2008年01月27日

行政処分や刑事責任の追及恐れ? 副作用や合併症に関する医学論文が急減

1 名前:依頼436@初恋φ ★[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 04:30:21 ID:???0 ?2BP(111)
医学論文:急減 処分恐れ医師ら萎縮?

治療の副作用や合併症に関する医学論文の数が昨年後半から急激に減少したことが、
東京大医科学研究所の上(かみ)昌広客員准教授(医療ガバナンス論)らのグループの
調査で分かった。このうち、診療中に起きた個別の事例を取り上げた「症例報告」は
ゼロに近づいた。グループは、厚生労働省が検討する医療事故調査委員会の発足後、
行政処分や刑事責任の追及につながることを医師が恐れて萎縮(いしゅく)し、発表を
控えたためと推測している。

グループは昨年12月中旬、国内の医学論文のデータベースを使って、06年1月〜07年
10月に出された副作用や合併症などに関する論文を探し、総論文数に対する割合を
月ごとに調べた。

その結果、国内では毎月、1万〜4万件前後の医学論文が発表され、一昨年から昨年
前半までは合併症の論文が全体の13〜17%あった。しかし、昨夏ごろから急減し、
10月には約2%になった。副作用の論文も以前は4〜6%あったが、昨年10月には約2%
に減った。

特に、副作用の症例報告は、以前は1%前後あったが、昨年10月にはゼロになった。
合併症の症例報告も、以前は5〜9%あったが、昨年10月には0.1%しかなかった。

(>>2以降に続く)

毎日新聞 2008年1月27日 2時30分
http://mainichi.jp/select/science/news/20080127k0000m040123000c.html




2 名前:初恋φ ★[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 04:32:40 ID:???0
(>>1の続き)

厚労省は昨年10月、診療中の予期せぬ死亡事故の原因を究明するために創設する
医療事故調査委員会の第2次試案を公表した。死亡事故の国への届け出を医療機関に
義務付け、調査報告書は行政処分や刑事責任追及にも活用する場合もあることを
盛り込んだ。10年度をめどに発足を目指している。

上客員准教授は「副作用や合併症が報告されない状態が続くと、医学が発展せず、
国民の被害は大きい。リスクの高い診療科からの医師離れも促す。調査報告書は
行政処分や刑事責任追及に使われないようにすべきだ」と訴えている。【河内敏康】

(了)


4 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:33:18 ID:avVB0Cgk0
医学の発展の妨げにもなってきてるのかよ

5 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:34:13 ID:IP/eYcWL0
合併症も医療ミスと叩かれる世の中に、合併症の研究なんてバカのすること。

6 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:34:16 ID:X4zS2VvZ0
例の裁判官は謝罪して判決撤回しろよ

7 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:34:18 ID:9/61VdQ90
当たり前だな。論文がアクセプトされれば、公的にオーソライズされたということになる。
それを証拠にして、裁判を起こされれば、医療側の不利は明白。
この流れは必然といえよう。


11 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:44:47 ID:IP/eYcWL0
画像検査では明らかな転移なし。

⇒解剖した病理でミクロな転移が見つかる。

⇒転移を見逃した。転移がわかっていれば別の治療を選択できた。

⇒医療ミス


CPCは犯罪といえよう。


14 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:50:09 ID:rUd/bCub0
医療ミスを安易に犯罪にしちまったらこうなるわな。

そのうち怪我の治りが1日遅かったとかで訴えられたりしてw


15 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 04:51:05 ID:9/61VdQ90
これで新薬の副作用のデータは欧米頼みになる。
仮に新薬に日本人を含むモンゴロイドに特有の副作用があったとしても、その発見は大幅に遅れ、犠牲者は増えに増えまくる。

ニッポンバンザイ!


17 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 05:00:01 ID:qs8BXEq70
福島の大野病院産婦人科医が逮捕された件では、
院内向けの事故調査委員会の報告書が流用されたからね。

レアケースであり、現代の医療では予見が困難な病態ではあるけれども、
産婦死亡という痛ましい事実から何らかの教訓を引き出して今後の医療に生かそう、
という趣旨の調査委員会において、
「こうしていたら、母体の死を防げていた可能性もあるよね?」
という後出しじゃんけん的報告書を出した。

すると警察は、
「お、ミスがあったと認めたな! 業務上過失致死ね!」
と診療中の産婦人科医に手錠をかけてしょっぴいた。

ちなみにその時、産婦人科医の妻は出産間近であった。
(これって偶然・・・なわけないよね?)



