May 12, 2010

ついに始動!エヴァンゲリオン実物大初号機建造計画

やっぱ、きたかという感じです。
Yahooでアンケート取ってたときから怪しいと睨んでた。
(実は私も初号機に1票いれましたぁ 恥)
もう、その時点で事業計画がかなり進んでたのね。
じゃないと夏休みに向けて7月23日OPENなんて無理だもんな。
GAINAXと日テレ、大儲けですなw
でも格納庫再現、っていうのが渋い!その気にさせる(w
自分に言い聞かせてる。
山梨まで見に行くことから「
逃げちゃだめだ!」…ってねw


©GAINAX・カラー/Project Eva

real eva_image続きを読む

April 16, 2010

Walking with Dinosaurs萌〜

 

見たいよぉ....

見たいよね

見たいよぅ!!!!!!!!

名古屋公演の先行予約うっかりわすれたよぅ..

明日から一般発売だよぅ

でもVIP席10500円は腰が引けるよぅw

Rolling Stones並だよぅw

でも、見たいよう。ちょうど夏休みだしぃぃぃ

このチャンス逃したら見れない気がするよぅ

wwd01wwd002wwd003wwd004wwd005wwd006wwd007



October 08, 2009

やっとできたか!鉄人28号!3

a48f4d3c.jpg



























お台場ガンダムが解体されても
寂しくなる必要はないのだ!
だって、神戸に鉄人が現れたもん!w

しかもこっちはずっとこれからも
立ち続ける。

なぜかガンダムと同じ
18m(1/1スケール!!)

リアルだわ、しかも鉄製w

たのしみだああ!
ぜったいこれも見にいかなくっちゃ!






doorinsum at 01:29|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)Arts 

September 26, 2009

願い

ふと、iPhoneのカレンダーを見れば今夕は
Perfume 「直角二等辺三角形TOUR」名古屋公演の初日。


俺のせいで今や超・Perfumeファンになった知人は
数ヶ月前からチケットとって今日行くって超張り切ってたけどさ、
当日券若干だけあまってるから「どう?」って聞かれたけどさ、

その数、4枚 って (笑)

「いいよ、いっといでよ。楽しんできなよ。」と答えといた。

俺は、遠くから眺め応援するのが好きなの。


思えば、日々すれ違う人たちも
いったい何を思い、暮らしているんだろうね。

いろんなこと思いながら、日々を過ごしてんだろうな。

当面の問題や、さしあたっての事柄。
明後日までにやらなきゃいけないことや、
今週中にかたずけておかなきゃいけないことや諸々。

日常のなかで次々訪れる小さなことをひとつひとつ解決していく
「暮らし」というもの。

ほっといていいものと、放っておけないものが次々と。
まるで浜辺に繰り返し訪れる波みたいなもんだな。

それに、優勢順位をつけていく日常。
プライオリティの高いものは高速に処理され、低いものは捨てられる。

何かは丁重に保護され、何かはバッサリと葬り去られていく。
そんなことの繰り返し。

意外と人は毎日残酷なことを平然としていたりするのかもね。

そんなことをふと思った。 

いったい、自分にとってどこからどこまでが必要で
なにが必要でないのか。

いったい、他人にとって、どこからどこまでが必要なことで
なにが必要でないのか。


自己と他者に思いをはせる。
 

自分と他者とのプライオリティの差。
または、
自分にとってはつまらないものや事。
でも他者から見ればとてつもなく大切に思えるものや事。

あ、

こんなこともないだろうか?

昨日の段階では最優先事項でなかったことが今日とっても大切になるとか。
「ああ、ああしておけばよかった。。。」と。

逆もまたしかり。

昨日、とっても大切だったことが今日は見向きもされなくなることだって。
「あ、俺って昨日は何であんなことに悩んでたんだろう。。」と。

まぁ、結論は出そうで、出ない。

いや、無理に出さないのかもしれないね。

そんな弁証的なアプローチは必要ないよな。

人との関係性は科学ではない。(と思いたいし)

 

ただ、ひとついえることがあるとすればきっと、

自己と他者は一衣帯水だということなのかも。

てか、いつのまにか恋愛論や人生論めいたことになっていて苦笑。

そうだ。
Perfume
は今晩、ラストに何を歌ってLiveを締めくくるんだろうか?
すぐそこまで来てるのに遠い。

でも、それは心のプライオリティの問題なんだよなきっと。
本当は限りなく近くにいる。


できれば、
秋が少しづつ扉をたたき始めるこの季節、

願い」を歌って欲しいもの。


それが俺の 願い。

 


 



August 10, 2009

「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」東京・お台場 新たなるメッカ

いってきた。見た。触った。

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの象徴、
7月11日〜8月31日の期間限定でお台場に登場した
世界初「機動戦士ガンダム 18m実物大立像」。

