青狸のブログ

◆ドラえもんです。 気軽にコメントお願いします。記事にするのはデュエルマスターズや気の向いた事についてです。 cs優勝1 3位1 vault名ぼくユリカ

限定構築整理

自分の思考を整理してみました。


①環境の中核を担いそうなカードとそれを使うデッキタイプについて

・ガンブルマン
店舗予選で猛威を振るったカード。だがエリア戦ではメタリカのシェア率次第ではTier2に転落しそう。
ジョーカーズに強く出られるのは変わりないため使用する人も多いのかもしれない。
或いは赤+黒or白orゼロあたりでガンブルマンでボードを制圧しつつ中型フィニッシャーで押し切るデッキなんかも考える事ができそう。


・マルハヴァン
通常環境でも見直され始めてる。自分の小型の数だけ殴れて、かつ守れる。その様は白いモルトネクスト。
ただDGやオブシディア等の最近強化されている大型メタリカとの相性は良くない。一方で防鎧、マクーロなどの小型が増える度に強化されている印象もある。黒を混ぜてへモグロ+ゴズラのパッケージを採るのも強いし、青を混ぜて比較的相性の良いトリガークロックを積むのもアリ。かなり構築の幅は広そう。


・メラビート+ゲキシンオー
これぞデザイナーズコンボ。SSと5点と全体除去の順序を選べるのがポイント。
ただキルターンは最速では4~5t目(4tキルは安定しない)であり、ネズミ等の速攻に押し負けるようではいけない。SMAPON、ハードラック、バイナラ、ストップンといったトリガーに優秀なものが多いのでメタを読んだ上でそれに寄せるというのがしやすいのも特徴。


・ナッシングゼロ
通常環境のジョーカーズからニヤリーゲットを抜いた構築で出るような人も居そうではある。
ゴールデンのマスターブラスターで毎ターン山下送りにする動きがかなり強くコントロール気味で組むのも面白そう。何よりゲキシンオーと違って4打点でSSTケアが出来るのが無色ジョーカーズの最大の強みではあると思う。


・グラスパー
ネクラの特徴は採用できるカードの選択肢の多さ、故に自分のしたいメインギミックと受けのカードの枚数調整が厳しく、かつ多色カードがないため色配分も難しい。店舗予選でネクラが勝てたのは対戦数の少なさと、盾が強ければ勝てる対面が少なくなかった事が起因してると思った。なのでネクラは主流じゃなくなるんじゃないかと予想する。
一方アナカラーだとシャワーという動きの基盤となるカードが存在するため安定性は高まるが、デッキとしての力が物足りなく感じられてしまう。
1枚で仕事をするカードが増えたし、何よりカードプール自体広がっている訳だから2色に絞るのはアリだと思う。案としては白を入れて不動、サモハン、マルハヴァンなどのフィニッシャーになり得るカードを増やす。黒を入れてムカデ、キラードン、バロムクエイク等の蓋をするカードでコントロール気味の構築にするといったところか。
前者はアンティリティを併用することでよりワンショットコンボデッキに仕上げる事が出来そう。後者はバロムクエイクを上手く使えそうなカラーリングだし練りがいがあると思う。
何にせよ自由度の高さゆえに構築難度が高く、母数がそんなに多くなるとは考えていない。大手Youtuberが洗練された構築を公開したり、調整チーム間でのシェア等がなければの話なんだけどなあ(多分構築シェアはあるだろうなぁ)


・シャコガイル
これでビッグマナ作れそう()
トリガーが強力なプールでありDNAスパーク、チェサイズ等盾を増やす優秀なカードも増えてきているので序盤~中盤にかけて除去呪文で耐えつつオブシディアの着地を目指すようなビッグマナが組めそうになくはない。
今回の限定戦では墓地のカードに触れる手段が乏しく相手の全力展開に上手く全体除去をぶつけることが出来れば、猶予ターンが数ターン稼げる可能性が高い。故に強力なSSTや盾増加で牽制しつつシャコガイルでフィニッシュを決めるようなトリガーコントロールもありかも。グラスパー、オブシディア、ムカデ、キラードンなど色に縛られずに色んな組み合わせが試せるのも面白そう。


