新弾発売直後の殿堂のCS、高槻CSで優勝しました。

今回はレポという形で残そうと思います。
まずはリストから。
DZrqXH_UQAEI46g

4 x 卍 デ・スザーク 卍
4 x 爆霊魔 タイガニトロ
4 x 堕魔 ヴォガイガ
4 x 堕魔 ドゥシーザ
4 x 堕魔 グリギャン
4 x 堕魔 ヴォーミラ
4 x 一番隊 バギン16号
3 x 堕魔 ドゥポイズ
3 x 堕魔 グリペイジ
2 x 無明夜叉羅ムカデ
2 x 超次元リバイヴ・ホール
2 x 超次元ミカド・ホール

2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
2 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ


メタ読みについて。
環境トップである「ジョーカーズ」を中心とした環境になると予想。ジョーカーズに有利が付く「バイク」、ホーリー入りの「バスター」が多く、逆に勝てない「ヴェスパー」や、「ジャバランガ」は殆ど居ないという風に想定。
また、新弾リリース直後ということもありジョーカーズのエンジンとしてヘルコプ太に代わりガヨウ神が採用されることも考えられるのでハンデスの母数は全体として落ちるのではないかと予想しました。他にはジョーカーズにも4割程度の勝率があり、ジョーカーズに強いビート系統全般に強く出れる「アナカラーシャコガイル」も一定数居るだろうなと思ってました。



予選
1回戦 赤白バイク×
こっち先手2tバギンスタート。相手には禁断がなく、超次元がバスターでホーリーを埋めてたのでバスターかな?と思っていた返し。
「ヘブンズフォース」
「ザレッド」
「侵略。レッドゾーンZとレッドゾーン」

(心の声:大丈夫だ俺の手札にはグリペイジがあって相手の手札は残り1枚。手札にデスザークはないけど1ターングリペイジを挟んで次のターンヴォガイガからデスザークを起動したら、相手に禁断はないんだし勝ち確だ。)

→焼却含めた4枚の中にデスザークはいません。

その後グリペイジでハンド枯らし、グリギャンで墓地増やしつつ1ターン貰ったり、5マナの時にヴォガイガを出したりしたけど、最後までデスザークは見えませんでした。



2回戦 アナカラーシャコガイル〇
先手貰えたので、相手のロストソウルよりもニトロが先に着地。その時点で相手の手札にバイケンが1枚でニトロで引っ張り出されたバイケンを手札に戻すことを相手は選択していました。
バイケンがあるとはいえ手札枚数に制限がかかっていて、しかも相手のマナに黒がなかったことでロストソウルまで繋げられなかったのが響いた。次のターンにミカドからディアスを出してディアスへバイケンのバウンスを当てることを強要し手札からバイケン引きずりだすことにも成功。このタイミングで相手はテック団を埋めて黒マナを作る。
バイケンが居なくなったところにムカデを立ててビートプランへ。1点ずつ刻む中で3点目でテック団を踏む。ムカデ本体を残して自分の盤面が全て手札へ。しかし、相手のハンドはゼロ。
相手のトップデックしたカードはロストソウル。
トップデックにはトップデックで返すのがデュエルマスターズの基本。こっちのトップはリバイヴホール。勝利ガイアールを出してムカデと合わせてジャスキル通しました。



3回戦 刃鬼〇
ニトロでマウント取りつつ。相手のマナが伸びてからはデスザークを出して、刃鬼によるワンショットを防ぐ。
相手に悠久が入ってたのでデッキが2周くらいして、1度刃鬼出され、ダイハード×2とメテオライトリュウセイが出てきましたが返しのターンに刃鬼以外全処理。次のターンにドゥポイズとグリペイジで刃鬼も処理。
vanも合計で2回出されて中々フィニッシュ出来なかったんですけど、ムカデ絡めたビートで盾を2枚削って居たので時間制限で勝ちました。



4回戦 青緑シリンダダンテ〇
アナリス、サルトビ、スパイラルハリケーン等がマナに見えたのでずっと途中までアナカラーシャコガイルだと思ってプレイしてました。まんまとニトロをキャストさせられたタイミングで相手の手札からミラダンテⅫが落ちる。ここでバイケンが相手の手札に無かったので即死は運良く回避。
シリンダと分かったのでさっさとデスザークを建設。後はガロウズヴォルグを気にしつつ、ヴォルグで相手の山札を削りにいきリソース勝負へ。ヴォルグ2回でミラダンテⅫとバイケンを1枚ずつ落とせたのが美味しかった。相手に山札回復のカードが入っていなかったこともあり勝てました。



