ひとりごと

2017年07月22日

寄り添う。生命、尊厳について。。。

むずかしい題名になってしまいましたが、

「認知症」ってどういうもの?
  どのように対応したらいいの?
 
数年前より近親者(義母)が介護が必要になり、
親戚の大変さ、心身ともに疲れ果てた様子を聞いていて
やっと昨年の夏から施設でお世話になっています。

久しぶりに会った時、すっかり様子が変わってしまっていて愕然。
自分の気持ちのやりどころがなく、
誰にでもなりうる、私にも。。。

親の介護を通して
「シニアの居場所を作る会」を立ち上げられた西川真理子さんからお誘いいただき、

「認認かるたでわかる・楽しむ・繋がる!認知症予防セミナー」を受けてきました。


認知症予防セミナー・認認かるた



認認かるた

【認認かるた】とは、
看護師だった宮本節子さんがまだ「認知症」という言葉がなく
「痴呆」と呼ばれていた頃、
医療職でも正しい知識や対応方法の見識がなく、
当事者の気持ちに寄り添うことは殆どなく後悔した日々。

経験してきて、もっと学び、
『少しでも認知症の方やそのご家族の、不安や混乱、悲しみ、
 近隣の誤解からの辛さや苦痛を少しでも軽くなるようにしたい。』
という想いが募り、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を取得。
在宅訪問看護、在宅介護支援センター相談員、
ケアマネージャー、約25年続けてこられている。

これからますます高齢化になり、患者さんや接する家族も増える。
多くの方に、わかりやすく、楽しく知ってもらう、予防するには
気軽に話し合える仲間、居場所に繋がれば、、、と
いろいろな方々と切磋琢磨し、
【認認かるた】が出来上がったとのこと。

長年、患者さんと接してきた宮本さんだからの経験、後悔と反省。
現場の声を直に聞かせていただき、とても感銘を受けました。

医師や研究機関の先生方のお堅い話でなく、
介護されている方、家族の方の心情、身構え、
実際の経験話は目に浮かび、感慨深かったです。

私の頭の中、こころ、感情は、いのち、尊厳、人権などについて
大きく占めていると思います。

私が15歳の時に実母が亡くなった。
当時はものすごく寂しかったけど、
その感情を、周りの人達に感じ取られない様なふるまいを
無意識のうちにしていたと思います。

30歳代になり
湾岸戦争や内戦、
途上国、飢餓、貧困地域の人達の事が気になりアフリカへ、
ほんの少しだけど草の根のボランティアで1か月滞在。

阪神淡路大震災。
部屋の中はぐちゃぐちゃになったけど、
神戸へ足を運んだ。

2011年3月11日、東日本大震災。
気になって気になって、
年が明けてお正月からやっと
約3週間、仕事を休んで行くことが出来た。
ボランティア、という言葉はあまり好きでなく
助け合い。共助。という感じかな?

仮設住宅に住んでおられる方々、集会所では
「よく来てくれた。あなた達を痩せて帰らすわけに行かない。」と
すごく気をかけてくださった。

子育てや親の介護などない身の上、
仕事の都合さえつければ行ける。
ただ行きたい気持ちを優先しただけ。

(帰って来てから、名前も知らない外部から
 「偽善者・八方美人・売名行為」という誹謗中傷に胸が痛みました。)

炊き出しや、あたたかいお茶を飲んでもらって
少しでも心が休まってくれたら良いな。
傍にいるだけ。。。
胸に詰まっている辛さ、寂しさ、悲しさを、
吐き出せる人もいたら
頑なに押し殺している人もいる。

一人ひとり状況が違うし、
ひとり一人、想いが違う。

口を開くと泣いてしまう。
言ってしまうと気持ちが緩んでしまう。と
踏ん張っている人。
私が出来ること、お役に立てたのかは解らない。

人の死、見たくない。
けど、いつかは終わりが来るんですものね。

東京から大阪に引っ越して高校受験。
友達が居なくて心細い高校1年からの同級生、55歳で亡くなった。
母の死も知っている、
けれど遠くから見守ってくれていた。
年月を重ね、心の友の存在。
癌と4年半戦った。
余命半年と言われ、
この時も何が出来るか、模索するけれど何も出来ず、
「傷みだけ無くしてほしい。いつ死んでもいい。」
と弱気の時もあり、ただただ話を聞くだけだった。
最後の2年位は「短すぎる。」と言い
病と闘う意欲が出て
生き切った。


義母の認知症は、レビー小体型認知症。
徘徊や幻覚、暴言などで警察のお世話になることが増え
介護施設に入所。

数ヵ月後、夜中に動き回り、施設内で転倒して大腿骨骨折。
手術し1ヶ月程で退院。
施設へ戻ってからはスタッフの方々の優しさからか落ち着き、安堵。

でも、元気だった頃とは別人のよう。
お洒落で品格がありプライドが高く、賢く、
キャリアウーマンで良く気がつく繊細な人だったが
今は言葉少なく、表情がうつろ、
意思表示は首を横に振って「いらない」

認知症になったけれど、
日々、喜んだり、楽しんだり、
送っているのだろうか?
「ありがとう。ありがとう。」とよく言ってる。
スタッフさんのあたたかくやさしい声掛けにより
「自尊心をもって日常生活を過ごせている」と感謝しています。

【認認かるた】
地域のつながりになればいいな。と
私も提案してみます。


doordoor_ld at 22:00|PermalinkComments(0)

2016年04月04日

飛んで行かないで〜!


今日はアイディング工房でミシンかけをしていました。

スタイ

ガーゼを巻く為にアタッチメントを付けます。

送り歯を替え、四つ折りバインダーが付いた押さえ板を取り付けます。

バインダー


ミシン_送り歯替えw652

送り歯を止めている5mm位のネジ、
ご機嫌が悪いと見境なく、
何処かに飛んで行ってしまいます。(>_<)

ミシンの中?床に落ちた?
探しまわったこと何度もある (/_;)
外す時、取り付け、慎重に慎重に
『暴れないで〜』と念じながら。。。(^^ゞ



doordoor_ld at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月14日

人柄

起業前の上司から電話をもらいました。

仕事での相談や
トコトン行き詰った時には「HELP!」と助けを請います。

広い人脈と叡智で力を尽くしてくださいます。

電話すると
「なんやなぁ〜?」とぶっきらぼうで口は悪い。
島根県の方言が抜けない。
背は低くてやせ過ぎ。
着るものも構わない。
お酒を飲むと何を話しているのか解らない。。。
本当にアパレルの人?と疑いたくなるような風貌、体裁なのですが
人が寄ってくるんですね。

仕事にはキツイですが、人が困っていると手を差し伸べて
何とかしよう!と身を削ってでもその人の為に精神誠意尽くされる。
また、気にかけてくださる。

そういうお人柄を皆さん、ちゃんと知っているのでしょうね。

今年の春、東日本大震災の影響を被りました。
あれこれ手を尽くしましたが八方塞になり上司に電話し
助けて貰いました。

新規のお付き合いが順調に運んでいる報告と、
そのお礼を言いたくて電話したのですが外出中で、
返信して来てくださいました。

あれこれ近況や部下だった頃のお話をし
「また遊びに来いやぁ〜!」って言ってくれました。

この気さくさが良いんですね。

会社を離れ11年経ちますが、まだお世話になっております。
ありがたい存在です。

これからもよろしくお願いいたします!

