2011年03月

2011年03月25日

私も、チャリティ製品をつくります!

知人のブログを読んで、
私もその発案に便乗することにしました。

元気ウエアで支援出来ることは、、?』

私の得意なことでお客様に喜んでもらえて
その一部を被災者支援に寄付します。

オリジナルのチャリティー製品を作り、販売します。

チャリティーだからって、クオリティを落としたりはしません。
正規のパシーマ生地を使用します。

好意で購入していただけるのはありがたいですが、
まずは「このパシーマ製品を使いたい!」と思っていただけるモノでないと。 

だいたいの構想は決まっているのですが
これからじっくり練ります。
楽しみにしててくださいませ。

今までいただいたお客様の声を活かし
私の最善を尽くし、
お届けしたいと思います!

復興には時間がかかると思いますので
継続した支援が必要ですね。。。

PS
不特定多数の方にお役に立つものです。(^_^)


doordoor_ld at 14:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 発言 | 仕事

2011年03月20日

元気ウエアなりの支援方針

私は新米な経営者ですが、
ここで、有限会社アイディング=元気ウエア
私なりの支援方針
を示したいと思います。

寄付、ボランティア活動は自主的な行動で
強制や規定されるものではない と考えています。

なので、売上げの○%を寄付に、、、
というのは私の持論に合いません。

お客様を尊重する意味でも、個人個人一人ひとりに沿った方法、団体に、
納得いく支援をされるのが良いと思っています。

私は以前より国境なき医師団へわずかですが寄付しています。
アフリカや内戦、飢餓などで罪無き傷つく弱い人を助けたい。
東日本大地震の援助活動にも力を発揮しています。

ユニセフの葉書やカードを購入することも続けています。
「子供より大切な存在ってあるかしら?」
オードリー・ヘップバーンさんの言葉です。


今回の東日本大震災に対し、今私が考えている支援の方法は、
・毎日の仕事、日常を淡々とこなす。
・日々の無駄を見直し、毎日わずかでも寄付にまわす。
・落ち着いた頃に私でも献血が出来るか、行ってみる。
(ここ数年、血が軽くて断られています。)
・有益なイベントや交流会、楽しみごとには参加し、
社会、経済に貢献したいと思います。

今日はお墓参りに行き、
亡くなられた方々のご冥福、そして
一日も早い復旧復興、
少しずつでも勇気と元気を持ってもらえるよう、
お祈りしてきました。

高野山真言宗総本山金剛峯寺で纏め、
被災地へ送る支援金箱に、
明日はお金使わないだろうからと
持っているお金を殆ど寄付してきました。

私自身の心身も、
この状態から早く乗り越えるために
今できることを、少しずつ前に動かして行こうと思います。

復旧にはとても長くかかると思われます。
心のケアはもっと長くなるでしょう。。。

支援金、ボランティア活動、献血など
一過性で忘れ去られてしまうことが多いのですが、
継続したご協力をお願いしたいと思います。

doordoor_ld at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 発言 | 仕事

2011年03月19日

【被災者で無い人も心が不安定。乗り越え方法は?】

東北地方太平洋沖地震より1週間が過ぎました。
被災地の方はさぞ長く感じられたことでしょう。。。

関西にいる私や被災されていない人達、
毎日の報道や映像で心が痛み、
「自分には家族がいて、家があって、、、
 今までどおりの生活をしている。。。」
「暖かい部屋で満足に食事ができている。申し訳ない。」と、
被災者の事を思うばかりに胸が締め付けられて

『何かしたい。何が出来るだろうか?』
無力感に取り付かれている人が多いように思います。

私もそう。。。
涙もろく、心が不安定・・・
「元気を出さなくっちゃ!」と思いながら
さっきも疲労回復と身体を温める為に柚子茶を作って飲んでいると、
『被災地の方にも飲ませてあげたい。。。』と思ってしまいます。

