、なんのデザインやら判らなくなってるね。
何年ここで物置として余生を送っているのかな。
DSCN3599



こちらも江別郊外、とある場所。
町に被害与えた台風21号のせいか、囲いが剥がれた為、密かに鎮座していた「札幌市営バス旧ボディカラー」が露わになっていたのを見つけた!

DSCN3603
DSCN3604
DSCN3605
DSCN3608

こちらはかなり古い車輌かな?
リアボディ、とくに後部窓枠の造りに年代を感じる。
道から見える囲いの隙間以外は、他人様の敷地ゆえ近づけず、遠目から撮影。


のどかな町外れ。
廃バスはまだまだ隠れていそうだ。
DSCN3601


奥深い廃バスワールド

こうゆう廃バスに魅力を感じ、探索し撮影し、密かに楽しむ趣味の世界があることを知る。

わたし自身は、この世界の知識は浅く、ただウォーキング中に見つけた廃バスを撮るくらいです。


過去に見つけた廃バスたち。
とくにこの「札幌市営バス旧ボディカラー」は、今にも動きだしそうだ。
いや、実際に今も動いていた(敷地内で)
a13fb312


石狩の岸壁で漁具置き場として余生を送る「じょうてつバス」
73a25692
d6d422e5


そんなある日…
廃バスが公道を走ってる!
あわわ( ノД`)…幽霊バスか~

_20181119_211853

牽引されてる廃バスでした。
ドナドナどーなードナ~♪
どこへ曳かれていくのやら。

真っ昼間に廃バス霊かと期待しましたが、今度こそは本当に廃棄される廃バスに出会った、ちょっと悲しいシーン。





江別市ランキング

千古園のエゾリス

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、お疲れ様。
寒いね。
気温は日中でも一桁で、太陽が陰ったらとたんに偽りの晩秋が剥がされ、初冬の冷たい顔が現れる。


千古園の初冬

DSC_2676

DSC_2673

DSC_2672

貴重な晴れを逃さず、カメラ片手に歩いた園内。
紅葉は終わったが、まだ終わらない仕事に勤しむ者がいる。


エゾリス、冬備え

DSCN3612
DSCN3614
DSCN3618
DSCN3619
DSC_2704

園内にある185歳のキタコブシ老木
に駆けあがったエゾリス。
モグモグとドングリ?を食べる。
冬を前に食べて食べて、栄養を蓄えている。


DSC_2700
DSC_2702
わが町一番の老木は、樹医に処方された「杖」や「湿布」のお世話になりつつ、9月の台風21号災害を倒れることなく、無事乗り切った。
よくみると、リスの棲みかに良さげな穴が。



DSCN3629
DSC_2692
DSC_2687
DSCN3634
DSCN3632

来週はどうやら雪が積もりそうです。
エゾリス君、根雪になる前に、たくさん食べて、貯蔵しなさいよ。

わたしは既にたっぷり脂肪をつけた。
万全の備えで寒さを跳ね返す。

誤算は内臓にまで脂肪をつけたことか…ハアハア( ノД`)…


千古園
北海道江別市東野幌375

夕日の美しい丘 リニューアル

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様!
毎日目まぐるしい秋の空。
それでも雪が降らないのはありがたい。
冬将軍の侵攻がなぜが阻止されている北海道江別。

酪農学園大学敷地に隣接する場所に、市民も殆ど知らぬ秘かな手作りビューポイントがある。
「夕日の美しい丘」だ。

過去記事:夕日の美しい丘 レポ


改名リニューアルしていた

久しぶりに訪れたら、雰囲気がちょっと違っていた。

DSC_2598


改名していた

_20181113_215912


ご近所の誰かが綺麗に整備した、手作り「私立公園」は、見晴らしよい高台にある。
DSC_2597


通りすがりの散策人にも、休憩を勧めてくださる。
DSC_2600



ウォーキングの途中、よくこの景色に癒されます。
DSC_2604


実はまだ、ここから夕日を見たことがない。
いずれ拝みたい。
DSC_2605


冬を除いて、四季折々の花が咲いてます。
DSC_2594
DSC_2596
DSC_2603



新たにマーケットが

新しい看板があった。
植木鉢を自由に持ち帰ってください…と。
夕日ケ丘フリーマーケット開店中!
DSC_2599



夏にはメダカの学校も開校していたが、いまは冬支度で疎開したのか、水槽はなかった。


冬の景色も美しいこの丘。
白銀のロケーションでの夕日も映えそうですね。

江別晩秋カメラ 酪農学園大学

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 

 
秋深し 隣はなにを する人ぞ…

_20181110_134756

晩秋の酪農学園大学キャンパスで撮り歩き。
いきなり切り株にハサミ!
北の国ホラー✂️(笑)


