トラックバックセンター猫式虎場鮎@LivedoorEdition

カテゴリー別トラックバック受付所猫式です。ここはいわゆるトラックバックセンターです。人知れずコソコソと開設していますが、何かの拍子にココをお知りになったなら、ここの記事タイトルになっている各お題に関係ある記事なら自由にトラックバック送信可です。ただし、タイトルにしているテーマに全く関係が無い記事は受付していません。

ご利用方法


◇概要
ご自分のブログのページランクを上げたい方、つまりトラックバックする事により被リンク数を増やしたい方はどうぞご自由にご利用下さい。左にある任意のカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリー内にある記事がご覧頂けますが自分がトラックバックしようとする自分の記事の内容に相応しい「お題」の記事にトラックバックを行って下さい。自分のブログ自体のジャンル・カテゴリーと一致する必要はありません。むしろ、その記事の内容が少しでも「お題」に似つかわしければそこへ送った方が効果的かも知れません。(つまり検索対象キーワード)カテゴリーと同じタイトルの記事は各カテゴリー内に必ずあります。ブログ内検索(右サイドバー)でも検索できます。あくまでも検索エンジン(検索ロボット)が対象です。ここへトラックバックを行う事で直接的なアクセスアップを図るというよりページランクアップが主たる目的。その意味で、ここへトラックバックを送信する事によって送信するブロガーには何のデメリットも生じません。ただし、一つの記事に同じブログを数多く登録すると検索ロボットには逆効果になる場合があります。送信先の記事は毎回変えた方がより効果的。複数送信する場合1時間以上間隔を開ける事をお奨めします。公序良俗に反する記事やアダルトサイトは受付出来ません。(発見次第、削除と同時に禁止URL、IPとします)
◇蛇足的説明
ブログを開設したならより多くの人に見てもらいたいって思うのが人情です。事業や自営業などの広告宣伝目的やアフィリなど商売系だったらなおさら利益に直結します。そういう事柄を意識していないで完全に個人の趣味的に運営していて「見てもらっても、もらわなくてもドッチでも良い」人は別ですが。あし@や日本ブログ村なんてシステムに登録するのだってその一環な訳ですがそれらについては直接的アクセスアップは見込めますが登録されてある程度経過すると手間と時間を掛けて他のブログを訪問し足跡残しに腐心しても一定以上の効果は見込めません。いや、一定まではカナリの効果があるんですが、一方向からの被リンクを得る手段としては。ただしランキングなどのシステムは単なる自己満足に過ぎないのでそれらに注力する時間があれば他の事に使いたいものです。私は会社のオフィシャルサイト等を作る立場から私的なHP・ブログも自分で趣味で管理しているのみならずSEO(検索エンジン最適化)対策やアクセスアップも主たる業務になっています。一般的に自分のブログやウエブページへの一方的な被リンク数が多ければ多いほど、クローラー(検索エンジンのデータ収集ロボット・・・代表的な物にはグーグルボットなどがある)は、そのウエブページやブログを重要視する事になる訳です、簡単に言えば。結果、検索され易くなる、上位表示されるなどの他に検索サイト内にインデックスされるページも多く(取りこぼしが減ると言った方が適切かな)なったりと、つまり読者が増えたり目に止まり易くなります、何もしないより。SEOの手法としてはこればかりではなく、ページ自体を検索向けにチューニングするのも大事ですが、これらは素人段階ではなかなか手が出にくいし、豊富な知識が必要です。だから商売として検索エンジン登録などに代表されるSEO業者が存在し事業として成り立つ様に、SEOに多大なカネを支払う企業があるのが実態ですが(商売ですから当然)被リンクを増やす行為は意識さえすれば素人でも可能です。しかし、むやみやたらに被リンクが獲得出来れば良いと言うほど簡単ではありません。リンクする側の素性も問題視するのがクローラー、検索エンジン側。アダルトサイトからリンクされていないかとか直接的な営利目的サイトへ誘導していないかとかチェックされます。このような問題のあるサイトなどからの被リンクが多々あると逆に不利益にもなります。ページランクの高いサイト(検索エンジンから価値評価が高いと認められたコンテンツ)からの被リンクが多い程にリンクされた方のページランクもアップし検索エンジンの巡回要素も増えて来ます。ページランクの高いサイトから数多くリンクされるチャンスは個人的に開設したブログには普通にはあまりない事でしょう。これらの要素要件を無料で調べるにはGOOGLEや米YAHOOのウエブマスターツールが便利この上ありませんが、これらについては又の機会に。どうすれば一方的な被リンクを得られるのかと言うと・・・実は至極簡単です。ここのトラックバックセンターに記事のトラックバックを送信すれば、それで自分の記事への被リンクが1個増えた事になる訳です。ブロガーだったら記事をアップする度にどこか他のブログの記事へトラックバックすればその先でリンクが一つ増えている訳です。しかし大概トラックバック先は趣味的に付き合いのある親密な先で、相互リンクしていたりしますから100%一方的な被リンクという訳にはナカナカ参りませんね。そこで「トラックバックセンター」なるものが有用なのです。これは直接的にトラックバック先からのアクセスを期待する事より自分のブログへの被リンク数を増やす事でSEO対策、アクセスアップ、ページランクアップをしたい方が利用すれば良いという訳です。ただし物事に適度ってものがあり、あまりにも膨大な量のトラバ(記事リンク)がある場所は検索ロボット(クローラー)も適切に扱いません。つまりトラックバック先自体もまた、検索ロボットの巡回に都合の良い様に最適化が考慮されていなければロクな効果が期待出来ないという流れになります。クローラーが巡回して1回毎に把握するリンクには限りがあり、1ページに膨大な数のトラバ(記事リンク)があればいつまでたってもカウントしてくれず、内容が薄かったり一定のパターンが見受けられたりすると今度はスパム扱いされ、リンクされている方にも悪影響を及ぼす事に成りかねなかったりする問題が生じます。営利目的で(つまり検索エンジンから見て迷惑なSEO手法)設置された様々なリンクやそのブログそのものも検索エンジン側から嫌われる可能性も否定できません。これらを考慮してある場所があればリンクされる側にもデメリットは生じません。このトラックバック受付所は私、猫式が管理する他のサイトへのSEOの一環として自分のサイトのページランクに有益な条件を増すために開設しております。ご理解頂ける方は、どうぞご自由にトラックバックを送信して下さい。複数送信も可能ですが1日に5件まででお願い致します。
◇即効性は期待しないで下さい。
検索クローラー(ボット)の巡回は不定期で、しかも一回に集める情報には限りがありますからリンク後に直ぐに反映される訳ではありません。全部のページが登録されるのには数ヶ月掛かる事になります。従って効果はじわじわと顕れます。最終的には効果が出るのですから焦らないで下さい。やらないよりやった方がマシ位に考えて。どのみち損は一切ないのですから苦情とか言われても何も出来ませんし当然受付出来ませんのでご了承下さい。
続きを読む

