2017年03月25日

ままちゃり 3x9速化。

3xx8bklシフトレバーやブレーキレバーに亀裂が入ったので、ついでに3x8から3x9に移行。



3x9最低限、シフター・スプロケット・チェーンを交換すれば目的は達成される。

レバーは一体型のALIVIO ST-M4000-R 。XTR/XTの中古も探してみたが、状態の良い9速は見つからないので現行品とした。チェーンは手持ちのHG-93(XTR)。7701DURAとの違いは刻印とリンク数? どちらにしろ流通在庫も見かけなくなった。スプロケットは手持ちのXT11-34。11だけチタン製。


s_wi_i外したシフトワイヤー。左は通常型、右はコーティング。アウターのないところはコーティング剤が剥離しているようだ。


s_wi_oシフトのアウター。亀裂が入っているのは判っていたが、外側から補強してなんとか使ってた。ハンドル近辺なので繰り返しによる疲労が大きい。



xt7822ヶ月であちこち錆びたXT。もしかしてパチモン??

間隔調整用のネジ山が簡単にバカになってしまったので、手持ちのパラレルリンクXTと交換。



その他、押し込み型のグリップはレバー類を替える時に切って外したから、これも新品に。

 


 


dora_maru1 at 22:25|この記事のURLComments(0)ちゃり 

2017年03月21日

不良在庫?を使い切る。

bars_eye10年前に作って放置していたコンセントべースを使い切った。





c7サブ用に7枚・

メイン部屋用のオデオ以外に2枚・和室用に1枚を設置。


材質はバーズアイメイプルで美しい表面だが、プレートを付けると ほぼ隠れてしまう。

bars_eye2
となると20mmの厚板という以外、あまりメリットは無い。





debeまた、メイン用コンセントの付けてあるボード(壁)は、既に厚板なのでコンセントボックスが奥になりすぎてしまう。

ここにケーブル直出し用のデベソを付けると振動吸収も関係なくなるので、ますます無意味に。

なかなか消費できなかったわけだw

 


dora_maru1 at 22:23|この記事のURLComments(0)おーでお 

2017年03月08日

安い・うまい

si230トロイダルトランスの固定に標準でゴム系?のシートとメッキ鉄板・鉄ボルトが付いてきたが、ゴムシート以外は使っていない。

また、唸り対策に厚手の耐熱シートで押さえたい。

・・・そういう要求にピッタリのものを発見。

DAISOのシリコン鍋敷き は、耐熱230℃で凹凸が付けてあり厚い。
なんといっても¥108- だw

その他テーパー付きのABS樹脂製コマとSUSボルトで固定することにした。


2017年03月04日

CMソング。

chrJourney: Best of Adiemus CD, は C-HRのCMソング。

白の石原さとみがライオンを従えて歩く「あれ」だ。

石原さとみの歩きが日本人じゃない。

それで思わずw CD発注。 うーん、いいねぇ。。


追記;密リンク貼りました。

 


2017年03月01日

Prost式 LED電源、50VA 三態。

FE5680Rb10MHz FE5680+16.8V 50VA LED電源。

このRbは18Vまでで、より高い電圧で出力が上がる。コンデンサーの耐圧など、種々の定格により16.8Vとした。


MV89こちらは10MHz OCXOであるMV89を内蔵し、12V電源と組み合わせた。クロック不要なら、単に4A電源として使える。
ファインメットコアによるフィルター付き。

forXDDCX-DDC USBコンバーター用の12V 50VA電源。 X-DDC箱に余裕がなく中継コネクターを使うしかなかったので、形状は電流容量の大きいもの優先で選んだ。




他に24V 80VAを2種類製作はGPS/Rb用。全てProstさんの基板を使った。


Prostさんありがとう〜

 

全て、塗装済みアルミダイキャストの防水ケース・トロイダルコアによるコモンモードフィルター入り。

10MHz出力は埋込型のBNC。そこだけ出っ張るのもどうかなと。
直流出力コネクターは七星の通常型。防水型でも良かったが、自宅ではNJW系を他用途に使っているので。

ケース温度から推測して、出力段TrやRbユニットの発熱にも十分対応できる放熱効果があるようだが、モノによっては気休め程度のヒートシンクを取り付けた。

 

 


2017年02月28日

アイソが無いと。

100VA更に2種類、100VAと500VA入手。

100VAは 100V:100V フィルター効果を謳うもの。

1次2次ともシールド付きで 線間容量は140pFと625VAの1/10。50VA程度の機器までしか使いたくないので、HUB/ルーターあたりか。

500VAは 特に絶縁を表示されていないし静電シールドも無いが、線間容量200pFと良好。こちらは200V:100Vなので625VAと入れ替えで使うかも。

 


2017年02月23日

これがトランス効果?

0223全機器、絶縁トランス経由となったメインシステムを聴く。

一聴してわかる低域の豊かさ。

sfzのDST-01はもともと低域が膨らむ傾向にはある。
しかし、TacT M-2150用に1kVAパラを導入した効果はさらに大きい。

RGPCのようなパラレルチョーク的効果(=うちでは低域増強)が推測される。

また、ソースによっては前後感が大きくなる。

アースループからの解放だけを考えていたが、商用電源周波数以外のノイズ・対地間電圧によるノイズ・波形の上下非対称・・・などに効果あるようだ。

とにかく、笑っちまう程の良さ。

しっかし、411や2200に使うとなると2kVAパラや4パラが必要。。(^^;;

注;システムは   DELA N1a >LAN~> sfz DST-01 ( GPS cl 10MHz)>TacT M2150AD>Egg ANDRA 
トロイダルトランスは 625VA 3台と 1kVAパラ(=コア2kVA)。
DELAは100V to 100V 625VA、他は200V to 100V。


 

 

 


2017年02月22日

全系、1ブレーカー1トランス1機器。

ttr6パワーアンプ用に1kVAをパラで設置。
230V用に200Vを投入、100V出力とする。

ヒューズは4Aの4パラだから1600VAとなるのは仕方ない。

1600VAメーカーは2社だが、対地間電圧はほぼ-15V:+85Vで揃ったから特に問題は出ないはず。

線間電圧は左右同一ならほとんど発生しなかった。

一次二次間容量がもっと少なく・静電シールド付きなら何も気にしなくてよいのだが。

とにかく全段、別トランスを達成したわけだ。

さて?



dora_maru1 at 22:22|この記事のURLComments(0)おーでお