2018年10月31日

ひとつは埋めた。

sus_5仮称「2の井戸」を埋めた。

φ5~1mのSUS棒にsusより線φ5を半田付け。端末は圧着端子3つに分割して付けた。

管底に到達したと思われるところで上下揺すってみたが-27mで変化なし。

かなりの量の砂を突っ込み、ワイヤーが動かなくなる。

セメントミルクを注入し、溢れたところで数日放置。

無事、水が上がらなくなったので上部をモルタルで封印。その後、掘り抜き井戸風に仕上げてあったところを砂で埋めた。

鋼管に直接ハンダ付けというのも考えなくはなかったが、作業スペースや水位の点で断念。

ワイヤーのみのアースとする。

接地抵抗はそのうち測定。

 


2018年09月29日

ヒージジイの井戸、その二・その三。

その一=謎の鋼管 はジジイが自分で封印したと思われるが、
その二・その三が存在する。

その二は使われなくなってから30年越え。
吸い上げポンプで引いてみると夏場でも水位低下で上がらなくなる。揚がる水は鉄分だらけ。
暫く放置すると復旧するが実用にはならない。5mmのSUSワイヤーを降ろしてみると27mで底に到達。
3m砂や錆が溜まっていてもおかしくない。ワイヤーは このまま設置し、地下水位が低下する季節に埋める。

その三は冬場以外実用になるものの、周囲の散水消雪が稼働すると即日上がらなくなる。
30年ほど前、整地した際にケーシングが地中で変形し揚水用のVP20が抜き差しできなくなった。
当時の6月に掘って修復を試みたが1mくらい掘ったところで湧水がひどく断念。
こちらも5mmのSUSワイヤーを降ろしてみると4.8mで入らなくなる。ここが折れた所か。。
2mmのワイヤーに替え、28mで底に到達。
推定2mの砂。ワイヤーは このまま設置し、地下水位が低下する季節に埋める。

井戸跡はすべてアース極として利用するv

井戸屋と話してたら、埋めるには9割くらい砂を詰め・1m以上セメントミルクを注入せよとのこと。
色々資料見てたら、杭打ちの替わりだと 重量比 セメント100:65水 らしい。
水さえ止まればよいのでジャブコンにするかも(ぉ




2018年09月03日

久しぶりの健康診断。

tw鯉のぼりポール(ぉ  の健康診断。




yew補助アースを変更したので若干条件は違うが




                  1994 Jun.7      2007 May 23       2018 Sep.3

定尺銅板100x100cm地下2m      16     22         18オーム
亜鉛ドブ漬け鉄板付きタワー      12.1     9.4         15.2オーム
タワー+銅板                              11.0オーム
アース棒15本+45x90cm銅板+3本 8.5&8.9       8.6      29 オーム(15本の外周アースと分離)
総合(合成)               7.2       8.4          9.0オーム

・・・という結果でなんとか10Ω以下をクリア。

さて、廃井戸と思われる謎の鋼管は  なんと5.4Ω 
さすがの30m。 これは使わねばv


2018年08月28日

謎のコーカン。

40mm裏庭に随分前から謎の鋼管がある。(写真は加工後)

外径40mm・ソケット+プラグ止め。

今の世の中にある 内径40mmでも32mmでもなさそうだから、
これがアメリカンサイズの鋼管なのか。。

先日、ついに謎が解けた ! 

その昔ヒージジイが井戸掘って洗いものしていたと、親戚の おねーさんに聞いたからだ。別の井戸は伝え聞くところ30m掘ったらしい。

使わなくなった・出なくなった・掘ってみたが水脈に到達する前に石にあたって断念・・・の3つが考えられる。

このうち最後のはキャップの必要が無いので除外される。

ハンマーで叩いて・CRC 吹いて・一晩おいてから60cmパイレンで回そうとしたが、ピクリともしない。

地中でねじ切れても嫌なのでとっとと断念w

兎に角、井戸であることが確定しても生かせそうな場所にないので、このまま利用するとなると・・・

アース !

推定深30m&水脈に到達してる夢のようなアースが手に入った。

sus
まず、SUSのUボルトを半田付け。


 

cu次に5.5sqの銅線を半田付け。





冒頭のようにM6圧着端子仕上げ・ローバル塗装とした。


測定は次回を待てw



2018年06月22日

チョット太め。

duranoMTB・ロードともタイヤが寿命。

出かけた先でDURANO 26x1.0 の繊維露出発覚(^^;;;

 tserv

 Tserv PT 26x1.25 は対パンク強化で軽量型。1.25インチだからロードなら32cくらい。
DURANOはボロボロになってもグリップや衝撃吸収が良好な良いタイヤだった。
流通価格がやや高いのと、寿命が短めなのが残念なとこ。

fu323cフュージョン2を2回交換・その後3となったが、エアー漏れしやすい体質・ビートがチョー上がりにくいメンテ性の悪さ・縦の深いひび割れが発生 ・・・という悪癖は改善されなかった。
かといって、チューブレスタイヤをやめる気もない。