先日、NPOしごとのみらい 竹内義晴さんのメルマガが届きまして
なるほど。。。と思ったので私なりにまとめてみました。
  
1【 情報の選択 】
私たちは五感(視覚・聴覚・その他からだの感覚)から情報を収集していますが、
視覚的な映像は潜在意識に影響を与えやすい。

視覚から得る映像(イメージ)と実際の体験とでは
脳内では同じような動きを示すことが知られており
テレビで繰り返し流されるネガティブな情報は
映像を追体験しているような形になります。

そうだったんですね。
前回のブログにも書いたように、
ラジオに切り替えたら心が少し楽になりました。

ラジオは音楽に包まれ、ポジティブなメッセージ、人とのつながり、
情報収集にお勧めです。
いまもFMをかけています。

2【 普段と変わらない生活を送る 】
普段できることを、普段どおりやりましょう。
仕事の方は、仕事をしましょう。

音楽が聴きたければ、音楽を聴きましょう。
お酒を飲みに行きたければ、明るく楽しみましょう。

「こんな時に仕事なんて、、、」
「こんな時に飲みに行くなんて、、、」
と思ってしまうのは、仕方のないことです。

でも、仕事を通じてしっかり利益を出すことは社会への貢献です。

しっかり稼いで、被災地を元気にしましょう。
お酒を飲んで楽しんで周りの仲間を明るくし、
また次の日もしっかり働く英気を養いましょう。

もし、罪悪感を抱くようでしたら
日常を過ごせることに
「うれしい」「ありがたい」と言葉にしてみてください。
(とりあえず、言葉にするだけでいいです)

節電、募金など、やれることをやったら
後は、今、出来ることを普段どおりやりましょう。

3【不安や罪悪感を抱いてしまうときは、、、】
被災地の方を思うと、
無力な自分に罪悪感を抱く方もいらっしゃると思います。

罪悪感を抱くのは、無力ではない証拠です。
やさしさを感じられる自分を、どうか認めてあげてください。

あなたが悪いわけではありません。だから、大丈夫。

泣きたいと思ったら、泣いてください。
怒りたいと思ったら、怒ってください。
話したいと思ったら、友達と話してください。

声を出すとスッキリします。
何か、たまったものを吐き出したくなったら、
車の中で叫ぶのもいい方法です。

「みんながんばっているのだから、○○しちゃだめ」と
気持ちを理屈で抑え込まないであげてください。

もし不安定な気持ちに気づいたとき
「あっ、少し影響を受けているようだな。」と思ってあげてください。

被災者の皆さん、決してひとりじゃない。
世界中の子供たちやスポーツ選手、一般の人々が手を合わし、
日の丸を描き、応援してくれています。


東北関東大震災 あなたたちは一人じゃない。
感動の動画を知人が知らせてくれました。
胸があつく嗚咽。。
止まらなくなりました。
勇気を持ってください。

被災された方は、きっと、今できることを頑張って踏ん張っておられます。
「みんな一緒」ということを心に留め、
私たちは
被災に合われた方の分まで、毎日の仕事を、生活を
淡々と過ごしましょう。

あなたが、お母さんお父さんなら、子供たちに安全と笑顔を。
不安そうな人がいたら「大丈夫」の一言を。
前向きなメッセージを。
みんなで日本の復興の力になりましょうね。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ひとりごと 

2011年03月14日

一人ひとりが出来ること

3月11日におきた東北地方太平洋沖地震で
亡くなられた方々に心からのお悔やみとご冥福をお祈り申し上げるとともに、
被災された皆様には、本当に言葉も見つかりません。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

阪神淡路大震災の時の様に、
時間を追う毎に被災地の状況が明らかになってきています。

twitterでは最新の情報や役立ち記事など
それぞれの範疇で判断されて流れています。

『自分が出来る事は何だろうか、』と
日本全国で思い悩んでいるようです。

私もそうです。
震災の時は倒れた物や壊れた物で部屋が氾濫しましたが
東京で育った経験から身を構えたお蔭で
怪我せずにすみました。

「輸血が足らない。」と聞き、すぐに献血に行きましたが
最近の私は血が軽くて5年くらい出来ない状態で、、
悔しいです。

小学生の子、10代の若者もそれぞれで考えています。

現地に行きボランティア活動、物資の輸送
まだ受け入れ態勢が出来ていない内は
邪魔になるだけです。

テレビの映像は残酷すぎて、心が締め付けられます。
FMをつけてみたら、
音楽とリスナーの言葉、人との繋がりで
気持ちが少し楽になりました。
2日間、音楽を忘れていました。
阪神の震災の時もラジオは慰め、励みになったと聞きます。

