2018年06月23日

つじい@青森市

CB335603-697A-4C70-B255-985098D13617中華そば
半端ないおいしさ。
そだね〜。
ナイッス〜。
和風煮干しスープに超極細縮れ麺。
青森市営の名物の味。
うわっうまい^_^
1533杯目。


ドラ張りグッと!スポット。つじい・辻井餅店編。
今回で4杯目。
2007年8月19日  中華そば
2015年7月22日  中華そば
2016年7月17日  中華そば
2018年6月24日  中華そば

やじドラ!
2018年6月24日、この日は青森市営球場で青森山田学園100周年記念 高校野球招待試合を観戦。作新学院と盛岡大学附属がやってきた。
第1試合の作新学院対青森山田は6対2で作新学院の勝利。
作新学院はエース高山が低めにボールを集めて7回無失点のピッチング。作新学院は強力打線だった。終盤に青森山田が反撃して試合を盛り上げた。
青森山田の4番レフト中澤樹希也選手は4打数ノーヒット。

引き続き、第2試合の作新学院対盛岡大学附属戦を観戦。試合は6対1で作新学院の勝利。作新学院は第1試合に続いて強力打線だった。3番沖がホームランを打つ活躍。この試合も終盤モリフが得点を挙げた。セカンドまではランナーを出すが、その後、作新が守り切る。
dorahari at 12:09|この記事のURLComments(0)青森市 

2018年06月18日

麺処 BUTA MEN@弘前市

D159F9B5-365C-4897-B18F-CC0CA432BC9B濃厚豚骨しょうゆラーメン
西弘にある豚が売りのお店。入口の扉はバーに入っていく雰囲気。
濃厚のしょうゆ豚骨スープ。食べやすい濃厚さ。麺は中太ストレート麺。フライドオニオンのトッピング。ほうれん草もトッピングされていて野菜も摂れます。
1532杯目。

ドラトレ。
日曜劇場のブラック・ペアンを見てるのだが、帝華大学病院の西崎教授を演じる市川猿之助の顔の演技は絶品。短い台詞でも顔の動きでアクの強さを出している。
日曜劇場では香川照之の顔の演技も絶品だった。
歌舞伎にルーツを持つ役者は顔の演技が得意なのではと思ってしまう。
猿之助はいい演技をしている。笑う演技も冷たい演技もいい。99,9%で香川照之が演じたコミカルな弁護士を演じるとどうなるか興味深い。
「はい、医者です。」

市川亀次郎(市川猿之助の前の名跡)GIG.はこちら。

ドラトレ2。
フリーキック。
ポルトガル対スペイン戦でポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドは頭上を、コロンビア対日本戦でコロンビアのキンテロはグラウンダーを決めた。
壁の動きをギリギリまで見て判断してるのだろう。なこの技は難しい。
dorahari at 18:48|この記事のURLComments(0)弘前市 

2018年06月15日

らぁめん 萬@弘前市

C44FDC55-3A8A-4719-B7CD-5FA77D0AC3B2鶏白湯みそラーメン
ここの店舗には以前、地鶏そば 十五屋がありました。
トロリとした鶏白湯のスープ。キャベツやモヤシ、刻みタマネギのトッピング。適度な辛さと甘さがあります。麺は黄色い中細の縮れ麺。コシのある麺。
みそラーメンの王道の中で進化している一杯。
1531杯目。

ドラトレ。
2018年6月15日、オリックス対横浜戦は、先発はオリックスは西、横浜は東。
西と東の先発。
スコア速報はこちら。

ドラトレ2。
2018年6月16日、ロシアワールドカップ1次リーグD組アルゼンチン対アイスランドの試合は1対1のドロー。
アイスランドはワールドカップ初出場で人口33万人の小国。
アイスランドはフィジカルの強さで守り抜き、メッシに対しても複数で囲み封じることができた。アイスランドの堅守を見た試合。
驚いた。

ちなみにアイスランドの応援は、バイキングクラップ。

やじドラ!
2018年6月17日、この日は弘前市運動公園陸上競技場で第20回日本フットボールリーグ(JFL)、ラインメール青森対FC大阪戦を観戦。
試合は2対1でFC大阪の勝利。

試合は前半からFC大阪がボールを回し、優位に試合を進める。やはり、ボールを回せた方が勝つ確率が上がるだろう。FC大阪は途中、W型に圧巻のパス回しをする。
FC大阪の舘野選手が混戦からゴールを決める。また前半ロスタイムにコーナーキックからFC大阪の井手口選手がふわりとゴールを決める。