5回戦 赤青白バスター〇
相手の受け札はホーリーとオリオティスジャッジ。防鎧とオリオティスも採用されていて、ロングゲームは必至って感じの構築でした。
メタカードを多く搭載している分、ルーターが少なそうな構築だったのでデスザークの着地を急ぐのではなく、グリペイジで相手のドルガンバスターの要求値を引き上げる方を選択。グリペイジ2枚目をキャストした返しにワルスラが走ることを許したのでデスザークで蓋。返しにオリオティスジャッジ。仕方ないのでヴォーミラでリソースの回復を狙う。返しにGWDでヴォーミラを取られる。
こんな感じで相手のメタカードの刺さりがエグく、常に受ける側に回ってしまい、ヴォガイガも引けなかったためデスザークが出せないまま3ターンが経過し、途中ムシャホールから勝利ガイアールが出てきて負けを予感するも、相手の革命チェンジはカツキングjr(ここでエビセン出されてたら多分負けてた。)
カツキングの攻撃先はこちらのクリーチャーだったものの強制ブレイクとトップ含めて魔導具が手札に2枚揃ったのでデスザークが再度着地。
相手がオリオティスジャッジを引く前にこっちが9マナまで到達し、ようやく安定した盤面を作ることが可能になったのでなんとかなりました。



6回戦 ジョーカーズ〇
自分先攻で相手はニヤリーゲットを1枚しか持ってなかったのが勝因。
2t目にバギンをキャスト出来ており、4tデスザークも出来たけど、相手のヤッタレマンをしっかり除去出来ていてニヤリーの3枚の中にもヤッタレマンがなかったのでヴォーミラを盤面に残しつつ毎ターンアドバンテージを稼いでいくプランを取りました。
ヘルコプ太着地の前ターンに相手手札が2枚で、自分の墓地にデスザークとムカデありの状態。ヴォガイガでグリペイジ拾い、グリペイジで無月の門を起動しムカデ着地。相手の握っていたヘルコプ太を含めたハンドを墓地送りにしつつ3点入れたら相手投了。

1回戦ガチでやばいこと起きて有利対面落としたけど、なんとかサブマリン決めて7位通過。



本戦
1回戦 墓地ソース〇
相手のブラフにはまって墓地ソースであるということを読み切れず、先手2t目のバギンをアツト爆撃でしっかり取られていきなり劣勢。ワルスラの返しにデスザークの無月宣言するもヴォガイガチャレンジで失敗してデスザーク着地せず。
そのままワルスラとクロスファイアで盾を詰められるもドゥシーザ、ドゥポイズからデスザークの着地で3面処理。
相手の最大の回答であるGTの着地が相手の赤マナの関係か、2ターン遅れたためこちらが7マナまで届き相手のGTにムカデのマイナス9000を当てて処理出来たことでこちらのペースに。
ここからは2枚目のGTをトップデックされる前に盤面に6点作ることを目指すのを意識しつつ盤面を作りに行く。相手がGTを出せば相手のトリガーが機能しないのでフルパン入れて勝ちまで行けたので。
幸い途中でホールを2枚引けたので時間制限を気にせずLOで勝てました。



2回戦 赤青白バルチュリス入りバスター〇 (さば猫)
俺が前日に5秒で組んだデッキを握って、予選全勝してしかもベガスまでとっているのに、制作者への敬意を5秒しか払わなかった不届き者が居たので先攻4tデスザークから5t目ニトロで完封勝ちしました。



準決勝 赤黒ドルマゲドン〇 (ランディーさん)
先攻2tバギンスタート、3tヴォガイガ、4tヴォガイヴォガイヴォガイ無月の門デスザーク。ブラックアウトはナシ。相手の4t目の動きはニトロだったけど流石にそれでは止まらず。次のターンにヴォーミラ3枚並べて返せないボードが完成。
最後はムカデ2枚で相手を縛りつつフィニッシュ。



決勝 ジョーカーズ〇
先攻を取られたものの、初手にバギン、ヴォガイガ、ドゥシーザ、ドゥポイズで役満。相手は2t目にニヤリー無しのヤッタレスタートだったので勝ちを確信。ドゥポイズでヤッタレを取って、次のパーリ騎士に対してバギンドゥシーザで盤面取る。4t目のガヨウ神の返しにヴォガイガからデスザーク出して蓋。
ジョラゴンが出てくる前にムカデで〆



復帰してからベスト4の卓にも上がれてなかったので、勝ち切れたのは素直に嬉しいですね。ムカデはどの対面にも〆の札として機能してくれて使い易かったです。今までボードを取ることに長けているものの、ある意味それしかなかったデスザークというデッキタイプに新しく手札にも触ることの出来るフィニッシャーがあるのは、ビマナ等のコントロール対面で特に心強かったです。
ムカデだけでなくヴォーミラも良いカードでした。バギンを使うメリットが2→4の動きだと思っていたのでヴォガイガと共に4枚採用。横並びの早さ、1ターン生き残った後のリターンの大きさが強みでした。2t目に除去しか選択肢がない形とは違い、自分の動きを押しつける理不尽ルートで拾える試合が多く、準決勝はその典型って感じがしました。

今回のリストは新弾直後ということもあって、実戦経験数が少なかったためホール呪文の4枠がややふわふわしてるのですが、そこを除けば満足のいく構築に仕上げられたのは良かったです。正直ミカドホールの採用理由は前日にvault最強のSisterJudyさんが使っていたからだったりします。
今のホール呪文4枠がヴァイシングに変わることは十分あり得ますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。