Ping送信ならPingoo!を使いましょう


currentBlogList

面白画像


面白画像に関する記事などのトラックバックはこちらに送信して下さい。ご自分のブログのページランクを上げたい方、つまりトラックバックする事により被リンク数を増やしたい方はどうぞご自由にご利用下さい。サイドにある任意のカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリー内にある記事がご覧頂けますが自分がトラックバックしようとする自分の記事の内容に相応しい「お題」の記事に送信して下さい。ブログ本体のジャンル・カテゴリーと一致する必要はありません。
面白画像・笑える画像&YouTube動画

 


相互リンク


相互リンクに関する記事などのトラックバックはこちらに送信して下さい。ご自分のブログのページランクを上げたい方、つまりトラックバックする事により被リンク数を増やしたい方はどうぞご自由にご利用下さい。サイドにある任意のカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリー内にある記事がご覧頂けますが自分がトラックバックしようとする自分の記事の内容に相応しい「お題」の記事に送信して下さい。ブログ本体のジャンル・カテゴリーと一致する必要はありません。
相互リンク募集中

SEO


SEOに関する記事などのトラックバックはこちらに送信して下さい。ご自分のブログのページランクを上げたい方、つまりトラックバックする事により被リンク数を増やしたい方はどうぞご自由にご利用下さい。サイドにある任意のカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリー内にある記事がご覧頂けますが自分がトラックバックしようとする自分の記事の内容に相応しい「お題」の記事に送信して下さい。ブログ本体のジャンル・カテゴリーと一致する必要はありません。
コメントとトラックバックで作るリンク集 BLOG-LINKでアクセスアップ
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