私も体裁や風貌じゃなく、
本質の人柄、人格を磨いていきたいと思います。

doordoor_ld at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月19日

【被災者で無い人も心が不安定。乗り越え方法は?】

東北地方太平洋沖地震より1週間が過ぎました。
被災地の方はさぞ長く感じられたことでしょう。。。

関西にいる私や被災されていない人達、
毎日の報道や映像で心が痛み、
「自分には家族がいて、家があって、、、
 今までどおりの生活をしている。。。」
「暖かい部屋で満足に食事ができている。申し訳ない。」と、
被災者の事を思うばかりに胸が締め付けられて

『何かしたい。何が出来るだろうか?』
無力感に取り付かれている人が多いように思います。

私もそう。。。
涙もろく、心が不安定・・・
「元気を出さなくっちゃ!」と思いながら
さっきも疲労回復と身体を温める為に柚子茶を作って飲んでいると、
『被災地の方にも飲ませてあげたい。。。』と思ってしまいます。

先日、NPOしごとのみらい 竹内義晴さんのメルマガが届きまして
なるほど。。。と思ったので私なりにまとめてみました。
  
1【 情報の選択 】
私たちは五感(視覚・聴覚・その他からだの感覚)から情報を収集していますが、
視覚的な映像は潜在意識に影響を与えやすい。

視覚から得る映像(イメージ)と実際の体験とでは
脳内では同じような動きを示すことが知られており
テレビで繰り返し流されるネガティブな情報は
映像を追体験しているような形になります。

そうだったんですね。
前回のブログにも書いたように、
ラジオに切り替えたら心が少し楽になりました。

ラジオは音楽に包まれ、ポジティブなメッセージ、人とのつながり、
情報収集にお勧めです。
いまもFMをかけています。

2【 普段と変わらない生活を送る 】
普段できることを、普段どおりやりましょう。
仕事の方は、仕事をしましょう。

音楽が聴きたければ、音楽を聴きましょう。
お酒を飲みに行きたければ、明るく楽しみましょう。

「こんな時に仕事なんて、、、」
「こんな時に飲みに行くなんて、、、」
と思ってしまうのは、仕方のないことです。

でも、仕事を通じてしっかり利益を出すことは社会への貢献です。

しっかり稼いで、被災地を元気にしましょう。
お酒を飲んで楽しんで周りの仲間を明るくし、
また次の日もしっかり働く英気を養いましょう。

もし、罪悪感を抱くようでしたら
日常を過ごせることに
「うれしい」「ありがたい」と言葉にしてみてください。
(とりあえず、言葉にするだけでいいです)

節電、募金など、やれることをやったら
後は、今、出来ることを普段どおりやりましょう。

3【不安や罪悪感を抱いてしまうときは、、、】
被災地の方を思うと、
無力な自分に罪悪感を抱く方もいらっしゃると思います。

罪悪感を抱くのは、無力ではない証拠です。
やさしさを感じられる自分を、どうか認めてあげてください。

あなたが悪いわけではありません。だから、大丈夫。

泣きたいと思ったら、泣いてください。
怒りたいと思ったら、怒ってください。
話したいと思ったら、友達と話してください。

声を出すとスッキリします。
何か、たまったものを吐き出したくなったら、
車の中で叫ぶのもいい方法です。

「みんながんばっているのだから、○○しちゃだめ」と
気持ちを理屈で抑え込まないであげてください。

もし不安定な気持ちに気づいたとき
「あっ、少し影響を受けているようだな。」と思ってあげてください。

被災者の皆さん、決してひとりじゃない。
世界中の子供たちやスポーツ選手、一般の人々が手を合わし、
日の丸を描き、応援してくれています。


東北関東大震災 あなたたちは一人じゃない。
感動の動画を知人が知らせてくれました。
胸があつく嗚咽。。
止まらなくなりました。
勇気を持ってください。

被災された方は、きっと、今できることを頑張って踏ん張っておられます。
「みんな一緒」ということを心に留め、
私たちは
被災に合われた方の分まで、毎日の仕事を、生活を
淡々と過ごしましょう。

あなたが、お母さんお父さんなら、子供たちに安全と笑顔を。
不安そうな人がいたら「大丈夫」の一言を。
前向きなメッセージを。
みんなで日本の復興の力になりましょうね。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

人生、健康のターニングポイント

健康診査の結果
<健康診査、乳がん検診の結果票>

今年はすべてクリアーでした!

今まで毎年コレステロールと低血圧で引っかかっていました。

それに去年は乳がん検診、要精検でした。

今回も恐る恐る結果を聞きに行ったところ
「何も問題なし!正常範囲にあります。この生活習慣を続けてください。」

すごく嬉しいです!

食生活は以前から和食、野菜、魚、豆類が中心(だけどパンと甘いもの好き(^^ゞ)
特にこれと言って変わっていないのですが、
変わったことと言えば

【早寝早起きの習慣】

それに伴い【夕食の時間が早い】

【よく歩く、階段を使う】

「適度な運動をするように、、、」と良く言われますが、
全くしていません。

食事制限も食べたいものをいただく。
そんな生活です。

体重が去年の夏より4Kg減って維持できている。

きっと身体が慣れてきて、これが数値として現れたのでは?と思います。

一年一年、確実に歳は増していきますが
体力、筋肉は何もしなければ落ちていくばかりです。

律する日、時、所、たまには甘やかしてあげる、
そんな自分流のメリハリのつけ方で
自分自身の生活、人生を送って行きたいと思います。

doordoor_ld at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月17日

師走だからこそ、やってみよう。壁にぶつかる事で、、、

今年も残り2週間となってしまいました。
早いですね。。。

「今年こそ!」と年頭に決めた事や目標が達成できず
心に悔いがふさがる時期でもあります。

私はどちらかというとポジティブシンキング派
あまり物事を悲観的に考えない楽観主義者(^^ゞ

でもやはり出来なかった事が山ほどあり
いろいろ思い出しては考えてしまいます。

江戸時代の儒学者、中江藤樹の言葉に
「悔いを凶から吉へと導く道と考えてみる。
 じっくりと悔いる。誤ちをひとつひとつ顧みる。
 すると反省点がみえてくる。
 これを来年には目標達成へと導いてくれるかも知れない。」

願いを難なく成し遂げるよりも壁にぶつかることで
人はもっと智恵と忍耐心を養い伸びていけると思います。

バタバタする年の瀬ですが、振り返る時間を作ることで心穏やかになり
前向きに悔いり、来年に繋げていきたいと思います。


doordoor_ld at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月30日

ジョン・レノン・ミュージアムが本日で閉館

ジョン・レノン・ミュージアムにて
ジョン・レノン・ミュージアムにて

ジョン・レノン・ミュージアムが今日9月30日で10年間のライセンスが切れ、
閉館になりました。

私が行ったのは2005年2月19日。

起業前に個人的に仕事を貰っていた数社から依頼された作品が
同時期に東京の数箇所とビッグサイト、ギフトショーで展示されることになり、
『それなら同級生に会うのも兼ねて行こう!』
担任の先生も駆けつけてくれて、30年ぶりの同窓会になっていました。

その中に6店舗、年間売上げ○○億円?の社長になっている子がいて、
彼が急遽、私の願いを叶えてくれました。

雪の降る中、大きなリムジンのようなベンツでお出迎え!
さいたまスーパーアリーナまで楽チンでした。

ジョンレノンミュージアムで購入したグッズ
ジョン・レノン・ミュージアムで購入したグッズ達

真ん中の写真は「ジョン・レノンからのメッセージ」の本です。

 心を開いて
 「イエス」って言ってごらん
 すべてを肯定してみると
 答えが みつかるもんだよ

 
 みんな 愛しあおうよ
 争ってるなんて
 おろかだと 思わないかい?


