初めてスマホから書いているので見にくい部分等があるかもしれません。


今日の記事は夜に勉強も手につかず、お腹が減りすぎて死にそうなのを八つ当たりに近い形で書き殴ってるので、実りのないものかもしれないですけどご容赦ください。


①、新環境のデッキも色々と研究が進み、前回の記事や前々回の記事では網羅できてなかったデッキタイプ等も出てきたので、それらへの言及。

②、最近自分が触っていたデッキの中で、オリジナルというわけではないけど、こんなのアリじゃない?ってやつ。

という構成で書いていきます。



18601681966

赤青バスターについて
vault大会で急に増え始めてたデッキタイプで今現在だと赤黒よりも多いんじゃないかというデッキタイプ。
特徴はオニカマスというバスター環境におけるデスマッチと並ぶ最強のメタカードの存在。そして、オボロカゲロウという優秀なデッキの回転役(ルーター)の存在。

回した個人的な感想は、かなり扱いやすい剣といったところ。3t目にドルガン+剣を持っていなくてもワルスラという別の選択肢が存在しており、ワルスラ2点から次のターンにドルガンを出してワルスラと合わせて合計5点を入れることで剣を引けなくても戦えるというプランがあるだけで心強いデッキだった。

弱点といえばドルガン剣が出来ないときのワルスラ2点が裏目になる対面が存在するという点。ただ、そういう対面たとえばバスターミラーならオニカマスを残す方がプレイとしては正解だし一口に弱点とは言い難かった。

明確な弱点はジャバランガループあたりにはなりそうですね。トリガーを封じる手段が殿堂カードのラフルルしかないのでケアが難しい。ミシュラみたいなサーチカードが採用される日も遠くはなさそうですが、確定サーチを積むなら霊峰の方が器用さは上になってしまいますね。

最近だとクロック+SMAPONを受け札として採用してるのを多く見ますが、エメラルで受け札を仕込み、確定でターンが帰ってくるようにする動きは昔の墓地ソを思い出して涙が出た。プレイも盾を三枚残すように割っとくとか似てる部分があって本当に好き。作った人に感謝。




ジャバランガループについて
ダウンロード

多分主流は青黒になると思います。理由が速度重視の黒緑にしてもバスターやバイクに間に合わない可能性が高く、それならアイチョイスも含めた8枚以上の有効トリガーで迎え撃てる方が環境にあってるからです。また黒緑だと墓地を肥やす過程でハンドが減りランダムハンデスによって戒王の封が抜かれる可能性も高まりますしね。

現状盾で受けて相手を倒せるデッキがこのデッキしかないこと。環境自体がクリーチャー>呪文という動きになっており呪文メタカードの採用が難しいこと等がこのデッキの追い風となっている。

ただあまり活躍しすぎてメタられると姿を消すかもしれないですね。まあただクリーチャーが並ばないデッキの呪文メタはドゥポイズで焼かれたりしてしまいますからデッキごとにこのデッキ対するアプローチは変わるでしょうね。

ジョジョジョマキシマム入りのジョーカーズはこのデッキの天敵ですが、これからそういうデッキは増えそうですしジャバランガループがあるからといって意識しすぎない方が良さそうではあります。環境次第では全然勝てないということがあり得るデッキではあるので。
墓地ソースにシャッフが積まれるところまでは読めた。




青黒ハンデスについて
ダウンロード (1)

じわじわとvault大会でも復活の兆しを見せ始めているハンデスですがやはり人気の理由はバスターの流行のためでしょうか。
個人的には2コスハンデス増し増しにするのか、光入りでオリジャを積むのかといったところでした。2コスハンデスを撃ちやすい環境ではあるのでこれからまだまだ勝ちそうですね。





②こんなデッキどうですか?案

#1、あたりポンの助入りサッヴァーク
ダウンロード (2)

カラーは白ゼロ。プレリュードで軽減する選択肢としてあたりポンの助ってどうですかね?ってかんじ。弱点である場に残らないといけないという点をサッヴァークでカバーします。

実際使っててトリガーケアに使うのは勿論、オニカマスとかのサッヴァークで処理しにくいクリーチャーを退かせるようになるのが美しかった。

禁断とかレッドゾーンZみたいな本当に嫌なカード達を止めることが出来るようになって器用さは増してましたね。
課題はポンの助を手札に持ってくる手段が素引きしかないこと。そもそも無くても戦えるデッキではあるのでそこまで気にはならないんですけどサッヴァークDGのバリューが落ちるのは残念といったところ。

それと受け札としてドラゴンズサイン以外に何がいいのかも迷っていますね。
候補はオリジャ、ハピネスベル、アメイズ、ホーリー、隻眼ノ裁キあたりだと思うんですがどれもぱっとしませんでした。




#2、光魂入りドロマーハンデス
ダウンロード (3)

ベガスからオリジャ能動的に撃てるし、強くない?ハヤブサと合わせて確実に攻撃防げるし強くない?と思ってたんですけど、それより2コスハンデス増やした方が色んなデッキに戦いやすいよって言われて、そうだねって思ってしまいました。

個人的に前から考えてたネタだし、もっと試していきたい。




#3、リバイヴデッゾ型デスザーク
前回の記事でデスザークの紹介をしたんですけど、リバイヴの項でも少し触れてます。

実際デスザーク+デッゾで5点をたたき出せるのは美しいし、リバイヴホールとの相性がバツグンなのは分かってます。ですがこの構築だとヴォガイガに頼りすぎてしまいがちなんですよね。

ヴォガイガは強力な効果ですけど山札を4枚削る行為が裏目になることは十二分にあって、たとえばミラーとかハンデス対面みたいな相手がハンデスが出来るデッキタイプの時。
ヴォガイガで次のターン使いたいカードを返しに落とされてしまうと、デッキの枚数もそうですが戒王の封だとかリバイヴホールが2枚以上落ちたりだとかしたときに完全に裏目になります。

序盤からデッキの枚数管理をしながら戦わなくてはならない対面においてハインリヒ・ダーマルクは最強のカードになります。ヴォガイガを急いで出さなくてもダーマルクの着地を目指し、ダーマルクからヴォガイガを出せば相手は返しのターンでボードと手札の両方の対処を迫られます。
勿論両方処理することはかなり難しい(難しくなるように可能な限り立ち回る)ので次のターンに残った方のリソースで再展開ないし盾を削りに行くことが出来ます。

ただリバイヴホールを墓地から拾う方法はヴォガイガしかなく、戒王の封からも出せるダーマルクよりその点は劣ります。
これは大きな差です。リバイヴはハンデスされて回収する際、最初に言ったリソース面大きな遅れを取る裏目があるのに対し、ダーマルクはハンデスされても戒王の封を握っておくだけで良いです。(2枚目をもっておけばっていうのは勿論どっちも当てはまるし)

まとめるならリバイヴは自分有利の時に特に強いカード、ダーマルクは状況に応じて色んな使い方が出来るけど爆発力はないカードといったところですね。

まあそれ以上にリバイヴに頼った場合に墓地ソースのGTが重すぎるので、墓地ソースが居る間はダーマルク型を練ると思います。






以上になります。PCが使えるようになったら画像とかを追加してより見やすい記事にしたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。