双極篇2弾の発売まで1週間を切りました。
そこで今回は双極篇2弾のカード達がどのようにメタゲームに絡んでくるのか、自分なりに書き出していきたいと思います。あくまで僕個人が注目している環境に食い込むレベルのカードを取り上げるので、全てのカードについて触れられる訳ではないです。
ここにあげられたカード以外にこんな良いカードがあるよ、等々意見のある方はコメント欄にて教えていただけると嬉しいです。


それでは本題・・
の前に、ひとこと

「徹底」解剖と銘打ってみましたが、内容にご満足していただけるよう精一杯努力させていただきますが、不満の声が多ければ消します。「優良記事」を目指して頑張ります。





ではまず、双極篇2弾の目玉であるマスターカード2種類から
(リンク付きのカード名をクリックするとvaultのカードの基本情報に飛ぶようになっています)

”轟轟轟”ブランド
o0356049814201865615
ニクジールブッシャーと組み合わせることで、最速先攻1ターンキルも可能なカード。と言っても強さがわかりにくいでしょう。分かりやすく言うならば安定した3ターンキル、運が良ければ2ターンキルが可能なカードとなっています。現環境では赤青バスターによる3キルが飛び交うのが日常茶飯事ではあるのですが、このカードの3キルは赤青バスターの3キルとは少し意味合いが変わっています。
このカードによる3キルというのは2ターン目に盾を3枚失った状態で3ターン目に突入しての3キルです。つまりは、実質2ターン目に勝負が付いている。バスターは先攻3ターン目に防鎧を立てる等でも対抗は出来ましたが、このカードと戦うためにターニングポイントとなるターンは、先攻であれば2ターン目、後攻であれば1ターン目です。
更に言うと轟轟轟ブランドはその性質上、手札が少ない先攻の方が出しやすいカードなので後攻でこいつを倒すにはターニングポイントとなるターンは0ターン目かもしれないですね・・・・

他のサイトやTwitter等で既に完成度の高いデッキリストが公開されていることもあり、新弾環境初期に轟轟轟ブランドが環境を席巻するかもしれません。現環境の上位デッキの中でこのデッキを後攻からでも安定して倒す事のできるデッキは無かったです。
このデッキを倒すために現環境の下層にいるデッキタイプが注目されるようになると思います。そして現行の構築のままではこのデッキにどうやっても勝てないデッキ達も今までにないチューニングが施されるはずです。そういう意味ではこのカードの環境への影響力は未知数であり、発売前の現段階よりも発売後の方が注目すべきカードなのかもしれません。

このデッキに後攻であっても勝てるアーキタイプとは、1ターン目に攻撃されてもそれを凌ぎ、そのままカウンターを仕掛けることの出来るデッキになると思います。例えばドラゴンズ・サインからカウンター出来る「ミラダンテⅫ」、盾に入ってなくとも初手にありさえすれば使えるボルシャック・ドギラゴンを採用できる「NEXT」や「赤黒バスター」、ヘブンズフォースやミラクル・ミラダンテの採用の余地もありそもそも軽いコストのメタカードを豊富に搭載できる「サザン」。これらのデッキタイプに自分は注目しています。
上に上げた中に「アナシャコ」が入ってないことを疑問に思うかもしれません。アナシャコ自体はトリガーの枚数も多くシノビも豊富なために一見すると轟轟轟ブランドの目の上のたんこぶになり得るデッキだと自分も思っていました。しかし、踏んだ瞬間負けに繋がるギミックが少なく、あくまでもシノビで受け切るデッキであるがために、先攻を取られた場合は受けきれない事が多いです。特にドリルスコールのせいでシノビを使うことが許されないために負ける事が多かったです。ただし、アナシャコ側が先攻だった場合は一転してアナシャコ側が有利に感じました。先攻後攻の差は大きいけども紙一重であり、アナシャコ側が轟轟轟ブランドメタを意識し始めた瞬間、立場が逆転することも起こりえるかもしれませんね。