 失ってはじめて
 大切だったって 気づくんだ
 失うまで
 それが大切だって 気がつかないんだ


 100万人が集まれば
 ひとりのときより
 ずっとすごいことができる
 人のチカラを集結すれば
 世界だって変えられるんだ

  (メッセージ本の中から抜粋)
命日の12月8日にも平和への願いを書いています。

ジョン・レノンとの出会いは初めて就職した会社の先輩の影響で
ビートルズを聞くようになりました。
5年間育児に専念していたジョンが
「ダブル・ファンタジーというアルバムを出す!」
という情報が飛び交っていた中での襲撃事件。
20歳過ぎの私にはラジオから流れる訃報が衝撃的で、
今もその時の光景が目に浮かびます。

今日ジョン・レノン・ミュージアムが閉館するにあたり、
オノ・ヨーコさんからのメッセージが載っていました。
詳細はまだ発表されていないものの、
「ジョン・レノン・ミュージアム」は次の旅へ出発し、
あらたな地に誕生する予定となっている。(BARKSニュースより)

平和へのメッセージを多くの人に、子供達へ知らせたい!

是非、また何処かで再開してもらいたいです!

大阪から さいたまスーパーアリーナは遠い。
近かったらもっと足を運んでいただろうな、、、
今度は関西方面で開設してもらえたら嬉しいです(^^)v

doordoor_ld at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月24日

音楽はその時の私に戻してくれる。

昨晩、ディナーのBGMに何か良い音楽はないかと
CDが詰まっている引き出しを開けて選んでいたら
懐かしい曲達がいっぱいあり、あれこれ悩んでしまいました。

音楽って、当時の私に引き戻されるんですよね。
CD OPEN UP

【OPEN UP】 youtubeにアップされていてビックリ!(歌のみ)

 あなたが思うよりも 世界はもっと素敵よ
 この愛も 自由も Open up きっと
 心を開いて 瞳を見つめて
 Nescafe Nescafe
 Open your eyes, Open your mind, Open your thought,
 Don't stay behind
 Nescafe Nescafe

 心の壁を越えて Open your mind 語り合おうよ
 Open your eyes, And Open your mind, Open your thought,
 Don't stay behind
 心を開いて 瞳を見つめて
 Nescafe Nescafe
 Open your eyes, Open your mind, Open your thought,
 Don't stay behind
 Nescafe Nescafe

 愛する心は Open up 誰の中にも
 Open your eyes, And Open your mind, Open your thought,
 Your heart can be bright

 Nescafe Nescafe
 Nescafe Nescafe

1999年 11年前の曲です。
それもCMで流れていて、
その曲が気になって気になって仕方が無く、
シングルを購入していたんですね。

題名だけでは思い出せずかけてみたら
懐かしい。
けどなぜか、その時の空虚感というか
私の心が蘇ってきました。

年齢の区切りで、
これからの自分の人生をどう生きるか?
会社勤めにも悶々としていた。。。

ちょうどケニアで働いている海外青年協力隊の人と交信を重ねていて、
たくさんの未知の刺激をもらっていました。

そして約1年半後には会社を辞めて
多くの人の反対、心配を押し切って
ケニアへ飛び出してしまうことに、、、

もしこれが無かったら
今の私ではなく、もっと薄っぺらだったと思います。

doordoor_ld at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月15日

心の開放

人は考えたこと、感じたことを心に留めている場合と
吐き出せる場合とある。

子供の頃は何でも口に出している。

自我が育つと「言わないで置く」という選択もする。

大人は相手によって話したり、話せたり、
言わなかったり、言えなかったりする。

信頼感、度量、経験知、いろいろある。

相手の事を思いすぎると言えない事、
相手の事を思って思い切って言う事、言える事。

開放できて言える事、
開放したくても、
どう思われるか、
言っても解ってもらえない、と推測し、蓋をしてしまう事、

同じような経験や境遇の人には賛同し、言えるのだろうか。

自分自身はどうか、
相手はどうか、問うてみる。

聴いても相手にとって「暖簾に腕押し」状態では生がない。

経験則でしか受け入れてあげられないのか?

相手にとってのマスターベーション、慰めだけでも良いのだろうか?

こちらから話すことも相手の事が解っていないと
ただのお節介、押し付け、傷つけることになってしまう恐れもある。

親しくなると距離感が近くなり、
分かり合えるメリットとデメリットもあるだろう。

親、兄弟、家族という近い存在はとてもありがたいけど、
変に気を使ったりして本心が言えず、
厄介な関係でもある。

自分の心、相手の心、
どれだけ向き合えるのだろうか?

葛藤はきっと生涯続くのだろう。


doordoor_ld at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月26日

マザー・テレサ生誕100年に思うこと

マザー・テレサの本
【左】フォトジャーナリストがマザー・テレサさんと接しながら葛藤し書かれた本 
【右】マザー・テレサ 愛のことば 絵本 いもとようこ

マザー・テレサさん、1910年8月26日、
現在のマケドニアでアルバニア系の両親の下に生まれ
今年で生誕100年になります。

死去する97年9月5日、
87歳までインドで支援活動を継続されました。

数々の勇気ある行動や言葉を残され、
今も多くの教えを受け継いだ修道女達により支援活動は続いています。

世界中の人々は平和を願って
マザー・テレサさんにノーベル平和賞を捧げ
彼女が亡くなってからもテロや戦争、難民が相次ぎ
平和から遠ざかっているように思えてなりません。

日本では毎年3万人以上の自殺者。

世界平和、愛、幸せとは、、、

「豊かな国ほど飢えが目につきます。
 物質的な貧しさより心の貧しさです。
 まず家族への愛からはじめてください。
 やがて家庭から外へと愛の輪がひろがっていくでしょう。」

「だれからも受け入れられず
 だれからも愛されず
 必要とされないという悲しみ
 これこそほんとうの餓えなのです。」

「あなたは、この世にのぞまれて生まれてきた大切な人」

「わたしたちのすることは
 大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。
 でも、その一滴の水があつまって大海となるのです。」

「あなたからはじめてください。」


数々の言葉を残してくれていますが、
愛、命についての真理です。

フォトジャーナリストの小林正典さんの本
世界のお母さん マザー・テレサ 
レンズの中に愛がみえた

実際にマザー・テレサさんと過ごされて書かれた本です。
子供でも読めるようにルビがふってあります。

2004年小林さんの写真展にて
本には書かれていない生の声も聞きました。

カメラマンである自分との葛藤、
マザー・テレサさんとの向き合い方
世界の流れを変えるために、
もっと大きくマザーの種を育っていってほしい
そんな想いのこもった本です。

久しぶりにもう一回読みたくなりました。

世界のお母さんマザー・テレサ―レンズの中に愛がみえた (ポプラ社いきいきノンフィクション)世界のお母さんマザー・テレサ―レンズの中に愛がみえた (ポプラ社いきいきノンフィクション)
著者:小林 正典
販売元:ポプラ社
発売日:1996-06
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月12日

あなたの人生

気になる言葉を読みました。

「あなたが生まれた時、あなたは泣いて、周りは笑っていたでしょう。

だからあなたが死ぬ時は、周りが泣いて、

あなたが笑っているような人生を歩みなさい。」〜アメリカ先住民の詩

 奥が深いな。。。
 そうなれるよう、そういう行動が出来て、
 自然体で、そう慕ってもらえて、  
 人生を終わらせる事が出来たらいいな。。。



doordoor_ld at 13:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月02日

事務所移転のお祝いへ、本物の町屋に感動!

