にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村

皆様お疲れさま~(^ω^)
北海道江別、朝の曇天から暑い晴天の1日でした。



北海道開拓のメモリアルタワーへ

北海道開拓百年記念塔は北海道開拓のメモリアルタワー。
北海道の老舗建設会社・伊藤組が建てた。
image


開拓百年に因み、高さ百メートル・S構造の鋼製外壁建造物は1970年に竣工した築47年。
痛みが進み、今は内部展望台も閉鎖だ。

タワーは広大な野幌原始林エリアにある。
因みに、原始林エリアに「北海道開拓の村」という《バック・トゥザ・北海道》みたいな開拓時代の町風景を復元した施設がある。
この施設の入り口には《三代目札幌駅舎》が復元されてます。
当時これを建てたのも伊藤組。復元も立派な出来です。
image




image

百年記念塔を目指し、野幌原始林を歩く。
風の強い日だったけど、原始林の木々が遮るなら苦もなくウォーキングできた。



瑞穂の池でヌシを狙う

image

原始林の一角にある大きな池。
桜が咲いてました。
瑞穂の池です。
車では近寄れない、徒歩か自転車での遊歩道だ(自転車は厳しいかな?)



image

原始林入り口のひとつ、大沢口から瑞穂の池へのアプローチは、木材と土の階段を降り橋を渡る。



image

image

image

池の手前に拡がる芝生広場には、快適なあづまや。
開花の時期にしては、この静けさ。
たまたま独り占めを楽しめました。



image

image


池と桜を見ていたら、通りかすがりの人が言う。
「池にはヌシみたいなデカい鯉がいるんだよ」

撮影した画像を見せて頂いたら、デカっ!
立派な鯉が水面近くを悠々泳ぐ姿でした。

ヌシは、瑞穂の池の排水路?みたいな構造物付近でよく目撃されるという。

しばらくカメラ構えて待ったけど、微塵も気配なし。
ヌシよ、いづれまた。




記念塔と桜
image

image

池を去り原始林を抜けて記念塔へ。
桜とタワーのコラボが綺麗でした。
しかし原始林から出たら風の強いこと!




ヒヨドリ、ねだる
image

帰宅したら、バルコニーの餌台に舞い降りたヒヨドリ。
女将さんかな?
久しぶりだな。



image

餌がない器をじっと見ている。
そして鳴く。
催促か?



image

それより女将さんよ。
あの親方どうした?
この一週間、全く姿見せないが…離婚したか?



image

まあ、くどくど聞かないよ。
野鳥も人生いろいろだ。
どれ、ちょっと待ちなさい、パンあげよう。
…と、改めて配膳したパンを嬉しげに食べる女将さん。


そろそろヒヨドリ達が来なくなる時期です。
自然食が豊かにかるから、わざわざ人間に依らなくてもよくなる。
親方が消えたのも毎年恒例のパターン。
女将さんも、もうすぐ来なくなる。
これも春から初夏への季節感です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 江別情報へ
にほんブログ村


江別市ランキングへ