2008年10月10日

ダイエット停滞期を乗り切るコツ

ダイエットの停滞期は、もちろん個人差はありますが、2週間から1ヶ月くらいだといいます。このダイエット停滞の時期は焦ってさらに摂取カロリーを減らしてみたり、ダイエット運動に励んでみたりと、痩せることに躍起になってしまいがちです。ダイエットを始めると、順調な時期が来れば次は停滞期で、その繰り返しだとも言われています。ある意味ではダイエットが順調な証拠ですので、停滞期だからと焦らずに、ゆとりを持ってダイエットを乗り切ることも必要で、ダイエットの停滞期はあえて体重計に乗らないというのも一手です。停滞期に忘れてはならないのは、精神的に追い詰められないようにすることと、ここでダイエットを断念しないことです。短期間で体重を落とすことに執着しないのが、ダイエットの停滞期を上手くやり過ごすコツです。それでもこんなダイエットの停滞期が早く終われば、と思っている人には、アミノ酸を摂るという手もあります。アミノ酸を摂取した場合、身体が飢餓状態に入っているとわかりにくくなるため、停滞期を早めに終わらせることができるのです。食品で言えば、鳥のささ身やヨーグルトを選ぶと良く、アミノ酸が豊富でかつ低カロリーなのでダイエットに向いている食品です。ダイエットの停滞期はどうしても避けることのできない時期ですが、それでもダイエットを続けていけば、いずれは終了する時期が来るのです。この停滞期は、ダイエットを始めた人には必ず訪れる時期なので、そんな時期があることをしっかり認識してさえいれば、きっと成功します。決してあわてることなく、自分の理想の身体を目指して、気長にダイエットの停滞期を乗り切りましょう。

doog89 at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダイエット停滞期の注意点

ダイエット停滞期の間で一番気にしなければならないのは、精神面を配慮することです。ダイエットを実践しても思う様に痩せないストレスで自暴自棄になったり、急激な食事の快楽の制限で余計に食べ物へ執着してしまったりするケースも多く見られます。それが結果的にどんどん悪循環を生み、過食とダイエットを繰り返し行ってしまうという、最悪のパターンもあり得るのです。無理なダイエットの強要は、身体だけではなく精神にまでも悪影響を及ぼすことになります。ダイエット中は、停滞期に関わらず、時にはごほうびに好物を食べるようにしたりして、精神的に落ち着けるように気をつけることも大切です。ひたすら結果ばかりを追い求めて焦ったりすれば、ダイエットを成功させることにつながらなくなってしまいます。停滞期の期間はリバウンドしやすいので要注意で、また停滞期がやってこないダイエットはもっと危険なので気をつけましょう。一ヶ月以内に体重の10パーセント以上を落としてしまう様なダイエットの場合、停滞期であることさえ気が付かない位の早い段階で、ダイエットの停滞期が訪れてしまいます。極端に制限のあるダイエットをすると、無月経になったり栄養失調になる場合もあるので、無理なダイエットはなんとしても避けたいものです。極端なダイエットを実行すると、食事制限や運動を止めた後のリバウンドも大きくなり、元の体重より太ってしまう事も考えられます。リバウンドが起きてしまえば、それまでの苦労や努力もすべてが水の泡です。やはり理想を言えば、体重ばかりを気にせずに、気長に健康的にできるダイエットを選ぶことでしょう。

doog89 at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダイエット停滞期

ダイエットを始めて数週間、今まで面白い様に減り続けていた体重が、突然ピタリと動かなくなってしまう時期が来るのですが、これをダイエットの停滞期と呼びます。体重計とにらめっこをしながら一口の水をためらう苦しいダイエットの日々は、ダイエットを経験された方は解ると思いますが、停滞期はダイエット中で最も難関な時期と言われています。ただでさえストレスのたまりやすいダイエット期間中、さらに焦りや不安を覚えがちな停滞期に入ると、焦りが頂点に達してダイエットをあきらめ、反動で暴飲暴食に走ってしまうケースもままあるようです。ダイエット期間は誰でも摂取カロリーを抑えるために甘いものを我慢したり、面倒なカロリー計算をしたりするでしょうから、それが結果として現れないとしたら、ほんとに辛いことでしょう。何故、ダイエットの停滞期は訪れてしまうのでしょうか。人間の身体は、突然摂り込まれる熱量が減少すると、そのとき蓄えられている体脂肪を燃やしてエネルギーにしようとします。このころが体重が順調に減る、ダイエット中の楽しい時期でしょう。そんな状態にも身体が次第に慣れていって、ダイエット開始から3週間もたてば状況が変わります。身体がいわば飢餓状態になる、これこそがダイエットの停滞期の意味なのです。身体が十分な栄養を摂り込めないことに生命の危機を察知して、エネルギーを消費しまいとするのです。結果的に、減らした段階のカロリーでやりくり出来てしまう様な身体になります。そのため、特に身体を動かさなくても消費されるカロリーである基礎代謝量が減少し、脂肪の燃焼が行われにくくなって、ダイエットの成果が現れなくなるのです。

doog89 at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)