18 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 05:29:28 ID:0GJJLQ4Q0
現状はどうやったら変えられるんだろうね。
こんなクソ状態にしやがったK生省の馬鹿はともかく、解決方法何かないでしょうかね
こういうときに過去の因習を乗り越えて、みんせー系の病院が旗振ってストでもなんでも
立ち上がってくれたら見直すんだけどなぁ。


20 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 05:56:20 ID:layUGQ4CO
なんつー世の中だ

24 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 06:03:06 ID:UPLYsU8Q0
目先のこと、自分のことしか考えない馬鹿が、
大勢の人の命を救える可能性を閉ざしてるわけか。
最近こういう構造が多いよなあ。
ギブだけで誰もテイクしなければ、社会はうまく成り立たないんだなと自戒をこめて。


25 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 06:21:31 ID:q6nrc8sZ0
やっぱマクロでもこうなってきたか。
学会でも若い実働部隊の医者がいなくなって、発表数が減ってるし、
病院内で事故を調査した会議をあとから家族が見せろと要求するから、会議自体行われなくなったしな。

愚民はどこまで行っても愚かだな。

アメリカの司法を真似して法曹ビジネスをしたいなら、司法取引も合法化しろや、アホ法曹ども。



26 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 06:25:29 ID:HCJzyurP0
>>25
医療は崩壊でいいのです。
崩壊を阻止しようとしたり、崩壊後の再生を考えるのは無意味です。
絶対にしないで下さい。


27 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 06:25:58 ID:oiEyOArAO
それでも俺はまだどこか信じてるぜ
人間の知性って奴をよ


28 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 06:29:06 ID:HCJzyurP0
>>27
あなたが一般人なら、理性的な人と誉めましょう。
でも、あなたが医者なら、救いようの無い馬鹿です。死んでください。


33 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 08:15:47 ID:krbSHMbw0
>>27
医者「世界は、人間のエゴ全部は飲み込めやしない」
患者 「人間の知恵はそんなもんだって乗り越えられる」
医者 「…ならば、今すぐ愚民どもすべてに英知を授けてみせろ」
患者 「…、貴様を訴えて金をふんだっくってから、他の医者にやってもらう」

これから合併症の論文は患者様に書いてもらいましょう。


29 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 06:32:09 ID:q6nrc8sZ0
>>1
>特に、副作用の症例報告は、以前は1%前後あったが、昨年10月にはゼロになった。
>合併症の症例報告も、以前は5〜9%あったが、昨年10月には0.1%しかなかった。

愚民どもが心から希う副作用のない理想的な医療社会になってきたな、喜ばしいことだ。


30 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 06:39:29 ID:2HsUXO/LO
民度が低いんだからそりゃこうなるに決まってる。
キチガイマスゴミ、キチガイ司法が暴走し続けるこの国で危険を踏んだ論文が
報告されると考える方がどうかしてるよ。


31 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 07:45:07 ID:47xIUimGO
タラレバの裁判

百メートルを9秒で走るような手術をすれば助かった。

塩粒を10個ピンセットでノーミスで積み上げるような手術をすれば助かった。



35 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 08:19:57 ID:BQu/I/jk0
腐りきってるのに平気で被害者顔してる。保険精度から大金貰ってるのに・・・
医師様の厚顔無恥は凄いですね。



37 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 08:24:36 ID:/WHWjafnO
まあ、>>35みたいな人間がいる限りは無理だな。衰退していくのみだよ。
十分な医療は金持ちのみ。公的な保険は5割まで。
残りは民間の保険制度に入ってカバーするしかなくなる。
ようこそアメリカンスタンダードへ、って感じだな。


39 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 08:32:57 ID:q6nrc8sZ0
しかし、腐れ弁護士が民事訴訟の時効が20年ということ考えると、最近の論文の副作用の症例報告を
漁って該当患者と接触して訴訟に持ち込めれば全戦全勝になるんじゃないか?