後半もFC大阪ペース。ラインメールも攻めるが、FC大阪の守りがラインメールに決定的な流れをなかなか作らせない。こういう場面では思いっきり、中にパスを入れるにはいい攻めではないかと思った。
ラインメールはPKのチャンスを2回得たが、1回しか決められず。引き分けに持ち込めた試合だった。

勝負の神様は細部に宿る
鍛錬千日之行 勝負一瞬之行

FC大阪3連勝で2位キープ 第1ステージ残り2試合、首位と2差
dorahari at 19:12|この記事のURLComments(0)弘前市 

2018年06月12日

中みそ 中三弘前店@弘前市

8AA0A834-856C-407F-AF3C-0FB2A4CCBB16みそラーメン小 生卵
中みその店舗が向かって右側に移動してました。中みそがあった店舗にはキャンディースパイスが入ってました。
お馴染みの弘前のウルトラソウルフード。
甘いみそのスープに黄色い細い縮れ麺。たくさんのモヤシのトッピング。
弘前の味を食べたいという人には、ぜひ勧めるべき一杯。
1530杯目。

ドラ張りグッと!スポット。中みそ、チャイナドール編。
今回で24杯目。
2005年10月5日  みそラーメン
2006年3月19日  辛ミソラーメン
2006年7月28日  冷しつけ麺
2006年8月1日   野菜ラーメン
2006年8月13日  冷し担々麺
2007年3月5日   もやしとろろ昆布ラーメン
2007年9月12日  みそラーメン(小)
2008年4月10日  わかめ玉子ラーメン
2009年5月9日   味噌ラーメン(小)
2010年1月7日   味噌ラーメン(小)
2010年7月27日  味噌ラーメン(小)
2011年1月16日  焼肉ラーメン(正油味)
2012年5月12日  みそラーメン(小) 中みそ
2012年8月1日   中華ざる 中みそ
2013年1月27日  みそラーメン(小) 中みそ
2014年2月21日  みそラーメン(小) 中みそ
2014年3月14日  辛味噌ラーメン(小) 中みそ
2015年6月7日   みそラーメン(小) 中みそ
2015年11月1日  みそラーメン(小) 中みそ
2015年12月6日  みそラーメン(小) 中みそ
2016年7月10日  みそラーメン(小)生玉子 中みそ
2016年9月13日  ピリ辛味噌ラーメン(小)生卵 中みそ
2017年9月10日  みそラーメン(小)生卵 中みそ
2018年6月12日  みそラーメン小 生卵 中みそ
dorahari at 18:39|この記事のURLComments(2)弘前市 

2018年06月09日

津軽の味 食堂部@青森市

E5F67EF6-8901-422F-B841-5AC21036D599らーめん
ほぼ青森県総合運動公園の敷地にある食堂。昭和のポスターが多数飾られ、大型スクリーンもあります。
煮干しのあっさり和風スープ。麺は黄色い細やや縮れ麺。こく甘自家製ネギ油が香ばしいです。
和風あっさりと香ばしさが出会った。
うわっうまい(*^_^*)
1529杯目

やじドラ!
2018年6月9日、この日は青森県総合運動公園野球場で、第65回春季東北地区高等学校野球大会準々決勝、八学光星(青森)対福島商業(福島)戦を観戦。
試合は16対1(5回コールド)で八学光星の勝利。
光星は1番バッター、セカンド近藤俊太選手を皮切りに4連打。初回だけで6点を奪う。近藤俊選手は4打数4安打の活躍。野球をよく知っている。
3番のセンター長南佳洋選手もランニングホームランを含む。4打数4安打の活躍。
光星の圧勝。

スコア速報はこちら。

やじドラ!2
光星対福島商業戦の後、同じく青森県総合運動公園が球場で、準々決勝、東北(宮城)対金足農業(秋田)戦を観戦。
試合は3対0で東北の勝利。
金足農業は東北ナンバー1右腕の桑田真澄級といわれる吉田輝星投手が先発。前日の専大北上戦で完投しているので、観ることはできるかと思いましたが、先発で来ました。
吉田投手は140キロ代のストレートに球威があり、スライダーと組み合わせて粘り強いピッチングでピンチを背負っても抑えていきました。
東北先発は#10中山翔太投手。スリークオーターのフォームから最速143キロのストレートがコントロールよく抑えてていきます。
7回を終わって0対0の締まった試合。無四死球でもいきましたが、吉田投手が四球を与えたころから捕まり出しました。
7回に1点、9回に2点を与え、金足農業は負けましたが、いい試合でした。

