20120318
水中カメラが撮影した4号機の使用済核燃料一時貯蔵プールの内部=東京電力提供(画像)

世界で3回しか起こったことがない”メルトダウン事故”の一つが日本で起こった現実

次の工程が発表されたのもあってか、各メディアで4号機プールの危機状況を報道しているようです。

1、3号機が爆発した時点で東京に住む自分も避難はイメージしていました。
引用した記事のように幾つかの偶然が重ならなかったら…首都避難が現実となっていたかもしれません。

しかし、日本のこの現状を見ると仮に壊滅的な結末に至っても、日本政府が避難指示を的確なタイミングで出せたかについては甚だ疑問です。放射能雲が首都圏や各地を襲っているようなその瞬間にも正確な報道はされず、皆普段と変わらない生活を暫く続けていたことでしょう。

パニックが起こらないように報道や情報は一時的に規制され、主要道路の封鎖も行われて段階的な避難となったかもしれません。

一般には報道されない情報を持つもの、状況を判断出来るものだけが備え行動出来たのではないかと思っています。直近では新聞、テレビやラジオはあてにならないでしょう。

一方で、インターネット上にある掲示板やtwitter、草の根的な個人の発信が集まるサイトでは的確な板や人物をフォローしておくとずいぶん役にたったのではないかと思います。回線が繋がっていればですが。

終末的な映画でもよく見かけますね。一部の人が予兆や異変に気がつく、本当に判断力と行動力がある人がサバイバルに生き残る。多分、事が起これば一瞬の判断なんでしょうね。

イメージ力、備え、情報力

いずれにしろ、今後の地震も原発の問題も予断を許しません。
簡単にニュースだけを紹介するつもりだったのですが、つらつらと書いてしまいました。

続きを読む