酪農キャンパス晩秋風景

DSC_2470
DSC_2473
DSC_2494
DSC_2503
DSC_2506
DSC_2508
DSC_2512
DSC_2582
DSC_2584
DSC_2561
DSC_2557



DSC_2562
雪印グループの説明会が学生サービスセンターで開催。
来春卒業学生諸氏、進路はみんな決まったのかな。


DSC_2532
整然とした駐輪場。
牛の世話や部活、説明会など。
土曜日のキャンパスだが、学生諸氏が忙しく行き来する。



DSC_2542

DSC_2539

DSC_2546
学園の農地。
この風景、十勝級。


あらら…油断した?
DSC_2556


黒澤先生お邪魔しました🙇
CYMERA_20181110_205044




江別市ランキング 

晩秋の酪農大学で牛さんの消火栓を探せ!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


皆様お疲れ様です!
北海道江別は秋も終わっくた筈が、まだ暖かい好天です。
昨年の今頃はとっくに雪が積もって冬してましたから、いわば執行猶予…。

DSCN3363


牛の消火栓を探せ!

DSC_2498
DSC_2518

土曜日の朝、酪農学園大学を歩いた。
広い構内に気になるものが。


牛柄の消火栓があった(笑)
牛乳が出たら嬉しいが。
できれば低脂肪牛乳でお願いしたい。

DSC_2525



カラーに変化をつけた牛柄消火栓もある。
牛の国カラー。
DSC_2499



こちらは可愛くピンクで。
この消火栓はきっと女子大生だ      

ハアハア( ノД`)…
DSC_2559



何色あるのやら(≧▽≦)
DSC_2573



酪農大学 ナニコレ珍看板

DSC_2497
広いキャンパス、歩いて見つけた珍百景。


DSC_2526
これはまあ、アリか。



DSC_2529
大学構内の車道は時速30キロ制限。
飛び出し注意!
🐿️リスに。



DSC_2575
構内は牛優先です。


なに?
DSC_2576


なぜ?
DSC_2577



学生たちは日々、牛を探求している。
DSC_2585



黒澤先生、お邪魔しました🙇
CYMERA_20181110_210359




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

ブログ9年目に入ります

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


皆様お疲れ様です。

拙ブログ。
2010年11月10日の初投稿以来、まもなく9年目に入ります。
こんなに長らく続けたのは、自分でも意外な気持ちです。

スタート当時は
「デグーのdonsan・bonsan 映画アレコレ話」という、長ったらしいタイトルでした。

7bac7ea7


飼っていた二匹の『高級マウス』である、デグーのドンさん&ボンさん飼育日記や、好きな映画など雑記を書いてました。


fb7defec
1d3f3389
7f68e63f
↑餌袋を強盗するドンさん。


可愛かったドンさんが7歳で星になり、悲しくてブログを休止すること約一年…。



DSC_1993

再開のきっかけはウォーキング。

20年住みながら、実はよく知らない『地元』を探索するうちに、そのレポを書き込むようになる。

江別って、なかなかいい町じゃないかと、遅咲きの地元愛を発症。




_20181106_231103

ところで、ブログを立ち上げた2010年10月。
この安っぽい癇癪もちが総理大臣だった。

いま思えば嫌な汗がでる。
半年後の東日本大震災を、我々はこの短気な男を指揮官に頂き、不意討ちを喰らった。
震災があった3月は、あまりの災厄にブログする気にもならず、月末にやっと哀悼更新。

しかし翌月には、時の民主党政権による無能無策に、怒りが沸いてちょっと荒れてましたね(笑)


スタート半年、ため息と怒りばかりの日々。

だからか、後のブログ再スタートでは、時事ネタはやめました。

癇癪総理から怒声浴びながら、原発に海水注入をやめなかった福島第一原発の故・吉田所長ありがとうございます。

この町が、2018年のいま、平穏でいるのも貴方のお陰か。


家族、我が町、北海道、そして日本津々浦々の皆様にも、平穏安心なこれからでありますように。




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

厚別川でエゾシカと睨みあい

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様~。
素晴らしい秋晴れ、気温8℃
北海道江別市内を流れる厚別川を、いつもは上流に向かい堤防道をウォーキングしていましたが、今日は下流へ下流へと歩く。