元気ウエアのパジャマのファンになってくださったご夫婦。

月に2回お送りするメルマガ「愛あい元気レター」にも必ず
別々でご感想を返信してくださる、とてもあたたかな方々です。

大阪市内で工務店を営んでおられるのですが、
このたび事務所移転の案内をいただき、行ってきました。

大阪の長屋・町屋に耐震補強を施し、
昔の懐かしい風情を蘇らせました。
4年間かけてぼちぼち手を入れられたそうです。
どこを見ても感動の嵐でした!

猪谷工務店 新事務所外観
建物の外観です。
暖簾は麻の晒し、唐招提寺のお坊さんの袈裟にも同じ生地を使っておられるそうで
今回、お客様が手作りで作ってくださったそうです。

二階の窓
屋根の銅版の色、良い感じでした。
窓の桟も金属の釘が見えないように木材で埋め込んでいます。

ビア樽から作られたテーブル
玄関、勝手間口から上がると板の間があり、
テーブルが設えてありました。これはサントリーのビア樽を再利用されたもの。
ビールを作るのに樽の表と内面を火で焦がすそうで、これが良い表情になっています。
フォルム、ディテール、素敵でした。

欄間
本間の8畳が二つ繋がっていて、その欄間です。
片方しか写真を撮ってなかったですが、両方とも良い細工で感動!
天井の亜麻色も人工的には出せない色ですよね。

床の間 飾り棚
奥の部屋は違い飾り棚があります。間の柱は黒檀だそうです。
このあかりとりの木の細工に惚れ惚れ!
夏ならではのよしず風の建具。

ガラス戸の鍵
ガラス戸の鍵、あぁ〜、懐かしい!
庭には打ち水をされていました。
白い石を池の水に見立て、3匹の亀さんがおりました。(陶器です。笑)

庭
石灯篭、橋、樽、、、、こじんまり纏まり、叙情的でした。

お手洗いの入り口
お手洗いの入り口です。
あかりとりの窓の形、素敵。
摺りガラスも当時のもので、見たことのないカッティングでした。
木の桟も自然のままをあしらい、味わい深いです。

たくさんのお話をお聞きしました。

この家を見に来た時はホコリだらけのボロ屋、廃墟のようだったそうです。
社長は仕事柄、当時の職人技に惚れ込まれたそうで、
どうしても手を入れて蘇らせたい!と思われたそうです。

60歳を過ぎ、男のロマンですよね!

1階は「いのこうクラブ/みんなの家」として
多目的な用途に使っていただきたい。
(2階は猪谷工務店の事務所)

今後は老人会の方にも、、、と夢をいっぱい持っておられます。

社長は今までに子供達の木工教室を年に数回
学校がお休みの時に開いておられます。(ボランティア)

それを支えておられる奥様、メールでは何度も交流がありましたが予想どうり
素敵な方でした。
一緒によくご旅行に行かれ、仲の良いご夫婦というのは知っていましたが
とても穏やかな佇まいと雰囲気で、随分長居をしてしまいました。

手作りの水羊羹をいただきました。
甘みが抑えてあり、上品な味わい。
美味しかったです。

【いのこう 手作り本物展】を協賛のご協力のもと
8月7日(土)10:00〜18:00まで開放されています。

細川美術商会様所蔵の絵画、手作り椅子、陶芸家の方などの作品を
見ることができます。

場所:いのこうクラブ みんなの家

住所:大阪市旭区赤川1丁目9−9
TEL:06-6921-0555  

ひとりでも多くの方に本物の良さを見ていただきたいと思います。

それにしても普通の長屋、町屋で、
これだけの技が当時は平然と施されていたんですね。
職人の技、センス、
先人達はどんな人生を過ごして来られたのでしょうね。

竹内まりやさんの歌詞のように
「デニムの青が褪せてゆくほど味わい増すように
 長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ」
こんなことを思いました。


楽しい家つくり 猪谷工務店社長のブログ


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月21日

「五感」 & 「ユーハイム」美味しいをお届けするポリシー

五感 お米のクッキー 穂の一
五感のお米のクッキー「穂の一」

お気に入りのスィーツ店
大阪の北浜にある【五感】
大阪ブランドです。

だいぶ前にいただいて、すっかり虜になっています。

私もお土産やプレゼントでスィーツをお届けする時
この【五感】の品から選びます。

どれをとっても美味しい!
そしてコンセプトもすばらしい!

一、「人」
二、「できたて・つくりたて」
三、「旬」
四、「和」
五、「素材」

安全でこだわった素材を出来るだけ使用し、
人に環境にやさしい配慮、
本物のおいしさの追求

五感 ええもんち
丹波篠山の黒豆を使用したマドレーヌ
先週の出張のお土産にも持参しました。
新大阪駅限定の品 「ええもんちぃ」です。

みなさん、とっても喜んでくださいました。

北浜の本店を入れて、大阪、京都、神戸のデパート内の5店舗しかないのに
東京でも結構有名になって来ているようで、
「あっ、五感だ!」って女の子は目ざといです。(^^ゞ

頂き物にユーハイムの焼き菓子の詰め合わせをいただきました。

ユーハイムはバームクーへンが有名ですね。

カールとエリーゼ、ユーハイム夫婦が1909年に日本でお店を持たれて
100年が過ぎました。

このご夫婦の【ユーハイム物語】は苦悩の連続でした。

第一次世界大戦、捕虜、関東大震災で店が全焼、第二次世界大戦、
夫の死、終戦後ドイツに強制送還、、、、

戦争から戻った職人たちが1950年神戸・生田神社前に店を開き
「ユーハイム」を再開し、6年ぶりにエリーゼを日本に迎えることができた。
再びユーハイムは、カールとエリーゼの理念に導かれながら
「美味しいお菓子」を作ることで、新たな時代に向かって歩み始めた。

ユーハイムも理念がしっかりしてて
「まっすぐなおいしさ」
正直に、生まじめに、揺るぎなく です。

クッキー五感 ユーハイム

ポリシーがしっかりしているお菓子メーカーのクッキーに
手と口がず〜と動いてしまっています (/_;)

美味しいものには目がない、とめられない。
困ったもんです・・・(苦笑)

私ももの作りをする一人として、

【元気ウエア】の理念 を貫きます!


