ブログネタ
.気になったニュース30 に参加中!





これからも豊かな生活を送るため、日本の科学技術を発展、維持していきたいですね。


「『2位で良い』は論外」 化学賞 鈴木さんに聞く


ノーベル化学賞に輝いた鈴木章北海道大名誉教授(80)は8日、産経新聞の取材に応じ、「日本の科学技術力は非常にレベルが高く、今後も維持していかねばならない」と強調した。

昨年11月に政府の事業仕分けで注目された蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃだめなんでしょうか」との発言については、「科学や技術を全く知らない人の言葉だ」とばっさり切り捨てた。

受賞理由となった「パラジウム触媒でのクロスカップリング技術」は医薬や液晶など幅広い分野で実用化されている。それだけに鈴木さんは「日本が生き残るためには付加価値の高いものを作り、世界に使ってもらうしかない」と、科学技術の重要性を指摘。

~中略~

特に、蓮舫発言については「研究は1番でないといけない。“2位ではどうか”などというのは愚問。このようなことを言う人は科学や技術を全く知らない人だ」と厳しく批判。「科学や技術を阻害するような要因を政治家が作るのは絶対にだめで、日本の首を絞めることになる。1番になろうとしてもなかなかなれないということを、政治家の人たちも理解してほしい」と話した。


一方、年間の自然科学系論文数が日本の約1・5倍に達するなど科学技術面でも躍進する中国については「人口が日本の約10倍なら研究者も多い。国の総生産もそうだが、絶対的な量で抜かれるのは当然で、問題は質だ。中国人にも能力の高い人はいるが、そのような研究者が日本の10倍もいるわけではない」と指摘。「もっと心配すべきは日本の質を高めること。それなのに2位で良いなどというのは論外だ」と重ねて強調した。

出典Yahooニュース(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101009-00000099-san-soci



ノーベル化学賞受賞おめでとうございます。

これまで、日本が発展し、経済力を維持できてこれたのは、少なからず科学技術の力によるものであることは疑いようがありません。
資源のない日本は技術力を武器に発展してきたのです

現在、中国はじめ多くの新興国が日々技術力を高めています。

日本が世界に勝ち、技術的、経済的な優位性を保つためには、その技術力を研鑽し、1位であり続けなければなりません



さすがに、現在は蓮舫大臣もそれを理解していると信じています。

重要なのは、政府・政治家が科学技術の重要性を理解し、発展させる政策を打ち出し続けなければならない、ということです。

※なお、doraaは、蓮舫大臣の事業仕分けを批判しているわけではありません。
 政策の有効性は別としても、無駄をなくすという姿勢には共感できます。




→「ブログランキング」に参加しています。よろしければクリックしてください(´▽`)
人気ブログランキングへ


→メインサイト「どらーとちぃこの海外旅行情報サイト」はこちらから。