DSC_2431
DSC_2428
DSC_2427
DSC_2435
DSC_2436

川の堤防道から見える景色は、短い北海道の秋が終わることを告げている。


第二回 エゾシカと睨みあい

高速道路の高架下。誰かいる?
よく見たらエゾシカだ。
立派な角をもったオスが、わたしをガン見。
DSCN3580
IMG_20181104_091051_312

IMG_20181104_091051_311

前回、林木育種試験場の保存林で遭遇した「凄味あるエゾシカ大将」に迫力敗けし、逃走を喫した。



今回遭遇したのは、まだちょっと若いオスだった。
「大将」までいかぬ「少将」か。

エゾシカは、まだ眼力が弱く、身体から警戒のオーラ出まくり。

おらおら、人間だぞ!



DSCN3582
勝った( ̄ー ̄)


勝利の祝いは「シャキシャキレタスのサンドイッチ」

美味い!(≧▽≦)
DSC_2439


江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

もみじ台で虹を追ったら…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様ありましたか?
虹をくぐれ!
子供の頃、虹をくぐりたくで友達と走って追いかけた…
そんな徒労の思い出が。


虹の町で虹がかかる


去る10月18日。
北海道北広島市虹ヶ丘。
なんと、地名の通り虹が現れた。
このタイミングに天の声が…

『追いかけないのか?』

DSC_2091
DSC_2092


今はクルマがある

雪辱を晴らすのは今!
虹を追った。
DSC_2094
DSC_2095
DSC_2096
虹に向かって、まっすぐ進めた子供時代。
それは畑だったから。

今はスピードこそあれど、信号に建物、道は虹から逸れてゆく。


いつの間にか『もみじ台』に

DSC_2100
DSC_2103
DSC_2102
北広島と札幌厚別区の境界線を越え、もみじ台へ虹を追った。
もみじ台という地名だけに、道端にもみじ並木。

狙うは『虹の橋』
徐々に射程に捉える。


虹の橋

DSC_2105
DSC_2111
IMG_20181018_150445_675
DSC_2110
DSC_2106
DSC_2108

もみじ台を虹に向かって走っていたら、ついに拓けた場所が。
『虹の橋』が見えた(≧▽≦)

端から端までの虹を見たのは、本当に久しぶり。

道端でスマホ構えて、カメラを持っていなかったことを嘆いていたら、トンビがくるりと輪を描いた。


DSCN3432
DSCN3436




江別市ランキング 

江別市内 公園の秋風情

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

お寒いですね。
気温がさがり、室内も肌寒くなりました。

さすがにもうTシャツ短パンはだめだ~。


大麻新町公園

DSC_2221
DSC_2195
DSCN3455
DSCN3451
DSCN3448
DSCN3458
DSCN3467
DSCN3475


隣接するレンガ工場の積み上げた在庫が、公園と一体化していい感じです。
DSCN3485
DSCN3487



大麻中央公園

DSC_2386
DSC_2389
DSC_2390
DSC_2394
池に突き出た「魔女の家」も秋らしくなりました。

そろそろヒヨドリの果物をバルコニーに置くかな。

DSC_3780




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

燃えるような紅葉が感動!🍁湯川公園ウォーク

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です。

この土日は、江別市内の紅葉が見頃だというのに、移ろいやすい秋の空。
雨に晴れ間に曇りに晴れ間、そして怪しげな雲が再び…。

いっときの晴れ間を逃さず、カメラ片手に湯川公園をウォーキングしました。


住宅街とは思えぬ秘境感


かつて屯田兵だった湯川家に割り当てられた土地は、広いのだが平地が少なく、深い沢に川が流れ、斜面や窪地が多く農業に適さなかった。

その土地が今は、土地の形状や自然を生かした公園に生まれ変わっている。

DSC_2299
DSCN3499
DSCN3507
DSCN3497

湯川公園には二つの顔がある。
広々とした明るい風景。
ランニングや犬と散歩する人。
都市公園らしく整備された環境。
人工的な美しさ。

DSC_2303
DSC_2300
DSC_2304



公園のもうひとつの顔。
まるで深い森の如し、保存された昔からの森だ。

DSCN3520
_20181028_115548
DSCN3531
DSC_2326
DSC_2327
DSC_2318
CYMERA_20181028_114610
CYMERA_20181028_114733
CYMERA_20181028_112540