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月18日

夕陽と飛行機雲

新幹線からの夕陽と飛行機雲

飛行機雲と夕陽。

出張の帰りの新幹線の中から写しました。

夕陽と飛行機フェチな私、
この景色、目に焼きつきました(^_^)

浜松が過ぎたあたり。

その後はず〜と窓から目が離せなくなりました。

京都あたりでは陽が落ちてしまいましたが
駅の蛍光灯と街灯の明かりで
夕陽の茜色は感じられなくなってしまい残念。
近代的な建物が見えてくるとつまらなくなりますね・・・

doordoor_ld at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パブロフの犬?新幹線=アイスクリーム 至福の時間

新幹線のアイス
新幹線の車内で売られているアイスクリームです。

会社勤めの頃もよく東京へ出張していて
上司と一緒は出来るだけ避けて、
一人で行くように仕組んでいました(^^ゞ

よくアイスクリームを食べていました。

私が幼少の頃も新幹線に乗ることが多く
その時のトラウマ?
新幹線=アイスクリーム って
パブロフの犬のようになります、、、

その頃はカネボウアイスでしたが
今回はスジャータのものに変わっていました。

だけど美味しさは変わりなくバニラが濃厚で
幸せ気分になりました。

家に着いても幸せが続きます。

手作りパンのお土産
友達が焼いたクルミとレーズン入りのパン

東京の友達の家に泊めて貰ったのですが、
朝食、手作りの焼きたてのパンがすごく美味しくて、
「美味しい!おいしい!」って感激していたら
再度焼いて、お土産に持たせてくれたんです!

少し変形してしまいましたが
夕飯もパンにしました。
幸せ〜(^_^)
Mちゃん、ありがと〜♪

doordoor_ld at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月17日

横浜の地下鉄でやさしい思いやり

横浜の地下鉄の席
横浜の市営地下鉄【全席優先席】

14日の出張で乗った横浜市営地下鉄、
窓に【全席優先席】
「横浜市営地下鉄は、すべての座席が優先席です。」
ってシールが貼ってありました。

お年寄りや体が不自由な方、妊婦さん、赤ちゃんと一緒の方などには
席を代わってあげる。

これって前から思っていたんですが、
当たり前のことなんですよね。

大阪をはじめ、ほとんどの電車では
車両ごとの前後に『優先座席』が設けられていると思います。

『優先座席』があると他の席の方は
ゆうゆうと座ってて良いと思われがちです。
でも目の前にお年寄りや上記の方達が来られたら譲ってあげてほしい。

本当は【全席優先席】なんて表示するのも変なんですよね。

席を代わるという行動に出せない人もいるような時代になってしまったので
こういうメッセージで勇気を出してもらえたらいいな。。。と思いました(^^)v

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月14日

東京、大阪の違い、いろいろ

東京で生まれて、感受性の高い思春期まで育ち、
その後、大阪へ移り、もう30年以上になります。

大阪に来て、
「さぶいぼ」→鳥肌
「みずや」→食器棚 
「なおす」・「かたす」→片付ける
「お腹大きい」→お腹いっぱい食べたぁ〜
「いきしな」→行く途中
「かえりしな」→帰る途中
などなど

イントネーションや意味が解らない言い方に好奇心旺盛、
おもしがっていました。

食べ物もいろいろ違いますねー。

東京にあって、大阪に無い物、大阪人がなじめないもの・・・
今は流通や情報が発達したせいか、
壁が低くなった様な気がします。

代表が【納豆】
我が家では子どもの頃、毎朝といって良いほど食卓に上っていました。
でも大阪では嫌いな人が多いらしく、
今から30年以上前は、お店にあまり置いていませんでした。

味も子どもの頃に食べた味が美味しいと思うのは
関西風の味付け、匂いの少ないものに替えているらしいです。

【葉生姜】もそうですね。
母はぬか味噌を漬けていて、朝食に出ていました。
私は子どもなのに大好きで
怒られながらもボリボリ食べてしまっていました。
大阪には今もあまり売っていませんね。。。

【お醤油】
・東京は濃い口のヤマサ (淡口のみでした。)
・大阪は濃い口はキッコウマン
 淡口(煮物用)はヒガシマル
これが定番のようです。
引越しの手伝いに来てくれたご近所さん(会社の奥様方)が、
ヤマサの一升瓶のお醤油に話しが沸いていたようでした。

【ちくわぶ】
東京ではおでんの定番食材で、私も大好物!
大阪ではスーパーに売っていなくて、
5年位前までデパートで手に入れていました。
いまでも大阪人は嫌いな人が多いんですよねー。(不思議・・・)

昔はおでんのことを大阪では
「関東炊き」(「かんとだき」と言い「う」が省かれています。)
とも言っていましたね。。。
味噌田楽(味噌おでん)も関東炊きって言うんだけど、、、?)

【はんぺん】
これも私は大好きで良く買いますが
大阪人には賛否両論...(不思議・・・)
東京ではおでんに焼き豆腐が入って無くて
はんぺんが替りかな?

【牛スジ】
大阪ではおでんに入れるのが定番のようです。

【どて焼き】
これも大阪の居酒屋にはよくあります。
牛スジ肉を味噌で煮ています。

お好み焼きの
【肉玉】→「なんの肉なんですか?」って
     お店の人に聞いてしまった思い出があります。
大阪では【肉】と言えば「牛肉」って決まっているんですね。

【焼肉定食】や【肉じゃが】、【カレー】
大阪人は牛肉があたりまえ、と思っています。
(「焼肉定食で牛肉じゃなかったら詐欺やぁ〜。
  肉じゃが、牛以外ってありえるん?」って言ってます。)

母は東京生まれ、東京育ちの根っからの江戸っ子でしたので、
東京の食の影響か、、、、
就職して知ったメニューがあります。

牛スジ、どて焼き、キムチ、ホルモン、、、
今でもちょっと抵抗あり。。。(^^ゞ

子どものころによく食べた
【あんバタ】→(あんバターパン)
大阪には無いようですね。

15年ほど前の会社勤めの時、
ローソンのレジの前に置いてあり、思わず買いましたが
皆に気持ち悪がられました。
美味しいのに〜!!(すぐに店頭から消えました・・・(/_;)
なので、あんパンに自分でバターを入れて作っています。

そうそう、
【天ぷら】
小麦粉を練って野菜や魚などの食材に付けて油で揚げた普通の天ぷらに
大阪ではソースをつけて食べる人が結構います。ビックリ!
普通は「天つゆ」でしょ?
お醤油、塩、ならわかるけど、、、

そして、
【さつまあげ】魚のすり身を油で揚げたものを言いますが
大阪ではこれも【天ぷら】と言います。

うどんが好きな関西人
【きつね】と【たぬき】
大阪では
【きつね】と言えば、
  うどん+うすあげを甘く煮たものが載っています。
【たぬき】と言えば
  蕎麦+うすあげを甘く煮たものが載っています。
  (うすあげ、じゃなく、油揚げって言っているな。。。)

大阪のダシが効いたお汁は美味しい!
けど、東京のお醤油の味が濃いお汁も懐かしい。

そう、【コロッケうどん】って知ってます?
中学生の時、近所に新しく出来たうどん屋さんのメニューにあり、
それ後も自分で作ったりします。
大阪では見かけないな・・・
(うどん好きな大阪では邪道だと言われた。。。)

【ちらし寿司】→「ばら寿司」「まぜご飯」とも言うな。。。違うもの?
  (お魚がのらず、家で具を混ぜて作るからかな?)