 

rbcc

漸く買った国産はIRCのRBCC。IRC他モデル23cも手元にあるが、最近主流のやや太めの25cを嵌めた。割と楽に嵌めれるタイヤ、一発で上がるビート、1週間後でもそこそこ残るエアー。
素晴らしい。
 
notube

折角の手持ちnotubeを40mL/本投入する。つまりは40gほど増だが気にしない。


FP5赤いラインの入ったIRCライトの方が目ためは良かっただろうが、60km走ってみて走行間には満足。特に踏み込んだ時の加速感が気持ち良い。太くした弊害は感じられない。
ロードレースの主流は太くなってるのも頷ける。

GTこちらは赤いトレッドと黒のサイドで、ホイールがより格好よく見える。
エアーボリウムが増えたことにより、多少の石を踏んでも姿勢が乱れにくい。
実測総重量11.0kgだからか、フレームの堅さのせいかはわからないが、
踏み込んだ時のしっかり感は感じても、加速感は極小だ。
スリックでこのサイズのチューブレスは無いようだからチューブタイヤで行くしかない。



dora_maru1 at 23:00|この記事のURLComments(0)ちゃり 

2018年05月29日

IO DATA HDL-RA2HF SSD化。

sg251取り敢えず分解してみる。背面のネジ、1本外し

背面上端に木片を当て、金槌で数mm前方にずらす。

sg25-2横から見るとこんな感じ。


sg253シャーシ上面固定ネジ4本を外し、下部プラケースを離脱させる。
HDD固定ネジを外してHDDを支持板ごとスライドさせて外す。
プリント基板面のネジは外さない。

sg255HDD>SSDクローン化。2TBto2TBなので、ソフトによる領域拡張とかは無し。



sg254元々、SSDモデルが設定されているので支持板をずらすだけで特別な加工はいらない。
電源ラインにコンデンサー追加も考えたが、パターンが小ぶりなので剥離等が怖い。
また、SSD化によりスペースは確保できたが最適な場所からちょっと遠いので内部への追加は断念。12V外部電源を別のモノに変更検討とする。

sg-25空きスペースはポリエチレンフィルターを吸音材として埋め込む。



kinsky組み上げて動作試験。15,000曲、800GB。Kinskyで操作、MediaGoで編集と開発中止アプリばかりなのが心苦しいw

3段階にフォルダー分けした隣に行くとき、時々エラーが出るが、別のフォルダーに行ってからリトライすると問題ない。HDDの時からかどうかは不明。
大した問題ではないので放置。


これで メインDELA N1-a 4TB,サブHDL-RA2HF 2TBともSSD化。 音響経由でHDD破壊するものが存在するらしいが、SSDには、そんなのかんけーねー w




2018年05月23日

最小システム追加。

digifi 13リッピング用ドライブとコントローラー=iPhone5s +Kinskyの写真を追加。
これでフルセットとなる。

後方の sfz DST-01 +GPS clock +TacT M2150AD +ANDRA
+DELA N1a SSD +Pi BDR-XU03J+PC(or iPhone SE) と なんら機能的には変わらない。

rahf2写真では判り難いが、コントロールソフト上で曲の選択はもちろん、音量コントロールや早送り/巻き戻しも出来る。

ファイルはダウンロード販売の96kHzのFlacなスクエア。問題なく再生できる。
DVD-DATA Discによる販売の192kHz PCMも再生できたので、DSDネイティブじゃないと・・・という志向の人以外は取り敢えずお勧め。




dora_maru1 at 23:16|この記事のURLComments(0)おーでお 

2018年05月16日

最小システム。

digifi貸出していた、i/oのNAS&プレイヤーSoundgenic HDL-RA2HF。USBアウトなのでDigiFi No.13付属のUSB DACつきデジタルパワーアンプとEdifier PC用パワードをパッシブに改造した2wayスピーカーとで、最小システムを組む。ケーブルはすべて安物。音源はDELAからネットワークで入れる。2TBなので既にDELAに入れてある15,000曲は楽々入るが時間かかりすぎるので300GB程度で我慢。

コントローラーはKinsky。DDCは不要、チョチョッとセットして出音。

NASが他の機器より高いと言ってしまえばそれまでだが、レンダラーやUSB-CDドライブの追加でのリッパーとしての機能を考えれば価格破壊そのもの。

ペア5000円のスピーカーと5000円のDAC-AMPでの音に何の不満もなく、今宵も酒が旨いw

 

 



dora_maru1 at 23:23|この記事のURLComments(0)おーでお