ここが人口12万人が住む市街地とは思えぬ秘境感。
おまけに、こんなに美しい紅葉が見られるのに、人が少ないから落ち着く。


落ち葉と苔のカーペット

DSC_2273
DSC_2271
DSC_2255
DSC_2262



エゾリスの棲みか

DSCN3538
DSCN3552

ここにはたくさんのリス達が暮らしている。
彼らのご馳走であるドングリやクルミの木があり、今朝も朝ごはんを食べるのに忙しい。

カメラを向けたら…
CYMERA_20181028_115318
みてんじゃねーよ‼️ 
と言ってるような(^ω^)



公園前の喫茶店

DSC_2294

湯川公園に面した 道を「四番通り」と呼んでいる。
公園散策のあとは甘味にする?
それとも珈琲?

CYMERA_20181028_120407
DSC_2293

DSC_2295

カロリー消費の為のウォーキング。
珈琲はブラックにしませんと。



江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

札幌「やきそば屋」でボブ・ロス

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

Screenshot_20181021-015553

画家のボブ・ロス(故人)
パレットで絵の具を混ぜ、キャンバスに簡単な魔法をかけると、安く、早く、上手い、と魔法のよう作品出来上がり。

やきそば屋 札幌っ子のソウルフード

CYMERA_20181021_072411
CYMERA_20181021_072325

札幌地下鉄大通駅の片隅に、ひっそりと残る「やきそば屋」は、半年に一度くらいで訪ねます。
目的はもちろん「やきそば」です。


DSC_2115

新大通ビルディングの地下にある「やきそば屋」は、もともと長崎屋ビッグオフの地下にあった。
一時は札幌市内に数店舗を展開するも、時代はながれ、いまはこの一店のみが存続している。


味の無いやきそば


20181019_124607115
わたしが高校時代から通うソウルフードには味がない。


居並ぶソース群。ソース、特製ソース、キムチソース、酢、酢醤油、ラー油、焼き肉ソース…

素っぴんのやきそばに、自分で好きなソース等をかけて食べるスタイル。


20181019_124422701

そして盛りのボリュームを選択できる。
普通盛りから、数段階に渡る大盛メニューがある。

20181019_124607115

久しぶりに訪問した今回、麺三玉の「ミラクルジャンボ」にビックハンバーグをトッピング。
多少無理をした。
完食までの苦しい道のりだったが、至福の時だ。


ソース調合の油彩画だ

20181019_124633160
まずノーマルソースを「この麺の片隅に」ちょびっと。
昔ながらのオリジナル味を確かめる。
これは挨拶である。


20181019_124635608
つぎは、キムチソースと酢を混ぜてみる。
旨いっ!

20181019_124720267
マヨネーズも足してみる。
うわ~旨い!

20181019_124848493
テーブルに並ぶ各種ソースを、かけて混ぜて…。

画家がパレットで絵の具を混ぜ、最適な色を探すのは 、こんな感覚かと(笑)
麺をパレットに見立て、自分だけの味を探す。

旨い!わたしのソース調合。
同じ味は再現できないから、この一瞬を味わう。


DSC_2114
ごちそうさま!

大通公園へ階段あがる身体も重い。


やきそば屋


江別市ランキング

個人的VOW!お遊びと犯罪の境界線

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です。
今回の個人的VOW!は、含み笑いして頂けたら嬉しい。
どうでもいいけど、よく見たらちょっと変。
そんな微妙な江別と近隣の変なモノあれこれ。


お巡りさんこの人です


CYMERA_20181023_205516
CYMERA_20181023_205456
野幌原始林の「おぢさん」は、両手拡げてお迎え。


信用して用をたすとアウト

CYMERA_20181023_205954
男子トイレだからと露出したら、公然ワイセツになります。



悲しきこだわり描写

CYMERA_20181023_205759
江別市のお隣、南幌町の啓発看板。
お約束の「川へ転落注意」の看板は、川がある市町村では必須アイテムだ。


しかし、南幌町の看板は、単なる啓発とはちょっと違う。
川に落ちる少女のおべべ、お花の刺繍。
葉が明るいブルー。
幼い子供の事故に悲しみが倍増である。
CYMERA_20181023_205833
CYMERA_20181023_205901
この描写、まじ泣ける。


いかがでしたか?🎃 

ちょっとダークはネタですいませんでした。
次回のネタ集めは難航中。
いつかまた
アデランス!👋(誤り)

アディオース!