鰻の腹切りと背開きの違い、焼き方の違い、
お正月のお餅の形、お雑煮、、、、

東京、大阪の違い
まだまだ挙げたらキリがないな。。。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月03日

節分、厄除招福「ぜんざい」をいただく謎

厄除けぜんざい&豆せんべい


鶴屋八幡の厄除招福「ぜんざい」と「お豆さん」をいただきました。
(福まめは節分に豆まきをするので用意したものです。)

関西地方では節分に「縁起が良い」と言って【恵方巻き】
巻き寿司を丸かじりしますが、
最近は全国区になってきました。
発祥は江戸時代からだそうですが、
戦後に大阪海苔問屋協同組合が寿司屋さんと組んでポスターを貼り、
復活させたようです。
さすが、商売人ですねー!

『おぜんざい』大阪では「厄除け」と言って
お正月や節分、その他にもよく食べる習慣があります。

関東地方でも育った私、
『そんなのあったかな?』
『なんでなの?』
『大阪人の商魂?』って思ってしまい、調べることにしました。

やはり京都や大阪の神社では、
旧暦正月の節分に、一年の邪気を祓い厄を封じるため
『ぜんざい』を皆様に振舞い厄除け祈願をする行事、習しが伝わっています。

「えべっさん」で京都散策した壬生寺でも、4日に 招福ぜんざい無料接待があります。

関東地方の節分行事で「ぜんざい接待」
載ってなかったです。(やはり信心深い関西人だから?)

『何故ぜんざいなの?』の疑問。。。

「小豆」は、古来から「魔よけ」、「厄除け」が謳われています。
魔除け厄除けに用いられるのは、小豆は「赤い」から。

小豆の赤い色とそれのもつ強い生命力がその根源とされています。

古代から「赤は血液に通じる」ことから死者の復活儀礼として、
その霊力が信じられてきたようです。

また、小豆の「赤」はアントシアニン、「ポリフェノール」が赤ワインより多い。
その他、カリウム、サポニン、ナイアシン 、パントテン酸、
ビタミンB1、B6、モリブデン、葉酸・・・・・・。

栄養面がすぐれている。
生きる力なんですね。

赤色は「太陽」の色であり、「火」の色、「血」の色
情熱、強さ、活力の象徴ではないか?

なので、「魔」「厄」など、恐れるマイナスのものに対して
「赤」を用いたのではないか?

『そういえば、
【千人針】に刺す糸も「赤」だな・・・』と思い調べてみたら、

「厄年に赤いものを身につける、
 疱瘡(種痘)除けに赤色を使用するなど、
 日本人の赤に対する思想が反映されていると考えられています。」

と書いてありました。

やっぱり、先人の知恵は凄いですねー!

【招福ぜんざい】まだあまり関西以外では知られていないみたいだけど、
和菓子業界、豆業者、何か仕掛けを考え、
コンビニに持ちかけると全国区になるかも?(^_^)

doordoor_ld at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

イベント、たくさんの貴重な繋がりを体感しました。

阪神百貨店(梅田本店) 11階グリーンルームにて
『くじらとポン酢のイベント』
起業仲間が主催するものでした。

 詳細はこちら

朝から カメラウーマン? 試食のお手伝いさん? 楽しみました。

★昼の部、午前と午後の2回
鯨のヒゲ

鯨の学校

鯨の種類


 ・1時間目 日本鯨類研究所の研究者による「くじら」の生態についての講演
   クジラのひげ、下敷き、知識が得られる資料をたくさんいただきました。

 ・2時間目 「ポン酢」の歴史やポン酢を使った「くじら」のメニューのご紹介

鯨の給食
 
 ・給食の時間もありました。

昔懐かしい学校給食スタイルを再現したメニューで、
くじらの竜田揚げ、ハリハリ鍋、コッペパンにマーガリンとジャム、牛乳、みつ豆

見かけは給食そのもの、でも味は全く違い、美味しかったです!
竜田揚げもいい肉を使っていましたし、コッペパンも香ばしかった(^_^)

参加者さんは懐かしい給食が目当てかな?と思っていましたが、
「くじら」に関心があるようで、熱心に聞いておられました。
授業が終わっても先生に質問をされたり、パネルを見たりされていました。

私もダイビングをしていたので鯨の生態には少し興味があり、
先生とお話しをさせていただき、面白かったです。
いただいた本を読破したら、「鯨の通」になれると思います。

午前中の部は報道の方(テレビ・新聞)何社かが来られていました。
給食の模様はインタビューもしていて、夕方のニュースに流れたと思います。

★夜の部
新作講談「クジラとポン酢と長宗我部元親」
   講談師:旭堂小二三 さん 関西女流講談師のホープです。
   作  :オオタニクニオ さん

大谷さんは有志の勉強会「WS×2」で講演してくださったご縁です。
元経済部記者で現在は某放送の宣伝部長さん、
他に講談作家、イベントの主催も多数、
地元では、頑張る人を応援するレンタルスペース「スコーレ!」のプロデューサーなど
異色・異能のサラリーマンです。

この日の為に考えられた新作講談、原稿用紙25枚、書き上げたそうです。
阪神百貨店の食料品売り場がこの時期気合いを入れて販売する「鯨肉」と「ポン酢」の
何とも不思議な歴史的な繋がりを講談流に解き明かして、
最後に、、、(笑)繋がりましたぁ〜!

講談、生は迫力満点!
テレビやラジオで聞くのと全く違いました!
発声が素晴らしい!
目の前に映像が浮かびます!

新年に大谷様からいただいた案内で
 
 未曾有の不況に苦しめられている日本経済。
 「とりあえずカットできるところは何だってカットしちゃいましょう。」
 と言う風潮が強まっています。そんな逆風をもろに受けているのが
 演劇や古典芸能などの「文化」です。
 しかし、そんな話は「見てから言うてよ!」と言いたい!
 そこで古典芸能の一つ「講談」のその“迫力”や“面白さ”をナマで感じてみませんか?
 文化を支える最大の支援は「足を運ぶ」ことです。皆さま、集客に何卒ご協力下さい!

100名以上の方が来られていたでしょうか?
私の顔見知りの方も数名、
『こんなご縁で繋がっていたのか。。。』と思う人もいました。

「講談ってはじめて聞いた。」という知人も感動していました。
ホント!お客様の殆どの方が、生の“迫力”や“面白さ”に驚いておられました!

朝から貴重な体験が出来、有意義な一日でした。

大浜さんの講演は何度も聞いていますが、
新たな題材も含まれていたのでギリギリまで原稿を読みなおし、練習していました。

「生態系・食・お人との繋がり・支援・文化の継承・・・」
気楽に参加させていただいたのですが、
たくさんのことを感じた一日でした。

皆さま、本当にお疲れさまでした!

