今週発売のデッキでメタリカが強化されるのでvaultで早速回してきました。
マクーロというサーチ札の登場によって緑のサーチカードに頼らなくてよいと思い、未来設計図の枠をそのままマクーロに差し替えるところから始めました。


『メタリカ』
4 x 龍装者 バーナイン
4 x 一番隊 クリスタ
4 x ベイB ジャック
4 x デスマッチ・ビートル
4 x ジャスト・ラビリンス
4 x 緑知銀 フェイウォン
4 x ヘブンズ・フォース
4 x 奇石マクーロ
3 x 攻守の天秤
2 x 黙示賢者ソルハバキ
2 x 無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース
1 x 逆転のオーロラ

ヘブンズフォースを採用して、緑の枚数を9枚まで抑えてみました。
何枚かピックアップして解説します。

・ヘブンズ・フォース
2t目にバーナインを立てるだけでミラー等にはかなり優位に立ち回る事が出来る。2t目の他の動きとしてはジャックとマクーロを同時に立てる動きが強力。
ソルハバキと2コスのクリーチャーを同時に立てると1マナ増えるので無理矢理フィニッシュルートに入るときには覚えておくとよい。
盾から捲れたらフェイフォンを立てて相手のジャスキルを止めたり、墓地ソのワルスラ等の盾を刻んでくる相手に対してバーナインやジャックを安全に立てることもできます。



・奇石マクーロ
クリスタ、バーナイン、攻守の天秤、ジャストラビリンス等の必要なパーツに触りやすくなるための札。未来設計図と違い、無理矢理フィニッシュルートに入ったときにプレイしやすく、ボトムを固定させるカードとして申し分なかった。


・ユニバース
シャコガイル型に必要なフィニッシュパーツは猿、シャコ、オーロラ(もしくはシャコ2枚目)である。オーロラを採っているためパーツの枚数は同じだが、シャコという色が合っていない不純物を入れたくなかったのでユニバースを採用した。
ユニバースの特徴として、攻守天秤を多く使う時が多いというマイナス面と高打点クリーチャーとして運用できるというプラス面がある。前者は確かにシャコにはないデメリットだが攻守天秤自体はこのデッキで不純物となることはなく複数枚プレイがしやすい。また後者のプラス面によりビートプランも取りやすくカバーできることが多かった。
プチョヘンザのロックがかかった状態からユニバースを立ててビートして勝つこともあり、ユニバースがシャコに勝っていると考えています。

勿論シャコの大きな特徴としてレジェドギの効果をすり抜けたり、ダイハードの置換を貫通するといった強みもありますが、ヘブンズフォースとマクーロにより速度と安定性が増しているため間にあう事が多いです。


・逆転のオーロラ
この枠は攻守天秤でもいいのですがマクーロと同じデッキに収録される防鎧が環境内で多く見られた場合、不動かオーロラを採用するか、ダイソ等の別のプランを搭載しないと決めきれない可能性が出てきます。
とはいってもデッキ発売後すぐの環境は分からないため、抜いてもいい枠ではあります。



その他採用を検討するカード
・防鎧
オリオティス+ティグヌスのようなカードです。
緑の枠が4,5枚ではあまりにも心許なく、デスマッチビートルを採用するなら踏み倒しメタは間に合っているかなと思い採用しませんでした。こういうメタカードは環境が定まってこそ真価を発揮するので採用するかは自分の参加する大会をよく分析してからが良いと思います。


・DG裁きの刻
これも防鎧と同じく強さが環境によってぶれます。また、ネクストメタにはなっていますが先攻2t目キャストでないと完全に相手を封じきれないのが難点。
ただブライゼシュートやビッグマナに対しては後攻2t目や先攻3t目キャストでも十分相手の速度を遅らせることができ万が一速度で抜かれるという心配がなくなります。またジャスティスループに対して相手のテキサスストームを止める役割を持っています。
他にもパンプアップによるマグマケアや、2コスという運用のしやすさからメタカードの中でも優先度は高いのです。


・陰陽の舞
簡単に1マナを作れるカードであり、このデッキだと貴重な緑マナにもなります。
ただヘブンズフォースで使えるマナを増やすことは可能なためオーロラ等の勝利プランに保険をかけるカードに比べて優先度は低いと思います。


雑感
ヘブンズフォースによって単純な速度で勝負が出来るようになったところが強み。以前までならフォースで2t目に出して強いのはバーナインくらいだったが、マクーロ+ジャックキャストが後続のジャストラビリンスやバーナインに繋げられていい感じでした。
フェイフォンとマクーロはアド差はない。しかしフェイフォンは1500という絶妙なパワーラインとデスマッチビートルとの兼ね合いがあるため、どちらの枠が優先度が高いかは難しいところです。

困ったときのビートプラン、フォースによるカウンタープランといった要素がありかなり使いやすかったです。個人的にもう少しメタカードの枠を吟味したいところではあります。

まだvaultでざっと回した程度なので、余裕があればその内対面別の考察なんかを追記できると良いなと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。