江別市ランキング 

森の紅葉ウォーキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れ様です。

休日は朝はやくからウォーキングです。

DSC_2126

きょうも野幌原始林へ。
今回のスタート地点、車で野幌原始林の最南端「トド山口」へ。

ここから開始し、瑞穂の池で折り返す。

道々の紅葉をカメラに納めつつ、約二時間半のコースです。


DSC_2158
DSC_2140


原始林は台風21号により倒れた木々の被害が、至るところに見られる。
そんな痛ましい倒木でも…
DSCN3403


DSCN3400
やがて苔に覆われ、ゆっくりと土に還るのだ。



DSCN3397
DSCN3399
DSCN3389
DSCN3393


瑞穂池のあたりは、紅葉していなかったが、散策やバードウォッチングに訪れている人がちらほら。
DSC_2154


朝、フロントガラスに霜がつくようになりました。
スノーブラシと解氷スプレーを買っておかねば。

DSC_2112



江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

当たりました!《俺たちのテレ東》

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、お疲れ様です。
疲れたらテレ東。
家族団欒はテレ東。
滋養強壮にテレ東。
緊急事態には……テレ( ノД`)…?


わたしは、ほぼほぼテレビ北海道(テレ東系列)

テレ東、愛情ブログ。

わたしはテレ東が好きだし、実際殆どテレ東番組を観ている。
意識しだしたのは最近だが、仕事から帰宅してから選択する番組は、テレ東率がかなり高い。

雛壇に並んだ芸人や、長いデスクに座り、したり顔で話するコメンテーターの番組に飽き飽きしたからか。

野心的であり節約家であり、アイデアの宝庫であるテレ東の番組は、他局とは違う魅力があるのだ。


鑑定団でピタリ!

テレ東の長寿番組「開運!なんでも鑑定団」で、dボタンで入るデータ放送の『鑑定額予想』でピタリを出しました\(^^)/

かつて一世風靡した「刺繍絵画」の大作を鑑定。

スタジオ鑑定「オープンザプライス!」が出るまで、視聴者予想を投票する。

当たれば、その中から毎週抽選五名に番組特製プレゼントが!

DSC_2066
出品の絵画、わたしは先ずは500,000円とみた。

DSC_2067

しかし、投票締め切り直前のCM中に、考え直し1,500,000円に変更。


DSC_2068
なんと当たりました‼️


DSC_2070
初挑戦の第1問でピタリ賞!
ビキナーズラックとはこのことだ。

応募のパスワードがデータ放送画面に表示され、それをスマホから公式サイトにアクセスして手続き完了!

DSC_2071
しかしながら、ピタリ賞は全国で464人もいらっしゃった( ノД`)…
プレゼント獲得は楽でない。


二回目投票は玉砕

ピタリを重ねればよいのだ。
2問目いってみよ~

次の絵画は、出品作品を巡る画家紹介VTRを観る限り「これは贋作」と判断した。
画風に訴えかけるオーラがない。
そう、わたしにも描けるような絵だった。

DSC_2077
手厳しい評価額をお見舞いしてやった。


DSC_2082
ところが…本物だぁ?
予想の七百倍!
T×TガレージのCMじゃないんだから、この予想外しは無いだろう~( ノД`)…

残念 と開運ぬこ様に慰められつつ、また来週~

DSC_2085


テレ東さん。
つぎのデータ放送『挑戦』シリーズは、ぜひ「家ついて行ってイイですか?!」でお願いします。

終電逃した一般人に『タクシー代金払いますから家ついて行ってイイですか?』という番組。

家までのタクシー代金を予想する!