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月17日

阪神淡路大震災を振り返り、今年も実践します。

神戸近郊に住んでいると、
1月17日、震災の日は忘れらません。
今年は15年目。

私は当時、10世帯位のマンションに一人で住んでいました。
デザインと型紙、個人的な依頼があり、
午前5時46分、机に向かっていました。

ドーン!とすごい音と一緒に縦に持ち上がったような、、、?
角地だったので 『 トラックでもぶつかった? 』と思ったが後
ず〜と揺れて、音楽が消え、照明が切れ、部屋は真っ暗!
電気ストーブのあかりが少しづつ消えようとしてて、、、、

東京で育った経験からか
(地震が多く、学校で訓練が頻繁にされていたので)
地震と解り、すぐにストーブを消し、クッションを頭に抱え、
机の下にもぐりこみました。
縦揺れ、横揺れ、なかなかおさまりません。

台所の方で「ガッシャーン!」という音。
ぶるぶる振るえ、『 何?この世の終わりか? 』
揺れが終わったかと思ったら、また余震。。。
台所の音は食器棚が倒れていました。

親の所へ電話をかけてもつながらない。
自家用車で出かけようと表に出たら、信号も消えている。
『 こんな時に私までが事故を起こしては大変!』と思い、
とどまる事にしました。

やっと会社に連絡できたのは12時頃で、
「休んでよい。」と上司の許可が出て安堵。

神戸では倒壊、家事、消防車の水が出ない、多くの死者、
病院でも救急処置の機械が動かない。避難所が足らない。
飲み水、物資が足らない、車両が混乱して運べない、、、、
いろんな事がいっぺんに起こり、パニック!

会社でも安否の解らない人、親族の生死が解らない人、親類の死、
家が半壊になった人、いろいろな方がいました。
神戸の埃の中からリックを下げて通勤している人もいました。
 
水や物資を運ぶのも徒歩があたりまえです。
車は緊急車両が優先です。

私が出来る事は?いろいろ考えました。
足手まといじゃないか?
  
物見見たさの人も結構いたようです。
ブルーシートを高値で吹っかける人、
屋根の修理を膨大な価格でする業者
善意もたくさんありましたが、
人の弱みに漬けこむ人もいました。。。
  
今年の「はたちの献血キャンペーン」で、
私は当時、献血をしたことを思い出しました。
  
現在の神戸の街は新しい建物が並び、
震災がなかったかのように見えます。
「がんばろう!神戸」の働きで、
みな前向きに復興してきました。
絆が深くなったように思えます。

でもまだ、震災にあわれた人の心は、
悲しみは癒えません。
目の前で家族が生き埋めになり、
助け出せなかった、、、
助けの声がだんだん小さくなっていく。。。
息が途絶えていった、、、
脳裏にはあの現場の残像が消えません。
涙が流れない、泣けない、
人にも言えない悲しみを抱えておられる人も
たくさんおられます。

数年前、知人から聞いたのですが、
「震災の日、飲まず食えずだった日が続いた。
 そんな想いをした人達のその日を忘れないように、
 僕は1月17日は断食をするんだ。水一滴も飲まない。」

それを私も実行しています。
今日は朝から夜寝るまで、水も飲みません。
でも、部屋の中に居て、暖房の中にいるんですものね。
明日からの恐怖(余震)や不安はないですからね、、、

震災で家を潰され、何もなくなった人、
どんなに不安だったでしょう、、、?

親や子どもを亡くされた方の悲しみ、
どんなだったでしょう、、、?

親を亡くした子どものケアー、
知人がボランティアで行っていたレインボーハウスでは、
精神的なケアーが必要だったようです。

自分が出来ることは?
後悔の無いように、勇気を持って進めて行きたいと思っています。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月15日

えべっさんの後、寄り道したら福が逃げるそうな。。。

11日に京都恵比寿へ行き、
あちこち歩いたこと
食事に行ったことを知人に話したら、
「それって、福を落としてるんやで〜」
「食事して来たところに、福を置いてきてるんやでぇ〜」
って忠告してくれた。。。

全く知らなかった(>_<)

一緒に行った2人も以前はサラリーマンの人達だったので
知らなかったんでしょう。。。

さて、ご利益はいかに???

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月11日

初めて京都の恵比寿さんへ 「残り福おくれ〜♪」

「商売繁盛で笹持って来い!」の えべっさん
ここ毎年、西宮えびす神社に行っていたのですが
行って見たい箇所があって、そこが恵比寿神社の近くなので
今年は京都へ足を向けてみました。
京都恵比寿

阪急河原町駅で電車を降りて、初めての場所なのでどの道で行こうか、、、
鴨川を渡り、川沿いを歩こうか???キョロキョロ、
しばらく行くと出店が出ていて、人の流れに沿って行きました。
お神楽

鳥居をくぐり境内へ、正面が本殿。
去年の笹を収める場所は右側
左側の神楽殿では巫女さんがお神楽を舞い、福笹の奉納が行われていて
参拝者は吉兆の福笹を手渡していただきます。
「健康に過ごせますように!商売繁盛!残り福おくれ〜♪」と参拝しました。

「京都えびすは起物である福笹の授受を初めて行った神社」
と言われるだけあって、
ここでは本物(生)の大きな笹でした。
ちょっと感激!
西宮えびすではプラスティックの作りものでしたので
気分はちがいますよね。。。
笹は早く成長する。=事業の成績が上がる。
冬でも青々している。=生命力がある。という謂れなのに
プラスティックではね・・・(>_<)

出口への流れに沿い、本殿の右側の板を叩きます。
えびす様は耳が遠い(不自由)なので、
自分の存在を知らせるのに板を叩き、
「ちゃんと願いが届いた?」と確認するのです。
今宮えびすでは銅鑼があり、バンバン叩くのですが、
西宮えびすではそのようなモノはなかったようです。

京都のえべっさん、
『なんか大阪の今宮えびすや西宮えびすと感じが違うなぁ〜。
そうか、「商売繁盛で笹持って来い!」の大音量の掛け声がないんだ。。。』
お神楽の太鼓や笛などの囃子が境内に響き、
古典的で日本古来の風流さがありました。
京都らしい落ち着きを感じていたのでした。

出店

出店もこんな干イカの店、初めて見ました。
他にも干し柿を売る店、お漬物を売る店、
布の干支の寅の置物やストラップなどの手作りショップ
だいぶ雰囲気が違って、見ているだけで面白かったです。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月08日

寝てしまう・・・体内時計

最近、眠いです。。。
知らず知らずに寝てしまう・・(>_<)

本を読んでも1ページの途中で断念。。。

録画してあったビデオも、
気がついたら終わってる。。。

『週末の夜なので2時間ものでも見てゆったりしよう。』
と思って見ていたら、
内容は面白いんだけど50分位でだんだん眠気が来て、
『寝たらあかんよー』と言い聞かせていたけど、
あぁ〜、、、終わってる。結末は解らず。。。

どうしても見たいものはビデオを撮るけど
どうでも良いと思っているからかな???
正月ボケか???