1/1スケール。
そのリアルな質感w 
っていうか「リアルな」っていう形容詞は似つかわしくない。

だって、これは現実なのだから。
まさに本物は本物だった。

ガンダム1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




世界に冠たるROBOT王国日本の誇り。
(正確にはガンダムはロボットじゃない
人間の運動機能をメカニカルに拡大した"モビルスーツ")

海外のファンは羨ましいだろうな〜w
見たいだろうな〜w 悔しいだろうな〜w

日本に生まれ、日本に住んでいることを
これほど「よかったぁ」 「ウレシイ〜」と感じたのは
大阪万博の "太陽の塔" 以来かも。

まぁ、俺はアラフォーあたりのガンダム世代ではないし
ましてやさらに若いエヴァンゲリオン世代でもない。

このプロジェクトの進行をWEBで確認していたときは
やっぱ、身長40メートルの1/1スケールの
ウルトラマンがそこに立っていたらいいのにと思い、
それだったら毎日でもそこに通うのにと思い、
ウルトラマンからすればちんけなスケールのたかだか18mを
「ふん!」と鼻でせせら笑っていたというのにw

偽ウルトラマン&ザラブ星人

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo:偽ウルトラマン&ザラブ星人)




でも、いざその空間に行ってみると全然違った。
このガンダムはそこにそうして静かに佇んでいるだけで
世代ギャップを超え、見るものに圧倒的な感慨を呼び起こすものだった。

訪れたときは夕闇が迫る寸前。
海からの風が頬をなでる。
グレーの空と雲がガンダムの背後に絶妙な彩を添える。
あたりが暗くなるに従い、ガンダムの陰影が刻々と変化していく。
言葉など無駄に思える臨場感が
それを見上げるひとりひとりをうっとりさせていく。

周りではほとんどの人が携帯やデジカメ、そして一眼レフで
この空気を永遠に留めたいと撮る・撮る・撮る。
撮っても撮ってもまだ撮り足りない感覚。

周囲にはまるでビアガーデンのようなテーブルとイスが並び
みんなビールやジュースを飲みながら楽しみ・見入っている。
さらにその外周にはカレーや、ハム焼きや、売店露店が立ち並び
なんだか、中央のガンダムが櫓で、周囲の群衆が盆踊りの踊り手にも見えてくる。
そんな夏の光景。

なんて崇高な空間であることか。
and、なんと荘厳な空間であることか。

コレを建立した人たちは素晴らしいな。
なんかこのガンダムみてると「ありがたいな」と感じる自分。

と、思ったときに自分の菩提心みたいなものに気が付いたのだ。

ガンダム2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




わかった!!!!


そう、これはある意味、宗教的空間なのだと。

 

この荘厳さと崇高さは以前どこかで感じたものだと。
まっさきに思い出したのは、東大寺の大仏だ。

奈良時代の最高の日本のテクノロジーと英知を駆使して
国家的プロジェクトとして首都に造形された大仏。
そして、21世紀の現代、日本の首都にそびえたつガンダム。

奈良の大仏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



もの言わぬ巨大なオブジェクトが
その圧倒的な存在感で訴えてくる、なんだかとても厳粛な気分。
それを崇拝し称える我々民衆の構図。

とっても「ありがたい」気持ち。

拝まずにいられないような言葉で言い表せぬ感情。

お台場ガンダムはまさに2009年の大仏なんだ。
だからこそ、みんな詣でる。
ここに来てる人は知らず知らずのうちに
心の平安を求めに来てるんだよ。
俺もそんなひとり。

そしてこれが9月には跡形もなく消えてしまうという潔さ。
まるで夏の夜空に打ち上げられる美しい大輪の花火のように。

 

なんだか、お台場ガンダムに
日本人の心を見た。

 

 

 



doorinsum at 19:54|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)Arts 

August 09, 2009

1億のスマイル -PLEASE YOUR SMILE- 酒井法子

ここ数日間の胸のざわざわ感を正直に吐露しなければならないだろう。

まずは、酒井法子が生きてたことに少し安心した。
逃走だ、なんだといろんなことをいう奴がいるんだけれど、
1)自己を破壊しなかったこと。
2)子供を道連れにしなかったこと。
3)自ら覚悟を決めて出頭したことに○をあげたい。
4)そうしたほうがいいよって助言した周囲の人に○をあげたい。

これから生きていくうえでずっと纏わりつくであろう
今までとは正反対の自らへの罵声や悪評を真摯に受け止め、
それと向き合っていく決意をするために
苦悩し、もがいた5日という時間はけっして短いとはいえないはずだ。
そこを責めるのはよそうよ。

責められるべきはもっと別のところだろう。


考えても見ろよ。
人生、先のことなんて誰にもわからない。
自分がいつどこで迷い、苦しみ、悩み、落ち込んだりするかなんて
予想できっこないんだから。
道を踏み外していても、それが軌道をずれたことに気づかない事だって
現実世界では大なり小なり往々にあることだと俺は思う。
仮に気づいていても戻れなかったり、
「俺はなんて駄目な人間なんだ」と
悩みを抱えながらも日々流されていくことだってしょっちゅうじゃないか。
退社後、屋台や居酒屋で一杯ひっかけて酔ってくだまいてわめき散らして
発散・爆発するなんてのはたいていの人間のやってることだ。

それとこれとは話が違う?
犯罪を肯定してる?
彼女を擁護してる?