なんてのは、どうかな。


江別紅景団が行く  野幌原始林界隈の紅葉

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


皆様お疲れ様です。

北海道江別は、市内あちらこちらで早くも紅葉が。

天気も気温も良かったので、紅葉を撮り歩きました。


野幌原始林


DSCN3379
DSCN3376
DSCN3373
DSCN3372

原始林を巡る遊歩道のひとつ、紅葉コースへ。
台風21号の倒木被害が復旧しておらず、遊歩道は通行止めでしたが、付近では紅葉がいい色で映えてました。


北海道酪農学園大学

DSCN3363
DSC_2000
DSC_2002
DSC_2003
DSCN3366

大学構内の農場は収穫も終わってましたが、牛たちは相変わらずノンビリ草を食んでます。



北海道林木育種場

DSC_1986
DSC_1993

DSC_1996
DSC_1995

旧庁舎が秋の装い。
レトロな玄関からガラス越しにホールを覗き撮ると、庭が写り込んだ。
異次元への階段…みたいな(笑)



北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センター

DSC_2018
DSC_2015
DSC_2008
DSC_2024

長い名前と広い敷地。
赤い実をたくさんぶら下げたナナカマト並木があります。
ナナカマトは江別のシンボルツリーでしたね。



大麻新町公園

DSC_1979
_20181014_145633

まだピークではなかったけど、園内は秋の空気感。


雪虫が飛ぶようになりました。
そろそろスタッドレスタイヤに履き替えを予定しませんと。




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

昭和天皇陛下ノ石碑 無事ヲ確認セリ【日本ニュース】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

_20181005_164619




(アナウンサー) 
帝国の穀倉地帯にして、本邦随一の原始保存林を有する北海道は江別市。

ここを台風二十一號が襲い、深い爪痕を残して早や数週。

CYMERA_20181005_162350


復興の槌音勇ましいなか、いまだその無事を確認できていなかった、昭和天皇陛下謂れの「駐蹕の碑(ちゅつひつのひ)」

かの江別帝大の撮り歩き権威・鈍重博士率る調査隊が、その御無事を確認すべく原始林に進入せり。

日本ニュース報道班は其れに同行した。

CYMERA_20181005_163044


駐蹕の碑とは、昭和11(1936)年10月に挙行の帝国陸軍による北海道大演習の折、天皇陛下並びに高松宮殿下、三笠宮殿下が此の地にて御休憩されたのを記念した石碑である。

詳シクハ下記外電記事ヲ参照セヨ
↓(北ノ国からう北海道暮らし日記)
80年前の今日、昭和天皇 江別でホッと息抜きす

古地図を頼りに深い森林へ分け入る調査隊は、台風による惨状を目の当たりにする。
CYMERA_20181005_165828


大沢口から入り、大沢路(旧敵性語では大沢コース)を進むこと約半里が目的地。
CYMERA_20181005_165247
CYMERA_20181005_165111


しかし、至る所に折り重なるが如く、倒木の被害が広がって居るは、まさに阿鼻叫喚の地獄絵なり。CYMERA_20181005_165033

樹齢百年なるかと云う大木も、赤子の腕が折れるが如し。

嗚呼!陛下の石碑は無事なるや?


一部総天然色にて惨状報告。

根元から倒壊した大木、無残であります。
DSC_1889
DSC_1890

今や地より引っ張りあげられ、哀しく宙で風に晒される根っこは、まるで泣いているかのやうだ。DSC_1891


石碑へ肉薄するも、無情の倒木で進路見えず。
DSC_1892
DSC_1893
DSC_1894
DSC_1895

しかし、もう一方の登り口より、鈍重博士を先頭に、果敢にアタック(NG:敵性語)


DSC_1896


こちらの参詣路も倒木が阻むが、調査隊は火の玉のように突撃!
ついに昭和天皇陛下の石碑を確認せり!


CYMERA_20181005_162606

倒木はまるで石碑を避けたかの如し。
目視ではありますが、石碑と柵に被害は見当たらず、一同胸を撫で下ろした。


一体何千本の木が倒れたのか、原始林の被害は想像できないが、駐蹕の碑が御無事で幸いでありました。

記事会見にて鈍重博士曰く。
「これもまた神風なり」
と締めくくり、万歳三唱で調査を終了した。

_20181005_164517


江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

北海道林木育種場のエゾシカ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、また台風が来ます。
前回、21号では、たくさんの木が倒れた江別市内。