因みにですが、轟轟轟ブランドデッキはああ見えてプレイングが求められるデッキです。特に現在公開されてあるドリルスコールを使った形をCSに持ち込もうと思う人は今から練習しておくと差が付けれるかもしれません。僕は難しかったので投げました。
そもそもこのカードは赤単色に絶対しなければならないカードでもなく、自由度は高めです。どういった形が結果をのこすのかも気になりますね。



卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺
このカード1枚で記事一つ書けるので省略します。後日このカードについての記事をあげます。



続いてスーパーレアから数枚をピックアップ

キング・ザ・スロットン7/7777777
今回の4枚集めろカードその1。クリーチャー面はバトライ閣、呪文面はオリオティス・ジャッジのようなカードです。
主な使い道はジョラゴンジョーカーズでしょう。弱点だった山札が少ないときのアタッカー不足を解消でき、ジョラゴンの効果の種にもなり、手打ちもできる受け札になります。
呪文面は受け札になるとは言え、不確定の除去カードです。しかし数種類のコストに採用カードが集中しているデッキに対しては山の下に送るという強力な除去カードです。特に憎きドリルスコール無き2ブロックの轟轟轟ブランドに対しては必須とも言えるカードでした。
受け札の確保に枠を割けないことが課題の1つだったジョーカーズには朗報です。



龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~
チェンジザ
クリチャーはループには使えないものの、相手ターン中でさえ起動できる使い勝手の良い呪文踏み倒しカードであり、しかも青のドラゴン。ミラダンテⅫの革命チェンジ元になります。呪文面も受け札として優秀なだけでなく、ベガスで唱えることも出来ます。おそらくですが、呪文の効果は「相手プレイヤーにかける効果」だと思います。そのため後から出てきたクリーチャーもその効果の影響下にあると思います。
見たまんまですが、既存のアナシャコにそのまま入ると思います。ただし、前述の通りこのカードの性能を余すことなく発揮できるデッキはミラダンテⅫを使ったデッキになるとは思います。(性能を発揮出来るだけであって強いデッキであるとは言ってない)

相手ターン中にも呪文が使えることに注目したコンボデッキも面白いですね。



龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢
dm-20180615-008
今回の4枚集めろカードその2。クリーチャー面はGTと同じ軽減効果を持ちつつ使い易い除去効果もあり、呪文面はライク・ア・ローリング・ストーム。
呪文として使った後に墓地に置かれたこのカードはクリチャーとしても数えるので、このカード自身やクロスファイア、5000GTとの相性がバツグン。しかもドラゴンなので様々なサポートを受けることも出来ます。昔自分も使っていたデアリカラーの龍墓地も復活させることが出来るかもしれません。
非常に使い易いカードなので、もしも次の殿堂改訂でワルスラに制限がかかってもまだまだ墓地ソースは現役続投しそうですね。



ビックリーノ
序盤の墓地肥やしが得意なデッキと相性が〇。そういう類のデッキは打点不足に悩むことも多かったので、もしかしたら救世主となるカードかもしれません。個人的には墓地ソースとの組み合わせがオススメ。アツト等でビックリーノと爆撃男を捨てれば、踏み倒しの条件も満たしやすくなります。
とはいえ、序盤に引けないといけないご都合カードでもあり、引けたとしても腐るかもしれない点でもやはりご都合感は拭えない。研究が進むにつれて評価が変わりやすいカードだと思います。

ドリル・スコールや同じ弾のジョラゴンリロードで1ターン目に出せます。(だからどうした)



ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ
龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク
マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド(VR)
龍装車 マグマジゴク/地獄スクラッパー(VR)
この弾のツインパクトサイクル、「キーワード呪文」を使った時に発動する能力を持ったクリーチャーと、「元祖キーワード呪文」が合体したカードの内の1枚。
自分がこのカード及びサイクルに注目している理由は2ブロックです。双極篇1弾期の終盤に頭角を現した「トリガービート」はこれらと相性が良いと思っています。クリーチャーとしても優秀なので前環境では採用し辛かった地獄門デスゲートも使い易くなります。
特に自然、光、闇が2ブロックトリガービートとの相性が良さそうですね。闇は既存の形にそのまま入り、自然は新しい型を生み出し、光は既存の型と新型を問わず採用出来そうです。

