S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダークウガ マイティフォームのレビューです

まずは全身。真骨彫製法というスーツアクターの骨格や筋肉から造形する製法を使っているので、中に人が入ってるようなリアルなプロポーションです。












































顔。大きな複眼はクリアパーツで再現されており、内部ディティールも綺麗です。どの角度から見てもほぼ完璧と言っていいほどの再現度です。

胴体。ボディーアーマーの赤色の塗装がとても綺麗で光沢が強く、撮影に使用したライトなども映り込むほどです。
変身ベルト「アークル」も細かい塗装が施してあり、中央の霊石「アマダム」もクリアパーツで再現されていて内部ディティールも精巧です
腕。骨格、筋肉から造形しているだけあり、とてもリアルです。腕輪の石はクリアパーツです。また、前腕もロールできるようになっており柔軟なポーズ付けができます。
下半身。こちらも筋肉の造形が素晴らしく、劇中そのままの力強い体型です。
足首の石もクリアパーツで再現されています。
足裏の模様もきっちり再現。足はダイキャスト製ではなくプラ製です
可動。腰が大きく前後に曲げれます。その際に出来る隙間をボディアーマーが延長して覆うので、自然なシルエットになります。
肘も膝も90度以上曲がり、膝立ちも余裕。足首もよく曲がるので接地性も高いです。肩アーマーは柔軟に動き、腕の可動を妨げないようになっています。太もものロールに若干癖があり、内側にひねりにくいです。
付属品は交換用手首のみです。
左右ぶんの平手が3種類、サムズアップ用の右手が1つです。
同じ真骨彫製法のアギトと比較。
デザインに共通点が多い2人ですが、体型の差がしっかり再現されています。
大きさはほとんど同じです。
以下適当に何枚か
パンチ。可動範囲が広いので腰を入れたパンチのポーズがとれます。
エルボー。クウガの戦闘スタイルは割と生々しかった印象。
キック。
構え
溜め。エフェクトはフィギュアーツのドライブから使用
走って
前宙
うおりゃー!!

着地。
背景を変えて。
最後はサムズアップで。

以上、S.H.フィギュアーツ 真骨彫 仮面ライダークウガ マイティフォームのレビューでした。
発売後に値段が高騰しやすい真骨彫の中でも特に値段が高くなったクウガですが、それだけの値段払って買う価値があるフィギュアだと思います。
素晴らしい造形と、可動範囲で劇中を完全に再現することができます。

個人的にはフィギュアーツの中で一番オススメです。

発売されている派生フォームやバイクなども欲しくなりますね。