・エメスレム・ルミナリエ
大型メタリカを使いやすくした1枚。同時収録のマクーロはエメスレムと踏み倒し先どちらかを選択して持ってこれるので相性が良い。
踏み倒し先としてはオブシディア、オブシディアDG、不動、ワンダータートルなどが候補となる。イーアル等の相性の良いトリガー獣が増えてきているのも追い風で、大型軸のメタリカを練る価値も十分ある。




②対策カード案
上で紹介したようなデッキのメインギミックとは別枠で搭載するメタカードで良いんじゃないかと思うカードをまとめてみました。

・勇愛の天秤
一番隊除去兼ルーター、たまに受け札。基盤にもなるカードなので赤で初動や手札に困る場合は候補に挙がる1枚。赤ジョではメラメラジョーカーズ<勇愛だと思っています。


・闇夜の番人
個人的に赤ジョを受けるにあたってSSTの中ではこのカードが一番優秀だと思ってます。
単色の種族デッキにタッチでの搭載やトリガービート系のデッキに採用するのが丸そう。


・オクトーパー
マルハヴァン等止めたいクリーチャーが増えたことで価値も上がっているが、メラビートへの耐性はないに等しい。青をタッチで入れる場合、1tで返せるデッキではクロック、ムカデやマルハヴァン等に苦手意識があるビートデッキにはオクトーパーという風になりそう。


・カメライフorナグナグチュリス
それぞれの種族デッキでは勿論、赤入りのグッドスタッフで出張が考えられる札。カメライフは防鎧、センノーなどの勇愛やナグナグで処理出来ないカードも倒せるし、手札の枚数を減らさずに使うことも可能で器用な面が目立つ。ナグナグは軽さと場に残るのが大きく、ビートだけでなく場のカードをコストとするカードとも相性が良いです。
似たカードにスチームハエタタキがありますが、相手のメタカードに対して手早く処理することが求められるデッキでは候補に挙がるでしょう。


・キラードン
横並びを一掃するカードではこれが一番強力だと思う。ただ横並びにしながら自分のリソースを稼がれるとやや厳しい(例えばヘルコプ太)。故に相手によっては複数枚キープしたいこともあるけれど、自分の動きをしっかり通し、かつ盾が強ければ確実に勝てる環境ではあるので黒が入れば何にでも入る訳ではないと思います。


・サモハン
シーディアスと違ってメタリカ以外に出張出来る。
罠の超人、バイナラドアなどの確定除去トリガーをよけることができ、相手のトリガーの内容次第では盾の要求値をぐっと上げることができる。ただし相手依存のカードではあるためこのカードをドロソとして数えるには無理がある。


・パーリ騎士
マナを伸ばしたいけど伸ばしにくいデッキで重宝するカード。ある程度の墓地肥やしカードや低コスト呪文と合わせて採用しないとダメだが、こういうカードもあるってことを意識しとくと構築の可能性が広がりそう。勇愛との相性はベリーグッド。


・ダンガンテイオー
色を選ばず採用出来る蓋をするカード。カードプールが広がり各色に強力なフィニッシャーが配られているためこのカードの出番は減りそうだが、どうしても相手のSAケアに困ったら使うと良いと思います。


・防鎧
なんでデッキに2枚しか入ってないんですか(キレ)
先攻3t目に出せればネズミを完封できるかもってカード。あれだけ構築を大きく変える必要がなかったネズミに変化を強いている時点で環境への影響力は大きいと思います。
ハンデス封じも強力で特にハンドが枯れやすいメタリカには必須カードになるんじゃないでしょうか。


