July 12, 2011
北中米およびカリブ海諸島地域の大会であるゴールドカップで、メキシコの複数のサッカー選手がクレンブテロール陽性反応を示した件については、メキシコサッカー連盟が処罰をしない方針と言い出した。
AFP: Mexicans will not punish dope probe players

CONCACAFゴールドカップ - Wikipedia

同じくクレンブテロールが検出され、ずっと処罰について揉めてきたサイクリスト、コンタドールについて、スペイン自転車競技連盟も今年2月に処分撤回を表明し、WADA、国際自転車連盟(UCI)双方が、CASに異議を申し立て、コンタドールは異議申し立て状態のままツール・ド・フランスに参加するという異常事態。
スペイン車連が処分取消を正式決定 コンタドールが本日レース復帰 | cyclowired

時事ドットコム:WADAも異議申し立て=コンタドールの処分解除で−自転車


時事ドットコム:新たに4選手がドーピング=サッカー・メキシコ代表
先月末まで行われたサッカーのゴールドカップでのドーピング(禁止薬物使用)検査で5選手が陽性を示したメキシコ代表から、別の4選手からも陽性反応が出ていたことが1日、分かった。国際サッカー連盟(FIFA)の医事責任者が同国のテレビ番組で明らかにした。
検出されたのは、いずれも食肉用の家畜に成長促進作用があるクレンブテロール。メキシコ連盟は当初の5選手について、薬物が残留した肉を食べて陽性反応を示したとして、米ロサンゼルスの施設で精密検査を受けさせていた。

AFP: Four more Mexicans embroiled in doping probe
dope_impact at 12:59│Comments(0)TrackBack(0)││クレンブテロール clenbuterol | サッカー Soccer, Association Football
トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
前の記事次の記事