お気に入りウォーキングコース育種場の遊歩道も、倒木が折り重なり痛ましい光景になっていました。


秋のハーフテンバー

DSC_1766

DSC_1758
広い敷地には多種多様な植物が保存されており、一周2キロ弱の遊歩道は散策やウォーキングの穴場だ。


立派なツノ

台風が列島縦断でこちらへやって来ます。
嵐のまえの静けさと晴れ。
土曜日は気持ちよい、秋のポカポカ陽気になりました。

IMG_20180929_194635_980
IMG_20180929_194635_981
DSC_1762
DSC_1763
DSC_1754

気配する方を見るとエゾシカがいました。

DSC_1728

IMG_20180929_194635_979
なんとまあ!立派なツノをお持ちで!
どっしりした体格。
わたしに気付き振り向き、威圧感あるガン見してくるエゾシカ。
堂々としている。

あまり刺激するのもマズイから、わたしの方から退散しました。


倒木の森

DSC_1697
DSC_1698
DSC_1701
DSC_1713
DSC_1714
DSC_1722

保存林のあちらこちらで、倒れた木々が。
傾いてはいるが踏ん張った木も多数。
明日にはやってくる台風を耐えられるだろうか。

DSC_1751
ぶっキーな穴があいた気になる木は、台風21号では無事だったが、明日も耐えてくれ~

DSC_1752
お隣はちょっとやられたのか。

被害が少ないことを祈る。




江別市ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

札幌刑務所第33回矯正展2018

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、お勤めご苦労様です!

DSC_1767
DSC_1777
DSC_1778
DSC_1776

札幌刑務所の開放イベント「第33回矯正展」に行ってきました。

一昨年の矯正展以来の刑務所施設見学ツアーにも参加し、知られざる塀の中をじっくりと観察。

ツアー内容は前回と同じでしたので、2015年記事をご参照ください。

新たに誤認や新発見を訂正加筆した刑務所内容見学ツアーは下記をクリック⬇️
札幌刑務所へ行こう!第30回矯正展



刑務所見学ツアー

DSC_1825
DSC_1826
DSC_1785

巨大な鉄の扉の向こうが「塀の中」

賑わうイベント会場とは空気感が違う。

カメラや携帯は透明な袋にいれ、縛り、手持ちで入場する。

前回のツアーで見落としていたり、新たに気づいた点は…

①鉄扉から入ったエリアを隔離する塀には、内側からしか見えない脱走防止フェンスが張り巡らされている。
電流が流れているのか、触れると感知されるセンサーがあるのか…?は説明なし。


②受刑者が過ごす12畳の房に、テレビが1台あった。
液晶テレビが天井から吊り下げてあり、視聴は規則時間内なら自由で、チャンネルも自由。

やはり房にあるシンクにお湯は出ない。
蛇口が混合水栓ではなく、水だけの単水栓だった。3つ付いていた。


③受刑者は懲役の合間に運動ができる。
健常者は屋外グランドか室内体育館でバドミントン、卓球、ランニングなど。
身体に障害がある受刑者は、三層吹き抜けの大ホールの一角に敷いた人工芝の上で運動できる。
近くには休憩できる木製ベンチがあり、まるで公園みたいだ。

④刑務所内のトイレは、基本に洋式だがウォシュレットは無い。
房や懲役工場のトイレは、刑務官が見通せるよう窓がついており、腰から上は見えるようになっている。
但し、医務室(普通の個人病院より立派)のトイレは下半身も窓から丸見えだ。
何故だろう。


④大浴場は三ヶ所あり、それぞれ60人が一度に入浴できる。
週2~3回(15分)である。
浴槽は2列に分かれ、洗い場には各々シャワーがある。


元受刑者DQN

そんなツアーの間、わたしの前のカップルが可笑しかった。

お揃いの赤(笑)
チャラチャラした男は元受刑者らしく、札幌刑務所にも「勤務」していたのだろう。
女に行く先々、いろいろ説明をする。
それがなんか自慢気で…(笑)
大浴場では
「俺はいつもこの洗い場だぜ」とか、食事サンプル観ても「これより量は少くねぇ」とか。
なにを高揚してるのか、得々と喋りまくり。

監視カメラには、いちいち中指たてる幼稚な行動。
絵にかいたようなDQNだ。
女の方は感心したように感嘆の声。
周囲の冷ややかな視線も跳ね返すバカっぷりに冷笑でした。
DSC_1787
もう一度入ったらどうだね。