・キャタピラ親方
赤ジョでの採用はマスターWメラビートとの兼ね合いから厳しそう。しかし4マナ5000で出てくる点は殴り返し要員として優秀だと考えることができ、終盤では詰めのカードとして機能する。JOEで自主退場できる事を生かして相手にだけ効果を押しつけることができるような構築であれば採用も見えてくる。
また、キャタピラ+戒王の封で合計10コスト払い阿修羅ムカデを墓地からSSすれば相手の盤面全処理が可能。同じくキラードンを出せば相手の場と手札を1枚に出来る。これは5→6でも可能なので覚えておくといいかもしれない。(逆に相手のムカデに利用される可能性もあり得る)


③今後の展開予想
相関図としては

ネズミ→ジョーカーズ→グラスパー→メタリカ→ネズミ・・・・

って感じになると思います。あとは2色グッドスタッフなどがこれらの種族デッキ群にどれだけ安定した勝率を出せるかを今後は考えていきたいです。
種族デッキを選択して戦う上でポイントとなりそうなのは、
1,メタ読みをしっかりして母数の多い種族デッキに対して有利な種族デッキを握る。
2,苦手デッキに対しては有効なトリガーで勝率を5分近くまで持って行く。
3,プレイングで対策できるカードをよく考えて自分の動きを阻害するメタカードの枚数を極力抑える。
ってとこだと思います。特にグラスパーや阿修羅ムカデはプレイである程度被害を抑えやすいカードであり要練習だと思います。


いよいよ今週末から始まるエリア予選が楽しみです。




④おまけ
サンプルレシピ
38254281
59259206
73252283
9427321329277209

47212791




この記事とは関係ないですが、間違って過去記事の画像を全て消去してしまい見られなくなっています。内容が読み取れない記事があるかもしれませんがご了承ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

マクーロ入り白緑メタリカ雑感

今週発売のデッキでメタリカが強化されるのでvaultで早速回してきました。
マクーロというサーチ札の登場によって緑のサーチカードに頼らなくてよいと思い、未来設計図の枠をそのままマクーロに差し替えるところから始めました。


『メタリカ』
4 x 龍装者 バーナイン
4 x 一番隊 クリスタ
4 x ベイB ジャック
4 x デスマッチ・ビートル
4 x ジャスト・ラビリンス
4 x 緑知銀 フェイウォン
4 x ヘブンズ・フォース
4 x 奇石マクーロ
3 x 攻守の天秤
2 x 黙示賢者ソルハバキ
2 x 無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース
1 x 逆転のオーロラ

ヘブンズフォースを採用して、緑の枚数を9枚まで抑えてみました。
何枚かピックアップして解説します。

・ヘブンズ・フォース
2t目にバーナインを立てるだけでミラー等にはかなり優位に立ち回る事が出来る。2t目の他の動きとしてはジャックとマクーロを同時に立てる動きが強力。
ソルハバキと2コスのクリーチャーを同時に立てると1マナ増えるので無理矢理フィニッシュルートに入るときには覚えておくとよい。
盾から捲れたらフェイフォンを立てて相手のジャスキルを止めたり、墓地ソのワルスラ等の盾を刻んでくる相手に対してバーナインやジャックを安全に立てることもできます。



・奇石マクーロ
クリスタ、バーナイン、攻守の天秤、ジャストラビリンス等の必要なパーツに触りやすくなるための札。未来設計図と違い、無理矢理フィニッシュルートに入ったときにプレイしやすく、ボトムを固定させるカードとして申し分なかった。


・ユニバース
シャコガイル型に必要なフィニッシュパーツは猿、シャコ、オーロラ(もしくはシャコ2枚目)である。オーロラを採っているためパーツの枚数は同じだが、シャコという色が合っていない不純物を入れたくなかったのでユニバースを採用した。
ユニバースの特徴として、攻守天秤を多く使う時が多いというマイナス面と高打点クリーチャーとして運用できるというプラス面がある。前者は確かにシャコにはないデメリットだが攻守天秤自体はこのデッキで不純物となることはなく複数枚プレイがしやすい。また後者のプラス面によりビートプランも取りやすくカバーできることが多かった。
プチョヘンザのロックがかかった状態からユニバースを立ててビートして勝つこともあり、ユニバースがシャコに勝っていると考えています。