弁護士のとっては宝の山だな。


42 名前: [] 投稿日:2008/01/27(日) 08:47:51 ID:Ec+dsMxg0
>>39
>弁護士のとっては宝の山だな。
 QQ公立病院を相手に、CPCや症例検討の院内文章を入手して、死んだ患者
 家族を煽り立てれば、民事訴訟はもっと簡単だろう


45 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 08:50:00 ID:M1eAaDW/0
>あまりに医者が酷いことやって責任もとらねえ事態が多発したからだよ

ソースプリーズ。
「俺の読んだ漫画」とか「ワイドショー」とか言うなよ。w


48 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:01:02 ID:55yVeZa0O
>>45
ソース?

いくらでもあんだろが。
手術の技術が未熟な奴が難しい心臓手術を勝手にやって患者を何人か死なせてたとかさw
全然手術もしてねーのに手術したことにして請求してた整形外科とかさw
山ほどあるだろw

じゃなきゃ、常に医者側に立ってる厚労省が、わざわざ>>1みたいなこと
するわけないだろ


医者を免責にしたら、元の通りのヒデぇ状態に戻るだけだよ




マスゴミがどうたらとか書いてる奴がいるところを見ると、バカウヨクが医者庇ってるのか?
テイノウすぎるよな


54 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:07:02 ID:/WHWjafnO
>>48

>未熟な医者
さて、年間どれぐらい起きてる問題を言っているのでしょう。

>整形外科医
ここで言ういわゆる「医療」とは違いますが。そんな事もわかりませんか。

>厚生労働省は常に医者の側
大きな勘違いです。昔から常に医者を締め付け続けてますが。

勉強不足・認識不足です。ワイドショーで得た知識と言われても仕方ないですね。


66 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:20:57 ID:iIuN4g+s0
>>48
ほんと可哀想な奴だな。
質の低い人間が混ざっているのは事実。
だが、その質の低い人間が全てであるかのように言うのは間違いだし、
数人のケースを取り上げて全体がそうだと思いこんでしまう、
そういう48のような人間が多いことが日本の医療をぶっ壊している、んじゃねーの。

無職の人間が犯罪を犯したのをあげつらって、無職の人間を犯罪者呼ばわりするようなもんだ。
48の言い分は。殆どの無職の人間は犯罪を犯していないぞ。


ま、マスコミもこの辺のところを理解出来ない・理解していても商売のためにいい加減な
ことしか書かないのが問題なんだがな。



57 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 09:10:26 ID:0n3KiCQb0
これは放置したら医療滅ぶぞ。
何をしたら治るか、何をしたらまずいかと言う一番の基本の情報が共有されなくなっていると言うこと。


60 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:11:21 ID:G5cBgiF/0
HCVの原告見てなんか恐ろしくなったんじゃないの.

現時点で予想できなかった副作用も責任とれってわめいて、

おまけに国がお墨付き与えちゃったんだからな.

馬鹿な政治家.


61 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:15:28 ID:WT2C/u0u0
>>60

しかも、当時の裁判官がフィブリノーゲン使わないで失血死したケースに高額
賠償判決出してるんだぜ。

TVはひた隠しにしてるけど。
この判決出した裁判官はいったいどんな責任とったんだろう?


68 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:21:25 ID:DZK/kWqv0
だんだん日本も米国化してきたな。
米国では訴訟を恐れて手術ですら余計なことはしない。
安全を考えて最小限の範囲しか削除しない。
だから米国在住の日本人は日本で手術を受ける。
いずれ日本も米国のように萎縮医療になるよ。
「先生を責めないから広い範囲の病変取って」
と頼んでも冷たく首を横に振られる。米国のように。



90 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:42:45 ID:PklRIWUq0
いわゆる、「失敗を許さない日本」ってやつが激烈な悪影響を及ぼしているケースだな。


91 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 09:42:50 ID:N0D+PcIX0
医師免許が取れるくらいなら最悪海外でも働けるし、
もう患者「様」のなるようになれって感じだろうな。


98 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 09:48:45 ID:DDKSmcSc0


つか、なんか起こった時は国が責任の半分を持ちます、ってシステム
にしろよ。国家資格の医師が関係してるわけだし、道理が通らないことも
あるまい。個人の責任だけが追求されたらきついだろ。

肝炎リストを放置して天下っている厚生官僚も、個人の責任と組織
としての責任両方問うべきだろ。

だめか、この発想?