ネットで聞く【radiko】は地震への緊急対応としてエリア制限を解除。
エリア制限の解除により、日本全国どこにいても、
パソコン、iPhone、スマートフォン等で
『radiko.jp』が聴取可能となりました。


被災された方々、まだ現実を受け入れられない状態だと思いますが
ラジオから元気 勇気を!
1人ではありません。
全国より応援しています。

様々なイベント、講演などが中止、見送りになっています。
内容にもよると思うのですが、
悲しみのために歩みを止めて何が変わるのでしょうか。

知人の書き込みで知ったブログを読んで
私も同じ思いです。


私たちがすべきことは「元気を失うこと」ではない。

今、必死に闘っている被災した方々のためにも、
この日本という国のためにも、
被災しなかった私たちがすべきことは、
明るい元気なエネルギーを持ち、
あきらめずに、
未来への道筋をつくることだと考えています。

私もいつもの日常と同じように、それ以上に
自分の仕事に励みます。

非力、微力でも、一人ひとりの何か、あるきっかけが
被災者の勇気に繋がるかも知れません。

悲しい出来事ですが、希望を捨てない。

明日に向かって、共に歩んで行きましょう。


※追伸
今朝の情報(ガジェット通信)より
新宿東口献血ルームがTwitterで、
「本日(12日)は大変混み合っています。
今日ご協力の血液は同じ日に有効期限を迎えます。どうか平日の血小板献血にご協力を!」
震災で増える献血 でも有効期限は「赤血球が21日、血小板が4日」

「復旧には長期間かかることが見込まれているので、
一度に多くの方に献血をいただくことより、継続したご協力をお願いしたい」
とのこと。

日本赤十字血液センターより

東北地方太平洋沖地震の対応について現在、
日本赤十字本社で現地の情報をもとに必要な血液支援の内容を確認中です。

今後、全国で確保に必要な血液の内容について指示があり次第、その内容については、
各献血会場へのポスター掲示や血液センターのホームページなどでご案内させていただきますので、ご協力お願いいたします。

doordoor_ld at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 発言 | 仕事

2011年03月12日

三陸沖地震で被災された方々にお見舞い申し上げます

昨日11日の午後、東北地方で起きた大地震により、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

被害が最小限にとどまり、
被災された方々が早く元の生活に戻られることを願っています。

まだ余震があり、津波警報も出ていますので
充分に警戒し落ち着いて対処してくださいませ。





doordoor_ld at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 発言 

2011年03月06日

新しい季節の訪れ

梅まつり
<梅まつり>
梅の花
<梅の花>
大阪は温かい日があったかと思ったら
また寒い日が来たりしているのですが、
(三寒四温ですね。)
自然、植物は確実に春に向かっています。
18時過ぎでも明るくなっていますし、
朝開けも着々と早くなっています。

私の住んでいるところは京都、奈良、神戸と
1時間以内で行けるところなので
少し足を伸ばし、梅の花を見に行きました。

見ごろで見事!
感動しました。

菜の花
<我が家の菜の花>
お花や食べ物、日本は季節があって良いですよね。
日常に取り入れて、感じたいと思う私。
今は菜の花を飾っています。

京都から帰って来てから
理事会の引継ぎのため集会に参加。
新年度の役員をすることになっています。

お客様から「アドレス変更のお知らせ」をいただきました。
会社を3月で辞めて寮を出て
全く新しい仕事に挑まれます。

別れ、出会い、スタート、発見の季節ですね。

doordoor_ld at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) プライベート | お客様の声