スコア速報はこちら。

やじドラ!3
2018年6月10日、この日は弘前市運動公園球技場で、2018東北社会人サッカーリーグ1部 第6節 ブランデュー弘前FC対新日鐵住金釜石戦を観戦。
前節までブランデューは3勝1分で勝ち点10で2位。釜石は2勝1敗2分で勝ち点8で4位です。
試合は4対0でブランデューの勝利。

スタメン、リザーブは以下の通り。
本日のスターティングメンバー GK #1山口 DF #18濱中力 #20中津川 #5中山 #17奥津 MF #14早乙女 #8下村 #13鹿村 FW #19小田桐 #16本庄 #24山本
リザーブメンバー #29尾関 #3三橋 #7荒井秀 #6濱中大 #23岩見 #21根本 #10高谷

この日のスタメンはポリバレント的な要素を窺う。

試合開始、試合の入りは何となくよくない感じがした。ディフェンス陣がよく守っていた。中山選手が落ち着いた守り、中津川選手もボールを返していた。濱中力選手はよく声が出ていた。奥津選手はパンチの効いた攻め上がりを見せる。
この日のキーパーの山口選手は好セーブをたくさん見せていた。
1トップに本庄選手が入る。前節で引き分けに持ち込む同点ゴールを決めている。本庄選手はフィジカルの強さがあるので、縦に一本パスを流せば、デュアルで勝てばうまくいくのではないか。本庄選手はよく走り、体を張った献身的なプレーであった。
途中、サッカーゴールの横のネットが破けていて、釜石のシュートがそこの隙間からボールに入って、補修のため、試合が中断する珍しいハプニングが発生。
前半はドヨンとした空気のまま終了、よくもわるくもブランデューらしい試合展開。このような展開はこれまでも見てきたような気がする。

後半に入り、下村選手に代わり、荒井秀賀選手が入る。下村選手は大きなサポーターをつけていたが、大丈夫だったのか。
荒井秀選手がボールをキープし、その間に味方が中央から右サイドから一気に駆け上がる攻撃は効果的である。
後半に入っても山口選手の好セーブが光る。
何かドヨンとした展開で雰囲気はよくない。釜石がパスをつなぐ攻撃も目立ってきている。
なかなか点数の取れない展開だったが、後半36分、荒井秀選手が起点だったか、山本選手のグランウンダ―のパスが早乙女選手につながり、そこからシュートを決めてブランデューが先制。
後半42分、鹿村選手からのロングパスが早乙女選手につながり、シュートを決めて2対0とリードをする。
今年のブランデューは試合終盤に強かったことを忘れていた。
後半45分、小田桐選手がゴール前につめて、こぼれ球をゴール。3対0。
後半48分、本庄選手に代わり途中出場の根本選手が頭で合わせゴール。アシストをした荒井秀選手の切り返し2連発からのクロスは絶品。これで4対0。
4対0で試合終了。
荒井秀選手がボールをキープし、起点となっている。キープがうまい。

ブランデューは4対0で圧勝のように見えるが、実際に試合観戦すると辛勝であると感じる。
ボールを持った時、攻撃に入るべき場面での攻撃へのパスではなく、試合を落ち着かせるパスを感じた。もう1テンポ速く攻撃へのスイッチを入れるだけで試合展開は変わってくるのではないだろうか。

今シーズンのブランデューは選手の層が厚くチーム内での競争も激しく感じる。姜選手のドリブルに期待している。ドリブラーの姜選手が入り、ペナルティーエリアに切り込む攻撃は脅威である。シュートもしくは相手のファウルからPKを取れる可能性がある。岩見選手の抜け出し、高谷選手のエレガントに流し込むシュートにも期待している。全員の力が必要である。

次も絶対勝って。

ゴールダイジェストはこちら。早乙女選手×2、小田桐選手、根本選手のゴール。

ドラ張りグッと!スポット。ブランデュースタグル編。
2018年6月10日  夏限定 いのち 檸檬(ラグノオより選手300名様に配布)
2018年6月10日  メロンパンあいす@ホテルニューキャッスル 弘前市運動公園

dorahari at 11:55|この記事のURLComments(0)青森市 
記事検索
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター 06.8.22〜