色々と忙しい事が済んだので映画を観に行きました。

タイトルから分かるとおり「中二病でも恋がしたい! Take On Me」です。
実は2回目だったんですけど、前行った時は精神的にも身体的にも死にかけだったこと、映画は2回以上見ないと感想とかが定まらないこととかを考慮にいれて1回目はノーカンだと思って初めて見るくらいの気持ちでした。


ネタバレもありつつ限界オタクの感想垂れ流し記事なのは了承ください。





・ストーリーについての感想
個人的にモリサマーと凸森の掛け合いが好きなのですが、あの二人が主人公かと思うくらいフィーチャーされてたんで心に刺さりました。ストーリーの流れの中でやや強引にも、しかしあの二人らしくストーリー展開に絡んでくるのでgoodだった。終盤の岬っぽい所での
シーンとかもう・・ね。

本編はというとダラダラ続くわけでもなく、各キャラに出番を見せつつ、戦闘と恋愛とを織り交ぜながら進んでいくので見やすかった。ただ小鳥遊六花が中々どうしてあんなに可愛いかわからなくなるシーンが時々あってスクリーンから目を背けることもよくあった。
福山潤が好きなあの人に怒られそうだけど富樫の屑っぷりはアニメ程ではないけどひどいとは思った。男が惚れるタイプの男ではないけど、まあそういう所が彼の良さではあったかと。

ストーリーの大きな流れは良かったんですけど、所々「なんかカットされてない?」って不自然に思うところがあったので完全版がブルーレイで出るとかなら嬉しいですね。

一つ不満というか不可解なのは、テレビ版で消化していたと思っていた七宮絡みの案件(変わるのか・変わらないのか)をもう1度やった所です。七宮の見せ場でもあったんですけど正直まだやるか・・って思った。あの話って視聴者からすると七宮に抱く心象も決していいものではないし、とても見ていて辛かったです。

七宮智音ちゃん可愛すぎるから
「魔法魔王少女でも恋がしたい!」
をアニメにしてくれ!




・ストーリー以外の部分での感想
各地を巡りますが、聖地巡礼向きかと言われればそういう訳でもなく。交通の要所とか観光名所が殆どなのでどちらかといえば「自分が行った事のある場所に自分の好きなキャラが行っている」という快感を味わうことが出来ます(僕は一つも行った事のある場所がなかったけど妄想で補完した)。

上映前のフォトセッションは良かったですね。「Black Raison d'être」の4人の写真を撮影することができるんですけど、スマホとかで撮影したら半券を保管しなくてもいつ観に行ったが記録として残せるので感傷に浸りたくなる系のオタクにはもってこいでした。




・楽曲についての感想
全部ZAQでしたけどこの作品といえばやはり彼女しかないんでしょうね。主題歌が「JOURNEY」は知ってたんですけどまさかop曲とは思わないんだなあ。(泣いた)
一期のopが題名のTake On Meにかかってたところとか本当に感動した。
個人的には「君へ」も流れて欲しかったですけど、劇中歌もopもedも全部良かったです。




最後に
自分がオタクって事は理解してるし、別に恥じてもいない。
そんな自分もオタクじゃない時期ってものもあったわけで、でも何か自分の猛る思いをぶつける先が無かった頃に見たのが「中二病でも恋がしたい!」の七話でした。別にその時にこの作品に出会わなくても、正直今の自分とそう変わってはいなかったと思うんですけど、やっぱり入り口を与えてくれた作品って特別なんですよね。
そんな自分を中二病にしてくれたこのコンテンツの終わりを見、確かに悲しいんですけど、自分が初めて見たコンテンツが劇場盤含めて6年間も続くまでに成長するなんてそれ以上に嬉しさしかないんですよね。
1期、2期、劇場版を通して成長してきた「Black Raison d'être」の4人と「七宮智音」。本当にお疲れ様でした。




蛇足:ベストシーンはラストの七宮の脇!!!