勿論シャコの大きな特徴としてレジェドギの効果をすり抜けたり、ダイハードの置換を貫通するといった強みもありますが、ヘブンズフォースとマクーロにより速度と安定性が増しているため間にあう事が多いです。


・逆転のオーロラ
この枠は攻守天秤でもいいのですがマクーロと同じデッキに収録される防鎧が環境内で多く見られた場合、不動かオーロラを採用するか、ダイソ等の別のプランを搭載しないと決めきれない可能性が出てきます。
とはいってもデッキ発売後すぐの環境は分からないため、抜いてもいい枠ではあります。



その他採用を検討するカード
・防鎧
オリオティス+ティグヌスのようなカードです。
緑の枠が4,5枚ではあまりにも心許なく、デスマッチビートルを採用するなら踏み倒しメタは間に合っているかなと思い採用しませんでした。こういうメタカードは環境が定まってこそ真価を発揮するので採用するかは自分の参加する大会をよく分析してからが良いと思います。


・DG裁きの刻
これも防鎧と同じく強さが環境によってぶれます。また、ネクストメタにはなっていますが先攻2t目キャストでないと完全に相手を封じきれないのが難点。
ただブライゼシュートやビッグマナに対しては後攻2t目や先攻3t目キャストでも十分相手の速度を遅らせることができ万が一速度で抜かれるという心配がなくなります。またジャスティスループに対して相手のテキサスストームを止める役割を持っています。
他にもパンプアップによるマグマケアや、2コスという運用のしやすさからメタカードの中でも優先度は高いのです。


・陰陽の舞
簡単に1マナを作れるカードであり、このデッキだと貴重な緑マナにもなります。
ただヘブンズフォースで使えるマナを増やすことは可能なためオーロラ等の勝利プランに保険をかけるカードに比べて優先度は低いと思います。


雑感
ヘブンズフォースによって単純な速度で勝負が出来るようになったところが強み。以前までならフォースで2t目に出して強いのはバーナインくらいだったが、マクーロ+ジャックキャストが後続のジャストラビリンスやバーナインに繋げられていい感じでした。
フェイフォンとマクーロはアド差はない。しかしフェイフォンは1500という絶妙なパワーラインとデスマッチビートルとの兼ね合いがあるため、どちらの枠が優先度が高いかは難しいところです。

困ったときのビートプラン、フォースによるカウンタープランといった要素がありかなり使いやすかったです。個人的にもう少しメタカードの枠を吟味したいところではあります。

まだvaultでざっと回した程度なので、余裕があればその内対面別の考察なんかを追記できると良いなと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


GP5th感想

GP5thに出て結果は4-3で完走さえできないモブかましてきました。

メタ読みと戦績、感想を書こうと思います。



①メタ読み
まずデッキの選択候補にあったのは悠久チェンジ、赤青バイク、ジオリバースループの3択。
つまりはコントロール、速攻、ループの3種をどれにするかというところ。
2週間前あたりの京都勢との調整でコントロールが勝ち上がりにくいという話にはなっていたものの、ネクストが最大母数であることは確実だったのでネクストに7割近く勝率が出るデッキで出なくてはならず、個人的にバイクとクローシス剣に有利なデッキを握りたかったので悠久チェンジにすることに。
テック団を素打ちして勝てる対面が増えてきているがためにしっかり4枚採ることを意識しました。その過程でガロウズとスパイラルハリケーンの枚数を妥協することにはなったが、それでもしっかりネクストに勝ち越せていたのでよしとすることに。
直前までサイクリカを抜いていたが、時間切れ両者敗北を防ぐため1ターンに複数のヴォルグを投げる事が出来る点を評価して採用。また、呪文封じの呪文を止めるためにシャッフを採用し、シャッフとサイクリカを合わせることで打点を並べつつ相手の受けの呪文を封じながら殴るプランも取れるように調整した。