参考ですが各文明の「キーワード呪文」の枚数を記しておきます。
光「スパーク」:27種類
闇「ハンド」:14種類(未発売のスーパー・デーモンハンド含む、火と水のカード有り)
火「スクラッパー」:6種類(未発売のゼンメツ・スクラッパー含む)
自然「トラップ」:19種類(水と火と闇のカード有り、罠はサポート不可なので除外)



ドルツヴァイ・アステリオ
ZweiLanceさんのファンの方は100枚集めましょう。
6コストのマッハファイターはナハナキリー、トテントンタンと競合相手が多いですがこのカードも強力。ババンバンバン等が8マナでやるには遅すぎるし、やり過ぎる能力でしたが6マナと非常に手頃な数値になりました。ブライゼシュートのようなマナを伸ばすデッキには採用に一考の余地ありですね。
しかしガリュザークに弱いというところにデザイン性さえ感じてしまいますね。



それではベリーレア以下のレアリティについて見ていきます。ラストスパートです。

オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」
dm-20180615-014
いのししとうはなんだったんだ・・・
洗脳センノーを討ち取っても場に残るパワーライン、GWDのドローに利用されず処理したらマナに行く能力までついている。極めつけは「山札の上から1枚目を置く」マナブーストよりも強い効果のマナブースト呪文。
はい、勿論このカードが4枚集めろカードその3・・・いや100枚集めろカードと言っても良いかもしれません。使いやすさで言えば緑のGWDになるかもしれないです。
採用の検討出来るデッキは緑の入るコントロールデッキや、オニカマスとセンノーが致命傷になるデッキ群でしょう。



サイコロプス
サイコロプス
オリオティス・ジャッジとは違い、「より小さい」クリーチャーを処理なので使いにくさが残ります。ただデスザーク等の相手には非常に有効ですし、1ドローが付いているのも魅力です。
バスターのメタカードとして採用が考えられるけど、ちょっとキープしづらい。轟轟轟ブランドに入れるとドリルスコールと組み合わすことが出来るけど、それよりも出力を重視した方が良さそう。ランデスとは相性が良いので、このカードを生かせるのはイルカロックとか?


波乗りザブンプル
dm-20180615-010-2
3コストメタクリーチャーのジョーカーズといえば対抗馬としてあがるのは洗脳センノーでしょうか。洗脳センノーの方が超次元カード、ドラサイ、革命チェンジを止められる分通常環境で活躍が期待できますが、ザブンプルの場合はGWDが主な役割対象になると思うので、GWDがリソース源としてより重視される2ブロックでの活躍が見込めそうです。
罰怒ブランドなどの元々はSAを持たないクリーチャーに対しては、おそらく有効にはならないんですが、後続のSAを付与されて場に出てくるクリーチャーはタップ状態になるので完全に刺さらない訳では無さそうですね。

ガンバトラーやマッハファイターを止められないのはご愛敬です。



超宮兵 マノミ
マノミ
待望の「ムートピア」。今までムートピアの強いカードはあった。オニカマス、イワシン、シャコガイル、ゴクガロイザー。どれも逸材なのにムートピアのデッキが組めるカードでは無かった。
今までムートピアデッキが存在し得なかったのは、カードが弱かったからではなくコンセプト見えてこなかったから。言うなれば点の散らばりでしか無かった。
決して結ばれることが無かった点と点が線で結ばれた!・・・というにはまだ早いですね。あくまでもその点同士を結んだときの完成形が見え始めたに過ぎないと思います。呪文を3回唱えてマノミをG0召喚。他にも呪文を使えば踏み倒せるムートピアが居るのでそれらを並べ、I amと組み合わせて無限ドロー。これが完成形らしきものです。
まだそこからどうやってフィニッシュするのかも、どうやって呪文を3回唱えるかもはっきりしないです。そこを埋めていきたいですね。

