2009年05月

2009年05月27日

いいのかな?ファッションモデルになりました。

3日前、お世話になっている同業者の方から電話があり、
「新しいブラウスを作ったので商品写真を撮るんだけど
 着てくれない?」

「私で良いの?」

「新製品なので、違う人に着てもらいたいの。」

撮影場所の都合で、急遽この日になりました。

突然だったので美容院に行く時間がなく、
ダイエットも美顔も無理。。。(/_;)

朝、車のお迎えがあり、大阪の北摂の箕面へ。

デザイン、柄違いで4枚のモデルになりました。

ポーズ取るってむずかしい・・・

腰に肘を曲げて、身体を少し斜めに、
目線を外し、にこやかに、、、

[パシャ!]

試し撮りを見たら、
なんか不自然で硬い。ぎこちない表情、、、(^^ゞ


どうにか終わったけど、良かったのかな?
修正がいっぱいじゃないかな?


めっちゃ美味しい魚介類のランチをご馳走になりました。


doordoor_ld at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 

2009年05月21日

夏パジャマ、大人と子ども用のパターン&仕様書作成完了!

【元気ウエア】ではアトピーや敏感肌、睡眠にお悩みのある方に、
お客様のご要望、ご意見を聞きながら パジャマを製品開発しています。
デザインし、機能面を組み入れて、肌に刺激がない様に、
安心安全、快適を徹底的に追求して、笑顔溢れる毎日を過ごして貰いたい!
私の経験をフルに発揮しています(^^)v

20090521142027
20090521221141









夏用として七分袖、七分丈パンツ
新バーションを考え、
パターン(型紙)と仕様書の作成が完了しましたー。

工業用パターンは縫い代込みでカットします。
すべてのパーツの型が要ります。
仕様書とは、これを読んで縫い上げ、製品化することができる説明書のことです。

子ども 110cm, 120cm, 130cm
大人 SS, S, M, L

全部で7サイズ。

パジャマなので上下。

パターンと仕様書とセットもの。

書いていることが違っていたり、
パターンのサイズを測り間違ってしまったら
工場さんを迷わせてしまったり、
販売できないような品になってしまうかもしれません。

なのですごく気を使います。

パターンが間違っていて、裁断されてしまったら、(>_<)
縫製も、仕様書に書いてある文章をちゃんと理解して貰え
私の要望通りに縫ってもらえるようにしないとダメ。

やっと完成し、工場さんに送り込むことが出来ました。

一段落!

でもまだまだ、することはいっぱいです。

附属、副資財の手配や検品など、、、

ちゃんと生産された品が間違いなく納品されるまで、
気が抜けません。

6月中旬頃?喜んでいただける夏パジャマをお届けできると思います。

さてっ!
散らかし放題だったので、片付けなくっちゃ〜♪


doordoor_ld at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 

2009年05月06日

「世界一素晴らしい仕事」

オーストラリア グレートバリアリーフ ハミルトン島の管理人
英国人の男性、ベン・サウスオールさん(34歳)に決まりましたね!


20歳代の後半に1週間くらい滞在しました。
12月だったのでオーストラリアは真夏。
サーフボードに乗ったサンタさんに会いました。(^_^)

水上ジェット飛行機でポイントまで行ってのプライベートダイビング、
トローリング、パラセーリング、無人島ツアー、ヘリコプター観光、乗馬、、、
さまざまな遊びを満喫しました!

バブル絶頂期で、私の人生の中で贅沢させてもらった時期です。

最初に通された部屋、夜中に水が止まらないトラブルがおきてクレームを言った所、
すっごく豪華な部屋に変えてくれたんです。

プライベートプール付、ベットルーム2部屋、
トイレ&洗面2台、バスルームが20畳位あるかしら?
キッチン付リビングも広くて2人で泊まるには広すぎ!
カーテンもインテリアも南国情緒でカジュアルシンプルで素敵でした。

ダイビングのインストラクターの家族(日本人)を部屋に呼んで
パーティをしました。

島の中の食材市場へ魚介類を買出しに行き、料理をしてくれて、
テイクアウトの特大ピザ(多分あちらでは普通サイズ)を食べながら
いっぱい喋りました。

島内で何でも揃うのですが、観光客用で物価が高いので、
島から出た時に(ゴールドコーストなど)お米や子どものオシメや日用品を買う。
仲間どうしで頼みあったりして、、と言っていました。

世界中から船で旅している人が停泊したり、
ヨットレースが開催されたりする島なので
お金もちのリゾートの場所のようです。

ハリウッドの○○が来ていた、というような話しをたくさん聞きました。

敷地が広く、高台の見晴らしのいいところもあるので坂も多く、
移動はカートがないと過ごせません。

海はもちろん珊瑚礁のラグーンが広がっているのでどこまでもブルーグリーン。
空も大きくて、夢のような世界です。

ただ、あちこちいろんな海に潜りましたが、
私は沖縄が好きです。

グレートバリアリーフの海は、魚も貝も、何もかもが大きいし原色。
回遊魚も大群でやって来るし、迫力はあるのですが、
マスクが一瞬真っ暗になるような瞬間もあります。
レンズに入りきれない。。。。

こんな世界もあるということが若いときに知れた反動?
30代はどちらかというと途上国に足が向いてしまい、現在も気になります。。。

サウスオールさんは、慈善団体職員。
最初の応募の段階で、
「人生で最も重要なことは、自分自身が楽しくなれて、人々を笑顔にできて、
 困難な課題に取り組むことができるような仕事を持つこと」と語ったそうです。

きっと自然環境のことや世界中のたくさんの事にも興味があり、
大きな視野を持った人なんじゃないかな?と思います。

世界中に80億円の宣伝効果があったそうなので、
彼のレポートを期待している人も多いでしょうね(^^)v


doordoor_ld at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひとりごと | 自然環境