102 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 09:53:35 ID:yx3RT/iH0
>>89
医者は発言力を持ってないよ
正確には、こういう論文を書く勤務医は発言力を持っていない

なぜなら政治団体を持っていないから(日本医師会は開業医の団体)
看護師や助産師は強い政治団体を持っているが、医師にはないので発言力がない
動く団体がないからマスコミに抗議しようという動きもとれない

今そういう団体を作ろうという有志の動きはあるけど、
現時点では>>89さんみたいな一般市民と同等の発言力しかないの


104 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:55:36 ID:rI8Bqxah0
いまだに医者叩きなんてやってる無知蒙昧がいることに唖然とした。

108 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:00:01 ID:iB6GvwD90
>>99
優秀な奴がみんな医学部にいって卒業後臨床医にならなければ、
確実に臨床医は絶滅して、マスゴミやプロ市民の希望通り、
医療ミス0 の理想社会になるな


109 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:02:00 ID:q4jiFmgA0
956 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2008/01/27(日) 09:07:22 ID:rPafh0VA0
裁判もアメリカみたく迅速に数週間せいぜい数ヶ月で終わるのならまだマシだろうがw
日本だと控訴審も含めると数年単位だからなwww
 
刑事裁判でその間保釈が認められなかったり、加藤先生の様に実質医療活動が不可能な
状態に追い込まれると収入さえも絶たれるし、その間に医者としての勘も技術も失われるw
その上、判決が出る前からマスゴミによる罪人扱い人殺し扱いw
それが数年間続くwww
   
そう考えると普通の人間だったら訴訟を避ける方向に行く、つまり医療なら萎縮医療に向かう
のが当たり前だと思うのだがw 包皮にはこの辺が本当に理解出来んのかねぇwww


110 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:03:53 ID:H+pT1Zza0
少なくとも政治の責任ではないわな。
政治家が間違ってるなら数に物言わせて国民がそれを糾弾すればいい。
一番の被害者であるはずの国民が戦わないからこの風潮はますます進むだけ。

近い将来、日本でも出産や治療のために海外の病院に入院するケースが増えるのは間違いない。
救急車で運ばれてる最中ですらどこも受け入れてくれないんだから、前もって自衛する以外にないんだから。
しかし、そんなことができるのは金も時間もある人間だけ。
そこまで危機的状況にならないと改善はされず、医療格差はどんどん進んでいくだろう。
残念ながら悲しい日本の現実。


96 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 09:47:37 ID:BQu/I/jk0
制度に問題があるなら医師様が戦って変えれば良いのに、なぜ被害者顔してるんだ。
船に例えるなら医師はお客じゃなくて乗組員だろ? 船長や船のスポンサーではないだろうけど。
沈没の責任は医師にもある。そこをごまかすなっての。


112 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:05:29 ID:lH78PoC70
>>96
戦っても変えられそうにないから逃散逃散w

救急や産科はすでにかなり崩壊してるけど、研究分野でも進んでたのね。


116 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:12:45 ID:q4jiFmgA0
>>112
 
「研究分野」 ではなくて普通の医療現場で働いてる医者の話だよw
 
症例報告というのは別に研究をするわけではなく、日々の診療で経験した特殊な例、つまり
「これは他の医者も知ってた方が良いだろうな」 というようなのを論文として投稿する。
そこには 「こう判断・治療してれば良かった」 とか 「これは過去に稀なものとして報告されて
たけど、実際には結構な頻度でありそうだ」 とかのある意味反省・不勉強を晒すという面も
あるわけだwww
 
医療は経験がモノを言うが、個人の経験できる症例なんてものは高が知れているw だが
こういう症例報告とかによって医者は自分では未経験の症例に触れることが出来、知見を共有
出来ていたわけだなwww 
 
しかし、訴訟乱発の昨今ではこんなことをやったら自殺行為だw
報告が減るのも当然のことだわなwww


117 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 10:15:55 ID:7RBRHxpYO
医療が発展したから昔は助からなかったはずだった命が生き延びれる。
医療と日本の制度に感謝すべきだ。
医療崩壊すれば自分や回りの人が助からない事になる。
介護や看護では治療の手助けにしかならない。
この流れが続くなら病気や怪我で助からないケースが増えていけばいい。


