中古車買い取り大手のガリバーインターナショナルが今春に新社会人となる若者を対象に行ったアンケート調査で、「車を買うなら軽自動車にする」と答えた人の割合が25・4%と、1年前の調査から8・4ポイント上昇した。

 若者の4人に1人が軽自動車志向という結果で、昨年、過去最高の202万台が売れた軽自動車の人気が若者にも浸透していることを示した。

 「購入したい車種」の1位は前回調査と同じコンパクトカー(排気量660超〜2000cc)の30・8%で、軽自動車(同660cc)は2位だった。ただ、コンパクトカーと回答した割合は1・5ポイントの上昇にとどまった。ガリバーによると、収入が少ない新社会人は、もともと低価格車の購入希望が多いが、軽自動車人気は「街で見かける機会が増えたことも理由だろう」と話している。

 調査は2月24、25日にインターネットを通じて、今春、就職を予定している18〜24歳の男女計500人に行った。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070307i412.htm   2chより抜粋。

大手自動車メーカー社長の問題発言(顧客を「連中」呼ばわり)を思い出した。  
この記事を2chで見ると、連中ネタは禁止らしい。
やはり、この発言は有名のようです。

http://image.blog.livedoor.jp/hardcace/imgs/9/b/9b083aca.wmv

※テロップでは、「連中」⇒「人々」へ変更されている。

日本でも二極化が進み、収入に見合った自動車購入を考える人が増えたようです。

この現実を踏まえ、企業の思惑はこの「連中」と言う言葉に集約されている。

一般人には、「安い車は利益があがらない。だから、高い車を買ってほしい。」
ヤンキー相手には、「見栄を張るなら高級車がお勧めですよ。」

ここで考えてみた。
軽自動車メーカーの宣伝文句。

実用的なら軽トラックでしょう。
荷物も載せれますし、2シータースポーツの気分も味わえます。(笑)
質実剛健な「連中」にはお似合いでしょう。

自分達が作り、売った製品を、自己批判するとはジレンマを抱え込んだか。