2014年09月07日

明日への元気に繋がります。


今日の大阪はお天気の崩れを気にしなくても良い様な晴れマーク!
乾きが早いパシーマだけど、
雲行きが一変しゲリラ豪雨になったら、あぁ〜(/_;) 
この夏はコロコロ天候が変わるので干して出かけられない。。。

たくさんお洗濯しました。
干して2時間後にはすっかり ほわ〜ふわぁ〜 と乾き
取り入れジャストタイム♪

パシーマ

パシーマ干し

2回目のパシーマ干し。
大きいので地べたについてしまうため
段差をつけて3つ折りに。
重なりが少なくなり風も通り早く乾きます。

パシーマ達

取りこまれ畳まれたパシーマケットパシーマパジャマ
夕陽を浴びてます。
3回目、すっかり乾いているはず、
さっ!取り込もう!

pasima

このふわふわ感に包まれて寝るのがすごく気持ちよく、
すぐに熟睡してしまうのですが、肌さわりがたまらない♪
起きた時のスッキリ感!
良く寝た感、
睡眠の質が違うんですね。

ぐっすり睡眠で明日への元気に(^^)v


doordoor_ld at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月14日

「長い」より、「深い」がよいのです!

蒸し暑くて眠れない!睡眠不足になる〜!

寝苦しい時、どのような点に気をつけておられますか?

蒸し暑いとは「高温と高い湿度」
これが不快の元!睡眠時におよそコップ2杯の汗をかき、
パジャマ、敷き布団や掛け布団の中は湿気!湿気!です。

寝返りは体の向きを変えて血行不良を防いだり
蒸れた背中に空気を送り込むことで不快感を取り除き
眠りを深くしようとしているのですが、
「寝返り」ばかりじゃ、ぐっすり眠れませんよね。

「睡眠時間は8時間がベスト!」というのは間違いで、
「個人体質で様々」
これが正解です。

なので、「寝れてない。。。」と悲観的にならず
心を休ませて楽観的に!

肝心なのは【朝の目覚めが良いか?よく眠れたか?】
睡眠の質が決め手です。

そこで、熱帯夜でもぐっすり眠れる効果的な方法をお知らせします。

(1)ぬるめのお湯のお風呂にゆっくり浸かる。
 
 「シャワーだけでさっぱり!」という方も多いと思いますが、
 湯船に浸かると、ヒーリング効果があります。
 身体の表面の温度は上がりますが、
 深部の体温は下がり、内臓の働きが落ち着きます。
 よって心地よく眠れるのです。
 眠る1時間位前がおススメです。

(2)身体のほてりや湿気をとる寝具や衣類を選ぶ。

 暑いからパジャマや衣類を着ないで、
 またはタンクトップ(ランニング)などで寝ている方も多いように聞いています。
 しかし、肌の表面に付いた汗が吸収されません。
 そして、この水分が蒸発する時に「気化熱」で体の体温が奪われ、
 風邪を引いてしまう原因になります。
 汗をかいた時や雨でシャツがびしょびしょになって
 乾く時に『ぶるっぶる〜!』って寒くなったことがあると思います。
 これが「気化熱」なんです。

パシーマ素材夏に最適な寝具、
ぐっすり眠れるパジャマと選ばれている理由に


気化熱で体温を奪わない  


脱脂綿で水分(汗)を素早く吸収し、

脱脂綿の空気層から水分を蒸発させる。

肌にふれる表面のガーゼもさらさら〜!

汗かきで毎晩夜中に、パジャマを着替えておられた方が
「今までだったら汗でびしょびしょに濡れて気持ちが悪く目が覚めていた。
 そして着替えをして、目が冴えてしまい、再び眠りにつけなくなり、
 毎年寝不足。次の日は効率が悪く、疲労感・・・
 夏の終わりには夏バテになっていた。
 だけどパシーマのパジャマに替えたら不思議!
朝まで目が覚めず!そして肌はべとついてなくて、さらさら〜!目覚めが良い!」

お陰様で今年は夏バテにならなかったです!」

と嬉しいお声をいただきました。大阪市 60歳代 I・Y様

  (どこかの通販番組の様なお客様の感想ですが、本当なんですよ(^^ゞ)
 
私もパシーマ寝具やパシーマパジャマの愛用者なのですが
汗かきじゃないので、こんな体感はなく、ビックリでした。
他にも同じようなお便りを多数いただき、
「汗っかきさんにもこんなに効果的なんだ!」って知りました。
   

  
(3)質の良い眠りには、日中の過ごし方、脳のメカニズム、が関係します。  

【なるほど!豆知識】
「−眠りについて−起きている時の生活と習慣」

  ↑
リンクしておきますので、
お役にたてましたら嬉しいです。 



doordoor_ld at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)