119 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:18:41 ID:BQu/I/jk0
>>112
それを職務放棄というw
困難な時に乗組員が逃げて、船の沈没が早まって被害が大きくなりそうなんだから、
医師様達は被害者どころか最も責任の重いの加害者の一人だろ。人殺しだ。
被害者顔はやめてくれよ。


121 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:21:35 ID:vD5A6Hgm0
>>119
出航前に船に乗るのを拒んでいるんだよ。


122 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 10:21:36 ID:WoEjNL1n0
>>119
そりゃ、船員に殴りかかったり、運転手の後ろから首絞めたりしてるようなもんだからな。
今の日本国民は


123 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:21:54 ID:EWc0BTOM0
例の薬害肝炎の連中とそれに乗っかったマスコミのおかげで、これからはもっと酷くなるから心配すんな。
司法判断を行政のさじ加減ひとつでひっくり返せる世の中になったんだからな。
日本人は自分たちの民意で自分たちの首を絞めちまったのさ。


126 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:27:48 ID:JaHdnZt3O
>>123

あれはひどかった
今までは行政は医療破壊に関してはほとんど責任はなかった(あるとすれば医療訴訟禁止法を作らなかった不作為)が、福田は積極的に破壊に加担した
もちろん、マスコミと国民といういつもの真の犯人が後ろにいたわけなんだが


147 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 10:56:23 ID:RclDsJ3o0
処置による合併症・薬剤による副作用・予期せぬ病状進行・これらがある度に誰かに責任とらせるなら
臨床医は全員いつかは地雷踏むことになる。

ハムラビ法典のように、手術の結果患者が死んだら医者の手を切り落としておいて、
なぜ医者がいなくなるとわめているのが今の日本人。



150 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 11:03:34 ID:Oz/Dzp000
訴訟に巻き込まれれば一発で人生終わりかねないとなってしまったのが医者って職業だからなぁ
医者の訴訟リスクを下げるっての必要だろうな

駄目医者の排除制度をしっかり作っておきながら一方でまともな医者への訴訟リスク低減が要る


154 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 11:05:11 ID:iR90sAc70
人に事の責任押しつけて
安堵してるが
結局、我が身にふりかかる
そんなことが最近多いよね
責任はとるもので押しつけるものでは無いよね
国も医師も国民も・・



168 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 11:25:28 ID:mz212XFwO
医師不足はノイジーマイノリティと
司法が望んだ結果だから仕方ないとして、
研究(成果の発表)まで減ってしまう、
というのがなんか解せない


170 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 11:27:09 ID:JaHdnZt3O
>>168

医療という学問自体の後退だわな


223 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 12:12:06 ID:4Vcg4z6a0
現場から結論だけ。

これ、マジヤバイ


226 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 12:15:35 ID:rI8Bqxah0
>>223
いやいや、やばくても全然構わないのさ。
全て国民の選択なんだから。
妙な職業意識でもって改善しようとか思う必要一切なし。
そんな義理もない、義務もない。


227 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/01/27(日) 12:15:47 ID:B0vuKQK5O
>>223
これはあれだな。
もはや都市伝説とも言える
「患者に分からぬようドイツ語で記載」を復活させるしかないな。

日本の雑誌に載せるのをやめよう。
英語で書きゃええねん。

はぁ。しんど。



----------------------------------------

 元スレに行ってみれば解るのですが休日だからかものすごい基地外が沸いててものすごく疲れたのでいい加減にまとめてます。特に600-700のところ。というかGardenもやらなきゃいけないですし。あと眠い。しんどい。もうやりたくない。毎日毎日同じような医療崩壊を取り上げて、そしてそういうスレの中に変な基地外が沸いてるのをみて嫌になっての繰り返し。正直言ってやる気をなくし離散しそうですが何のためのブログかを考えたら逃げる気もうせたのでまだまだこの糞ブログは続きます。
 まぁ>>116が真実ですね。この形の論文というのは現場での知恵が生かされて生まれてくるものです。研究医は臨床医ほど患者を診れないわけですから。製薬会社のほうも必要とする情報ですし。
 でも怖いですからね。訴えられるの。怖いのは嫌いです。嫌いなものからは当然逃げます。ソレを責めないで下さい。皆必死なんです。多分。
 

レポート・論文の書き方入門


dont_panic at 22:56コメント(0) 
社会 | 研究

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星