介護

2017年10月19日

身に余るお言葉をいただき、恐縮でございます。

hiraki
syudo_letter

身に余るお言葉をいただき、恐縮でございます。

奥様を思うお気持ちが深く、あたたかく、愛情いっぱいなのが感じられます。

倒れられる前は写真が好きで、一眼レフを持って、
週に1〜2回、ご一緒に出掛けられていたそうです。

奥様への愛情が深いご主人様、

『少しでも健やかに、願いを叶えて差し上げたい!』


上の写真は【夏用の薄いパシーマ生地】

カニューレ部分にあたらない様、プラスチックのスナップを付け、開くように。

スナップが半透明なので見えにくいため、色糸で縫い付けました。

色柄の部分はパシーマのガーゼと同じで、
龍宮(株)に試作用に作ってもらったエコテックス規格に合格しているものです。

名前刺繍も龍宮(株)にパシーマ生地を送り、
エコテックス規格に合格している刺繍糸で刺してもらっています。


初秋に、寒くなる前に、
【年中用パシーマ生地】上着3枚、パンツ2枚のご注文をいただきました。

「車いすで散歩に出かける時は首の保温のために立つ襟。寝ている時は折れるように。」

というご要望。
sakiage
一枚、確認用で作りました。

shudo_nenjyu_3set
折角なので、イメージを少し変えて、作らせていただきました。

syudou_eri2
首の後ろは温めるのが良いので立てた状態。

syudo_eri_ori
部屋では襟を折って。

syudo_westgom

ウエストゴムは弾力があり、よく伸びて折れにくい、特許の品のBBワッフル。
アジャスターを付け、調節が可能。

めいっぱい端まで伸びて、介護する方も身体が硬くなられた方も、脱ぎ着が楽に出来ます。

『先の夏用の薄いパシーマ生地のパンツと区別しやすい様に、』と想い、
ゴムの先をガーゼで包みました。

このようなお手紙をいただき、心より感謝申し上げます。

ご要望に応えることができ、私も嬉しいです。

起業した時の想いです。
一人ひとり症状が違うので、一人ひとりの独自性 アイデンティティーを尊重し、アイディアと技で心地よい衣類を創作し続ける。
衣服をとおし、心身ともに元気で、笑顔の溢れる毎日を過ごして貰いたい。
みなさまとのコミュニケーションを大切にし、懸け橋、伴走者になれる様
初心を忘れず、さらに励んでいきます。

ご回復を心よりお祈りしております。






doordoor_ld at 11:03|PermalinkComments(0)

2017年02月10日

じ〜ん。。。愛を感じました。

model_w1300

パシーマ生地で作ったアイディングオリジナルパジャマ
年中用_テーラー

パシーマの年中用パジャマをご注文いただいたお客様より
「女房の介護に使うので、衿なしが良いのですが、、、
 ありましたら変えてください。」 

と、通信欄に書かれていました。

「衿なしの商品は無いのですが、衿を外してガーゼを巻く。という加工ができますが、」
と、写真と詳細をお知らせさせていただきました。

オプション襟はずし_襟なし

衿のガーゼは、本体と同じ 屮ナリ」
◆峅突僂汎韻献屮襦次
「ブルー×ピンク×白の細ストライプ」

ボタンの色
ぁ屮ナリ」
ァ屮屮襦次
Α屮團鵐」
これらの組み合わせが可能です。
・衿ぐりの大きさ、この写真より小さく、または、大きく
ご希望をお知らせくださいませ。

とお知らせさせていただきました。

返信で、とΑゞ泙阿蠅麓命燭汎韻犬韮錬
「ポケットは外してくれますでしょうか?」

というご用命でした。

衿はずす

衿をほどき、

襟なし加工衿ぐりカット
 
衿ぐりのカット

襟なし_衿巻きミシン途中

「ブルー×ピンク×白の細ストライプ」
 2重のガーゼ生地を巻く

ボタンをピンクに取り替え、ポケットを外し、

襟なしに変更2枚

出来上がりました!

お電話して、ご希望のお届け日時をお聞きした時に

「お電話いただいてて申し訳ありませんが、
 夏用をお願いする時はサイト内にありますか?」

私「お気になさらず、メールでも電話でもお気軽にお問合せくださいませ。」

ご丁寧で、落ち着いたご高齢な男性の声でした。
優しい話し方で、じ〜んときました。
ご家族がおられるか分かりませんが、
愛を感じました。

喜んでいただけたら、
穏やかに 過ごしていただけたら、と願っております。

doordoor_ld at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)