因みに呪文3回を達成する方法ですが、
・ガードグリップやジョラゴン・リロード等の手札交換系の1コスト呪文を3回打つ
・呪文軽減クリチャーが居る状態で、エターナル・ブレインやドラゴン・ラボを使う
・失われし禁術の復元を利用する
の3つを思いつきましたが、どれも形にできませんでした。自分の力不足です。



堕魔 ドゥリケン
従来のデスザークに採用されたニンジャリバンの採用理由の1つ、「盾が0枚になったときのホーリーケア」を魔導具のみで可能にしてくれた1枚。
ラビリピトとも相性が良く、ガリュザークが無くてもターン終了時に全ハンデスが可能です。他にも全体除去系の破壊トリガーをケアする時等にも使えます。

従来のデスザークの2コストの魔導具について少しおさらいしましょう。(通常構築のバギン抜きの話です)
まず、3ターン目によりデスザークを出しやすくするためにも、4~5ターン目に連続召喚を決めてデスザークを出しやすくするためにも2コストの場に残る魔導具は8枚欲しい。
環境的に欲しい対面の多いドゥシーザは4枚確定。残りの4枠にドゥンブレを入れようとしたところ、ドゥンブレの強制で盾を減らす効果のせいで初動や中盤で使いすぎたせいで後々困ることが出てきてしまうために、2枚くらい採用するのが丁度良いという結論になる。そして残りの2枠に入るのはドゥスンとドゥグラス。しかしどちらも2枚だけ採用するしてもご都合カードになりやすいカード(欲しい対面では絶対欲しいカード)であるがために2枚だけ採用というのは微妙。
そこでドゥスンやドゥグラスを3枚入れるのは枠の都合上厳しく、そもそも入れずに他のコストのカードに割り振ろうとすると、2コストの魔導具が少なくなりバギンを抜いてまで魔導具率を上げることの旨味も半減してしまう。

というのは昔の話。ドゥリケンという、2枚採用でも十分働く魔導具のおかげでより賢くデッキのスペースを使えるようになりました。ただ、2ブロックでは使う局面は少なそうですね。



堕魔 グリール
3,4ターン目に攻撃すると墓地が8枚。それだけでガリュザークの召喚条件を満たせると思います。というよりも、4ターン目にこのカードを使うとガリュザークを出せるように構築するのも1つの手かもしれません。
4枚積みたいカードですが、ガリュザークをメインに据えないなら枚数は減らせるカードですね。NEO進化として使う事で擬似的にスピードアタッカーを作れるところを評価するならば0枚というのはあり得ないカードだと思います。



ツクっちょ
1コストのマッハファイターと聞いて、真っ先に採用の余地がありそうなデッキは成長系のデッキですね。未来設計図からサーチしてそのまま使える点も評価が高いですし、序盤から低コストを並べてくるデッキには初動にさえなり得ます。
特にデスザーク対面では先攻2ターン目のドゥシーザ先出しがプレミになりさえしていて、面白かったです。




以上になります。
新しく強そうなカードが発表され次第、随時更新していきます。


最後に
今回の弾は目玉のマスター2種類がコンセプトカードですが、前弾のジョラゴンが「このカードを主軸にしたデッキを作りやすいカード」の典型だったのに対し、轟轟轟ブランドとガリュザークは「主軸にしたデッキがピーキー」であり、「他の使い道も模索できる」カードとなっています。自由度が高い分ビルダーにとっては苦しくも楽しいカードだと思います。

さらに既存の環境デッキの強化カードもこの弾には非常に多い。魔導具や、チェンジザ等の汎用性の高いツインパクトもその筆頭です。

新しいカード達の起こす風が、トーナメント環境にいかなる波を起こすのか、僕たちはそれをどう乗り切るのか、プレイヤーとしてもビルダーとしても最も楽しい時間の始まりです。