のび左ェ門の秘宝
庭で紙を見ながら独り言を言い歩いてるのび太
何をやってるのかとドラえもんが尋ねるが独り言を続けるのび太
宝があると地面を掘りだし、ドラえもんは大興奮
しかし、お年玉も宝探し風に貰えばスリルがあるというパパの粋な計らいだったようで
がっかりしたドラえもん、ホントの宝探しをしてみたいと
「先祖が宝を隠した様な書きものが無いか?」と駄目元で聞いたら
なんとある!興奮して内容を聞くが
肝心な所で破れていて宝のありかはわからずガッカリ。

しかし閃く!タイムマシンで埋める場所を見ようと!
さっそくタイムマシンで文政九年元日へ行くと
のび太の息子のび作と出会い
居場所もあっさりわかる
どうも予想と違い貧しそうだが、見かけで判断せず
埋める場所を探ろうとするが
のび太達を警戒して、いつまでたっても宝を埋めず
一旦、帰るフリをして警戒を解き、埋める所を確認

早速現代に戻りその場所を掘るが見つからず
埋めたすぐ後に掘る事にするのび太達

しかし、埋めた後すぐにのび左ェ門は巻物をのび作に渡し掘りだそうとしている


オチの1コマ
オチ4-13
どうやら宝を埋めたと言う巻物は
のび左ェ門がお年玉を面白く渡す為の小道具だったみたい(笑)
まったく自分たち親子と同じ事をやってる先祖を見て苦笑いな2人

この先祖あってこの子孫ありってオチです。



貧乏人の楽しむ知恵と言うか、なんというか(笑)
宝探しという子供心をくすぐる設定の前だと
嬉しいはずのお年玉がかえってテンションを下がってしまうのが面白いですよね。



冷める現代人
宝と聞いてテンションを上げるドラえもんに対し冷静なのび太
おそらくはお年玉と知ってやってるので冷めてるのでしょうね。


楽しむ農民
それに引き換えのび作は、それなりに楽しんでます。



金額が少なかった事への愚痴も



手間
手間をかけさせたと言うのび太


オチ4-13
景気の良い事を言ってた割にと言うのび作


これだから現代人っ子は(笑)








ノリツッコミ
ノリツッコミ(笑)
椅子で倒れるパパが白目向いてますね(笑)



新喜劇
新喜劇ばりのズッコケ
ゴチになりますのピタリ賞発表もこんな間ですよね(笑)




落とし肥溜め
タイムマシンから出れば、すぐに肥溜
落とし穴系で一番面白いパターン
バラエティーでもおなじみの展開


スカシ
シンプルなスカシ



この話は、お笑いのイロハがふんだんに盛り込まれてる話です。





空気感
この気まずい空気感を描けてるのは凄いですよね。
こっちも「うひひ」って愛想笑いしそうになるもん(笑)






その話の中で個人的にF先生らしくて好きな1コマを選ぶBest hit F

今話でのBest hit F
ううむ
現代に戻って地面を掘るも宝が無く不思議に思ったその時!
閃いたドラえもんの表情セリフ
「ひょっとして」とかでローテンションにせず
ハイテンションで「ううむ、さては!」と絶妙な面白いセリフ

宝が見つからず勢いが弱まってる雰囲気を
オチに向けて、もう一回ギアを上げるドラえもん
こういう所でしっかり白け顔ののび太も良いですよね。


登場道具
タイムマシン


お年玉は普通に貰った方が嬉しい現代っ子は
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
ついでにクリックお願いします