悠久チェンジを握るにあたり最大の不安要素がメタリカと猿に対しての勝率が2割出ないことだ。これを解消するためにカナシミドミノやカビパン男とか試してたけどぱっとしなかったので没。
素直にループ系のデッキを切ることにした。これがそもそも間違いでビートはコントロールに不利が付き、ループはビートに不利が付く傾向があるけれど、ビートもループも上振れやプレイングでカバーが利き、絶対無理みたいな対面が少ないから今思えば素直にビート握れば良かったと思っている。

ジオリバースループはデッキの形は出来たものの、対面ごとの練習をやる機会がなかったので没になりました。



②戦績 twitterに挙げたのは間違い
予選
1回戦 白緑メタリカ〇
何故勝てたのかわからないw
相手先手4t目に場にクリスタ2枚バーナイン2枚ジャックで、残りマナ3。
正直死んだと思ったけど、相手がボトム固定できてないこともあってか、なぜかターンが返ってきて、パクリオ出すと相手の手札にオーロラがなかったし不動を盾へ。
相手殴ってきたところに盾からテック踏ませて、返しにヴォルグ投げたら勝ってた。


2回戦 ジョーカーズ×
3t目ヤッタレマンにナッシングゼロ2枚使ってオールイン!  正義!


3回戦 モルネク〇
ラフルル入りだったけど相手のプレミもありつつ勝ち。


4回戦 モルネク〇
相手ラフルルもメッタギルスもないデッキだったから封殺勝ち。


5回戦 モルネク×
メッタギルス入りだったけどメッタギルスの返しにベガス2枚目当てる。
その返しにネク閣、メッタギルス攻撃時にチェンジ剣でジアース出る。閣の捲りがモルト覇。ベガスからガロウズ打ってプリン出してなんとか耐える。
返しにチェンジザワールドで盾を7枚に回復するも、次のターンの全力攻撃を防げず死亡。デュエルマスターズってかんじで楽しかった。


6回戦 クローシス剣〇
相手ラフルルも単騎も見えないまま盾に突っ込む。テック踏ませて勝ち。


7回戦 モルネク×
手札にスパハリはあるが自分の場にベガス無しかつ、スパイラルハリケーンのマナ武装達成まで残り3枚という場面で、相手の場には前のターンに出したネクと閣。相手ジアース召喚から、ネク攻撃ジアース捲り閣龍解。サルトビバイケンでサルトビバウンスし、青7枚まで残り2枚という状況で盾からシャワーとベガス(正直勝ったと思った)。
相手武神アタック


ラフルル捲る




死亡。



メタ読み自体は外れて無かったけど、有利対面3つも落としてるのはいたたまれない。
いくら有利とはいえラフルル入りは切ってたので仕方ないのだけれど、、、




③感想
GP参加は初めてで、思ったことはプレイヤーの質の高さ。
普段のCSなら「プレイ早めでお願いします」と発言する場面が多いが、GPではそれがあまりなかった。勿論、時間切れで両者敗北になるからという理由もあるけれど、それを把握していてかつ実行できている人達ばかりでした。
自分自身プレイヤーとしてDMとどう接していくのかよく考えるきっかけになったし、これからプレイヤーではない側に立っていく中で今回の経験を糧にしていきます。

GP6thは出たい欲があるけれど高知勢の人達は距離的に厳しそうだし、skypeしながら生配信を見るなんてことをしてみたいから未定です。誘われたら2つ返事でついて行きます。

悔いをが残ることといえば完走出来なかったことではあるけれど、それ以上にメタ読みが合っていてかつじゃんけんの運もついてきていたにも関わらずパッとしない結果で終わったことが悲しい。


リスト供養してお別れです。最後まで読んでいただきありがとうございました。
97142446


  • ライブドアブログ