たぶん、年明けから初日の出を見て
何日か5時起きがあったり、
そのせいで体内時計が変わってしまったんでしょう。。。

ちゃんと規則正しい生活に戻さなくっちゃ〜。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月02日

プチ正月

おせち&お雑煮

好きなものだけの簡単おせち風の料理を年末に作り
朝はおすましのお雑煮を作りました。
お正月ですからね。

毎年、飾りつけも玄関や部屋にするのですが、
今年は鏡餅だけ、、、。
年末ギリギリまでバタバタしていたので、
手抜きになってしまいました。

けど、
な〜んにもしないのは気が引けてしまう・・・
子供の頃からの習慣なんでしょうね。

母方は東京生まれの東京育ちの江戸っ子、
父方は大阪生まれの大阪育ちの浪速っ子でしたので、
元旦は白味噌に丸餅、具たくさんのお雑煮
二日目はお醤油のおすましに焼いたお餅を入れたお雑煮
2種類のお雑煮をいただくのが
私の育った環境です。

大阪に住んで長くなりますが、
父の転勤で、関東と関西地方半々で育ったので、
東京の麺類の黒いお汁も懐かしく、違和感無く味あえます。

子供の頃、お正月には着物もよく着せてもらっていました。
両親揃って着ていましたのでね・・・

高校時代はウールのアンサンブルを着て初詣に行ったり
就職してからは着付けも師範まで習い、
仲間同士で振袖も着せ合いし、
新年会に行ったりしました。

付け下げ、小紋、しょうざん、、、、
20歳代の頃は帯や帯あげ、帯締めなどを選んで着たもんです。
今はすっかり着なくなってしまったけれど、
もう色柄が似合わなくなってしまったかな???

大人になってからお習字も習っていたので、
毛筆で年賀状を書いていたり、、、
忙しい中でもそんな生活していました。。。

いつかまた、ちゃんとしたお正月を過ごせるといいな。。。
味わってみたい気分です。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月29日

私の願い♪

元気ウエアの業務は本日まででした。
最後のご注文の品をお送りし、一段落です。

お客様のお声や、仕事に関わる方ゝのご協力、
周り方々からのアドバイス、支え、応援によって
今までやってこれました。

本当にどうもありがとうございました。

今月は今までの最高のご注文でした。

リピーター様に支持していただき、
パシーマファンが増えることは喜ばしいことです。

「ぐっすり睡眠で元気、笑顔のお手伝い、
 ごきげん仕様で快適睡眠ライフのお役に立ちたい。」


これが私の願いです(^^)v

来年も、もっと元気ウエアを、
元気ウエアだけのオリジナルのパシーマパジャマ
パシーマ寝具の体感を知っていただきたい!
ベビーアイテム新企画品の開発を進めて行きたい!

頑張ります(^^)v


明日はお掃除です。
やっぱりお正月を迎えるのに、ケジメですからね。
う〜、あそこもここも、、、、
いっぱいあるなぁ〜。(^^ゞ

31日はおせち料理をちょこっと作り
年越しそばの準備。

今、気が抜けてます。。。
JAZZピアノの音色に、ほっこりさせられてるのかな?

撮り溜めたビデオも見たいな。。。
でも、起きていられないかも(^^ゞ

お正月休みはすべて予定が埋まっているので
いつ見れるかな、、、?

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月28日

あっ、誕生日だった・・・

すっかり忘れてた。。。

今日は兄の誕生日だった。。。

子供の頃はクリスマスに近いし、
親は年末で忙しい、

お誕生日お祝いって、
特にして貰っていなかったような?

プレゼントだって
クリスマスと一緒にまとめられていたような気がする。


大学卒業後、東京で医薬関係の仕事につき、
なかなか会えない。
年に1回会うか会わないか、、、

9月頃電話で、
「新型インフルエンザの流行で大忙し!
 すーっと休んでいない。。。」と言っていた。

きっと家に帰っても疲れきって、
誕生日どころじゃないだろうな。。。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月25日

本当に不景気?今日は特別?

地下鉄の【梅田】【東梅田】【西梅田】はいろいろな線が交わっていて
乗換えは30分間で、それ以上になると乗換えにならず、
下車したことになります。

この30分間を利用して、阪神百貨店に寄ったり
金券ショップでお得切符を買ったりします。

一歩堂のお茶とSKIPPY (SUPER CHUNK)

今日も仕事の帰りに、いつもの一歩堂のお茶とSKIPPYのピーナツバター・チャンクを買いに
阪神百貨店に寄りました。

すっごい人で歩けない!

『そうか、今日はクリスマスだ!
 ケーキやチキンを買いに来ているんだなー。』
って思い、手元を見てみると
大きなケーキの箱を持っている人は少ないみたい?

だけど外食じゃなく、お家で祝う人が多いんだろうな。

一歩堂では帰省のお土産に買い求めている人もおられました。

百貨店、いつもと違い、今日は特に忙しそうでした。

doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月21日

寒さ忘れ、30分儲かった!

乗換えのラッキーな日でした。

今日は予定ビッシリだった上に、
急にもう1つ用事が増え、
運送屋さんへ、電話連絡締切りの5時までに
帰って来たかった。。。

バス→地下鉄御堂筋線→谷町線→鶴見緑地線→心斎橋

→徒歩で1駅先の本町へ→御堂筋線→バス

6回の乗換えが、すっごくスムーズでした!

待ち時間1分か、または飛び乗ったりして
予定の5時へ、30分早く戻ってこれた(^^)v

もし5分づつ待たされていたら、

5分×6回=30分

間に合っていなかったかも知れない。。。

階段も1つ飛ばしで駆け上がりました。

お昼頃は粉雪が舞ったようなお天気で、
商談先の人が
「寒かったでしょ?」

私「う〜。。。駆け足で来たので、あっつぅ〜、」

ちょっと肌がじわぁ〜と汗ばんだ感じ???
コートもジャケットも脱いでしまいました。

大きな荷物を抱えていたけど
電車には座れず、、、(/_;)

午前中は銀行、郵便局のハシゴ 5ヶ所。

必死だったので気がつかなかったけど
やっぱり夜になって、足だるっ〜(>_<)


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月20日

いつもにも増して。。。

そろそろ年賀状の準備をしないと、と
今日、リストを調べていたら、

今年は友達から喪中の葉書をたくさんいただいている。

祖父母の方もいるけど
親を亡くしている子も多くなってきた・・・

私は割と早くに両親を亡くしているけど
この辛さは経験してみないと解らないと思う。
同じ悲しみを味わった年だったんだなぁ〜。。。

また、連れ合いを亡くした同級生や
年齢の順番通りじゃなく、子供の人もいる。

人生はいろんな事を経験させてくれて
日々過ぎていくんですね。。。


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月12日

晴れ女

私、やっぱり晴れ女です!

今日の大阪、晴れと曇りマークで
雨とは言ってなかったと思う。

朝早く出かけ、14時過ぎにウチの駅に到着。

リラックス気分で少し寄り道し、
ぶらぶらと帰って一息、ソファに座ったら

『ん?何、この音、、、』

雨 降ってきてる!!!

慌てて洗濯物を取り込むのに窓をあけたら

強烈に鋭角に差し込む豪雨

危機一髪で逃れられた!

これが帰宅途中だったらと思うと、
びしょ濡れか雨宿りだった。。。

先週の土曜日も
知人「午後から子供のサッカーの練習があって、、、
佐々木さんが出かける時間には晴れるよね?」

私「多分ね!大丈夫だと思うよ(^^)v」

やっぱり太陽が照りました!

この間の3連休の真ん中、11月22日、琵琶湖に行った時
彼女の子供さんは試合で、天気を気にしてた。

「『午前中から降り出し夜まで大雨』の予報が、夕方までよくお天気もったよねー!」

あの日以来彼女にも、私の「晴れ女」が定着したようです(^^)v


doordoor_ld at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)