ドラゴンボール

ドラゴンボール
ドラゴンボール情報

毎日ドラゴンボールの勉強してます0

友人などにドラゴンボールの勉強のことで会話をしているとなんでドラゴンボールの勉強なんかをしてるの、なんていわれます。思ってみれば、普通の人は勉強しようなんて思わないことなんでしょうか。普通はドラゴンボールの勉強をやってみようとはしないですよね。どうしてと聞かれると答えに窮するのですが単純に楽しいんですよね。

いつもは自分の家でドラゴンボールの学習をしているのですが今日は少し外で勉強しようと思って、駅前の喫茶店でドラゴンボールの学習を進めていました。思っていたよりも静かなところで、ドラゴンボールの勉強をしていくにはいいスポットなんですね。動きますのでけっこうカロリー消費にもなりますし、健康にも良い効果がありますね。脳の働きもよくなります。


なんだかいろいろと起こりました0

なんとなく雑誌を見ていると同じようなことを勉強している方の記事が書かれていました。こういうのを見ると仲間ができたようで喜ばしいことです。この人もがんばっていると思うと気持ちもまったくちがってきます。

今日のドラゴンボールの勉強ではいいことが起きました。ふと前によくわからなくてそのままにしておいた箇所をもういちど読んでみましたら、なんと理解可能になってきたのです。ドラゴンボールの勉強は継続すると以前は理解できなかった点がわかるようになってしまうことがよくあるのです。こういうところもドラゴンボールの勉強の楽しいところです。


なんだかいろいろとおきました0

今日は朝からふらふらして若干調子が芳しくないですね。しかし、ドラゴンボールの勉強をするくらいでしたらたいして負担にはならないと思います。今日もがんばろうと思います。ドラゴンボールの学習は家事の一環みたいなものですのでたいして苦痛ではありませんから。

今日のドラゴンボールの学習はインターネットでさまざまなことを調査していました。パソコンを使うのは活字を眺めたりするのとちがってすごく疲労するのでそれほど好きではないんですが、情報量が桁外れなのでドラゴンボールの学習をしていて詰まったところを調査するには実は最適の学習方法だったりするんです。実際にやってみればその通りであることがわかるはずです。今や、私のドラゴンボールの学習にはパソコンは必須ですね。


この日のドラゴンボールの勉強の進み具合0

実は今日、行くところがあるので早い時間にちょっとでもドラゴンボールの勉強を終わらせておこうと思っています。したがって他のやることをさっさと処理してドラゴンボールの勉強に取り組みました。出来る時間が限られていると焦ってしまいます。

ドラゴンボールの学習をしていると、当然のごとく納得いかないこともたくさん出現します。普通、ドラゴンボールの学習をしていて詰まってしまうことが出た場合質問できる人に頼ったりできるのかもしれませんが、残念ながら私の場合は答えてくれる人がいないのです。自力で何でも調査しないといけません。こうしているとすごく覚えがいいのです。誰にも頼らず調べ上げたことは記憶に残りやすいんですよね。


ドラゴンボール0


少年時代編 - 第1話〜第134話
悟空の少年時代の物語。
ブルマとの出会いから始まり、天津飯との対決まで。ドラゴンボールを探す話と「天下一武道会」とが交互に展開される

ドラゴンボール0



青年期以降になると、枠にとらわれず、格闘の要素が前面に押し出されて、物語の中核であるべきドラゴンボールの出番は減少していき、その役目は死んだキャラをよみがえらせることが主となった。



ドラゴンボールはセル編以降もキャラを読者を魅了しつづけた。一覧に記する話数は原作のものである。
話数表示は本来原作では其之○○と記されているが、第○話と記す。ドラゴンボールの世界における年表参照。

ドラゴンボール0



どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる、ドラゴンボール。様々な冒険物語。


ドラゴンボール



少年期は「秘宝を求めて旅する」という冒険の要素が強かった。
『西遊記』をモチーフとしていたため、初期の構想では、孫悟空=孫悟空、ブルマ=三蔵法師、ウーロン=猪八戒、ヤムチャ=沙悟浄、牛魔王=牛魔王、チチ=羅刹女を悟空に娘にアレンジするなどして、ストーリーを進めようと考えられていた。