刑務所カレーは旨い

DSC_1796
DSC_1797
DSC_1805
DSC_1794



お婆さん、刑務所玉ねぎで青息吐息

刑務所で生産された野菜、とくに玉ねぎは人気で、早朝から人が並んでいたらしい。

DSC_1829

いかにも虚弱そうなお婆さんが、重い玉ねぎにやられていたから、車まで運んでやった。

このお婆さん、一袋かと思いきや、前方歩く赤の他人のお婆さんにも運んでもらっていた(笑)
あなたね~ そもそも二袋も、よく買ったね😞


刑務所製品、グルメ

DSC_1789
DSC_1790
DSC_1804
DSC_1820
DSC_1813
DSC_1822
DSC_1792
DSC_1791

DSC_1837
DSC_1839
DSC_1808

DSC_1809

DSC_1841

楽しく過ごした矯正展!
塀の中の受刑者にも、イベント会場の賑やかな声は微かに聴こえたかな。




江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村

さよなら、江別の夏

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様、ちょっと寒くない?
9月夏の終わり…いや、既に奴の足音が微かに聴こえる北海道の秋。

嫌だ( ノД`)…

IMG_20171228_224746_869

寒い、白い、嫌な季節の兆し。


名残惜しき夏の江別回想


夏、結構ウォーキングしましたよ。
気持ちよく汗をかいたあとは…
DSC_6175
DSC_6257


クールダウンですね🍺
DSC_6465


この夏、真面目にウォーキングしました。
一回で二万歩とかもありました。
もう身体が軽くなるのがわかります。

ああ😃風で飛ばされそ~

だから多少の体重増はむしろ安全対策なんだよ(´▽`)
DSC_0490
DSC_0543
DSC_1355
DSC_6467
わたしはかなり運動してる方だと思う(当社比)


だから足で歩いて町を撮る!
IMG_20180822_225323_989
IMG_20180822_225323_977
DSCN2765


しかし大事な水分補給~
熱中症予防とウォーキング慰労を兼ねて🍺

(写真の行為は医師の指導と関係ありません)
CYMERA_20180923_141833
DSC_1540


焼き鳥が行く(予約)
DSCN3332


江別の緑を愛でながら…
DSC_1415

お祭りの屋台を愛す
DSC_1293
DSC_1286


お祭りにB級グルメは必須サプリ


※個人の感想です
DSC_1307



塩分を中和する水分

※個人の感想です
DSC_1308


我が町のナチュラル水分~
ウォーキングコースの中央公園を歩いていると…
DSCN3261


聴こえてきた祭り囃子にマインドコントロールされ…
DSC_1261


気付けばまた…デジャぶ~🐽
DSC_1294
DSC_1299


こんなことでは、早めに収納されそうだ😞
DSC_1322
※写真はイメージです




江別市ランキング 


大草原の小さなパン屋さん「一玄舎」~北海道長沼町

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村 

 
皆様、美味しいお店ですよ。

「一玄舎」さん。

北海道・道央エリアにある長沼町の広々とした畑作地帯を縦横に走る広域農道。

三連休最終日は小雨。
まずは長沼町のひなびた温泉へ向かいました。
久しぶりの訪問。

DSC_1551
DSC_1553
DSC_1554
春には美しく桜が咲き誇る庭園。


まずはのんびり湯浴み

DSC_0582_1
IMG_20170819_152411_097

ライオンの口から落ちる湯の音だけが響き、静かな湯浴みで睡魔が。

温泉帰りにパン屋さん

DSC_1578
DSC_1580
DSC_1583

温泉からの帰り道。
道端に『パンとコーヒー→』の看板。
畑しかない場所に場違いな看板。

→に誘われた先に、素晴らしいロケーションの中、小さなお店が。
ベーカリー『一玄舎』さんだ。

20180924_125850923

手作りパンは、大手販売店より種類こそ多くはないが、一品一品丁寧さとこだわりを感じる。


IMG_20180924_170314_571
メロンパン、クロワッサン、ハムチーズパンをお土産に買う。
ここのメロンパンは旨いよ✨


20180924_130048972

ちょっと休憩。
湯上がりも、曇天の秋空はちょっと肌寒い。
コーヒー(350円)で暖まる。

DSC_1582
窓からの眺め。
買ったパンと一緒にコーヒーを頂くのもOK。
今日はお土産だから手をつけず。

カレーパンも評判らしいが、今日はなかった。
なかなか通りかかる場所ではないが、いつかカレーパンを味わいたいです。



「一玄舎ベーカリー」
北海道長沼町東2線北6番地
☎️ 0123-88-2552
営業時間 9時から18時 
水曜日定休



江別市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ

にほんブログ村
プロフィール

どんさんパパ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