馬鹿いっちゃぁいけない。
ルールを守らなきゃいけないのは当然さ。

もっと根本的な根源的な話をしてるつもり。

人間だから時に「狂う」よ、そりゃ。
じゃなきゃ、数万人いや数十万人の「生」を一瞬にして奪う
広島・長崎を襲う「狂気」を説明できない。

毎日、世界のどこかで誰かがあやめられる「狂気」を
説明できない。

そういう逸脱する「狂気」をみんな持ってるんじゃぁないのか?
いつそんな、ふだんの自分じゃない自分の顔が露出するかと怯えていたり。
そもそも人間って多義的な側面を内包してるのに。

そう、虚々実々。裏と表。
一部であり全体。全体であり一部。

表層と実体がかけ離れていたら。
それに愕然とし怯え、集団でいじめ糾弾するそれもまた「狂気」。

自分だけは正義であいつは悪だとののしる「狂気」。
自分は正常であいつは異常。
俺は白であいつは黒。
どこに線を引く?
誰もの心中にきわめて微妙なラインの上に双方が同居しているくせに。

皆がそれじゃそれじゃ危なっかしくてしょうがないから
一応ルールを作っているのにさ。

ルールを作るのも人間だし、
間違ってそのルールを犯すのも人間。
間違ったルールをつくることも時にあるのが人間。
また、反省できるのも人間。
そして、反省する者を許すことができるのも人間。

論理の飛躍か?
突飛だろうか?

少なくとも人の命をアヤメテない人を
ことさら大声だして糾弾するのはやめようぜ。
メディアの騒ぎ方はまさに狂気だよ。

NHKのニュースで冒頭延々とやる話じゃぁ少なくともないはず。
TBSの特番も変な話だ。
2ちゃんねるや、YouTUBEで面白可笑しくコメントする奴も含めて
俺にはマスの「狂気」にしか見えないね。
きっとこれから彼女の人間性まで否定するんだろうな、面白おかしく。

マスによる合法的な「いじめ」。報道の自由という傘を着た「いじめ」。

現在の彼女が悪だから、きっと過去も悪だと決め付ける不可思議な論理。

レイブや、トランスが大好きだっていいじゃん。
その音と光の渦に身をゆだねることで
親の死や、マネージャーの自殺を一時でも忘れることができたのなら。
自分の弱さや、パブリックイメージと実態の乖離を一瞬でも破壊できたのなら。
それは彼女自身の問題であり、
なにより自身が彼女が対峙していかなくちゃいけないことなのだから。

そんなに人の人生の弱みや苦悩に付け込むのがオモロいんだろうか?
それがもし自分だったらどう感じるのよ?
誰もがいろんなこと背負って生きてるのに。

まぁ、
これだけはどうしてもいっておかねば。

すくなくとも楽曲に罪はない。

どれだけあの笑顔や歌声に救われたことだろう。
それは俺だけじゃないはずだけど。

飛鳥涼(チャゲ&飛鳥)の作曲による1988年にリリースされた6枚目のシングル
「1億のスマイル 〜PLEASE YOUR SMILE〜」というこの曲は
彼女の楽曲のなかで快活さとビートのキレにおいて個人的には最高に印象的な逸品。
歌詞にも歌われているとおり、彼女の伸びやかな歌唱と良質な楽曲が
「相性ピッタリ」でまさに「気合の入った」名曲。
そして彼女から放たれた「微笑み」は、その後日本の1億数千万の人口を遥かに飛び越え台湾、中国、香港、韓国といった東アジア全体で5億、10億といった
とんでもないスケールで伝播していくことになる。
安室奈美恵、宇多田ヒカル登場の遥か以前にそんな影響力をもった日本女性は、おしんの小林綾子と中国大陸における山口百恵という一部の例外を除きいなかったはずだ。

そのパブリック・イメージと酒井本人の乖離性こそが今回の一件の本質だ。

だからといって、この楽曲をはじめその他の楽曲の持つ本質的な価値が
変わるわけではないはず。
にもかかわらず、やれCDの発売中止、配信停止だと?

アインシュタインが、ルーズベルト大統領に原子爆弾の開発を進言したからといって彼の相対性理論をはじめとする過去の業績を否定することができるかい?

具の骨頂だ。

 



Sub-Cul Boy's Profile
art1_125x125.jpg art3_125x125.jpg RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/doorinsum/
livedoor × FLO:Q