はじめに     

ドラゴンクエスト風のロゴの作り方を紹介します。

25

レイヤースタイルを使って立体感を出した後に岩肌の質感を出すために手書きで陰影をつけます。
簡単にできる方法ですのでぜひ挑戦してみて下さい。


では作り方の説明を始めます。

作り方の説明     

1

800×200pixelで新規ファイルの作成して下さい。

フォント:Impact
サイズ:110 pt
色:f0e132

で好きな文字を入力して下さい。


2

【編集】→【変形】→【拡大・縮小】を押して下さい。

高さを130%にして文字を縦に伸ばします。

(自由変形で適当な好みの高さにしてもOKです。)


3

ワープテキストを作成します。

上の画像の赤丸のボタンを押して下さい。


4

ワープテキストを設定していきます。

【でこぼこ】を選択。
【水平方向】を選択。

カーブ:-15%
水平方向のゆがみ:0%
垂直方向のゆがみ:-15%


5
こんな感じになります。


6

レイヤースタイルから【ベベルとエンボス】の設定していきます。

上の画像のように設定して下さい。


7

こんな風に飛び出した感じになります。


8

レイヤーを複製します。
複製したレイヤーを【編集】→【変形】→【拡大・縮小】で縦と横を99.5%にします。
縮小したレイヤーを1クリック上にずらします。

この作業を15回繰り返して下さい。
(縮小した画像を複製→縮小→1クリック上に移動を15回繰り返す。)


8

15回繰り返すとこんな感じになります。


9

一番上のレイヤーを選択し、レイヤースタイルから【ヘベスとエンボス】を解除して下さい

次に、上の画像の通りに【グラデーションオーバーレイ】を使って赤黒いグラデーションをかけます。


10

だいぶそれっぽくなってきました。


次に、先ほど色を変えた一番上のレイヤー以外のすべてのレイヤーを選択して、右クリックから【レイヤースタイルをラスタライズ】を押して下さい。

更に右クリックから【レイヤーを結合】を押して下さい。


11


これで、黄色の立体の部分が1つのレイヤーになりました。

次に、黄色のレイヤーを岩に見えるように加工していきます。

作業しやすいように一番上のレイヤーを非表示にします。


12

レイヤースタイルの【パターンオーバーレイ】を選択し、上の画像の通りに設定して下さい。

パターン:岩
不透明度:10%
比率:43%


13

うっすら岩の模様がつきました。


14

レイヤースタイルから【境界線】を設定して下さい。

サイズ:3px
カラー:bf7138


15

次に、【消しゴム】を使って画像の端っこを削っていきます。

三角形になるように消しゴムをかけて下さい。


16

あまり削りすぎると文字が読みにくくなるので注意して下さい。


次に、ブラシを使って岩の陰影をつけていきます。


先ほど消しゴムで削ったレイヤーの上に新規レイヤーを追加します。

 

レイヤーを追加したら、また先ほど削ったレイヤーを選択して下さい。



17

【自動選択ツール】を押して下さい。



18

影をつけたい部分を選択します。
 

次に、先ほど新規追加したレイヤーを選択します。


19 


ブラシを使って影をかいていきます。
 

色は境界線と同じ色です。

(ブラシは好みのものを使って見て下さい。まわりがボンヤリしているヤツのほうが上手く描けます。)


最初は大きめのブラシで上の画像のようにざっと色をぬります。
 

選択ツールで選択しているので破線の外には色がつかないので安心です。

 

20

次に小さめのブラシで、消しゴムで削った部分を中心に三角形を描くように色をつけて下さい。

 

だんだん岩風になってきました。



21
 
欠けていない細かい部分は、選択してブラシで軽くなぞるだけでOKです。

 


22

こんな感じで全体に影をつけていきます。 



23


非表示にしていたレイヤーを表示させてみましょう。

だいぶドラクエっぽくなってきましたね。


24
 

次に表示させたレイヤーの端を消しゴムで削っていきます。


レイヤーを選択し、右クリックで【レイヤーをラスタライズ】してさっきと同じように三角に削って下さい。

 

削りすぎると文字が読めなくなるので、少しずつ削りましょう。

 

完成!!    

25
 

これで完成です。


手順にわかりにくい部分があったらコメントに書き込んでいただけると幸いです。